帝京大学

蔡  薫婕 助教

TSAI, Hsun-Chieh

所属キャンパス八王子キャンパス

研究所・センター 高等教育開発センター

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2017年03月27日

東北大学大学院文学研究科 博士課程後期3年の課程 修了 博士(文学)

2018年04月01日

東北大学文学研究科国語学研究室 助教(~2019年3月)

2019年04月01日

帝京大学高等教育開発センター 助教

所属学会

日本語学会

日本文法学会

計量国語学会

日中対照言語学会

専門分野

日本語学、中国語学、対照言語学

研究テーマ

程度表現・数量表現、複文、連用修飾

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

口頭発表

蔡薰婕

「普通」から考える 程度副詞の日訳について

2021年06月27日 | 中文日訳研究会 

報告

山下由美子・蔡薫婕・中鉢直宏

初年次向け科目「eラーニングで学ぶ文章作法入門」開講までの道のりと実施報告

2021年02月28日 | 帝京大学高等教育開発センターフォーラム vol.8 pp193-198 

書評

蔡薫婕

文献紹介『日本語学の教え方 教育の意義と実践』ー一般教養としての日本語学の必要性ー

2021年02月28日 | 帝京大学高等教育開発センターフォーラム vol.8 pp95-104 

口頭発表

蔡薫婕

類義語「普通」と「通常」について

2020年11月22日 | 第二回誤用例研究会 

著書

蔡薫婕

現代日本語文の程度修飾と数量修飾の体系

2019年09月10日 | 日中言語文化出版社 

論文

蔡薫婕

仙台在住の台湾人母親に言語教育に関する事例報告

2019年06月 | (台湾)東海大学,『多元文化交流』11 pp.87-104 

論文

蔡薫婕

「とても」に修飾される語について

2018年09月28日 | 東北大学文学会,『文化』82号 pp.43-58 

論文

蔡薫婕

スケール構造を用いた程度修飾・数量修飾の分析―「ほど」「分」を対象として―

2017年04月01日 | 日本語学会,『日本語の研究』第13巻2号 pp.18-34 

論文

蔡薫婕

程度数量の従属接続詞にみられる因果関係用法について

2017年03月31日 | 東北大学大学院文学研究科,『国語学研究』56 pp.76-87 

論文

蔡薫婕

程度・量・数に見られる「移行」の仕組み−スケール構造による考察−

2016年06月30日 | (台湾)東海大学,『多元文化交流』8 pp.171-199 

論文

蔡薫婕

従属接続詞「分」にみられる意味用法と擬似連体修飾節のル形・タ形との関係

2016年03月31日 | 東北大学大学院文学研究科,『国語学研究』55 pp.76-88 

論文

蔡薫婕

限界点の有無からみる動作文と状態文−程度修飾の副詞との共起を通して−

2015年12月 | 東北大学大学院文学研究科,『言語科学論集』19 pp.19-30 

論文

蔡薫婕

「程度・量・数」と「状態・変化・動き」との関係

2015年03月31日 | 東北大学大学院文学研究科,『国語学研究』54 pp.136-151 

論文

蔡薫婕

状態変化動詞との共起から見る複文における程度表現−「分」「くらい」を中心に−

2014年12月01日 | 東北大学大学院文学研究科,『言語科学論集』18 pp.51-62 

論文

蔡薫婕

「だけに」と「ばかりに」にみられる「限定」と「原因理由」の関わり

2013年12月01日 | 東北大学大学院文学研究科,『言語科学論集』17 pp.13-22 

論文

蔡薫婕

形式副詞「分」の用法記述−副詞節を形成する場合を対象に−

2013年06月28日 | ココ出版,『日本語/日本語教育』4 pp. 93-107