帝京大学
咲間 妙子

咲間 妙子 准教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医療技術学部 臨床検査学科

 

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2018年04月

帝京大学 医療技術学部臨床検査学科准教授

2017年04月

東京医科大学睡眠学講座准教授 〜2018年03月

2013年04月

東京医科大学医学部 睡眠学講座講師 〜2017年03月

2012年

東京医科大学医学部 睡眠学講座助教 〜2013年

2005年

公益財団法人神経研究所附属睡眠学センター研究員 〜2012年

【学歴】──────────────────────────────

2010年

東京医科歯科大学大学院医学部医歯学総合研究科博士後期課程

2005年

東京医科歯科大学大学院医学部保健衛生学研究科博士前期課程

2003年

東京医科歯科大学医学部保健衛生学科

【受賞】──────────────────────────────

2017年07月

第42回研究奨励賞(臨床系)

2016年07月

第41回ベストプレゼンテーション賞

2010年04月

若手研究奨励賞

2009年11月

Christian Guilleminault Award

2007年11月

第9回奨励論文賞

2003年03月

清水学術奨励賞

所属学会

World Association of Sleep Medicine

日本自律神経学会

日本臨床神経生理学会

日本睡眠学会

専門分野

基礎医学 生理学一般、内科系臨床医学 精神神経科学 睡眠学

研究テーマ

レム睡眠行動障害、パラソムニア、ナルコレプシー、睡眠関連運動障害

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

咲間(笹井) 妙子

Ethnic differences in periodic limb movements during sleep in patients with restless legs syndrome: a preliminary cross-sectional study of Austrian and Japanese clinical population

2018年03月 | Sleep and Biological Rhythms 16 3 345-349 

学術論文

Momoko Kayaba, Taeko Sasai-Sakuma, Yuichi Inoue

Clinical significance of social jetlag in patients with excessive daytime sleepiness

2018年 | Chronobiology International  

学術論文

Sasai-Sakuma T

Pareidolias in idiopathic RBD-an author response letter to the Editorial "What the 'man in the moon' can tell us about the future of our brains".

2017年11月 | Annals of translational medicine 5 21 438 

学術論文

Morita Y, Sasai-Sakuma T, Inoue Y

Effects of acute morning and evening exercise on subjective and objective sleep quality in older individuals with insomnia.

2017年06月 | Sleep medicine 34 200-208 

学術論文

Nakajima S, Komada Y, Sasai-Sakuma T, Okajima I, Harada Y, Watanabe K, Inoue Y

Higher sleep reactivity and insomnia mutually aggravate depressive symptoms: a cross-sectional epidemiological study in Japan.

2017年05月 | Sleep medicine 33 130-133 

学術論文

Matsui K, Sasai-Sakuma T, Ishigooka J, Inoue Y

Insufficient sleep rather than the apnea-hypopnea index can be associated with sleepiness-related driving problems of Japanese obstructive sleep apnea syndrome patients residing in metropolitan areas.

2017年05月 | Sleep medicine 33 19-22 

学術論文

Sasai-Sakuma T, Nishio Y, Yokoi K, Mori E, Inoue Y

Pareidolias in REM Sleep Behavior Disorder: A Possible Predictive Marker of Lewy Body Diseases?

2017年02月 | Sleep 40 2  

学術論文

Tamura N, Sasai-Sakuma T, Morita Y, Okawa M, Inoue S, Inoue Y

A Nationwide Cross-Sectional Survey of Sleep-Related Problems in Japanese Visually Impaired Patients: Prevalence and Association with Health-Related Quality of Life.

2016年12月 | Journal of clinical sleep medicine : JCSM : official publication of the American Academy of Sleep Medicine 12 12 1659-1667 

学術論文

Fujiwara K, Miyajima M, Yamakawa T, Abe E, Suzuki Y, Sawada Y, Kano M, Maehara T, Ohta K, Sasai-Sakuma T, Sasano T, Matsuura M, Matsushima E

Epileptic Seizure Prediction Based on Multivariate Statistical Process Control of Heart Rate Variability Features.

2016年06月 | IEEE transactions on bio-medical engineering 63 6 1321-1332 

学術論文

Sasai-Sakuma T, Kikuchi K, Inoue Y

Cross-Sectional Study of Obstructive Sleep Apnea Syndrome in Japanese Public Transportation Drivers: Its Prevalence and Association With Pathological Objective Daytime Sleepiness.

2016年05月 | Journal of occupational and environmental medicine 58 5 455-458 

学術論文

Fujiwara K, Miyajima M, Yamakawa T, Abe E, Suzuki Y, Sawada Y, Kano M, Maehara T, Ohta K, Sasai-Sakuma T, Sasano T, Matsuura M, Matsushima E

Epileptic Seizure Prediction Based on Multivariate Statistical Process Control of Heart Rate Variability Features.

2015年12月 | IEEE transactions on bio-medical engineering  

学術論文

Sasai-Sakuma T, Kinoshita A, Inoue Y

Polysomnographic Assessment of Sleep Comorbidities in Drug-Naïve Narcolepsy-Spectrum Disorders--A Japanese Cross-Sectional Study.

2015年 | PloS one 10 8 e0136988 

学術論文

Sasai-Sakuma T, Frauscher B, Mitterling T, Ehrmann L, Gabelia D, Brandauer E, Inoue Y, Poewe W, Högl B

Quantitative assessment of isolated rapid eye movement (REM) sleep without atonia without clinical REM sleep behavior disorder: clinical and research implications.

2014年04月 | Sleep medicine  

学術論文

Nakajima S, Inoue Y, Sasai T, Okajima I, Komada Y, Nomura T, Takahashi K

Impact of frequency of nightmares comorbid with insomnia on depression in Japanese rural community residents: a cross-sectional study.

2014年03月 | 3 Sleep medicine 15 371-374 

学術論文

Nakajima S, Okajima I, Sasai T, Kobayashi M, Furudate N, Drake CL, Roth T, Inoue Y

Validation of the Japanese version of the Ford insomnia response to stress test and the association of sleep reactivity with trait anxiety and insomnia.

2014年02月 | 2 Sleep medicine 15 196-202 

学術論文

Sakurai H, Hanyu H, Inoue Y, Kanetaka H, Nakamura M, Miyamoto T, Sasai T, Iwamoto T

Longitudinal study of regional cerebral blood flow in elderly patients with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder.

2014年01月 | 1 Geriatrics & gerontology international 14 115-120 

学術論文

Sasai T, Matsuura M, Inoue Y

Electroencephalographic findings related with mild cognitive impairment in idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder.

2013年12月 | 12 Sleep 36 1893-1899 

学術論文

Sasai T, Matsuura M, Inoue Y

Change in heart rate variability precedes the occurrence of periodic leg movements during sleep: an observational study.

2013年10月 | BMC neurology 13 139 

学術論文

Sasai T, Matsuura M, Inoue Y

Factors associated with the effect of pramipexole on symptoms of idiopathic REM sleep behavior disorder.

2013年02月 | 2 Parkinsonism & related disorders 19 153-157 

学術論文

Tsuiki S, Isono S, Minamino O, Maeda K, Kobayashi M, Sasai T, Takahashi Y, Inoue Y

Tongue position controller as an alternative treatment for obstructive sleep apnea.

2012年12月 | 4 Sleep & breathing = Schlaf & Atmung 16 4 957-960 

学術論文

Komada Y, Nomura T, Kusumi M, Nakashima K, Okajima I, Sasai T, Inoue Y

A two-year follow-up study on the symptoms of sleep disturbances/insomnia and their effects on daytime functioning.

2012年10月 | 9 Sleep medicine 13 1115-1121 

学術論文

Sasai T, Matsuura M, Wing YK, Inoue Y

Validation of the Japanese version of the REM sleep behavior disorder questionnaire (RBDQ-JP).

2012年08月 | 7 Sleep medicine 13 7 913-918 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Matsuura M

Do patients with rapid eye movement sleep behavior disorder have a disease-specific personality?

2012年06月 | 5 Parkinsonism & related disorders 18 5 616-618 

学術論文

Sasai T, Miyamoto T, Miyamoto M, Iwanami M, Abe T, Matsuura M, Inoue Y

Impaired decision-making in idiopathic REM sleep behavior disorder.

2012年03月 | 3 Sleep medicine 13 3 301-306 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Matsuura M

Effectiveness of pramipexole, a dopamine agonist, on rapid eye movement sleep behavior disorder.

2012年03月 | 3 The Tohoku journal of experimental medicine 226 3 177-181 

学術論文

Hanyu H, Inoue Y, Sakurai H, Kanetaka H, Nakamura M, Miyamoto T, Sasai T, Iwamoto T

Voxel-based magnetic resonance imaging study of structural brain changes in patients with idiopathic REM sleep behavior disorder.

2012年02月 | 2 Parkinsonism & related disorders 18 2 136-139 

学術論文

Takei Y, Komada Y, Namba K, Sasai T, Nakamura M, Sugiura T, Hayashida K, Inoue Y

Differences in findings of nocturnal polysomnography and multiple sleep latency test between narcolepsy and idiopathic hypersomnia.

2012年01月 | 1 Clinical neurophysiology : official journal of the International Federation of Clinical Neurophysiology 123 1 137-141 

学術論文

Abe T, Nonomura T, Komada Y, Asaoka S, Sasai T, Ueno A, Inoue Y

Detecting deteriorated vigilance using percentage of eyelid closure time during behavioral maintenance of wakefulness tests.

2011年12月 | 3 International journal of psychophysiology : official journal of the International Organization of Psychophysiology 82 3 269-274 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Matsuura M

Clinical significance of periodic leg movements during sleep in rapid eye movement sleep behavior disorder.

2011年11月 | 11 Journal of neurology 258 11 1971-1978 

学術論文

Nomura T, Inoue Y, Högl B, Uemura Y, Yasui K, Sasai T, Namba K, Nakashima K

Comparison of the clinical features of rapid eye movement sleep behavior disorder in patients with Parkinson's disease and multiple system atrophy.

2011年04月 | 3 Psychiatry and clinical neurosciences 65 3 264-271 

学術論文

Komada Y, Nomura T, Kusumi M, Nakashima K, Okajima I, Sasai T, Inoue Y

Correlations among insomnia symptoms, sleep medication use and depressive symptoms.

2011年02月 | 1 Psychiatry and clinical neurosciences 65 20-29 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Matsuo A, Matsuura M, Matsushima E

Changes in respiratory disorder parameters during the night in patients with obstructive sleep apnoea.

2011年01月 | 1 Respirology (Carlton, Vic.) 16 116-123 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Komada Y, Nomura T, Matsuura M, Matsushima E

Effects of insomnia and sleep medication on health-related quality of life.

2010年05月 | 5 Sleep medicine 11 452-457 

学術論文

Sasai T, Inoue Y, Komada Y, Sugiura T, Matsushima E

Comparison of clinical characteristics among narcolepsy with and without cataplexy and idiopathic hypersomnia without long sleep time, focusing on HLA-DRB1( *)1501/DQB1( *)0602 finding.

2009年10月 | 9 Sleep medicine 10 961-966 

その他

竹内 暢, 笹井 妙子, 井上 雄一

レム睡眠行動障害患者における、臨床症状、終夜睡眠ポリグラムを含めた各種検査所見の性差に関する検討

2017年06月 | (一社)日本睡眠学会 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 42回 189-189 

その他

田村 典久, 田中 秀樹, 駒田 陽子, 笹井 妙子, 成澤 元, 井上 雄一

2時間以上に及ぶ平日と週末の起床時刻の乖離と眠気、心身健康、学業成績の関連

2017年06月 | (一社)日本睡眠学会 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 42回 201-201 

その他

佐藤 萌子, 笹井 妙子, 西村 勝治, 井上 雄一

レストレスレッグス症候群(RLS)の臨床症状の季節性変動についての検討

2017年06月 | (一社)日本睡眠学会 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 42回 225-225 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

睡眠傾向と覚醒維持力の関係 中枢性過眠症のサブカテゴリー間での相違

2017年06月 | (一社)日本睡眠学会 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 42回 227-227 

その他

井上 雄一, 笹井 妙子

【改正道路交通法と医療の視点】 睡眠障害と運転問題について

2017年04月 | (株)医学書院 精神医学 59 4 341-350 

その他

咲間(笹井) 妙子

公認心理士必修 精神医療・臨床心理の知識と技法

2016年07月 |  

その他

田村 典久, 田中 秀樹, 笹井 妙子, 井上 雄一

中学生に対する睡眠教育プログラムが睡眠習慣、日中の眠気の改善に与える効果 睡眠教育群と待機群の比較

2016年01月 | (一社)日本認知・行動療法学会 行動療法研究 42 1 39-50 

その他

笹井 妙子

【睡眠と夢】 REM睡眠行動障害と夢

2015年12月 | (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療 9 4 533-537 

その他

笹井 妙子

【睡眠障害診療の進歩】 睡眠障害の診断関連の最近の進歩について 睡眠障害を訴える患者に実施すべき検査

2015年10月 | (株)診断と治療社 診断と治療 103 10 1273-1279 

その他

宮島 美穂, 藤原 幸一, 山川 俊貴, 笹井 妙子, 加納 学, 前原 健寿, 笹野 哲郎, 太田 克也, 松浦 雅人, 松島 英介

てんかんの心臓自律神経モニタリング 心拍変動モニタリングによるてんかん発作早期検出の試み

2015年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 43 5 337-337 

その他

笹井 妙子

パラソムニア研究の最前線 過眠症患者におけるレム睡眠行動障害と周期性四肢運動障害の合併率についての検討

2015年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 43 5 366-366 

その他

咲間(笹井) 妙子

改訂 臨床睡眠検査マニュアル

2015年09月 |  

その他

古川 彰吾, 島田 斉, 篠遠 仁, 平野 成樹, 山田 真希子, 川口 拓之, 伊藤 浩, 西田 慎吾, 小林 美奈, 笹井 妙子, 中村 真樹, 桑原 聡, 井上 雄一, 須原 哲也

レム睡眠行動異常症患者の被殻ドーパミントランスポーター結合能の評価

2014年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 54 Suppl. S51-S51 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

【知っておきたい高齢者の睡眠障害】 レム睡眠行動障害の診断と治療 近年の知見と動向

2013年11月 | (株)ライフ・サイエンス Geriatric Medicine 51 11 1171-1177 

その他

笹井 妙子

終夜睡眠ポリグラフの現状と課題 薬物投与下のPSG 薬剤誘発性の睡眠関連運動障害・睡眠時随伴症と薬剤投与下におけるPSG所見

2013年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 41 5 359-359 

その他

咲間 妙子[笹井], 井上 雄一

【高齢者の精神症状-その鑑別診断と治療-】 高齢者のレム睡眠行動障害

2013年10月 | (株)日本臨床社 日本臨床 71 10 1853-1857 

その他

松井 健太郎, 井上 雄一, 笹井 妙子, 駒田 陽子, 石郷岡 純

腎不全透析患者のRestless Legs症候群の実態に関するインターネット調査

2013年09月 | (株)三原医学社 不眠研究 2013 83-84 

その他

咲間(笹井) 妙子

睡眠とその障害のクリニカルクエスチョン200

2013年 | 診断と治療社 「周期性四肢運動障害の計測法と判定法」「RLSの強制静坐検査(SIT)」「嗅覚検査とRBD関連」「RBDで行うMIBG心筋シンチグラフィ」 

その他

羽生 春夫, 櫻井 博文, 金高 秀和, 平尾 健太郎, 井上 雄一, 宮本 智之, 笹井 妙子, 岩本 俊彦

REM睡眠行動異常の縦断的脳血流変化

2012年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 52 12 1494-1494 

その他

駒田 陽子, 西田 慎吾, 碓氷 章, 中村 真樹, 菅野 芽里, 笹井 妙子, 井上 雄一

夜間摂食症候群と睡眠関連摂食障害の概日リズムからの検討

2012年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 40 5 433-433 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

睡眠検査のピットフォール 実施上の注意点・問題点(第6回) REM睡眠行動障害のPSG記録と判定のピットフォール

2012年09月 | (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療 6 3 497-502 

その他

井上 雄一, 笹井 妙子

老年期に注意すべき徴候 最近の進歩 レム睡眠行動障害

2012年06月 | (株)ワールドプランニング 老年精神医学雑誌 23 増刊II 82-82 

その他

羽生 春夫, 櫻井 博文, 金高 秀和, 岩本 俊彦, 井上 雄一, 中村 正樹, 笹井 妙子, 宮本 智子

特発性REM睡眠行動異常のVBM-MRI

2011年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 51 12 1421-1421 

その他

笹井 妙子

現代精神医学事典

2011年 | 弘文堂 レム睡眠行動障害(REM sleep behavior disorder: RBD) 

その他

羽生 春夫, 櫻井 博文, 井上 雄一, 宮本 智之, 笹井 妙子, 岩本 俊彦

REM睡眠行動異常とDLBの脳血流SPECTパターンの比較

2010年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 50 12 1229-1229 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

【知っておきたい高齢者の睡眠医療】 レム睡眠行動障害の診断と治療

2010年06月 | (株)ライフ・サイエンス Geriatric Medicine 48 6 751-757 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

REM睡眠行動障害のREM睡眠パラメータの判定法をめぐって

2010年03月 | (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療 4 1 63-71 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一

REM睡眠行動障害患者における周期性四肢運動障害の特徴についての検討

2009年08月 | (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療 3 3 456-456 

その他

笹井 妙子

睡眠検査学の基礎と臨床

2009年 | 新興医学出版社 MSLTの施行・判定法と臨床応用 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一, 武井 洋一郎

レム睡眠行動障害(RBD)患者における周期性四肢運動障害(PLMS)についての検討

2008年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 36 5 546-546 

その他

笹井 妙子, 駒田 陽子, 野村 哲志, 井上 雄一

不眠・睡眠薬使用がQOLに及ぼす影響

2008年09月 | (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療 2 4 492-493 

その他

笹井 妙子, 駒田 陽子, 井上 雄一

HLA-DRB1*1501/DQB1*0602の有無によるNarcolepsy without Cataplexy(NA w/o CA)の臨床特性の差異についての検討

2007年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 35 5 438-438 

その他

笹井 妙子, 伊藤 滋朗, 八幡 憲明, 大久保 善朗, 松浦 雅人, 須原 哲也

側頭葉てんかん患者脳における[11C]WAY-100635-PETを用いた5-HT1A受容体の検討

2006年04月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 34 2 75-81 

その他

笹井 妙子, 井上 雄一, 難波 一義, 宮前 ちひろ, 室田 亜希子, 木村 眞也

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の夜間睡眠経過に伴う変化について

2005年10月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 33 5 391-391 

その他

笹井 妙子

Event-related design counting stroop testによる脳賦活部位の検討

2004年04月 | (一社)日本臨床神経生理学会 臨床神経生理学 32 2 141-141 

その他

笹井 妙子, 山崎 まどか, 織田 健司, 大久保 善朗, 伊藤 滋朗, 一宮 哲哉, 安野 史彦, 高野 晶寛, 須原 哲也, 前原 健寿, 松浦 雅人

[11C]WAY-100635とPETによるてんかんの5-HT1A受容体の検討

2003年08月 | (一社)日本核医学会 核医学 40 3 397-397 

その他

咲間(笹井) 妙子

臨床検査のガイドライン

| 日本臨床検査医学会 睡眠時無呼吸症候群