帝京大学

江本 伸哉 教授

Nobuya EMOTO

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 経済学部 経済学科

連絡先

メールアドレス

電話番号

042-678-3346

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1981年03月

東京大学経済学部経済学科卒業(経済学士)

1981年04月

日本経済新聞社入社 東京本社編集局産業部記者

1983年09月

川崎支局員

1986年09月

東京本社編集局産業部記者

1994年03月

日経BP社出向 日経ビジネス編集部副編集長

1996年03月

日本経済新聞社復帰 東京本社編集局産業部次長

1999年03月

北九州支局長

2002年03月

大阪本社編集局地方部次長

2004年03月

TVQ九州放送出向 北九州本社報道制作部長

2007年03月

福岡本社ライブラリー部長

2008年03月

日本経済新聞社復帰 日経大阪総合サービス出向 自動車部長 

2009年03月

企画部長

2010年04月

大阪市立大学大学院創造都市研究科修士課程入学

2012年03月

大阪市立大学大学院創造都市研究科修士課程修了
日本経済新聞社早期退職(定年扱い)

2012年04月

九州国際大学経済学部特任教授(2018年3月まで)
アジア成長研究所協力研究員(現在に至る)

2013年04月

山口大学理工学部・大学院非常勤講師(2015年3月まで)

2014年04月

福岡大学商学部非常勤講師(2017年3月まで)

2017年04月

北九州市立大学大学院ビジネススクール非常勤講師(2019年3月まで)

2018年04月

九州国際大学地域連携センター研究員(2019年3月まで)

2019年04月

帝京大学経済学部経済学科教授
北九州市立大学経済学部非常勤講師

所属学会

2011年09月

国際ビジネス研究学会

2012年04月

日本経済学会

2013年12月

九州経済学会
異文化経営学会

2014年06月

アジア消費者・家庭経済隔年学会(2014年7月大会@台北で研究発表、2016年7月大会@香港で研究発表)

専門分野

①日本とアジアの経済と経営(日本経済論、アジア経済論、現代企業論)
②地域医療、在宅医療

研究テーマ

①日本とアジアの基幹産業(鉄鋼、自動車、電機ほか)の経営戦略
②ポリファーマシー(多剤併用)

教育方法・職務上の実績

教育方法

授業の度ごとに疑問や感想、意見、要望を学生に書いてもらう「ミニッツペーパー」(MP)を出してもらい、それに対する私なりの回答をまとめた「MP通信」を配り、双方向性の授業(アクティブ・ラーニング)になるように心がけています。

職務上の実績

<受賞その他>
❶1987年3月 日本経済新聞社編集局長賞受賞(「新日鉄2万人削減」など一連の鉄鋼大手合理化特報に対して)
❷1992年2月 日本経済新聞社編集局長賞受賞(1991年10~12月「日経産業新聞」1面連載企画『逆転の経営』の取材・執筆・取材班取りまとめに対して)
❸1997年1月 日本経済新聞社年間編集局長賞(1996年3~12月「日経産業新聞」の「経営」面の 担当デスクとして創意工夫を凝らし、ニュースに連動したテーマを深く掘り下げた編集で 紙面を活性化したことに対して)
❹2003年3月 日本経済新聞社大阪本社編集局長賞受賞(2002年10月~03年2月「九州経済面」「中国経済面」「近畿経済面」など西日本全支社連携統一連載企画『圏域を超えて』企画立案・責任編集に対して)
❺2005年3月 日経系列テレビ局、TVQ九州放送社長賞受賞(「新日鉄、加森観光へスペースワール経営譲渡」の特報に対して)
❻2012年3月 大阪市立大学大学院創造都市研究科「マスター・オブ・ザ・イヤー2012」(2012年度同研究科修士課程修了生最優秀賞)受賞
❼2018年3月 九州経済調査協会2017年度地域研究顕彰事業入選「北九州・八幡の薬剤師と医師らによる地域一体型在宅看取りへの挑戦」 

<著書>
❶『円高革命』(共著、日本経済新聞社、1987年)
❷『ドキュメント 新日鉄の変身 リストラに燃える』(共著、同上、1988年11月)
❸『高品位テレビ・ビジネス』(共者、同上、1990年6月)
❹『小さな強い会社 異色経営50社の戦略』(共著、日経BP社、1995年10月)
❺『日経スペシャル ガイアの夜明け 不屈の100人』(共著、日本経済新聞出版社、2007年6月)
❻『シームレス物流が切り開く東アジア新時代――九州・山口の新成長戦略――』(共著、西日本新聞社、2013年1月)
❼『リメディアル世界史入門』(共著、創成社、2014年6月)

著書・論文

情報がありません