帝京大学
杉本 真樹

杉本 真樹 教授

Sugimoto Maki

所属キャンパス霞ヶ関キャンパス

研究所・センター 冲永総合研究所

受賞歴
【国際学会】
UEGW欧州消化器病学会賞5回 (Travel Grant 2009, 2010, 2011, 2014, Posters of Excellence 2015)
EAES欧州内視鏡外科学会賞3回 (Video Award 2007, EAES Grant 2010, Technology Award 2012)
WGO世界消化器病学会会議2015 Presidents’Plenary Best Abstract Paper (2015)
IHPBA第8回国際肝胆膵学会国際大会 President plenary paper (2008)
RSNA2015 第101回北米放射線学会 Certificate of Merit Award (2015)
ACCAS 第15回アジアコンピュータ外科学会Excellence Award (2019)
International College of Surgeons国際外科学会日本支部会 Young Investigator Award 2回(2006, 2008)

【国内学会】
日本内視鏡外科学会総会 Karl Storz Award 3回 (2005, 2007, 2015)
第30回日本内視鏡外科学会総会Surgical Forum Award (2017)
日本コンピュータ外科学会CAS Young Investigator Award シルバー賞 (2016)
JDDW2011第9回日本消化器外科学会大会 優秀演題 (2011)
第18回日本肝胆膵外科学会 会長賞(2006)

【他受賞】
Good Design Award (2015)
Microsoft Innovation Award 2017 (2017)
楽天テクノロジー&イノベーションアワード (2018)
docomo 5G DX AWARDS 2020 優秀賞 (2020)

連絡先

メールアドレス

電話番号

03-5213-4503

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1996年03月

帝京大学 医学部卒業

1996年

帝京大学 医学部附属病院外科 臨床研修医

1998年

国立病院機構東京医療センター外科 派遣医

2000年

帝京大学 医学部附属病院外科 医員

2004年

帝京大学 医学部附属市原病院(現 帝京大学ちば総合医療センター)外科 助手

2007年

帝京大学 ちば総合医療センター外科 助教

2008年

米国サンフランシスコ州退役軍人局病院 Veterans Affairs Palo Alto Health Care System 消化器内視鏡科 Visiting fellow

2009年

神戸大学大学院 医学研究科消化器内科学 特務講師

2011年

帝京大学 医療情報システム研究センター客員教授

2012年

千葉大学 フロンティア医工学センター 特別研究准教授

2013年

群馬大学大学院 医学系研究科機能形態学 客員准教授(2016年迄)

2015年

神戸大学大学院 医学研究科消化器内科学 特務准教授

2016年

国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科 准教授
神戸大学大学院医学研究科内科学講座消化器内科 客員准教授

2017年

崇城大学 客員教授
東京歯科大学 客員准教授
株式会社 Mediaccel 代表取締役CEO

2018年

東京大学先端科学技術研究センター客員研究員
Holoeyes 株式会社 取締役COO CMO
鹿児島大学大学院 消化器・乳腺甲状腺外科学 客員准教授

2019年05月

帝京大学冲永総合研究所 特任教授 Innovation Lab室長

2021年04月

帝京大学冲永総合研究所 教授 Innovation Lab室長

所属学会

FICS万国外科学会, Fellow

ISS/SIC国際外科学会, Active member

SAGES米国内視鏡外科学会, International Member

RANA北米放射線学会, International Member

SMIT先端医療技術学会, Member

日本外科学会 認定医 専門医

日本消化器内視鏡学会 専門医

日本内視鏡外科学会 技術認定取得者 評議員

日本コンピュータ外科学会 評議員

日本肝胆膵外科学会 評議員

日本腹部救急医学会 評議員

近畿内視鏡下大腸手術研究会世話人

単孔式内視鏡手術研究会世話人

Needlescopic Surgery研究会世話人

日本消化器外科学会

日本消化器病学会

日本肝臓学会

日本膵臓学会

日本胆道学会

日本画像医学会

日本ロボット外科学会

日本バーチャルリアティ学会

日本デジタル教科書学会

専門分野

外科学, 消化器外科学, 肝胆膵外科学, 低侵襲手術, 手術ロボット, 画像診断, 手術支援, コンピュータサイエンス
医用画像解析、VR/AR/MR/XR, 3Dプリンティング, 生体医工学, 医療機器開発, 遠隔医療
医工産学官連携, ビジネスコンサルティング, 起業支援、マーケッティング, ブランディング, 医学科学教育,人材育成

外科医として臨床現場にて医用画像解析や手術支援システム、VR仮想現実/AR拡張現実/MR複合現実, 3Dプリンターによる生体質感臓器造形などの医工産学横断的な研究開発や科学教育, 若手人材育成を精力的に行っている。
また医療・教育・ビジネスなどの多分野にてプレゼンテーションセミナーやコーチングを多数開催。
TED翻訳者および各地TEDxスピーカー。
2014年Apple社Webにて世界を変え続けるイノベーターに選出, 2017年Microsoftイノベーションアワード優秀賞およびWIRED AUDI イノベーションアワード受賞。

研究テーマ

英文筆頭著者
1. Maki Sugimoto. Cloud XR (Extended Reality: Virtual Reality・Augmented Reality・Mixed Reality) and 5G networks for holographic medical image-guided surgery and telemedicine. Multidisciplinary Computational Anatomy - Principles and Clinical Application of MCA-based Medicine. Editor: Hashizume M. Springer Tokyo Japan. 2020 (In press)
2. Maki Sugimoto. Extended Reality (XR:VR/AR/MR), 3D Printing, Holography, A.I., Radiomics, and Online VR Tele-Medicine for Precision Surgery. Surgery and Operating Room Innovation. Editor: Takenoshita S, Yasuhara H. Springer Tokyo Japan. 2020
3. Maki Sugimoto. Augmented Tangibility Surgical Navigation Using Spatial Interactive 3-D Hologram zSpace with OsiriX and Bio-Texture 3-D Organ Modeling. IEEE Computer Application Technologies (CCATS), 2015 International Conference on. 189-194, 2015.
4. Maki Sugimoto, et.al. da Vinci robotic single-incision cholecystectomy and hepatectomy using single-channel GelPort access. J Hepatobiliary Pancreat Sci.18(4) 493-8, 2011
5. Maki Sugimoto. Recent advances in visualization, imaging, and navigation in hepatobiliary and pancreatic sciences. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 17 (5) 574-576, 2010.
6. Maki Sugimoto, et.al. Carbon dioxide-enhanced virtual MDCT cholangio-pancreatography. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 17 (5) 601-610, 2010.
7. Maki Sugimoto, et al. Image overlay navigation by markerless surface registration in gastrointestinal, hepatobiliary and pancreatic surgery. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 17 (5) 629-636, 2010.
8. Maki Sugimoto, et al. Rendezvous gastrotomy technique using direct percutaneous endoscopic gastrostomy for transgastric cholecystectomy in hybrid natural orifice translumenal endoscopic surgery. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 16:758-762, 2009

教育方法・職務上の実績

教育方法

特許
1. 特許第6440135号
発明名称:医療情報仮想現実サーバ、医療情報仮想現実プログラム、および医療情報仮想現実用データの作製方法
発明者:谷口直嗣, 杉本真樹
特許権者:HoloEyes株式会社
出願日:2018(平成30)年 1月23日
登録日:2018(平成30)年11月30日

2. 特許第6380966号
発明名: 医療情報仮想現実システム
特許権者: HoloEyes株式会社
発明者: 谷口直嗣、 杉本真樹
出願日: 2018(平成30)年1月23日
登録日: 2018(平成30)年8月10日

3. 特許第52039037号
発明名称:3次元造形モデル作製方法および医療・医学・研究・教育用支援ツール
発明者: 杉本真樹, 東健, 渡辺欣一, 嶋田周吉
特許権者:国立大学法人神戸大学, 株式会社ファソテック
出願番号:特願2012-538117
出願日: 2012(平成24)年3月30日
登録日: 2013(平成25)年4月12日

4. 米国特許番号:9183764
発明名称: METHOD FOR MANUFACTURING THREE-DIMENSIONAL MOLDED MODEL AND SUPPORT, TOOL FOR MEDICAL TREATMENT, MEDICAL TRAINING, RESEARCH, AND EDUCATION
米国出願番号 :US13/823652
米国移行出願日:2013年3月18日
国際出願番号 :PCT/JP2012/00221
国際出願日  :2012年 3月 30日
優先主張出願番号:特願2011-078876
特許証発行日 :2015年11月10日 

5. 中国特許番号:第1676377号
発明名称:3次元造形モデル作製方法、3次元造形モデル作製プログラム、および医用支援ツール
発明者: 杉本真樹, 東健, 渡辺欣一, 嶋田周吉
特許権者:国立大学法人神戸大学, 株式会社ファソテック
登録番号:ZL2012 8 0003256.7
出願日:2012年3月30日
登録日:2015年5月27日

6. 特許第5707303号
発明名称:情報活用デバイス
発明者: 杉本真樹
特許権者: 杉本真樹、スタープラスチック工業株式会社、中島工業株式会社
出願番号:特願2011-250928
出願日: 2011(平成23)年11月16日
登録日: 2015(平成27)年3月6日

7. 特許第5745155号
発明名称:臓器組織質感モデル
発明者:杉本真樹、小川敦, 諸橋龍
特許権者:サンアロー株式会社
出願番号: 特願2014-253885
出願日:2014(平成26)年12月16日
登録日:2015(平成27)年5月15日

8. 特許第5854399号
発明名称:医用システム
発明者:生熊 聡一, 大西 順一, 杉本 真樹, 東 健,
特許権者: オリンパスメディカルシステムズ株式会社, 国立大学法人神戸大学
出願番号:特願2011-253892
出願日:2011(平成23)年11月21日
登録日:2015(平成27)年12月18日

職務上の実績

主な研究費とその成果等
【 科研費 】
1. 研究費目:若手研究(B)
① 期間:平成18-20年度
② 研究課題名:二酸化炭素造影MDCTによる肝胆膵VR navigation画像の臨床研究
③ 研究代表者:杉本真樹, 研究分担者:安田秀喜
④ 直接経費:280,000円
⑤ 研究成果:二酸化炭素でCT造影し膵胆道造影法を新たに確立し, 手術支援の有効性を証明した.

2. 研究費目:新学術領域研究 公募研究
① 期間:平成22-23年度
② 研究課題名:計算解剖モデルを利用した診断治療・教育・遠隔支援システムの開発
③ 研究代表者:杉本真樹
④ 直接経費:6,000,000円
⑤ 研究成果:医用画像解析の個別化システムを開発し計算解剖学に統合した.

3. 研究費目:若手研究(A)
① 期間:平成22-23年度
② 研究課題名:光学的力学的センシング技術による実時間的画像誘導手術システムの開発
③ 研究代表者:杉本真樹
④ 直接経費:7,600,000円
⑤ 研究成果:手術室画像支援に赤外線磁場センシング技術を統合したシステムを開発した.

4. 研究費目:挑戦的萌芽研究
① 期間:平成23-24年度
② 研究課題名:革新的実時間的自動手術支援ロボットナビゲーションシステムの開発
③ 研究代表者:杉本真樹
④ 直接経費:3,640,000円
⑤ 研究成果:手術支援ロボットの支援システムに追従機能を追加しリアルタイム化した.

5. 研究費目:基盤研究(C)
① 期間:平成26-28年度
② 研究課題名:生体質感造形3Dプリンターによる臓器立体モデル腹腔鏡手術支援システムの確立
③ 研究代表者:杉本真樹
④ 直接経費:3,640,000円
⑤ 研究成果:腹腔鏡手術を触感付加臓器モデルにて支援し手技の安全性と教育効果を改善した

6. 研究費目:地域医療基盤開発推進研究事業
① 期間:平成21年度
② 研究課題名:サージカルトレーニングのあり方に関する研究
③ 研究代表者:近藤 哲, 研究分担者:杉本真樹他
④ 直接経費:3,000,000円
研究成果:国内外外科手技教育を実態調査解析し厚労省と3学会合同にてガイドライン発刊した.

研究費目:基盤研究(C)
期間:平成26-28年度
研究課題名:生体質感造形3Dプリンターによる臓器立体モデル腹腔鏡手術支援システムの確立
研究代表者:杉本真樹
直接経費:3,900,000円

研究費目:新学術領域研究
期間:平成27-28年度
研究課題名:多元計算解剖モデルと生体質感造形技術を融合した高度知能化治療支援システムの確立
研究代表者:杉本真樹
直接経費: 3,400,000円

その他
1. 厚生労働科学研究費補助金(医療技術評価総合研究事業)
   急性胆道炎の診療ガイドラインの作成,普及に関する研究班 研究協力者(平成18年)
2. 厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)
   サージカルトレーニングのあり方に関する研究 分担研究者(平成21-22年)

(分担・共同研究)
1. 平成22年度私立大学戦略的研究 基盤形成支援事業(共同研究者)
2. 平成25年度科学研究費(学術研究助成金) 新学術領域(分担研究者)
3. 平成25-26年度科学研究費(学術研究助成金) 挑戦的萌芽研究(分担研究者)
4. 平成31-令和2年度科学研究費(学術研究助成金) 基盤C(分担研究者)
5. 平成31-令和2年度科学研究費(学術研究助成金) 基盤C(分担研究者)

著書・論文

単行本

杉本真樹

メスを超える: 異端外科医のイノベーション

2021年03月12日 | 東洋経済新報社  

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

VR/AR 医療の衝撃

2017年 | ボーンデジタル,東京, 96ページ 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

医用画像3Dモデリング・3Dプリンター活用実践ガイド

2016年 | 技術評論社,東京, 320ページ 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

OsiriX画像処理パーフェクトガイド最新版(Ver.5.9/6.0対応)

2015年 | エクスナレッジ, 東京, 319ページ 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

医療者・研究者を動かすインセンティブプレゼンテーション

2014年 | KADOKAWA アスキー・メディアワークス. 東京 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹(Team医療3.0)著編

ITが医療を変える 現場からの課題解決への提言

2012年 | アスキー・メディアワークス. 東京 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

DVD 3D臨床解剖アトラス CT・MRIとOsiriXで再構成された動画ライブラリー

2012年 | メディカ出版, 大阪 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

医用画像解析アプリOsiriXパーフェクトガイド

2011年 | エクスナレッジ, 東京 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹(Team医療3.0)

スマホ, タブレットが変えるIT医療革命

2011年 | アスキー・メディアワークス. 東京 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹著, 編

医療現場iPad実践ガイド

2011年 | エクスナレッジ, 東京 

単著単行本 筆頭者

杉本真樹

消化管・肝胆膵ベッドサイドイメージング Mac対応フリーソフトウェアOsiriXでつくる3Dナビゲーション(DVD付)

2009年 | へるす出版 東京