帝京大学

唐澤 健 教授

Ken Karasawa

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 薬学部 薬学科

薬剤師は、薬を通じて人々の健康を守るために貢献できる素晴らしい職業です。薬学部で、基礎力をしっかりと身につけ、薬剤師への道を志してください。

連絡先

電話番号

[]

FAX番号

042-685-3733

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2005年04月

帝京大学薬学部教授

【学歴】──────────────────────────────

1986年03月

東京大学大学院

1983年03月

東京大学大学院

1981年03月

東京大学薬学部

【委員歴】──────────────────────────────

2007年04月

日本薬学会 Biol.Pharm.Bull.編集委員 〜2010年03月

【受賞】──────────────────────────────

1999年

33rd Annual Southeastern Regional Lipid Conference Sphinx Pharmaceuticals Postdoctoral Award

所属学会

日本薬剤学会

日本生化学会

日本脂質生化学会

日本薬学会

専門分野

ライフサイエンス 薬理学、ライフサイエンス 薬系衛生、生物化学

研究テーマ

脂質生化学

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

谷川 和也, 鈴木 幸一, 濱 弘太郎, 横山 和明, 中村 康宏, 原田 史子, 唐澤 健

宿主マクロファージにおけるGPAT3のらい菌感染への影響

2019年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 139年会 3 68-68 

学術論文

唐沢 健

Transcriptional Regulation of Acyl-CoA:Glycerol-sn-3-phosphate Acyltransferase.

2019年 | Int.J.Mol.Sci. 20 964 

学術論文

谷川 和也, Luo Yuqian, 鈴木 幸一, 中村 康宏, 原田 史子, 唐澤 健

らい菌感染マクロファージに蓄積する脂質の解析

2018年05月 | 日本脂質生化学会 脂質生化学研究 60 65-66 

学術論文

谷川 和也, Luo Yuqian, 鈴木 幸一, 中村 康宏, 原田 史子, 唐澤 健

GPAT3はらい菌感染マクロファージにおいてTAG合成を促す

2018年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 138年会 3 67-67 

学術論文

唐沢 健

Novel enzymatic method for assaying Lp-PLA2 in serum.

2018年 | Clinica Chimica Acta 481 184-188 

学術論文

谷川 和也, Luo Yuqian, 鈴木 幸一, 濱 弘太郎, 横山 和明, 中村 康宏, 原田 史子, 唐澤 健

らい菌は宿主マクロファージのGPAT3の発現を促しトリアシルグリセロールを蓄積する

2017年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 137年会 3 54-54 

学術論文

谷川 和也, Luo Yuqian, 鈴木 幸一, 濱 弘太郎, 横山 和明, 中村 康宏, 原田 史子, 唐澤 健

らい菌感染マクロファージに蓄積するトリアシルグリセロール分子種の同定

2016年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 89回 [2P-335] 

学術論文

唐沢 健

Naturally Occurring Missense Mutation in Plasma PAF-AH among the Japanese population.

2015年 | The Enzymes. Platelet-activating Factor Acetylhydrolase (PAF-AH), eds Inoue K, Stafforini TM, Tamanoi F. 38 117-143 

学術論文

唐沢 健

Overview of PAF-degrading enzymes

2015年 | The Enzymes. Platelet-activating Factor Acetylhydrolase (PAF-AH), eds Inoue K, Stafforini TM, Tamanoi F. 38 1-22 

学術論文

Yokoyama K, Nakagawa M, Satoh M, Saitoh S, Dohmae N, Harada A, Satoh N, Karasawa K, Takio K, Yanagida M, Inoue K

Expression of a novel 90-kDa protein, Lsd90, involved in the metabolism of very long-chain fatty acid-containing phospholipids in a mitosis-defective fission yeast mutant.

2008年03月 | Journal of biochemistry 143 3 369-375 

学術論文

Ken Karasawa

Clinical aspects of plasma platelet-activating factor-acetylhydrolase

2006年11月 | ELSEVIER SCIENCE BV BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS 1761 11 1359-1372 

学術論文

N Iso-O, H Noto, M Hara, M Togo, K Karasawa, N Ohashi, E Noiri, Y Hashimoto, T Kadowaki, S Kimura, T Watanabe, K Tsukamoto

Adenovirus-mediated gene transfer and lipoprotein-mediated protein delivery of plasma PAF-AH ameliorates proteinuria in rat model of glomerulosclerosis

2006年01月 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE MOLECULAR THERAPY 13 1 118-126 

学術論文

唐沢 健

Red blood cells highly express type I platelet-activating factor acetylhydrolase (PAF-AH) which consists of α1/α2 complex.

2005年10月 | J.Biochem. 138 4 509-517 

学術論文

H Arakawa, JY Qian, D Baatar, K Karasawa, Y Asada, Y Sasaguri, ER Miller, JL Witztum, H Ueno

Local expression of platelet-activating factor-acetylhydrolase reduces accumulation of oxidized lipoproteins and inhibits inflammation, shear stress-induced thrombosis, and neointima formation in balloon-injured carotid arteries in nonhyperlipidemic

2005年06月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION 111 24 3302-3309 

学術論文

H Noto, M Hara, K Karasawa, N Iso-O, H Satoh, M Togo, Y Hashimoto, Y Yamada, T Kosaka, M Kawamura, S Kimura, K Tsukamoto

Human plasma platelet-activating factor acetylhydrolase binds to all the murine lipoproteins, conferring protection against oxidative stress

2003年05月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 23 5 829-835 

学術論文

K Karasawa, A Harada, N Satoh, K Inoue, M Setaka

Plasma platelet activating factor-acetylhydrolase (PAF-AH)

2003年03月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD PROGRESS IN LIPID RESEARCH 42 2 93-114 

学術論文

N Satoh, A Harada, K Yokoyama, K Karasawa, K Inoue, M Setaka

Regulation of activities of cytidine 5 '-diphospho-choline: 1-O-alkyl-2-acetyl-sn-glycerol cholinephosphotransferase, an enzyme esponsible for de novo synthesis of platelet-activating factor, by membrane phospholipids

2003年02月 | PHARMACEUTICAL SOC JAPAN JOURNAL OF HEALTH SCIENCE 49 1 13-21 

学術論文

Y Hirashima, H Ueno, K Karasawa, K Yokoyama, M Setaka, A Takaku

Transfection of the plasma-type platelet-activating factor acetylhydrolase gene attenuates glutamate-induced apoptosis in cultured rat cortical neurons

2000年12月 | ELSEVIER SCIENCE BV BRAIN RESEARCH 885 1 128-132 

学術論文

KA Bae, L Longobardi, K Karasawa, B Malone, T Inoue, J Aoki, H Arai, K Inoue, TC Lee

Platelet-activating factor (PAF)-dependent transacetylase and its relationship with PAF acetylhydrolases

2000年09月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 275 35 26704-26709 

学術論文

K Karasawa, K Yokoyama, M Setaka, S Nojima

The Escherichia coli pldC gene encoding lysophospholipase L-1 is identical to the apeA and tesA genes encoding protease I and thioesterase I, respectively

1999年08月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 126 2 445-448 

学術論文

H Itabe, R Hosoya, K Karasawa, S Jimi, K Saku, S Takebayashi, T Imanaka, T Takano

Metabolism of oxidized phosphatidylcholines formed in oxidized low density lipoprotein by lecithin-cholesterol acyltransferase

1999年07月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 126 1 153-161 

学術論文

Y Hirashima, S Endo, K Karasawa, N Sato, K Yokoyama, M Kurimoto, H Ikeda, M Setaka, A Takaku

Deficient platelet-activating factor and related enzymes in hemimegalencephaly

1999年03月 | SPRINGER VERLAG CHILDS NERVOUS SYSTEM 15 2-3 98-101 

学術論文

K Karasawa, XY Qiu, TC Lee

Purification and characterization from rat kidney membranes of a novel platelet-activating factor (PAF)-dependent transacetylase that catalyzes the hydrolysis of PAF, formation of PAF analogs, and C(2)-ceramide

1999年03月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 274 13 8655-8661 

学術論文

K Yokoyama, M Suzuki, Kawashima, I, K Karasawa, S Nojima, T Enomoto, T Tai, A Suzuki, M Setaka

Changes in composition of newly synthesized sphingolipids of HeLa cells during the cell cycle - Suppression of sphingomyelin and higher-glycosphingolipid synthesis and accumulation of ceramide and glucosylceramide in mitotic cells

1997年10月 | SPRINGER VERLAG EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 249 2 450-455 

学術論文

K Nakajima, M Murakami, R Yanoshita, Y Samejima, K Karasawa, M Setaka, S Nojima, Kudo, I

Activated mast cells release extracellular type platelet-activating factor acetylhydrolase that contributes to autocrine inactivation of platelet-activating factor

1997年08月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 272 32 19708-19713 

学術論文

K Karasawa, O Kuge, K Kawasaki, M Nishijima, Y Nakano, M Tomita, K Yokoyama, M Setaka, S Nojima

Cloning, expression and characterization of plasma platelet-activating factor-acetylhydrolase from guinea pig

1996年10月 | JAPAN BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 120 4 838-844 

学術論文

T Sasaki, T Tohyama, K Oda, H Toyama, SI Ishii, M Senda, K Karasawa, N Satoh, M Setaka, S Nojima, T Nozaki, P Braquet

A distribution study of C-11 platelet-activating factor (PAF) analogs in normal and tumor-bearing mice

1996年04月 | ELSEVIER SCIENCE INC NUCLEAR MEDICINE AND BIOLOGY 23 3 309-314 

学術論文

Y HIRASHIMA, S ENDO, N HAYASHI, K KARASAWA, S NOJIMA, A TAKAKU

PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) AND THE FORMATION OF CHRONIC SUBDURAL-HEMATOMA - MEASUREMENT OF PLASMA PAF LEVELS AND ANTI-PAF IMMUNOGLOBULIN TITERS

1995年 | SPRINGER-VERLAG WIEN ACTA NEUROCHIRURGICA 137 1-2 15-18 

学術論文

K KARASAWA, H KATO, M SETAKA, S NOJIMA

ACCUMULATION OF PLATELET-ACTIVATING-FACTOR ACETYLHYDROLASE IN THE PERITONEAL-CAVITY OF GUINEA-PIG AFTER ENDOTOXIN-SHOCK

1994年08月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 116 2 368-373 

学術論文

K KARASAWA, M YATO, M SETAKA, S NOJIMA

PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF PLATELET-ACTIVATING-FACTOR ACETYLHYDROLASE FROM PERITONEAL-FLUID OBTAINED FROM GUINEA-PIGS AFTER ENDOTOXIN-SHOCK

1994年08月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 116 2 374-379 

学術論文

K KARASAWA, N SATOH, M SETAKA, S NOJIMA

PAF-ACETYLHYDROLASE ACTIVITIES ACCUMULATE IN THE PERITONEAL-CAVITY AFTER ESCHERICHIA-COLI LPS ADMINISTRATION

1994年07月 | ELSEVIER SCIENCE BV JOURNAL OF LIPID MEDIATORS AND CELL SIGNALLING 10 1-2 107-108 

学術論文

S NOJIMA, K KARASAWA, N SATOH, M SETAKA, Y HIRASHIMA, A TAKAKU

ANTIBODIES TO PAF AND PAF-ASSOCIATED DISEASES

1994年07月 | ELSEVIER SCIENCE BV JOURNAL OF LIPID MEDIATORS AND CELL SIGNALLING 10 1-2 191-192 

学術論文

Y HIRASIMA, S ENDO, R KATO, T OHMORI, T NAGAHORI, M NISHIJIMA, K KARASAWA, S NOJIMA, A TAKAKU

PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) AND THE DEVELOPMENT OF CHRONIC SUBDURAL-HEMATOMA

1994年 | SPRINGER-VERLAG WIEN ACTA NEUROCHIRURGICA 129 1-2 20-25 

学術論文

Y HIRASHIMA, R KATO, S ENDO, A TAKAKU, K KARASAWA, S NOJIMA

IMMUNOFLUORESCENT LOCALIZATION OF PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) IN THE RAT

1993年11月 | CHAPMAN HALL LTD HISTOCHEMICAL JOURNAL 25 11 830-833 

学術論文

T SASAKI, K KARASAWA, K ISHIWATA, N SATOH, S ISHII, K OGAWA, T NOZAKI, M SETAKA, S NOJIMA, M SENDA

SYNTHESIS OF [C-11] PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) ANALOGS FOR IN-VIVO IMAGING OF PAF RECEPTORS

1993年10月 | WILEY-BLACKWELL JOURNAL OF LABELLED COMPOUNDS & RADIOPHARMACEUTICALS 33 10 921-931 

学術論文

Y HIRASHIMA, S ENDO, T OTSUJI, K KARASAWA, S NOJIMA, A TAKAKU

PLATELET-ACTIVATING-FACTOR AND CEREBRAL VASOSPASM FOLLOWING SUBARACHNOID HEMORRHAGE

1993年04月 | AMER ASSOC NEUROLOGICAL SURGEONS JOURNAL OF NEUROSURGERY 78 4 592-597 

学術論文

Y HIRASHIMA, R KATO, T OHMORI, T NAGAHORI, M NISHIJIMA, S ENDO, A TAKAKU, K KARASAWA

THE ROLE OF PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) IN THE DEVELOPMENT OF CHRONIC SUBDURAL-HEMATOMA

1993年 | SPRINGER-VERLAG RECENT ADVANCES IN NEUROTRAUMATOLOGY 61-64 

学術論文

Y NAKAGAWA, M SUGAI, K KARASAWA, A TOKUMURA, H TSUKATANI, M SETAKA, S NOJIMA

POSSIBLE INFLUENCE OF LYSOPHOSPHOLIPASE ON THE PRODUCTION OF 1-ACYL-2-ACETYLGLYCEROPHOSPHOCHOLINE IN MACROPHAGES

1992年06月 | ELSEVIER SCIENCE BV BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA 1126 3 277-285 

学術論文

K KARASAWA, N SATOH, T HONGO, Y NAKAGAWA, M SETAKA, S NOJIMA

RADIOIMMUNOASSAY FOR PLATELET-ACTIVATING-FACTOR

1991年12月 | AMER OIL CHEMISTS SOC LIPIDS 26 12 1126-1129 

学術論文

K KARASAWA, N SATOH, T HONGO, Y NAKAGAWA, M SETAKA, S NOJIMA

SPECIFIC BINDING OF ANTIBODIES TO PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (PAF) AS DEMONSTRATED BY THIN-LAYER CHROMATOGRAPHY IMMUNOSTAINING

1991年12月 | AMER OIL CHEMISTS SOC LIPIDS 26 12 1122-1125 

学術論文

K KARASAWA, N SATOH, M MASUDA, M SETAKA, K HASHIMOTO, K ISHIBASHI, S NOJIMA

ANTIBODIES TO SYNTHETIC PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (1-O-ALKYL-2-O-ACETYL-SN-GLYCERO-3-PHOSPHOCHOLINE) ANALOGS WITH SUBSTITUENTS AT THE SN-2 POSITION

1991年11月 | JAPAN BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 110 5 683-687 

学術論文

K KARASAWA, KUDO, I, T KOBAYASHI, H HOMMA, N CHIBA, H MIZUSHIMA, K INOUE, S NOJIMA

LYSOPHOSPHOLIPASE L1 FROM ESCHERICHIA-COLI K-12 OVERPRODUCER

1991年02月 | JAPAN BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 109 2 288-293 

学術論文

K KARASAWA, S NOJIMA

LYSOPHOSPHOLIPASES FROM ESCHERICHIA-COLI

1991年 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE METHODS IN ENZYMOLOGY 197 437-445 

学術論文

唐沢 健

Antibodies to Platelet-Activating Factor

1988年 | in Trends in Pharmacological Research on Platelet-Activating Factor in Japan. 138-146 

学術論文

K KARASAWA, K FUJITA, N SATOH, T HONGO, M SETAKA, M OHNO, S NOJIMA

ANTIBODY TO PLATELET-ACTIVATING-FACTOR (1-O-ALKYL-2-ACETYL-SN-GLYCERO-3-PHOSPHOCHOLINE - PAF)

1987年09月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 102 3 451-453 

学術論文

K KARASAWA, S KIMURA

EFFECT OF VOLUNTARY EXERCISE OF DAMS ON THE STARVATION RESISTANCE OF THEIR PUPS IN MICE

1987年01月 | BUTTERWORTH-HEINEMANN NUTRITION REPORTS INTERNATIONAL 35 1 1-4 

学術論文

K KARASAWA, S KIMURA

THE EFFECT OF VOLUNTARY EXERCISE OF DAMS ON THE LACTATION PERFORMANCE AND PREMATURE WEANLING OF THEIR PUPS IN MICE

1986年11月 | BUTTERWORTH-HEINEMANN NUTRITION REPORTS INTERNATIONAL 34 5 883-892 

学術論文

HW CHANG, KUDO, I, S HARA, K KARASAWA, K INOUE

EXTRACELLULAR PHOSPHOLIPASE-A2 ACTIVITY IN PERITONEAL-CAVITY OF CASEIN-TREATED RATS

1986年10月 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 100 4 1099-1101 

学術論文

K KARASAWA, S KIMURA

EFFECT OF VOLUNTARY EXERCISE AND DIETARY-PROTEIN LEVEL ON LACTATION PERFORMANCE IN MICE

1986年09月 | BUTTERWORTH-HEINEMANN NUTRITION REPORTS INTERNATIONAL 34 3 437-445 

学術論文

T KOBAYASHI, KUDO, I, H HOMMA, K KARASAWA, K INOUE, H IKEDA, S NOJIMA

GENE ORGANIZATION OF PLDA AND PLDB, THE STRUCTURAL GENES FOR DETERGENT-RESISTANT PHOSPHOLIPASE-A AND LYSOPHOSPHOLIPASE-L2 OF ESCHERICHIA-COLI

1985年 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 98 4 1007-1016 

学術論文

T KOBAYASHI, KUDO, I, K KARASAWA, H MIZUSHIMA, K INOUE, S NOJIMA

NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF THE PLDB GENE AND CHARACTERISTICS OF DEDUCED AMINO-ACID SEQUENCE OF LYSOPHOSPHOLIPASE-L2 IN ESCHERICHIA-COLI

1985年 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 98 4 1017-1025 

学術論文

K KARASAWA, KUDO, I, T KOBAYASHI, T SAEKI, K INOUE, S NOJIMA

PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF LYSOPHOSPHOLIPASE-L2 OF ESCHERICHIA-COLI-K-12

1985年 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 98 4 1117-1125 

学術論文

H HOMMA, T KOBAYASHI, N CHIBA, K KARASAWA, H MIZUSHIMA, KUDO, I, K INOUE, H IKEDA, M SEKIGUCHI, S NOJIMA

THE DNA-SEQUENCE ENCODING PLDA GENE, THE STRUCTURAL GENE FOR DETERGENT-RESISTANT PHOSPHOLIPASE-A OF ESCHERICHIA-COLI

1984年 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 96 6 1655-1664 

学術論文

Y NATORI, K KARASAWA, H ARAI, Y TAMORINATORI, S NOJIMA

PARTIAL-PURIFICATION AND PROPERTIES OF PHOSPHOLIPASE-A2 FROM RAT-LIVER MITOCHONDRIA

1983年 | JAPANESE BIOCHEMICAL SOC JOURNAL OF BIOCHEMISTRY 93 2 631-637 

その他

唐沢 健

製剤学・物理薬剤学

2017年05月 | 廣川書店 第8章、第9章、第10章 

その他

唐沢 健

"パザパ"薬学演習シリーズ(13)生化学演習

2013年04月 | 京都廣川書店  

その他

西澤 千穂, 濱 弘太郎, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 谷川 和也, 佐藤 典子, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

極長鎖脂肪酸含有脂質の定量解析による2つのペルオキシソーム病の比較

2013年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 133年会 3 120-120 

その他

唐沢 健

製剤化のサイエンス改訂5版

2012年03月 | 第1章物質の溶解 

その他

唐沢 健

製剤学・物理薬剤学改訂第2版

2012年03月 | 廣川書店 第8章固形製剤 

その他

唐沢 健

物理薬剤学・製剤学–計算問題の解法–

2012年01月 | 廣川書店 第5章粒子の性質 

その他

西澤 千穂, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 谷川 和也, 佐藤 典子, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞にみられる極長鎖脂肪酸含有脂質定量の試み

2011年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 84回 3P-0069 

その他

西澤 千穂, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 中西 広樹, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞で検出される極長鎖脂肪酸含有脂質の分子構造決定

2011年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 131年会 3 111-111 

その他

西澤 千穂, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 中西 広樹, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

ペルオキシソーム病の線維芽細胞にみられる極長鎖脂肪酸含有脂質の分子構造決定

2010年12月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集 83回・33回 4P-0118 

その他

横山 和明, 西澤 千穂, 池田 和貴, 永井 徹, 守田 雅志, 原田 史子, 佐藤 典子, 唐沢 健, 今中 常雄, 下澤 伸行, 田口 良, 井上 圭三

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞に蓄積する極長鎖脂肪酸含有脂質

2010年05月 | 日本脂質生化学会 脂質生化学研究 52 28-28 

その他

西澤 千穂, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 中西 広樹, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞に存在する極長鎖脂肪酸含有脂質の分子構造解析

2010年03月 | (公社)日本薬学会 日本薬学会年会要旨集 130年会 3 123-123 

その他

西澤 千穂, 永井 徹, 池田 和貴, 守田 雅志, 唐澤 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 中西 広樹, 田口 良, 下澤 伸行, 今中 常雄, 井上 圭三, 横山 和明

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞に蓄積する極長鎖脂肪酸含有脂質の分子構造解析

2009年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集 82回 2P-056 

その他

唐澤 健, 中西 広樹, 原田 史子, 佐藤 典子, 横山 和明, 田口 良, 井上 圭三

ヒト血漿型PAF-AHの遺伝的欠損により血漿LDL中に蓄積する酸化PC分子種の分析

2009年07月10日 | 脂質生化学研究 51 34-35 

その他

横山 和明, 永井 徹, 西澤 千穂, 池田 和貴, 中西 広樹, 守田 雅志, 唐沢 健, 佐藤 典子, 原田 史子, 下澤 伸行, 今中 常雄, 田口 良, 井上 圭三

ペルオキシソーム病の繊維芽細胞に検出される極長鎖脂肪酸含有脂質の分子構造

2009年07月 | 日本脂質生化学会 脂質生化学研究 51 33-33 

その他

唐澤 健, 瀬戸 順子, 野舘 敬直, 谷川 和也, 佐藤 典子, 原田 史子, 横山 和明, 井上 圭三, 中西 広樹, 田口 良

ヒト酸化血漿LDLの脂質代謝における血漿型PAF-アセチルヒドロラーゼの遺伝子多型(Val279Phe)の影響

2008年06月05日 | 脂質生化学研究 50 168-170 

その他

横山 和明, 佐藤 真行, 唐沢 健, 原田 史子, 佐藤 典子, 新井 洋由, 井上 圭三

マウス赤血球の血小板活性化因子加水分解酵素に関する解析

2007年06月05日 | 脂質生化学研究 49  

その他

唐沢 健

NEWパワーブック物理薬剤学・製剤学

2007年03月 | 廣川書店 第4章溶液と溶解現象 

その他

唐沢 健, 谷川 和也, 佐藤 典子, 原田 史子, 横山 和明, 井上 圭三, 中西 広樹, 飯田 泰浩, 田口 良

血漿型PAF-アセチルヒドロラーゼ(PAF-AH)の酸化ストレスに対する防御的役割

2006年06月08日 | 脂質生化学研究 48 84-86 

その他

渡辺真知子, 西郡秀夫, 小佐野博史, 出口芳春, 宇都口直樹, 唐沢健, 梅田泉, 横山和明, 清水秀行, 河野博充, 成塚康之, 中島康雄, 松井正輝, 山岡桂子, 井上圭三

医療現場との連携による実務事前実習直前教育の試み―SGDおよびOSCE方式実技試験導入の効果―

2004年09月01日 | 日本医療薬学会年会講演要旨集 14th 375 

その他

能登 洋, 唐沢 健, 佐藤 博亮, 東郷 眞子, 原 眞純, 磯尾 直之, 橋本 佳明, 木村 哲, 塚本 和久

Platelet Activating Factor-Acetylhydrolase(PAF-AH)の抗動脈硬化作用に関する検討

2002年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 34回抄集 199-199 

その他

K Karasawa, TC Lee

Purification of platelet-activating factor(PAF)-dependent transacetylases from rat kidney membrane

1998年04月 | FEDERATION AMER SOC EXP BIOL FASEB JOURNAL 12 8 A1380-A1380