帝京大学

日野 邦彦 教授

Hino Kunihiko

所属キャンパス福岡キャンパス

帝京大学 福岡医療技術学部 理学療法学科

理学療法の仕事は疾病や外傷による患者さんの障害に対して、患者さんと共に戦っていく仕事です。また、理学療法士として自分の知識や技術が正しかったのかを教えてくれるのは患者さんしかいません。患者さんの変化が自分の知識・技術の確認になるのです。さあ、理学療法士を目指している方々、患者さんに感謝しながら、日々障害と戦う理学療法士になるために、帝京大学で共に学びましょう。

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1979年03月

労働福祉事業団 九州リハビリテーション大学校卒業

1979年04月

熊本赤十字病院 勤務(~1982年3月)

1982年04月

医療法人社団寿量会 熊本機能病院 勤務(~2002年3月)

1994年10月

第12回 広島アジア大会 選手村医務班

1995年08月

第18回 ユニバーシアード福岡大会 選手村医務班

1997年08月

第19回 ユニバーシアードイタリア大会 日本選手団本部医務班

2002年04月

帝京大学 福岡医療技術専門学校 講師

2004年10月

帝京平成大学大学院 修士課程終了

2005年04月

帝京大学 福岡医療技術学部 助教授

2007年04月

帝京大学 福岡医療技術学部 教授

所属学会

1979年

日本理学療法士協会

1991年

スポーツ選手のためのリハビリテーション研究会

1998年

Functional Therapy and Exercise Institute

2012年

日本アスレティックトレーニング学会

専門分野

運動器系理学療法
アスレティック・リハビリテーション

研究テーマ

スポーツ外傷発生要因と予防
運動器系理学療法

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

免許・資格等
1979年 理学療法士
1996年 日本体育協会公認 アスレティックトレーナー
1999年 熊本県知事認定 介護支援専門員
2012年 社団法人日本理学療法士協会認定 スポーツ理学療法士
2014年 (公財)日本ラグビーフットボール協会認定 セーフィティーアシスタント
2014年 (公財)日本ラグビーフットボール協会認定 有資格者ヘルスケア専門家

賞罰
2000年 社団法人 熊本県理学療法士協会 社会功績賞授賞
2013年 公益社団法人 福岡県理学療法士会 功労賞授賞

役職等
2000年~2018年 スポーツ選手のためのリハビリテ-ション研究会 副代表
2019年~  スポーツ選手のためのリハビリテ-ション研究会 監事
2001年~(財)熊本県体育協会 スポーツ医科学委員会 トレーナー部会部長
2004年~(財)熊本県体育協会 スポーツ医科学委員会 専門部会 委員
2005年~(財)日本体育協会アスレティックトレーナー連絡協議会 熊本県代表委員
2005年~2008年度 大牟田市地域包括支援センター運営協議会 委員
2012年~ 日本アスレティックトレーニング学会 代議員
2012年~2013年 大牟田市推進会議(健康増進計画策定協議会)委員
2014年~2019年 大牟田市健康づくり推進会議委員
2018年~2019年 熊本県「高等学校における運動部活動の指針」検討委員会委員

社会活動など
1994年~1999年 ㈱ニコニコ堂ラグビー部 トレーナー
1997年~1999年 熊本県 成年ラグビー国体チーム トレーナー
2001年~2006年 熊本県国体バドミントンチーム トレーナー
2007年~2011年 熊本県国体カヌーチーム トレーナー
2006年~2019年 熊本県 成年ラグビー国体チーム トレーナー

著書・論文

著書(共著)

日野邦彦

大腿骨骨幹部骨折

2014年12月22日 | 図解理学療法技術ガイド第4版 

著書

「大腿骨骨折」

2001年02月 | 図解理学療法技術ガイド 

著書(共著)

スポーツによる慢性腰部痛に対する理学療法の考え方

2014年05月18日 | 臨床スポーツ医学 2014年 臨時増刊号 

論文

肩関節不安定症に対する理学療法

2002年03月 | アスレティック・リハビリテーションNO.3 

論文

肩関節のスポーツ外傷に対する理学療法の実際

2004年08月 | 理療 

著書

骨・関節形態障害

2007年04月 | 日常生活活動