帝京大学

藤木 貴史 助教

FUJIKI, Takashi

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 法学部 法律学科

労働法は、社会で人が生きるうえで不可欠の法分野です。現実の社会で起こる問題を、丁寧に学びましょう。現実の問題を改善するためにこそ、法規範という理想を学ぶ意味があります。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2012年03月18日

一橋大学法学部 卒業

2014年03月24日

一橋大学大学院法学研究科 修士課程修了

2014年04月01日

一橋大学大学院法学研究科 博士後期課程入学

所属学会

2013年10月21日

日本労働法学会

2017年06月25日

日米法学会

専門分野

労働法、英米法

研究テーマ

労働組合による団体行動、労働法の憲法的基礎、労働者性の定義、プラットフォームエコノミーが労働法に与える影響等について、アメリカ労働法との比較法的観点から労働法学を研究している。

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

連合総合生活開発研究所「 非正規労働の現状と労働組合の対応に関する国際比較調査委員会」オブザーバー(2016年7月~2017年3月)
東京都労働相談情報センター民間相談員(2017年4月~現在に至る)

著書・論文

その他 書評 単著(査読付き)

藤木 貴史

法は営利企業と労働組合とを対称的に取り扱うべきか?

2018年08月 | アメリカ法2017-2号 

学術論文 単著

藤木 貴史

アメリカにおけるプラットフォーム経済の進展と労働法の課題

2018年06月 | 季刊労働法261号62頁 

学術論文 単著

藤木 貴史

アメリカにおけるギグ・エコノミーの政策議論

2017年09月 | 連合総合生活開発研究所『非正規労働問題の今後の課題を探る――非正規労働の現状と労働組合の対応に関する国際比較調査報告書』155頁 

学術論文 単著

藤木 貴史

第1修正上の権利と公務員に対するエージェンシー・ショップ条項

2017年04月 | 労働法律旬報1886号28頁 

学術論文 単著

藤木 貴史

使用者の私宅近辺の駅における街宣活動等の正当性

2016年01月 | 労働法律旬報1855・56号46頁 

学術論文 単著(査読付き)

藤木 貴史

アメリカの集団的労使関係法における熟議民主主義――被用者自由選択法案を題材として

2015年07月 | 一橋法学14巻2号431頁 

論文 単著

藤木 貴史

中立保持協定はタフト・ハートレー法302 条に違反し無効か

2015年05月 | 労働法律旬報1840号52頁 

学術論文 単著(査読付き)

藤木 貴史

アメリカにおける労働組合組織化過程の現状分析

2014年11月 | 一橋法学13巻3号241頁