帝京大学

出口 芳春 教授

Deguchi, Yoshiharu

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 薬学部 薬学科

連絡先

FAX番号

042-685-3766

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2005年04月

帝京大学薬学部教授

2002年04月

帝京大学薬学部助教授 〜2005年03月

2000年04月

北海道薬科大学講師 〜2002年03月

1993年01月

静岡県立大学薬学部助手 〜2000年03月

1982年04月

金沢大学附属病院薬剤部薬剤師 〜1989年06月

2002年04月

帝京大学薬学部 助教授 〜2005年03月

【学歴】──────────────────────────────

1997年03月

UCLA医学部

1993年12月

金沢大学自然科学研究科 研究生

1982年03月

金沢大学薬学研究科製薬化学

1980年03月

金沢大学薬学部製薬化学科 卒業

【委員歴】──────────────────────────────

日本薬剤学会 Focusing Group 統括委員

The Japanese Society for the Study of Xenobiotics Associate Editor of Drug Metabolism and Pharmacokinetics

International Brain Barrier Society Editorial Board of Fluid and Barriers of the CNS

American Pharmacists Association Editorial Advisary Boad of Journal of Pharmaceutical Sciences

日本薬学会 学術編集委員会委員

薬学共用試験センター 運営委員およびCBT実施委員

日本薬剤学会 国際標準医薬分業推進委員会委員

日本薬物動態学会 機関紙「DMPK」編集委員

日本薬剤学会 機関紙「薬剤学」アドバイザー

日本薬物動態学会 評議員

日本薬剤学会 評議員

2009年04月

日本薬学会 関東支部会市民講座委員 〜2012年03月

【受賞】──────────────────────────────

2009年03月

Top Reviewer of J. Pharm. Sci.

2001年

日本薬物動態学会奨励賞

所属学会

日本医療薬学会

創剤フォーラム

アジア薬剤学協会

The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Jpan

日本薬学会

日本薬物動態学会

日本薬剤学会

日本DDS学会

米国薬学会

専門分野

薬学 医療系薬学、薬学 生物系薬学、薬学 医療系薬学

研究テーマ

血液脳関門、トランスポーター、ヒト血液脳関門不死化細胞株、脳移行性、排出輸送、脳保護機、脳細胞間液、トランスサイトーシス、有機カチオントランスポーター、脳移行性改善法、薬物動態学、脳関門、薬物送達学

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Kurosawa T, Tega Y, Higuchi K, Yamaguchi T, Nakakura T, Mochizuki T, Kusuhara H, Kawabata K, Deguchi Y

Expression and Functional Characterization of Drug Transporters in Brain Microvascular Endothelial Cells Derived from Human Induced Pluripotent Stem Cells.

2018年11月 | Molecular pharmaceutics  

学術論文

Takahashi Y, Nishimura T, Higuchi K, Noguchi S, Tega Y, Kurosawa T, Deguchi Y, Tomi M

Transport of Pregabalin Via L-Type Amino Acid Transporter 1 (SLC7A5) in Human Brain Capillary Endothelial Cell Line.

2018年10月 | Pharmaceutical research 35 12 246 

学術論文

Hiranaka S, Tega Y, Higuchi K, Kurosawa T, Deguchi Y, Arata M, Ito A, Yoshida M, Nagaoka Y, Sumiyoshi T

Design, Synthesis, and Blood-Brain Barrier Transport Study of Pyrilamine Derivatives as Histone Deacetylase Inhibitors.

2018年09月 | ACS medicinal chemistry letters 9 9 884-888 

学術論文

Nakamura Y, Nakanishi T, Shimada H, Shimizu J, Aotani R, Maruyama S, Higuchi K, Okura T, Deguchi Y, Tamai I

Prostaglandin Transporter OATP2A1/SLCO2A1 Is Essential for Body Temperature Regulation during Fever.

2018年06月 | The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 38 24 5584-5595 

学術論文

Nakanishi T, Tamai I, Deguchi Y

Foreword.

2018年 | Biological & pharmaceutical bulletin 41 9 1322-1323 

学術論文

Kurosawa T, Higuchi K, Okura T, Kobayashi K, Kusuhara H, Deguchi Y

Involvement of Proton-Coupled Organic Cation Antiporter in Varenicline Transport at Blood-Brain Barrier of Rats and in Human Brain Capillary Endothelial Cells.

2017年09月 | Journal of pharmaceutical sciences 106 9 2576-2582 

学術論文

Usui T, Nakazawa A, Okura T, Deguchi Y, Akanuma SI, Kubo Y, Hosoya KI

Histamine elimination from the cerebrospinal fluid across the blood-cerebrospinal fluid barrier: involvement of plasma membrane monoamine transporter (PMAT/SLC29A4).

2016年11月 | Journal of neurochemistry 139 3 408-418 

学術論文

Kitamura A, Okura T, Higuchi K, Deguchi Y

Cocktail-Dosing Microdialysis Study to Simultaneously Assess Delivery of Multiple Organic-Cationic Drugs to the Brain.

2016年02月 | Journal of pharmaceutical sciences 105 2 935-940 

学術論文

Higuchi K, Kitamura A, Okura T, Deguchi Y

Memantine transport by a proton-coupled organic cation antiporter in hCMEC/D3 cells, an in vitro human blood-brain barrier model.

2015年04月 | Drug metabolism and pharmacokinetics 30 2 182-187 

学術論文

Okura T, Higuchi K, Deguchi Y

[The blood-brain barrier transport mechanism controlling analgesic effects of opioid drugs in CNS].

2015年 | Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 135 5 697-702 

学術論文

Kitamura A, Higuchi K, Okura T, Deguchi Y

Transport Characteristics of Tramadol in the Blood-Brain Barrier.

2014年08月 | Journal of pharmaceutical sciences  

学術論文

Okura T, Kato S, Deguchi Y

Functional expression of organic cation/carnitine transporter 2 (OCTN2/SLC22A5) in human brain capillary endothelial cell line hCMEC/D3, a human blood-brain barrier model.

2014年 | 1 Drug metabolism and pharmacokinetics 29 69-74 

学術論文

Okura T, Higuchi K, Kitamura A, Deguchi Y

Proton-coupled organic cation antiporter-mediated uptake of apomorphine enantiomers in human brain capillary endothelial cell line hCMEC/D3.

2014年 | 2 Biological & pharmaceutical bulletin 37 286-291 

学術論文

Yoshida A, Kuraoka S, Ito Y, Okura T, Deguchi Y, Otsuka A, Ozono S, Takeda M, Masuyama K, Araki I, Yamada S

Muscarinic receptor binding of the novel radioligand, [3h]imidafenacin in the human bladder and parotid gland.

2014年 | 1 Journal of pharmacological sciences 124 40-46 

学術論文

Osano A, Yokoyama Y, Hayashi H, Itoh K, Okura T, Deguchi Y, Ito Y, Yamada S

Bladder endothelin-1 receptor binding of bosentan and ambrisentan.

2014年 | 1 Journal of pharmacological sciences 124 86-91 

学術論文

Yokoyama Y, Osano A, Hayashi H, Itoh K, Okura T, Deguchi Y, Ito Y, Yamada S

Endothelin-1 receptors in rat tissues: characterization by bosentan, ambrisentan and CI-1020.

2014年 | 3 Biological & pharmaceutical bulletin 37 461-465 

学術論文

Tomioka NH, Nakamura M, Doshi M, Deguchi Y, Ichida K, Morisaki T, Hosoyamada M

Ependymal cells of the mouse brain express urate transporter 1 (URAT1).

2013年10月 | 1 Fluids and barriers of the CNS 10 31 

学術論文

Fujii S, Hayashi H, Itoh K, Yamada S, Deguchi Y, Kawazu K

Characterization of the carrier-mediated transport of ketoprofen, a nonsteroidal anti-inflammatory drug, in rabbit corneal epithelium cells.

2013年02月 | 2 The Journal of pharmacy and pharmacology 65 171-180 

学術論文

Shimomura K, Okura T, Kato S, Couraud PO, Schermann JM, Terasaki T, Deguchi Y

Functional expression of a proton-coupled organic cation (H+/OC) antiporter in human brain capillary endothelial cell line hCMEC/D3, a human blood-brain barrier model.

2013年01月 | 1 Fluids and barriers of the CNS 10 8 

学術論文

黄倉 崇,出口芳春

トロイの木馬抗体を用いた中枢作用型タンパク質・遺伝子医薬開発の最前線.

2013年 | 細胞工学 32 962-964 

学術論文

黄倉 崇, 出口 芳春

海外注目論文解説 トロイの木馬抗体を用いた中枢作用型タンパク質・遺伝子医薬の開発最前線 (特集 血液脳関門 : BBBの概念提唱から百年の時を越えて捉えたその実体)

2013年 | 学研メディカル秀潤社 ; 1982- 細胞工学 32 9 962-964 

学術論文

Sadiq MW, Borgs A, Okura T, Shimomura K, Kato S, Deguchi Y, Jansson B, Björkman S, Terasaki T, Hammarlund-Udenaes M

Diphenhydramine active uptake at the blood-brain barrier and its interaction with oxycodone in vitro and in vivo.

2011年09月 | 9 Journal of pharmaceutical sciences 100 9 3912-3923 

学術論文

Okura T, Kato S, Takano Y, Sato T, Yamashita A, Morimoto R, Ohtsuki S, Terasaki T, Deguchi Y

Functional characterization of rat plasma membrane monoamine transporter in the blood-brain and blood-cerebrospinal fluid barriers.

2011年09月 | 9 Journal of pharmaceutical sciences 100 3924-3938 

学術論文

Deguchi Y

The Blood-Brain Barrier as a Focus of Drug Metabolism and Pharmacokinetics Research.

2011年 | Drug metabolism and pharmacokinetics 26 3 219 

学術論文

出口 芳春

血液脳関門の輸送機能に魅せられて

2011年 | 薬剤学 71 3 153-158  

学術論文

Maeda Y, Araki Y, Uno T, Yoshida A, Nishigaki K, Inaba N, Hayashi H, and Deguchi Y.

Measurement of glomerular filtration rate by rapid intravenous injection of a newly developed insulin fraction

2011年 | Journal of Rural Medicine 6 1 9-15 

学術論文

Deguchi Y

The blood-brain barrier as a focus of drug metabolism and pharmacokinetics

2011年 | Drug Metabolism and Pharmacokinetics 26 1-1 

学術論文

Nakazawa Y, Okura T, Shimomura K, Terasaki T, Deguchi Y

Drug-drug interaction between oxycodone and adjuvant analgesics in blood-brain barrier transport and antinociceptive effect.

2010年01月 | 1 Journal of pharmaceutical sciences 99 1 467-474 

学術論文

Kato S, Kato Y, Nakamura T, Sugiura T, Kubo Y, Deguchi Y, Tsuji A

Genetic deficiency of carnitine/organic cation transporter 2 (slc22a5) is associated with altered tissue distribution of its substrate pyrilamine in mice.

2009年12月 | 9 Biopharmaceutics & drug disposition 30 9 495-507 

学術論文

Okura T, Hattori A, Takano Y, Sato T, Hammarlund-Udenaes M, Terasaki T, Deguchi Y

Involvement of the pyrilamine transporter, a putative organic cation transporter, in blood-brain barrier transport of oxycodone.

2008年10月 | 10 Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals 36 10 2005-2013 

学術論文

Okura T, Ito R, Ishiguro N, Tamai I, Deguchi Y

Blood-brain barrier transport of pramipexole, a dopamine D2 agonist.

2007年04月 | 17 Life sciences 80 17 1564-1571 

学術論文

Okura T, Komiyama N, Morita Y, Kimura M, Deguchi Y, Yamada S

Comparative measurement of spinal CSF microdialysate concentrations and concomitant antinociception of morphine and morphine-6beta-glucuronide in rats.

2007年03月 | 14 Life sciences 80 14 1319-1326 

学術論文

Sun J, Deguchi Y, Tauchi Y, He Z, Cheng G, Morimoto K

Distribution characteristics of orally administered olamufloxacin, a newly synthesized fluoroquinolone antibacterial, in lung epithelial lining fluid and alveolar macrophage in rats.

2006年10月 | 2 European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V 64 2 238-245 

学術論文

Chono S, Tauchi Y, Deguchi Y, Morimoto K

Efficient drug delivery to atherosclerotic lesions and the antiatherosclerotic effect by dexamethasone incorporated into liposomes in atherogenic mice.

2005年05月 | 4 Journal of drug targeting 13 4 267-276 

学術論文

Okura T, Ito R, Ishiguro N, Igarashi T, Tamai I and Deguchi Y.

Characterization of the blood-brain barrier transport of promipexole, a dopamine D2 agonist.

2005年 | Drug Metabolism Review of Biotransformation and Disposition of Xenobiotics 37 suppl 2 179 

学術論文

Deguchi Y, Okura T, Yamaguchi T, Takeda N, Ito R and Watanabe Y.

Blood-Brain Barrier Transport and Neuroprotective Effect of a novel cationic VIP analogue.

2005年 | Drug Metabolism Review of Biotransformation and Disposision of Xenobiotics 37 supp 2 273 

学術論文

Deguchi Y, Naito Y, Ohtsuki S, Miyakawa Y, Morimoto K, Hosoya K, Sakurada S, Terasaki T

Blood-brain barrier permeability of novel [D-arg2]dermorphin (1-4) analogs: transport property is related to the slow onset of antinociceptive activity in the central nervous system.

2004年07月 | 1 The Journal of pharmacology and experimental therapeutics 310 177-184 

学術論文

Makino T, Wakushima H, Okamoto T, Okukubo Y, Deguchi Y, Kano Y

Pharmacokinetic and pharmacological interactions between ticlopidine hydrochloride and Kangen-Karyu - Chinese traditional herbal medicine.

2003年11月 | 9 Phytotherapy research : PTR 17 1021-1024 

学術論文

Sun J, Sakai S, Tauchi Y, Deguchi Y, Cheng G, Chen J, Morimoto K

Protonation equilibrium and lipophilicity of olamufloxacin (HSR-903), a newly synthesized fluoroquinolone antibacterial.

2003年09月 | 2 European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V 56 223-229 

学術論文

Urayama A, Yamada S, Deguchi Y, Ohmori Y, Kimura R

Studies on the transport of thyrotropin-releasing hormone (TRH) analogues in Caco-2 cell monolayers.

2003年05月 | 5 The Journal of pharmacy and pharmacology 55 603-608 

学術論文

Deguchi Y, Miyakawa Y, Sakurada S, Naito Y, Morimoto K, Ohtsuki S, Hosoya K, Terasaki T

Blood-brain barrier transport of a novel micro 1-specific opioid peptide, H-Tyr-D-Arg-Phe-beta-Ala-OH (TAPA).

2003年03月 | 5 Journal of Neurochemistry 84 1154-1161 

学術論文

Urayama A, Yamada S, Ohmori Y, Deguchi Y, Uchida S, Kimura R

Blood-brain permeability of [3H]-(3-methyl-His2)thyrotropin-releasing hormone (MeTRH) in mice: effects of TRH and its analogues.

2003年 | 5 Drug metabolism and pharmacokinetics 18 310-318 

学術論文

Deguchi Y, Sun J, Tauchi Y, Sakai S, Morimoto K

Distribution characteristics of grepafloxacin, a fluoroquinolone antibiotic, in lung epithelial lining fluid and alveolar macrophage.

2003年 | 5 Drug metabolism and pharmacokinetics 18 319-326 

学術論文

Deguchi Y, Okutsu H, Okura T, Yamada S, Kimura R, Yuge T, Furukawa A, Morimoto K, Tachikawa M, Ohtsuki S, Hosoya K, Terasaki T

Internalization of basic fibroblast growth factor at the mouse blood-brain barrier involves perlecan, a heparan sulfate proteoglycan.

2002年10月 | 2 Journal of Neurochemistry 83 381-389 

学術論文

Makino T, Wakushima H, Okamoto T, Okukubo Y, Deguchi Y, Kano Y

Pharmacokinetic interactions between warfarin and kangen-karyu, a Chinese traditional herbal medicine, and their synergistic action.

2002年09月 | 1 Journal of ethnopharmacology 82 35-40 

学術論文

Sun J, Sakai S, Tauchi Y, Deguchi Y, Chen J, Zhang R, Morimoto K

Determination of lipophilicity of two quinolone antibacterials, ciprofloxacin and grepafloxacin, in the protonation equilibrium.

2002年07月 | 1 European journal of pharmaceutics and biopharmaceutics : official journal of Arbeitsgemeinschaft fur Pharmazeutische Verfahrenstechnik e.V 54 51-58 

学術論文

Sun J, Deguchi Y, Chen JM, Zhang RH, Morimoto K

Interactions between quinolone antibiotics and phospholipid membrane for prediction of alveolar macrophage uptake in vitro.

2002年05月 | 5 Acta pharmacologica Sinica 23 430-438 

学術論文

Wang J, Sakai S, Deguchi Y, Bi D, Tabata Y, Morimoto K

Aminated gelatin as a nasal absorption enhancer for peptide drugs: evaluation of absorption enhancing effect and nasal mucosa perturbation in rats.

2002年02月 | 2 The Journal of pharmacy and pharmacology 54 181-188 

学術論文

Deguchi Y

Application of in vivo brain microdialysis to the study of blood-brain barrier transport of drugs.

2002年 | 5 Drug metabolism and pharmacokinetics 17 395-407 

学術論文

出口 芳春, 森本 一洋, 寺崎 哲也

脳微小透析法の血液脳関門輸送研究への応用 (特集・血液脳関門研究の最近の進歩)

2001年11月 | 金原一郎記念医学医療振興財団 生体の科学 52 6 563-570 

学術論文

出口 芳春, 森本 一洋

脳へのデリバリー戦略

2001年09月 | 日本DDS学会 Drug Delivery System 16 5 384-394 

学術論文

出口 芳春, 奥津 広士, 内藤 隆文, 黄倉 崇, 山田 静雄, 弓削 卓郎, 古川 明彦, 大槻 純男, 細谷 健一, 寺崎 哲也, 森本 一洋, 木村 良平

Transport Mechanism of Basic Fibroblast Growth Factor through the Blood-Brain Barrier.

2001年 | 日本薬物動態学会 薬物動態 16 2 140-144 

学術論文

Chono S, Tauchi Y, Deguchi Y and Morimoto K.

Development of drug delivery system for atherosclerotic therapy using dexamethasone incorporated into liposomes.

2001年 | Progress in Drug Dlivery System 10 1-11 

学術論文

Urayama A, Yamada S, Hirano K, Deguchi Y and Kimura R.

Brain receptor binding characteristics and pharmacokinetic pharmacodynamic analysis of thyrotrophin – releasing hormone analogues.

2001年 | Life Sciences 70 647-657 

学術論文

Deguchi Y, Naito T, Yuge T, Furukawa A, Yamada S, Pardridge WM, and Kimura R.

Blood-brain barrier transport of 125I-labeled basic fibroblast growth factor.

2000年 | Pharmaceutical Research 17 63-69 

学術論文

Deguchi Y, Yokoyama Y, Sakamoto T, Hayashi H, Naito T, Yamada S and Kimura R.

Brain distribution of 6-mercaptopurine is regulated by the efflux transport system in the blood-brain barrier.

2000年 | Life Siences 66 649-662 

学術論文

Uchida S, Yamada S, Deguchi Y, Yamamoto M and Kimura R.

In vivo specific binding characteristics and pharmacokinetics of a 1,4-dihydro-pyridine calcium channel antagonist in the senescent mouse brain.

2000年 | Pharmaceutical Research 17 844-850 

学術論文

Wang J, Tauchi Y, Deguchi Y, Morimoto K, Tabata Y and Ikada Y.

Positively charged gelatin microspheres as gastric mucoadhesive drug delivery system for eradication of H. pylori.

2000年 | Drug Delivery 7 237-243 

学術論文

Yamada S, Okura T, Kimura R, Deguchi Y, Suzuki Y, Kobayashi T and Aisaka K.

Disposition and α1-adrenoceptor binding characteristics of JHT-601 and its metabolites in rat tissues.

2000年 | Drug Metabolism and Disposition 28 1487-1492 

学術論文

中島真理子, 山田静雄, 黄倉崇, 長根芳子, 片山進, 出口芳春, 木村良平, 西山雅彦.

KMD-3213のヒト血漿中遊離型薬物濃度の基づく前立腺受容体占有の予測.

2000年 | 臨床薬理 31 379-380 

学術論文

Deguchi Y, Hayashi H, Fujii S, Naito T, Yokoyama Y, Yamada S and Kimura R

Improved brain delivery of a nonsteroidal anti-inflammatory drug with a synthetic glyceride ester: a preliminary attempt at a CNS drug delivery system for the therapy of Alzheimer’s disease.

2000年 | Journal of Drug Targeting 8 371-381 

学術論文

Deguchi Y, Kurihara A, and Pardridge WM.

Retention of biological activity of human epidermal growth factor following conjugation to a blood-brain barrier drug delivery vector via an extended polyethyleneglycol linker.

1999年 | Bioconjugate Chemistry 10 32-37 

学術論文

Ohkura T, Yamada S, Deguchi Y, and Kimura R.

Comparative Study on Pharmacokinetics and in vivo -adrenoceptor binding of [3H]tamuslosin and [3H]prazosine in rats.

1999年 | Biological and Pharmaceutical Bulletin 22 412-417 

学術論文

Kurihara A, Deguchi Y, and Pardridge WM.

Epidermal growth factor radiopharmaceuticals: 111In chelation, conjugation to a blood-brain barrier delivery vector via a biotin-polyethylene linker, pharmacokinetics, and in vivo imaging of experimental brain tumors.

1999年 | Bioconjugate Chemistry 10 502-511 

学術論文

Yamada S, Ohkura T, Deguchi Y, and Kimura R.

In vivo measurement by [3H]tamuslosin of α-adrenoceptors in rat tissues in relation to the pharmacokinetics.

1999年 | Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 289 1575-1583 

学術論文

Urayama A, Yamada S, Deguchi Y, Kimura R, Maeda Y, and Kobayashi T.

Brain receptor binding characteristics and pharmacokinetics of JTP-2942, a novel thyrotropin-releasing hormone (TRH) analog.

1999年 | Life Sciences 65 2407-2415 

学術論文

Deguchi Y, Naito T, Yuge T, Wakao A, Kato Y, Yamada S and Kimura R.

Study on the blood-brain barrier transport of human basic fibroblast growth factor.

1998年 | Progress in Drug Dlivery System 7 61-69 

学術論文

Ohkura T, Yamada S, Deguchi Y, Kimura R, Matsushima H, Higuchi S, Inagaki O, Honda K, and Takenaka T.

Ex vivo occupancy by tamsulosin of α1-adrenoceptors in rat tissues in relation to the plasma concentration.

1998年 | Life Sciences 63 2147-2155 

学術論文

Hayashi H, Deguchi Y, Tanaka M, Yokoyama Y, Yamada S and Kimura R.

An attempt to develop new CNS pharmaceuticals against Alzheimer’s disease. Improvement of brain delivery of nonsteroidal antiinflammatory drugs (NSAIDs) by its lipophilic prodrug.

1997年 | Progress in Drug Dlivery System 6 53-61 

学術論文

Deguchi Y, Nozawa K, Yamada S, Yokoyama Y, and Kimura R.

Quantitative evaluation of brain distribution and blood-brain barrier efflux transport of probenecid in rats by microdialysis: Possible involvement of the monocarboxylic acid transport system.

1997年 | Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 280 551-560 

学術論文

Uchida S, Yamada S, Nagai K, Deguchi Y, and Kimura R.

Brain pharmacokinetics and in vivo receptor binding of 1,4-dihydropyridine calcium channel antagonists.

1997年 | Life Sciences 61 2083-2090 

学術論文

山田静雄、出口芳春、木村良平

ファーマコキネテックスとファーマコダイナミックスの融合を目指して-in vivoでのレセプタ-占有を中心に

1995年 | ファルマシア 31 1381-1386 

学術論文

Yamada S, Uchida S, Okura T, Sugimoto N, Deguchi Y, and Kimura R.

Pharmacokinetics of a third-generation dihydropyridine calcium antagonist, amlodipine and its occupation of cardiovacular receptors.

1995年 | Japanese Pharmacology and Therapeutics 23 75-86 

学術論文

Deguchi Y, Inabe K, Tomiyasu K, Nozawa K, Yamada S, and Kimura R.

Study on brain interstitial fluid distribution and blood-brain barrier transport of baclofen in rats by microdialysis.

1995年 | Pharmaceutical Research 12 1838-1844 

学術論文

Uchida S, Yamada S, Sugimoto N, Deguchi Y, and Kimura R.

Plasma concentration and occupation of calcium (Ca2+) antagonist receptors of amlodipine, a long-acting Ca2+ antagonist in SHR.

1994年 | Japanese Heart Journal 35 SHR(29) 

学術論文

Yamada S, Sugimoto N, Uchida S, Deguchi Y, and Kimura R.

Pharmacokinetics of amlodipine and its occupancy of calcium antagonist receptors.

1994年 | Journal of Cardiovascular Pharmacology 23 466-472 

学術論文

Sakata A, Tamai I, Kawazu K, Deguchi Y, Ohnishi T, Saheki A and Tsuji A.

In vivo evidence for ATP-dependent and P-glycoprotein mediated transport of cyclosporin A at the blood-brain barrier.

1994年 | Biochemical Pharmacology 48 1989-1992 

学術論文

Shimura T, Tabata S, Matsumoto T, Kondo S, Tsuda S, Deguchi Y, Terasaki T, and Tsuji A.

Blood-brain barrier transport of ebiratide and its uptake by cerebral neuronal cells.

1993年 | Annals of New York Academy of Sciences 680 609-611 

学術論文

Deguchi Y, Terasaki T, Yamada H, and Tsuji A.

An application of microdialysis to drug tissue distirbution study: In vivo evidence for free-ligand hypothesis and tissue binding of β-lactam antibiotics in interstitial fluids.

1992年 | Journal of Pharmacobio-Dynamics 15 79-89 

学術論文

Terasaki T, Deguchi Y, Kasama Y, Pardridge WM, and Tsuji A.

Determination of in vivo steady-state unbound drug concentration in the brain interstitial fluid by microdialysis.

1992年 | International Journal of Pharmaceutics 81 143-152 

学術論文

Shimura T, Tabata S, Terasaki T, Deguchi Y, and Tsuji A.

In vivo blood-brain barrier transport of a novel adrenocorticotropic hormone analogue, ebiratide, demonstrated by brain microdialysis and capillary depletion methods.

1992年 | Journal of Pharmacy and Pharmacology 44 583-588 

学術論文

Terasaki T, Deguchi Y, Kawasaki S, Kasama Y and Tsuji A.

Usefulness and limitation of the microdialysis fiber implantation technique for the determination of the concentration in the tissue interstitial fluid.

1991年 | Journal of Pharmacobio-Dynamics 14 s-58 

学術論文

Terasaki T, Deguchi Y, Sato H, Hirai K, and Tsuji A.

In vivo transport of a dynorphin-like analgesic peptide, E-2078, through the blood-brain barrier: An application of brain microdialysis.

1991年 | Pharmaceutical Research 8 815-820 

学術論文

Deguchi Y, Terasaki T, Kawasaki S, and Tsuji A.

Muscle microdialysis as a model study to relate the drug concentration in tissue interstitial fluid and dialysate.

1991年 | Journal of Pharmacobio-Dynamics 14 483-492 

学術論文

Ichimura F, Matsushita R, Tsuji A, and Deguchi Y.

Mutual interaction between bilirubin and cefazolin in binding to human serum albumin.

1990年 | Journal of Pharmaceutical Sciences 79 1041-1042 

学術論文

松下 良、出口芳春、中島恵美、市村藤雄、谷口 昂、渡部礼二

新生児、小児、肥満小児におけるTobramycinの母集団パラメータの算出とベイジアン法を用いた新生児の個別投与設計への適用

1989年 | 臨床薬理 20 573-580 

学術論文

Matsushita R, Deguchi Y, Yokogawa K, Nakashima E, and Ichimura F.

Effects of palmitic acid on human serum albumin binding interaction between phenytoin and valproate in vitro.

1989年 | YAKUZAIGAKU (in japanese) 49 221-226 

学術論文

出口芳春、市村藤雄

レニン・アンジオテンシン系遮断薬の生体内動態

1988年 | 薬局 39 1 55-61 

学術論文

Nakashima E, Ishikawa F, Sato H, Deguchi Y, Tamai I, Matsushita R, Ichimura F, and Tsuji A.

Kinetics of peritoneal drug transport in rats: An application of the pore theory of transcapillary exchange.

1988年 | Journal of Pharmaceutical Sciences 77 481-488 

学術論文

Deguchi Y, Nakashima E, Ishikawa F, Sato H, Tamai I, Matsushita R, Tofuku Y, Ichimura F, and Tsuji A.

Peritoneal transport of β-lactam antibiotics: Effects of plasma protein binding and the interspecies relationship.

1988年 | Journal of Pharmaceutical Sciences 77 559-564 

学術論文

Sato H, Ishikawa F, Okezaki E, Nagata O, Nakashima E, Deguchi Y, Ichimura F, and Tsuji A.

Kinetic analysis of the peritoneal transport of quinolonecarboxylic acids in rats.

1988年 | Chemal and Pharmaceutical Bulletin 36 3180-3185 

学術論文

Deguchi Y, Koshida R, Nakashima E, Watanabe R, Taniguchi N, Ichimura F, and Tsuji A.

Interindividual changes in volume of distribution of cefazolin in newborn infants and its prediction based on physiological pharmacokinetic concepts.

1988年 | Journal of Pharmaceutical Sciences 77 674-678 

学術論文

Ichimura F, Deguchi Y, Yokogawa K, and Nakashima E.

The effects of valproate on plasma concentration of phenytoin in normal and D-galactosamine-treated rats.

1987年 | Chemical and Pharmaceutical Bulletin 35 2030-2037 

学術論文

米村大蔵、川崎一夫、大野木淳二、市村藤雄、出口芳春、古瀬 裕

白色家兎ERG in vitroに対する2, 3のペニシリン系抗生物質の影響

1985年 | 日本眼科紀要 35 45-60 

学術論文

Ichimura F, Deguchi Y, Yokogawa K and Yamana T.

Physiologically based pharmacokinetics of valproic acid in rabbits.

1985年 | International Journal of Pharmaceutics 27 45-60 

学術論文

Tsuji A, Nakashima E, Nishide K, Deguchi Y, Hamano S, and Yamana T.

Physoiolgical properties of amphoteric β-lactam antibiotics. III. Stability, solubility, and dissolution behavior of cefatrizine and cefadroxil as a function of pH

1983年 | Chemical and Pharmaceutical Bulletin 31 4057- 4069 

学術論文

Tsuji A, Nakashima E, Deguchi Y, Nishide K, Shimizu T, Horiuchi S, Ishikawa K, and Yamana T.

1) Degradation kinetics and mechanism of aminocephalosporins in aqueous solution: cefadroxil.

1981年 | Journal of Pharmaceutical Sciences 70 1120-1128 

著書

S. Yamada, S. Uchida, Y. Deguchi and R. Kimura

Calcium Ion Modulators- The New Wave of Psychotropic Drugs (Ed. by K. Inoue and Y. Watanabe)

1998年 | Harwood academic publishers Receptor binding characteristics of nimodipine and other 1,4-dihydropyridine Ca2+ antagonists in relation to their pharmacokinetics in senescent brain 

著書

山田静雄、出口芳春、木村良平、Ulrich Bickel、William M. Pardridge

[脳機能の解明]-分子から病態まで-

1994年 | 創風社 抗トランスフェリンレセプターモノクロナール抗体を利用した神経ペプチドの脳へのデリバリー 

その他

出口芳春、黄倉 崇(日本薬剤学会出版委員会編)

薬剤学実験 必携マニュアル、II生物薬剤学

2014年 | 南江堂 薬物分布実験法 脳関門 

その他

出口 芳春 (中島恵美 編集)

薬の生体内運命(改訂5版)

2014年 | ネオメディカル 薬動学[1] 

その他

Shizuo Yamada, Yuko Taki, Shingen Misaka, Takashi Okura, Yoshiharu Deguchi, Keizo umegaki, Hiroshi Watanabe, Yasuo Watanabe, Margot Skinner (Ed. by Margot Skinner and Denise Hunter)

Bioactives in Fruit: Health benefits and functional foods, First edition

2013年 | Wiley-Blackwell Pharmacokinetic and pharmacodynamic interaction of functional foods with medicines. 

その他

永島一輝, 板垣文雄, 片桐幸子, 出口芳春, 栗原順一, 渡邊真知子

次世代の臨床薬剤師の育成を目指した臨床推論トレーニング

2013年 | 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM) 133rd ROMBUNNO.30AMG-114 

その他

出口 芳春(辻彰、寺崎哲也、荻原琢男 編集)

エピソード薬物動態学 ー薬物動態学の解明ー

2012年 | 京都廣川書店 第3章 クリアランス理論、第4章 排泄 

その他

出口 芳春

血液脳関門の輸送機能に魅せられて

2011年05月01日 | 薬剤学 = The archives of practical pharmacy 71 3 153-158 

その他

出口 芳春

遺伝子医学MOOK別冊 ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用

2011年 | メディカル・ドゥ 第5章 4.血液脳関門ペプチド・タンパク輸送系を利用した脳へのデリバリー - カチオン性ペプチド・タンパクを中心に- 

その他

原島秀吉、出口 芳春 (原島秀吉 編集)

新薬剤学(改訂 第3版)

2011年 | 南江堂 分布 

その他

丸山桂司, 宇都口直樹, 渡部多真紀, 渡辺茂和, 齋藤百枝美, 曽賀千智, 高橋和子, 下平秀夫, 出口芳春, 土屋雅勇, 江戸清人, 丸山一雄, 小佐野博史, 栗原順一, 井上圭三

帝京大学薬学部における実務実習事前学習の取り組み

2010年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 130th 4 344 

その他

出口 芳春(岩城正宏、伊藤智夫 編集)

コンパス生物薬剤学

2010年 | 南江堂 第4章 分布 

その他

佐藤武則, 黄倉崇, 高野祐輔, 山下純, 寺崎哲也, 出口芳春

カチオントランスポーターPMATの脳関門における発現と輸送機能解析

2008年04月30日 | 薬剤学 68 Supplement 98 

その他

高野祐輔, 黄倉崇, 佐藤武則, 山下純, 寺崎哲也, 出口芳春

血液脳関門に高発現する新規有機カチオントランスポーター(PMAT)のクローニングと輸送機能解析

2008年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 128th 4 92 

その他

出口 芳春(辻 彰 総編集)

トランスポーター科学最前線

2008年 | 京都 廣川書店 血液脳関門トランスポーターと創薬 

その他

笹生 瑛子, 根岸 文子, 壺河 秀鷹, 柳 真志帆, 中村 ひろみ, 栗原 順一, 鈴木 重人, 中込 和哉, 江戸 清人, 黄倉 崇, 出口 芳春, 渡邊 真知子

29-P1-167 降圧作用を有する特定保健用食品とCa拮抗薬との相互作用の解析(TDM/薬物動態,社会の期待に応える医療薬学を)

2007年09月01日 | 日本医療薬学会 日本医療薬学会年会講演要旨集 17  

その他

笹生瑛子, 根岸文子, 壺河秀鷹, 柳真志帆, 中村ひろみ, 栗原順一, 鈴木重人, 中込和哉, 江戸清人, 黄倉崇, 出口芳春, 渡邊真知子

降圧作用を有する特定保健用食品とCa拮抗薬との相互作用の解析

2007年09月01日 | 日本医療薬学会年会講演要旨集 17th 244 

その他

黄倉 崇, 中澤 佑介, 服部 麻美, 寺崎 哲也, 出口 芳春

麻薬性鎮痛薬オキシコドンと鎮痛補助薬の相互作用解析

2007年05月10日 | 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 67  

その他

出口 芳春, 黄倉 崇, 服部 麻美, 鈴木 俊英, 寺崎 哲也

血液脳関門におけるカチオン性薬物トランスポーターの機能および輸送分子の解析

2007年05月10日 | 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 67  

その他

出口芳春, 黄倉崇, 服部麻美, 鈴木俊英, 寺崎哲也

血液脳関門におけるカチオン性薬物トランスポーターの機能および輸送分子の解析

2007年05月10日 | 薬剤学 67 Supplement 405 

その他

黄倉崇, 中澤佑介, 服部麻美, 寺崎哲也, 出口芳春

麻薬性鎮痛薬オキシコドンと鎮痛補助薬の相互作用解析

2007年05月10日 | 薬剤学 67 Supplement 343 

その他

中澤佑介, 黄倉崇, 服部麻美, 寺崎哲也, 出口芳春

トランスポータープローブを用いた血液脳関門におけるオキシコドンと鎮痛補助薬の相互作用解析

2007年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 127th 3 178 

その他

黄倉崇, 伊藤理恵, 石黒直樹, 玉井郁巳, 出口芳春

カチオン性薬物の血液脳関門輸送に関わるトランスポーターの発現と輸送機能評価

2006年03月06日 | 日本薬学会年会要旨集 126th 2 113 

その他

黄倉崇, 服部麻美, 伊藤理恵, HAMMARLUND‐UDENAES Margareta, 寺崎哲也, 出口芳春

オピオイド鎮痛薬オキシコドンの血液脳関門透過機構

2006年02月24日 | 薬剤学 66 Supplement 217 

その他

出口 芳春(中島恵美 編集)

わかりやすい薬剤学、計算問題の解き方

2006年 | ネオメディカル  

その他

Deguchi Y and Terasak T.

Handbook of Biologically Active Peptides

2006年 | Elsevier Transport of basic peptides at the blood-brain barrier 

その他

服部 麻美, 黄倉 崇, 中澤 佑介, 伊藤 理恵, Hammarlund-Udenaes Margareta, 寺崎 哲也, 出口 芳春

血液脳関門におけるエネルギー依存的有機カチオン輸送系を介したオキシコドンの輸送

2006年 | 日本薬物動態学会 日本薬物動態学会年会講演要旨集 21 0 356-356 

その他

出口 芳春

特徴ある薬剤師養成教育の推進

2005年11月01日 | 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 65 6 338-341 

その他

出口芳春

特徴ある薬剤師養成教育の推進

2005年11月01日 | 薬剤学 65 6 338-341 

その他

伊藤理恵, 石黒直樹, 黄倉崇, 五十嵐隆, 玉井郁巳, 出口芳春

パーキンソン病治療薬プラミペキソールの血液脳関門輸送におけるカチオン輸送系の関与

2005年03月05日 | 薬剤学 65 Supplement 137 

その他

黄倉崇, 込山則之, 森田祐基, 出口芳春, 山田静雄

モルヒネと活性代謝物の鎮痛作用と脳内動態特性の関連

2005年03月05日 | 薬剤学 65 Supplement 203 

その他

渡辺真知子, 西郡秀夫, 小佐野博史, 出口芳春, 清水秀行, 河野博充, 中島康夫, 松井正輝, 山岡桂子

医療現場との連携による実務実習・事前実習体制の構築―OSCE方式実技試験導入の効果―

2005年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 125th 3 202 

その他

林秀樹, 瀧優子, 高橋大樹, 平野和史, 出口芳春, 山田静雄

Hyperforinの体内動態と脳移行

2005年03月05日 | 薬剤学 65 Supplement 234 

その他

瀧優子, 林秀樹, 高橋大樹, 平野和史, 出口芳春, 山田静雄

St.John’s wort含有成分:hyperforinのin situ脳潅流によるマウス脳セロトニン取り組み阻害作用

2005年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 125th 3 127 

その他

出口芳春, 山口智子, 黄倉崇, 伊藤理恵, 山下純, 渡辺泰雄

カチオン化VIPアナログの脳移行性および脳保護効果

2005年03月05日 | 薬剤学 65 Supplement 202 

その他

出口 芳春 (日本薬学会編)

環境・健康科学辞典

2005年 | 丸善  

その他

渡邊 真知子, 西郡 秀夫, 小佐野 博史, 出口 芳春, 宇都口 直樹, 唐沢 健, 梅田 泉, 横山 和明, 清水 秀行, 河野 博充, 成塚 康之, 中島 康雄, 松井 正輝, 山岡 桂子, 井上 圭三

P-635 医療現場との連携による実務事前実習直前教育の試み : SGDおよびOSCE方式実技試験導入の効果(19.薬学教育・生涯教育(認定),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-)

2004年09月01日 | 日本医療薬学会 日本医療薬学会年会講演要旨集 14  

その他

渡辺真知子, 西郡秀夫, 小佐野博史, 出口芳春, 宇都口直樹, 唐沢健, 梅田泉, 横山和明, 清水秀行, 河野博充, 成塚康之, 中島康雄, 松井正輝, 山岡桂子, 井上圭三

医療現場との連携による実務事前実習直前教育の試み―SGDおよびOSCE方式実技試験導入の効果―

2004年09月01日 | 日本医療薬学会年会講演要旨集 14th 375 

その他

内田俊也, 松田重三, 西郡秀夫, 栗原順一, 宇都口直樹, 小佐野博史, 出口芳春, 渡辺真知子

処方せんを推理する 薬のCPC(Clinico-Pharmacological Conference) 第8回 クレメジンが処方された69歳男性

2004年08月05日 | 薬局 55 8 2399-2414 

その他

山内俊一, 松田重三, 西郡秀夫, 栗原順一, 小佐野博史, 出口芳春, 宇都口直樹

薬のCPC(Clinico-Pharmacological Conference) 6 アマリールが処方された65歳女性

2004年06月05日 | 薬局 55 6 2035-2047 

その他

川杉和夫, 松田重三, 西郡秀夫, 宇都口直樹, 栗原順一, 出口芳春, 渡辺真知子

薬のCPC(Clinico‐Pharmacological Conference) 第5回 サンディミュンが処方された51歳男性

2004年04月05日 | 薬局 55 4 1776-1789 

その他

山口智子, 武田直子, 山下純, 瀬尾美鈴, 和久敬蔵, 渡辺泰雄, 出口芳春

脳虚血モデルマウスを用いた新規塩基性VIP誘導体の脳保護効果の評価と機構解析

2004年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 124th 4 70 

その他

野平直嗣, 滝沢知子, 堀里子, 寺崎哲也, 丸山一雄, 出口芳春

脳腫よう細胞による脳毛細血管内皮細胞トランスフェリン受容体の誘導とDDSへの応用

2004年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 124th 4 115 

その他

高森頼雪, 松田重三, 西郡秀夫, 栗原順一, 小佐野博史, 出口芳春, 渡辺真知子

薬のCPC(Clinico‐Pharmacological Conference) 第3回 パリエットが処方された69歳男性

2004年02月05日 | 薬局 55 2 1381-1391 

その他

新規オピオイドペプチド[D-Arg2]ダーモルフィンアナログの血液脳関門透過

2004年 | Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 310, 177-184  

その他

広畑俊成, 松田重三, 西郡秀夫, 小佐野博史, 出口芳春, 渡辺真知子

薬のCPC(Clinico―Pharmacological Conference) 第1回 リウマトレックスが処方された75歳女性

2003年12月05日 | 薬局 54 12 2991-3002 

その他

URAYAMA Akihiko, YAMADA Shizuo, OHMORI Yuki, DEGUCHI Yoshiharu, UCHIDA Shinya, KIMURA Ryohei

Blood-Brain Permeability of [^3H]-(3-methyl-His^2) Thyrotropin-releasing Hormone (MeTRH) in Mice : Effects of TRH and its Analogues

2003年11月26日 | Drug metabolism and pharmacokinetics 18 5 310-318 

その他

伊藤 成, 出口 芳春, 山川 享浩, 山田 静雄, 森本 一洋, 木村 良平

Acetylcholinesterase-Inhibitiory Activities and Brain Distribution of Novel Four Quinoline Compounds as Nootropics

2003年03月31日 | 応用薬理 64 3 59-67 

その他

新規mu1オピオイドペプチドH-Tyr-D-Arg-Phe-beta-Ala-OHの血液脳関門輸送

2003年 | Journal of Neurochemistry 84, 1154-1161  

その他

渡邊 真知子, 西郡 秀夫, 丸山 一雄, 高野 達哉, 堀江 修一, 小佐野 博史, 出口 芳春, 宇都口 直樹, 笠岡 敏, 井手口 直子, 佐伯 晴子, 松田 重三, 山岡 桂子, 井上 圭三

W-2-4 大学院臨床コース「病棟実習」におけるプレ病棟教育導入の試み (1) : コミュニケーション実習、TDM 実習、模擬症例検討会の効果

2002年09月24日 | 日本医療薬学会 日本医療薬学会年会講演要旨集 12  

その他

小斎儀, 田内義彦, 出口芳春, 福中泰紀, 田畑泰彦, 森本一洋

カチオン性マイクロスフィアを用いたインスリンの体内動態制御を目的とした放出制御製剤の設計

2002年05月10日 | Drug Deliv Syst 17 3 276 

その他

丁野純男, 田内義彦, 出口芳春, 森本一洋

リポソームによるデキサメタゾンの動脈硬化部位へのターゲティング効果

2002年05月10日 | Drug Deliv Syst 17 3 261 

その他

山田 静雄, 隠岐 知美, 黄倉 崇, 出口 芳春, 木村 良平

排尿障害治療薬の受容体結合, 薬効と血漿中濃度の解析

2002年03月05日 | 薬剤学 62 24-25 

その他

浦山 昭彦, 山田 静雄, 出口 芳春, 木村 良平

Thyrotropin-releasing hormone (TRH) 及びTRHアナローグの脳内TRH受容体結合に基づくPK/PD解析

2002年03月05日 | 薬剤学 62  

その他

牧野利明, 涌嶋伴之助, 岡本拓也, 出口芳春, 鹿野美弘

冠心II号方と塩酸チクロビジン間の薬物相互作用に関する研究

2002年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 122nd 4 100 

その他

山田静雄, 隠岐知美, 黄倉崇, 出口芳春, 木村良平

排尿障害治療薬の受容体結合,薬効と血しょう中濃度の解析

2002年03月05日 | 薬剤学 62 Supplement 24-25 

その他

内藤祐, 出口芳春, 宮川優作, 熊井正貴, 森本一洋, 桜田忍, 大槻純男, 寺崎哲也

ペプチド性薬物の脳へのデリバリー 血液脳関門における[D‐Arg2]‐dermorphin tetrapeptideアナログの構造輸送活性相関

2002年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 122nd 4 63 

その他

熊井正貴, 出口芳春, 内藤祐, 宮川優作, 森本一洋, 寺崎哲也

血液脳関門におけるケトプロフェンの排出輸送機構

2002年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 122nd 4 63 

その他

浦山昭彦, 山田静雄, 出口芳春, 木村良平

Thyrotropin‐releasing hormone (TRH)及びTRHアナローグの脳内TRH受容体結合に基づくPK/PD解析

2002年03月05日 | 薬剤学 62 Supplement 110 

その他

長尾智誠, 杉本万里子, 坂井滋子, 田内義彦, 出口芳春, 森本一洋, 富田幹雄, 林正弘, 田畑泰彦

ペプチド薬物の鼻粘膜吸収におけるアミノ化ゼラチンの吸収促進効果について

2002年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 122nd 4 56 

その他

出口 芳春

看護大辞典

2002年 | 医学書院 補因子ほか 

その他

出口 芳春, 立川 正憲, 大槻 純男, 黄倉 崇, 山田 静雄, 木村 良平, 細谷 健一, 森本 一洋, 寺崎 哲也

脳毛細血管におけるヘパラン硫酸プロテオグリカンの発現と局在

2002年 | 日本薬物動態学会 日本薬物動態学会年会講演要旨集 17 0 190-190 

その他

丁野 純男, 田内 義彦, 出口 芳春, 森本 一洋

リポソーム化デキサメタゾンの動脈硬化マウスにおける体内動態と薬理効果の関係

2002年 | 日本薬物動態学会 日本薬物動態学会年会講演要旨集 17 0 206-206 

その他

脳マイクロダイアリシスの血液脳関門輸送研究への応用

2002年 | Drug Metabolism and Pharmacokinetics 17 5 478-490 

その他

マウス血液脳関門細胞における塩基性線維芽細胞成長因子の内在化機構

2002年 | Journal of Neurochemistry 83, 381-389  

その他

ペプチド性薬物の鼻粘膜吸収促進剤としてのアミノ化ゼラチン

2002年 | Journal of Pharmacy and Pharmacology 54, 181-188  

その他

出口芳春, 森本一洋, 寺崎哲也

血液脳関門研究の最近の進歩 脳微小透析法の血液脳関門輸送研究への応用

2001年11月 | 生体の科学 52 6 563-570 

その他

出口芳春

血液脳関門の輸送システムを利用した生体高分子の脳へのデリバリー

2001年10月01日 | 道薬誌 18 10 2-7 

その他

内藤 祐, 宮川 優作, 出口 芳春, 森本 一洋, 櫻田 忍, 大槻 純男, 寺崎 哲也

新規オピオイドペプチドの血液脳関門透過機構

2001年09月17日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 16  

その他

浦山 昭彦, 山田 静雄, 出口 芳春, 木村 良平

マウスにおける単回静脈内投与後の thyrotropin-releasing hormone (TRH) 誘導体の脳内移行性

2001年09月17日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 16  

その他

大森 由貴, 山田 静雄, 浦山 昭彦, 出口 芳春, 木村 良平

Caco-2細胞系を用いた thyrotropin-releasing hormone (TRH) 誘導体の細胞膜透過性の評価

2001年09月17日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 16  

その他

内藤祐, 宮川優作, 出口芳春, 森本一洋, 桜田忍, 大槻純男, 寺崎哲也

新規オピオイドペプチドの血液脳関門透過機構

2001年09月17日 | 薬物動態 16 Supplement S182 

その他

大森由貴, 山田静雄, 浦山昭彦, 出口芳春, 木村良平

Caco‐2細胞系を用いたthyrotropin‐releasing hormone(TRH)誘導体の細胞膜透過性の評価

2001年09月17日 | 薬物動態 16 Supplement S273 

その他

浦山昭彦, 山田静雄, 出口芳春, 木村良平

マウスにおける単回静脈内投与後のthyrotropin‐releasing hormone(TRH)誘導体の脳内移行性

2001年09月17日 | 薬物動態 16 Supplement S182 

その他

出口芳春, 森本一洋

薬物動態とDDS 脳へのデリバリー戦略

2001年09月10日 | Drug Deliv Syst 16 5 384-394 

その他

涌嶋 伴之助, 牧野 利明, 岡本 拓也, 出口 芳春, 鹿野 美弘

P-92 冠心II号方とワルファリンの薬物相互作用に関する研究

2001年08月06日 | 和漢医薬学会 和漢医薬学雑誌 18 0  

その他

森本一洋, 王健, 坂井滋子, 田内義彦, 出口芳春, 田畑泰彦, 富田幹雄, 林正弘

アミノ化ゼラチンによるペプチド性医薬品の鼻粘膜吸収促進効果と機構

2001年07月10日 | Drug Deliv Syst 16 4 304 

その他

出口 芳春, 奥津 広士, 内藤 隆文, 黄倉 崇, 山田 静雄, 弓削 卓郎, 古川 明彦, 大槻 純男, 細谷 健一, 寺崎 哲也, 森本 一洋, 木村 良平

Basic Fibroblast Growth Factorの血液脳関門透過機構

2001年04月28日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 16 2 140-144 

その他

丁野 純男, 田内 義彦, 出口 芳春, 森本 一洋

デキサメタゾン含有リポソームのマクロファージ及び粥状動脈硬化部位への移行性に関する検討

2001年03月05日 | 薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan 61  

その他

奥津広士, 出口芳春, 黄倉崇, 弓削卓郎, 古川明彦, 大槻純男, 細谷健一, 森本一洋, 木村良平

条件的不死化マウス脳毛細血管内皮細胞株における塩基性線維芽細胞成長因子の内在化機構

2001年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 121st 3 86 

その他

丁野純男, 田内義彦, 出口芳春, 森本一洋

デキサメタゾン含有リポソームのマクロファージ及び粥状動脈硬化部位への移行性に関する検討

2001年03月05日 | 薬剤学 61 Supplement 109 

その他

坂井滋子, 孫進, 田内義彦, 出口芳春, 森本一洋

キノロン系抗菌薬HSR‐903の肺移行性及び肺胞マクロファージによる細胞内取り込みに関する検討

2001年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 121st 3 93 

その他

内藤祐, 宮川優作, 出口芳春, 田内義彦, 森本一洋, 桜田忍, 細谷健一, 寺崎哲也

条件的不死化マウス脳毛細血管内皮細胞株を用いた新規オピオイド鎮痛ペプチドTAPAの輸送機構解明

2001年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 121st 3 85 

その他

森本一洋, 王健, 坂井滋子, 田内義彦, 出口芳春, 田畑泰彦

インスリンの鼻粘膜吸収におけるアミノ化ゼラチンの吸収促進効果について

2001年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 121st 3 119 

その他

出口芳春、森本一洋、寺崎哲也春

脳微小透析法の血液脳関門輸送研究への応用

2001年 | 生体の科学 52 11-18 

その他

涌嶋伴之助, 牧野利明, 岡本拓也, 出口芳春, 鹿野美弘

冠心II号方とワルファリンの薬物相互作用に関する研究

2001年 | J Tradit Med 18 Supplement 138 

その他

出口 芳春, 奥津 広士, 内藤 隆文, 黄倉 崇, 山田 静雄, 弓削 卓郎, 古川 明彦, 大槻 純男, 細谷 健一, 寺崎 哲也, 森本 一洋, 木村 良平

Basic Fibroblast Growth Factorの血液脳関門透過機構

2001年 | 薬物動態 16 2 140-144 

その他

脳微小透析法の血液脳関門輸送研究への応用

2001年 | Current Drug Metabolism 2, 140-144  

その他

出口 芳春

肥満は血液脳関門におけるレプチン輸送能の低下が原因か

2000年10月31日 | 日本薬物動態学会 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 15 5 487-488 

その他

出口芳春, 奥津広士, 弓削卓郎, 古川明彦, 大槻純男, 細谷健一, 寺崎哲也, 森本一洋, 木村良平

Basic Fibroblast Growth Factor(bFGF)の血液脳関門透過機構の解析

2000年09月15日 | 薬物動態 15 Supplement S104-S105 

その他

黄倉崇, 山田静雄, 片山進, 中島真理子, 出口芳春, 木村良平

新規α1遮断薬,KMD‐3213の生体内受容体結合動態と薬理作用

2000年09月15日 | 薬物動態 15 Supplement S242 

その他

田内義彦, 丁野純男, 出口芳春, 佐藤重一, 森本一洋

パルミチン酸デキサメサゾン‐LDL complexのマクロファージによる細胞内取り込みに関する検討

2000年07月10日 | Drug Deliv Syst 15 4 342 

その他

中島真理子, 山田静雄, 黄倉崇, 長根芳子, 片山進, 出口芳春, 木村良平, 西山雅彦

KMD‐3213のヒト血しょう中遊離型薬物濃度に基づく前立腺α1受容体占有の予測

2000年03月31日 | 臨床薬理 31 2 379-380 

その他

奥津広士, 出口芳春, 山田静雄, 木村良平, 細谷健一, 寺崎哲也, 古川明彦, 弓削卓郎

塩基性線維芽細胞成長因子の血液脳関門通過 条件的不死化マウス脳毛細血管内皮細胞株(TM‐BBB)を用いた機構解析

2000年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 120th 4 61 

その他

片山進, 山田静雄, 黄倉崇, 中島真理子, 出口芳春, 木村良平, 立道聡, 秋山克良

新規α1A受容体遮断薬,[3H]KMD‐3213の定速静注後の受容体結合動態

2000年03月05日 | 日本薬学会年会要旨集 120th 4 14 

その他

中島 真理子, 山田 静雄, 黄倉 崇, 長根 芳子, 片山 進, 出口 芳春, 木村 良平, 西山 雅彦

KMD-3213 のヒト血漿中遊離型薬物濃度に基づく前立腺 α_1 受容体占有の予測

2000年02月01日 | 一般社団法人 日本臨床薬理学会 臨床薬理 31 2 379-380 

その他

出口 芳春, 奥津 広士, 内藤 隆文, 黄倉 崇, 山田 静雄, 弓削 卓郎, 古川 明彦, 大槻 純男, 細谷 健一, 寺崎 哲也, 森本 一洋, 木村 良平

TRANSPORT MECHANISM OF BASIC FIBROBLAST GROWTH FACTOR (bFGF) THROUGH THE BLOOD-BRAIN BARRIER

2000年 | 日本薬物動態学会 薬物動態 15 0 104-105 

その他

非ステロイド性抗炎症薬グリセロイドエステル体の脳移行性改善

2000年 | Journal of Drug Targeting 8 6 371-381 

その他

老化促進マウスの脳におけるジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬のインビボ特異的結合とファルマコキネティクス

2000年 | Pharmaceutical Research 17 7 844-850 

その他

6-メルカプトプリンの脳内分布の血液脳関門排出輸送による制御

2000年 | Life Sciences 66 7 649-662 

その他

125Iラベル化塩基性線維芽細胞成長因子の血液脳関門輸送

2000年 | Pharmaceutical Research 17 1 63-69 

その他

中島真理子, 山田静雄, 黄倉崇, 長根芳子, 片山進, 出口芳春, 木村良平, 西山雅彦

KMD‐3213のヒト血しょう中遊離型薬物濃度に基づく前立腺α1受容体占有の予測

1999年11月06日 | 日本臨床薬理学会年会プログラム・要旨集 20th 145 

その他

出口芳春

薬物の血液脳関門排出過程の定量化と制御に関する研究

1999年06月11日 | 生物薬剤学研究会講演要旨集 17th 17-29 

その他

Ohkura Takashi, Yamada Shizuo, Deguchi Yoshiharu, KIMURA Ryohei

Comparative Study on Pharmacokinetics and in Vivoα_1-Adrenoceptor Binding of [^3H]Tamsulosin and [^3H]Prazosin in Rats

1999年04月15日 | 公益社団法人日本薬学会 Biological & pharmaceutical bulletin 22 4 412-417 

その他

血液脳関門輸送ベクターの抱合化によるヒト上皮成長因子の生物活性の維持

1999年 | Bioconjugate Chemistry 10 1 32-37 

その他

林秀樹, 内藤隆文, 出口芳春, 山田静雄, 木村良平, 伊藤成, 磯前和男, 木暮敏博

Quinoline誘導体T‐82とその主代謝物のacetylcholinesterase阻害作用及び脳移行性評価

1998年03月 | 日本薬学会年会要旨集 118th 4 21 

その他

黄倉崇, 山田静雄, 当摩紋子, 出口芳春, 木村良平, 相坂一雄, 小林卓郎

新規αIL‐レセプター遮断薬,JTH‐601及びその活性代謝物JTH‐601‐G1の生体内分布とレセプター結合動態

1998年03月 | 日本薬学会年会要旨集 118th 4 16 

その他

黄倉 崇, 山田 静雄, 出口 芳春, 木村 良平, 小林 卓郎, 相坂 一雄

新規α_<1L>遮断薬, JTH-601及びその代謝物による生体内レセプター占有の臓器選択性

1997年10月09日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 12 188-188 

その他

林 秀樹, 出口 芳春, 内藤 隆文, 山田 静雄, 木村 良平

グリセリドエステル化非ステロイド系抗炎症薬の脳移行機構と併用薬による血液脳関門排出制御

1997年10月09日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 12 204-204 

その他

内田 信也, 山寺 徹, 出口 芳春, 加藤 善久, 山田 静雄, 木村 良平, 山口 優, 国友 勝

遺伝性高脂血症ウサギにおけるアムロジピンの生体内動態

1997年10月09日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 12 273-273 

その他

内藤 隆文, 横山 由斉, 出口 芳春, 林 秀樹, 山田 静雄, 木村 良平

6-メルカプトプリンとその代謝物の全身分布および血液脳関門排出動態の比較

1997年10月09日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 12 292-292 

その他

木村 良平, 黄倉 崇, 出口 芳春, 山田 静雄, 河邉 香月

14-7-33 前立腺肥大症に伴う排尿障害治療薬(α_1 遮断薬)の前立腺α_1 レセプター占有と血漿中濃度

1997年08月15日 | 日本医療薬学会 日本病院薬学会年会講演要旨集 7  

その他

黄倉崇, 山田静雄, 中本真弓, 出口芳春, 加藤善久, 木村良平

前立腺,顎下腺,ひ臓及び心臓における新規α1遮断薬のレセプター占有と血しょう中濃度

1997年03月 | 日本薬学会年会要旨集 117th 4 64 

その他

山寺徹, 山田静雄, 内田信也, 出口芳春, 加藤善久, 木村良平, 山口優, 国友勝

遺伝性高脂血症ウサギの心血管組織におけるアムロジピンの取り込みと受容体結合

1997年03月 | 日本薬学会年会要旨集 117th 3 37 

その他

ラットにおけるプロベネシドの脳内分布と血液脳関門排出の定量化,脳微小透析法による検討

1997年 | Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics 280 2 551-560 

その他

内田信也, 山田静雄, 高橋香, 出口芳春, 木村良平

老化促進マウスにおけるin vivoでの脳内カルシウムきっ抗薬レセプターの定量的解析

1996年03月 | 日本薬学会年会要旨集 116th Pt 4 52 

その他

横山由斉, 出口芳春, 野沢健児, 山田静雄, 木村良平

ヌクレオシド輸送系を介した6‐メルカプトプリンの血液脳関門排出

1996年03月 | 日本薬学会年会要旨集 116th Pt 4 52 

その他

山田 静雄, 出口 芳春, 木村 良平

ファーマコキネティクスとファーマコダイナミクスの融合を目指して : in vivoでのレセプター占有を中心に

1995年12月01日 | 公益社団法人日本薬学会 ファルマシア 31 12 1381-1386 

その他

山田静雄, 出口芳春, 木村良平

ファーマコキネティクスとファーマコダイナミクスの融合を目指して in vivoでのレセプター占有を中心に

1995年12月 | ファルマシア 31 12 1381-1386 

その他

黄倉 崇, 山田 静雄, 織田 善純, 出口 芳春, 木村 良平

In vivoにおける[^3H]タムスロシンのα_1-アドレナリンレセプターへの結合動態の解析

1995年10月18日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 10  

その他

内田 信也, 山田 静雄, 永井 賢司, 出口 芳春, 木村 良平

ニモジピンおよびアムロジピンの中枢作用と脳内動態の相違

1995年10月18日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 10  

その他

横山 由斉, 出口 芳春, 野沢 健児, 山田 静雄, 木村 良平

小児リンパ性急性白血病治療薬6-メルカプトプリンの血液脳関門透過と血漿蛋白および脳内結合

1995年10月18日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 10  

その他

野沢 健児, 出口 芳春, 横山 由斉, 山田 静雄, 木村 良平

酸性薬物プロベネシド及びサリチル酸の血液脳関門透過過程の定量的評価 - 排出過程を中心に -

1995年10月18日 | 薬物動態 = Xenobiotic metabolism and disposition 10  

その他

野沢健児, 出口芳春, 横山由斉, 山田静雄, 木村良平

酸性薬物プロベネシド及びサリチル酸の血液脳関門透過過程の定量的評価 排出過程を中心に

1995年10月 | 薬物動態 10 Suppl S401 

その他

黄倉崇, 山田静雄, 織田善純, 出口芳春, 木村良平

In vivoにおける[3H]タムスロシンのα1‐アドレナリンレセプターへの結合動態の解析

1995年10月 | 薬物動態 10 Suppl S212 

その他

野沢健児, 出口芳春, 横山由斉, 山田静雄, 木村良平

Microdialysis法を用いたプロベネシドの血液脳関門透過に関する定量的研究

1995年10月 | 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集 17th 127-128 

その他

横山由斉, 出口芳春, 野沢健児, 山田静雄, 木村良平

小児リンパ性急性白血病治療薬α‐メルカプトプリンの血液脳関門透過と血しょう蛋白および脳内結合

1995年10月 | 薬物動態 10 Suppl S400 

その他

内田信也, 山田静雄, 永井賢司, 出口芳春, 木村良平

ニモジピンおよびアムロジピンの中枢作用と脳内動態の相違

1995年10月 | 薬物動態 10 Suppl S215 

その他

内田信也, 山田静雄, 日下智美, 水口英明, 出口芳春, 木村良平, 山本実

老化促進マウスにおけるカルシウムきっ抗薬の脳内分布

1995年03月 | 日本薬学会年会要旨集 115th Pt 4 28 

その他

山田静雄, 内田信也, 黄倉崇, 杉本憲昭, 出口芳春, 木村良平

第三世代カルシウムきっ抗薬,アムロジピンの生体内動態と心血管系レセプター占有作用

1995年01月 | 薬理と治療 23 1 75-86 

その他

脳微小透析法を用いたバクロフェンの脳内分布と血液脳関門輸送に関する研究

1995年 | Pharmaceutical Research 12 12 1838-1844 

その他

出口 芳春

血液脳関門を介した脳内からの薬物の能動的排出

1994年12月01日 | 公益社団法人日本薬学会 ファルマシア 30 12 1422-1423 

その他

内田信也, 山田静雄, 杉本憲昭, 出口芳春, 加藤善久, 木村良平

高血圧自然発症ラットにおける第三世代カルシウムきっ抗薬,アロムジピンの生体内動態とレセプター占有

1994年10月 | 薬物動態 9 Suppl S375 

その他

出口芳春, 野沢健児, 横山由斉, 山田静雄, 木村良平

Microdialysis法によるprobenecidの血液・脳間移行性に関する研究

1994年10月 | 薬物動態 9 Suppl S370 

その他

井鍋一則, 出口芳春, 富安晃一, 山田静雄, 加藤善久, 木村良平

Microdialysis法の薬物動態研究への応用: GABA誘導体baclofenの脳移行性についての検討

1994年03月 | 日本薬学会年会要旨集 114th Pt 4 116 

その他

河津剛一, 出口芳春, 佐伯憲, 坂田篤, 玉井郁巳, 辻彰

ラット血液脳関門におけるP―糖蛋白質の機能発現 In vivoでの薬物排出機能の証明

1993年03月 | 日本薬学会年会要旨集 113th Pt 4 89 

その他

出口芳春, 寺崎哲也, 辻彰, PARDRIDGE W M

脳内薬物動態研究のための脳微小透析法: 有効透析係数を用いた細胞間液中薬物濃度の測定

1992年03月 | 日本薬学会年会要旨集 112th Pt 4 8 

その他

DEGUCHI Yoshiharu, TERASAKI Tetsuya, YAMADA Hiroko, TSUJI Akira

An Application of Microdialysis to Drug Tissue Distribution Study : In Vivo Evidence for Free-Ligand Hypothesis and Tissue Binding of β-Lactam Antibiotics in Interstitial Fluids

1992年02月 | 公益社団法人日本薬学会 Journal of pharmacobio-dynamics 15 2 79-89 

その他

DEGUCHI Yoshiharu, TERASAKI Tetsuya, KAWASAKI Sachiko, TSUJI Akira

Muscle Microdialysis as a Model Study to Relate the Drug Concentration in Tissue Interstitial Fluid and Dialysate

1991年08月 | 公益社団法人日本薬学会 Journal of pharmacobio-dynamics 14 8 483-492 

その他

出口芳春, 山田広子, 寺崎哲也, 辻彰

微小透析法による細胞間液中β‐lactam抗生物質濃度の測定:有効透析係数の臓器間比較

1991年03月 | 日本薬学会年会要旨集 111th Pt 4 70 

その他

TERASAKI Tetsuya, DEGUCHI Yoshiharu, KAWASAKI Sachiko, KASAMA Yuko, TSUJI Akira

USEFULNESS AND LIMITATION OF THE MICRODIALYSIS FIBER IMPLANTATION TECHNIQUE FOR THE DETERMINATION OF THE CONCENTRATION IN THE TISSUE INTERSTITIAL FLUID

1991年02月 | 公益社団法人日本薬学会 Journal of pharmacobio-dynamics 14 2 "s-58" 

その他

松下良, 出口芳春, 中島恵美, 市村藤雄, 谷口昇, 渡部礼二

新生児,小児,肥満小児におけるTobramycinの母集団パラメータの算出とベイジアン法を用いた新生児の個別投与設計への適用

1989年09月 | 臨床薬理 20 3 573-580 

その他

松下良, 出口芳春, 横川弘一, 中島恵美, 市村藤雄

フェニトインとバルプロ酸のin vitroにおけるヒト血清アルブミン結合相互作用に及ぼすパルミチン酸の影響

1989年09月 | 薬剤学 49 3 221-226 

その他

松下 良, 出口 芳春, 中島 恵美, 市村 藤雄, 谷口 昂, 渡部 礼二

新生児,小児,肥満小児におけるTobramycinの母集団パラメータの算出とベイジアン法を用いた新生児への個別投与設計への適応

1989年 | 一般社団法人 日本臨床薬理学会 臨床薬理 20 3 573-580 

その他

佐藤 均, 石川 英司, 桶崎 英一, 永田 治, 中島 恵美, 出口 芳春, 市村 藤男, 辻 彰

Kinetic Analysis of the Peritoneal Transport of Quinolonecarboxylic Acids in Rats

1988年08月25日 | 公益社団法人日本薬学会 Chemical & pharmaceutical bulletin 36 8 3180-3185 

その他

市村 藤雄, 中島 恵美, 横川 弘一, 出口 芳春, 松下 良

数種の薬剤の体内動態の検討およびその投与設計 : 薬剤の有効な投与方法に関する研究

1988年04月01日 | 日本医療薬学会 病院薬学 14 2 146-151 

その他

市村藤雄, 中島恵美, 横川弘一, 出口芳春, 松下良

薬剤の有効な投与方法に関する研究 3 数種の薬剤の体内動態の検討およびその投与設計

1988年04月 | 病院薬学 14 2 146-151 

その他

出口芳春, 市村藤雄

症候性高血圧症とその治療薬 レニン・アンジオテンシン系遮断薬の生体内動態

1988年01月 | 薬局 39 1 55-61 

その他

佐藤 均, 石川 英司, 桶崎 英一, 永田 治, 中島 恵美, 出口 芳春, 市村 藤男, 辻 彰

Kinetic analysis of the peritoneal transport of quinolonecarboxylic acids in rats.

1988年 | 社団法人 日本薬学会 CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 36 8 3180-3185 

その他

市村 藤雄, 出口 芳春, 横川 弘一, NAKASHIMA EMI

The Effects of Valproate on Plasma Concentration of Phenytoin in Normal and D-Galactosamine-Treated Rats(Pharmaceutical)

1987年05月25日 | 公益社団法人日本薬学会 Chemical & pharmaceutical bulletin 35 5 2030-2037 

その他

出口 芳春

抗生物質セファマンドールの腹膜透過モデル

1987年02月01日 | 公益社団法人日本薬学会 ファルマシア 23 2  

その他

米村大蔵, 河崎一夫, 大野木淳二, 市村藤雄, 出口芳春, 古瀬裕

白色家とERG in Vitroに対する2,3のペニシリン系抗生剤の影響

1984年02月 | 日本眼科紀要 35 2 399-406 

その他

辻 彰, 中島 恵美, 西出 和憲, 出口 芳春, 浜野 正一郎, 山名 月中

Physicochemical Properties of Amphoteric β-Lactam Antibiotics. III. Stability, Solubility, and Dissolution Behavior of Cefatrizine and Cefadroxil as a Function of pH

1983年11月25日 | 公益社団法人日本薬学会 Chemical & pharmaceutical bulletin 31 11 4057-4069 

その他

辻 彰, 中島 恵美, 西出 和憲, 出口 芳春, 浜野 正一郎, 山名 月中

Physicochemical properties of amphoteric .BETA.-lactam antibiotics. III. Stability, solubility, and dissolution behavior of cefatrizine and cefadroxil as a function of pH.

1983年 | 社団法人 日本薬学会 CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 31 11 4057-4069