帝京大学
寺脇 博之

寺脇 博之 教授

所属キャンパス千葉キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 ちば総合医療センター 第三内科学講座

 

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【学歴】──────────────────────────────

1991年

岐阜大学医学部

専門分野

内科系臨床医学 腎臓内科学

研究テーマ

酸化ストレス

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

その他

Elevated oxidative stress measured as albumin redox state in continuous ambulatory peritoneal dialysis patients correlates with small uraemic solutes.

2007年 | Nephrol Dial Transplant 22 3 968-968 

その他

腎生検所見から何を学ぶか ネフローゼ症候群で発症したApoE-Sendaiのリポ蛋白糸球体症の1例

2006年 | 腎と透析 60 3 505-512 

その他

寺脇 博之, 中山 昌明, 伊藤 貞嘉

東北地域腹膜透析患者の,減塩に対する意識・実際の食行動に関する調査

2006年 | 日本透析医学会雑誌 39 6 1179-1185 

その他

吉村 和修, 寺脇 博之, 瀬戸 一彦, 長谷川 俊男, 高橋 創, 早川 洋, 横山 啓太郎, 山本 裕康, 中山 昌明, 重松 隆, 川口 良人, 細谷 龍男

トラネキサム酸投与に伴う経リンパ水分吸収量の抑制が,除水不全の改善に寄与したと考えられる腹膜透析患者の1例

2005年 | 日本透析医学会雑誌 38 5 1221-1225 

その他

シクロスポリン(CyA)併用により血液透析から離脱し得たMCNSに合併した急性腎不全の1例

2005年 | 日本腎臓学会誌 47 6 741-741 

その他

脳動脈瘤,大動脈解離を合併した多発性嚢胞腎の一例

2005年 | 日本腎臓学会誌 47 6 726-726 

その他

ネフローゼ症候群で発症し多剤併用療法が奏効したリポ蛋白糸球体症(Apo E-Sendai)の一例

2005年 | 日本腎臓学会誌 47 6 714-714 

その他

MGUS(monoclonal gammopathies of undetermined significance)により慢性腎不全となりCAPD導入となった1例

2005年 | 日本透析医学会雑誌 38 Suppl.1 954-954 

その他

【腹膜透析を中心とする最近の知見】 腹膜硬化症 (Nephrology Frontier)

2005年 | Nephrology Frontier 4 4 256-260 

その他

【クリニカルパス】 CAPD腹膜炎 (腎と透析)

2005年 | 腎と透析 59 4 719-722 

その他

経腹膜塩分喪失が予後に影響を及ぼした肝硬変合併CAPD患者の1例

2004年 | 腎と透析 57 2 247-250 

その他

Oxidative stress is enhanced in correlation with renal dysfunction: examination with the redox state of albumin.

2004年 | Kidney Int 66 5 1988-1993 

その他

Measurement of translymphatic fluid absorption using technetium-99m human serum albumin diethylenetriamine pentaacetic acid in continuous ambulatory peritoneal dialysis patients.

2004年 | Ther Apher Dial 8 4 305-312