帝京大学
冲永 寛子

冲永 寛子 教授

Okinaga Hiroko

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 内科学講座

医療が高度化し、しかも安全な医療を求められている現在では、医師、看護師、医療従事者にいたるまで幅広く医療の専門性の高い知識を身につけ、実施できるかが大切になっています。医学、医療について深く学ぶことは将来医療に携わっていく上で必要となるものなので、「実学」の精神を大いに生かして興味深く学んでほしいと思っています。それと同時に豊かな人間性を備え、信頼され、自分を高めるよう努力を積み重ねてこそ、患者さんを一人の人間として医学的にも人間的にも把握できるようになると考えています。夢や目標を持って頑張ってみてください。努力し続ければ必ず実を結ぶ日がくるはずですので、自分の理想、夢を追いかける人たちと一緒に帝京大学の精神である「実学」を学び、夢を現実のものにしてさらに飛躍するような人生を踏み出しましょう。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2006年06月

帝京大学医学部内科学講座教授

2006年06月

帝京大学副学長

2005年04月

学校法人帝京大学常務理事

2004年01月

学校法人帝京大学理事

2001年12月

学校法人帝京大学評議員

2001年06月

帝京大学医学部第四内科学講座助手 〜2006年05月

2000年11月

帝京大学国際教育研究所研究員 〜2006年05月

2006年04月

東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科研修登録医

2002年04月

東京大学医学部附属病院腎臓・内分泌内科入局

1999年05月

社会福祉法人三井記念病院内科研修医 〜2001年05月

【学歴】──────────────────────────────

日本医師会認定産業医取得

2006年03月

東京大学大学院医学系研究科博士課程内科学専攻、博士(医学)

日本内科学会認定内科医取得

医師免許取得

1999年03月

東京大学医学部医学科

1995年03月

東京大学東京大学教養学部理科III類

【委員歴】──────────────────────────────

2013年04月

一般社団法人日本内科学会 評議員

2011年06月

社団法人日本私立医科大学協会法務委員会 委員

2011年06月

社団法人日本私立医科大学協会広報委員会 委員

2009年05月

社団法人日本私立医科大学協会 理事

2008年04月

帝京大学医師会 会長

2007年11月

公益財団法人私立大学通信教育協会 理事

【受賞】──────────────────────────────

2010年10月

川上賞 共同受賞

2005年10月

第1回 アクロメガリーフォーラム 若手奨励賞

2005年10月

若手奨励賞

所属学会

日本内科学会

日本内分泌学会

日本糖尿病学会

日本甲状腺学会

日本内分泌病理学会

日本間脳下垂体腫瘍学会

専門分野

内科系臨床医学 内分泌学 内分泌代謝学

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Matsuno A, Murakami M, Hoya K, Yamada SM, Miyamoto S, Yamada S, Son JH, Nishido H, Ide F, Nagashima H, Sugaya M, Hirohata T, Mizutani A, Okinaga H, Ishii Y, Tahara S, Teramoto A, Osamura RY

Molecular status of pituitary carcinoma and atypical adenoma that contributes the effectiveness of temozolomide.

2014年03月 | Medical molecular morphology 47 1-7 

学術論文

Ishikawa T, Takahashi S, Morita K, Okinaga H, Teramoto T

Induction of AhR-Mediated Gene Transcription by Coffee.

2014年 | PloS one 9 e102152 

学術論文

Iizuka M, Susa T, Takahashi Y, Tamamori-Adachi M, Kajitani T, Okinaga H, Fukusato T, Okazaki T

Histone acetyltransferase Hbo1 destabilizes estrogen receptor α by ubiquitination and modulates proliferation of breast cancers.

2013年12月 | Cancer science 104 1647-1655 

学術論文

Mizutani A, Kikkawa E, Matsuno A, Shigenari A, Okinaga H, Murakami M, Ishida H, Tanaka M, Inoko H

Modified S/MAR episomal vectors for stably expressing fluorescent protein-tagged transgenes with small cell-to-cell fluctuations.

2013年12月 | Analytical biochemistry 443 113-116 

学術論文

Matsuno A, Murakami M, Hoya K, Yamada SM, Miyamoto S, Yamada S, Son JH, Nishido H, Ide F, Nagashima H, Sugaya M, Hirohata T, Mizutani A, Okinaga H, Ishii Y, Tahara S, Teramoto A, Osamura RY, Yamazaki K, Ishida Y

Clinicopathological and molecular histochemical review of skull base metastasis from differentiated thyroid carcinoma.

2013年10月 | Acta histochemica et cytochemica 46 129-136 

学術論文

Hirohata T, Saito N, Takano K, Yamada S, Son JH, Yamada SM, Nakaguchi H, Hoya K, Murakami M, Mizutani A, Okinaga H, Matsuno A

Urinary growth hormone level and insulin-like growth factor-1 standard deviation score (IGF-SDS) can discriminate adult patients with severe growth hormone deficiency.

2013年 | Endocrine journal 60 369-373 

学術論文

Hisaki H, Matsuda J, Tadano-Aritomi K, Uchida S, Okinaga H, Miyagawa M, Tamamori-Adachi M, Iizuka M, Okazaki T

Primary polydipsia, but not accumulated ceramide, causes lethal renal damage in saposin D-deficient mice.

2012年10月 | American journal of physiology. Renal physiology 303 F1049-59 

学術論文

Ishikawa T, Okinaga H, Takahashi S, Numakura M, Mashimo Y, Yoshimura N, Maeda T, Inoue D, Okazaki R, Kinoshita M, Jameson JL, Teramoto T

Serum from methimazole-treated patients induces activation of aryl hydrocarbon receptor, a transcription factor that binds to dioxin-response elements.

2012年08月 | Thyroid : official journal of the American Thyroid Association 22 769-777 

学術論文

Matsuno A, Mizutani A, Okinaga H, Takano K, Yamada S, Yamada SM, Nakaguchi H, Hoya K, Murakami M, Takeuchi M, Sugaya M, Itoh J, Takekoshi S, Osamura RY

Functional molecular morphology of anterior pituitary cells, from hormone production to intracellular transport and secretion.

2011年06月 | Medical molecular morphology 44 63-70 

学術論文

Murakami M, Mizutani A, Asano S, Katakami H, Ozawa Y, Yamazaki K, Ishida Y, Takano K, Okinaga H, Matsuno A

A mechanism of acquiring temozolomide resistance during transformation of atypical prolactinoma into prolactin-producing pituitary carcinoma: case report.

2011年06月 | Neurosurgery 68 E1761-7; discussion E1767 

学術論文

Matsuno A, Mizutani A, Okinaga H, Takano K, Yamada S, Yamada SM, Nakaguchi H, Hoya K, Murakami M, Takeuchi M, Sugaya M, Itoh J, Takekoshi S, Osamura RY

Molecular morphology of pituitary cells, from conventional immunohistochemistry to fluorescein imaging.

2011年04月 | Molecules (Basel, Switzerland) 16 3618-3635 

学術論文

Kajitani T, Tamamori-Adachi M, Okinaga H, Chikamori M, Iizuka M, Okazaki T

Negative regulation of parathyroid hormone-related protein expression by steroid hormones.

2011年04月 | Biochemical and biophysical research communications 407 472-478 

学術論文

Matsuno A,Murakami M,Mizutani A, Nakaguchi H,Yamada S M.,Hoya K, Yamada S,Onda Y,Takeuchi M,and Okinaga H

Current trends in the treatment of malignant pituitary tumors

2010年 | Current Trends in Endocrinology 4 1-7 

学術論文

松野 彰, 片上 秀喜, 岡崎 亮, 水谷 晃子, 長村 義之, 宮脇 哲, 宇野 健志, 井出 冬章, 浅野 修一郎, 田中 純一, 中口 博, 佐々木 光由, 村上 峰子, 山崎 一人, 石田 康生, 冲永 寛子, 寺本 明

GHRH-GH同時産生下垂体腺腫に対するオクトレオチドLARとカベルゴリンによる併用療法

2009年11月 | ホルモンと臨床 57 冬季増刊 6-9 

学術論文

Sasaki M,Okazaki R,Inoue D,Nakashima M,Ide F,Nakaguchi H,Yamada S M.,Hoya K,Murakami M,Mizutani A,Okinaga H

Preoperative Elevated Serum Growth Hormone is Preventive of Osteopenia in Postsurgical Patients With Pituitary Somatotroph Adenomas

2009年10月 | The Endocrinologist 19 5 208-210 

学術論文

Matsuno A,Mizutani A,Takekoshi S,Osamura R.Y, Sanno N, Teramoto A ,Ide F,Yamada S,Sasaki M,Nakaguchi H,Yamada S M.,Hoya K,Murakami M and Okinaga H

Molecular pathogenesis and functional analysis of pituitary adenoma

2009年 | Current Trends in Neurology 3 69-73 

学術論文

松野 彰, 村上 峰子, 宮脇 哲, 宇野 健志, 井出 冬章, 浅野 修一郎, 田中 純一, 中口 博, 佐々木 光由, 片上 秀喜, 岡崎 亮, 山崎 一人, 石田 康生, 冲永 寛子

ドーパミンアゴニストが無効な異型性プロラクチノーマに対するテモゾロマイドによる薬物治療

2008年06月 | 日本内分泌学会雑誌 84 Suppl. 110-111 

学術論文

Matsuno A, Itoh J, Mizutani A, Takekoshi S, Osamura RY, Okinaga H, Ide F, Miyawaki S, Uno T, Asano S, Tanaka J, Nakaguchi H, Sasaki M, Murakami M

Co-transfection of EYFP-GH and ECFP-rab3B in an experimental pituitary GH3 cell: a role of rab3B in secretion of GH through porosome.

2008年 | Folia histochemica et cytobiologica / Polish Academy of Sciences, Polish Histochemical and Cytochemical Society 46 419-421 

学術論文

Wada-Hiraike O, Hiraike H, Okinaga H, Imamov O, Barros RP, Morani A, Omoto Y, Warner M, Gustafsson JA

Role of estrogen receptor beta in uterine stroma and epithelium: Insights from estrogen receptor beta-/- mice.

2006年11月 | Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103 18350-18355 

学術論文

Matsuno A, Mizutani A, Takekoshi S, Itoh J, Okinaga H, Nishina Y, Takano K, Nagashima T, Osamura RY, Teramoto A

Analyses of the mechanism of intracellular transport and secretion of pituitary hormone, with an insight of the subcellular localization of pituitary hormone and its mRNA.

2006年04月 | Brain tumor pathology 23 1-5 

学術論文

Okinaga H, Takano K, Hayashi S, Yasufuku-Takano J, Teramoto A, Fujita T

Mechanisms of TRH-induced GH release (paradoxical response) in human somatotroph adenoma cells.

2005年12月 | Endocrine journal 52 763-767 

学術論文

Okinaga H, Matsuno A, Okazaki R

High risk of osteopenia and bone derangement in postsurgical patients with craniopharyngiomas, pituitary adenomas and other parasellar lesions.

2005年12月 | Endocrine journal 52 751-756 

学術論文

Matsuno A, Mizutani A, Itoh J, Takekoshi S, Nagashima T, Okinaga H, Takano K, Osamura RY

Establishment of stable GH3 cell line expressing enhanced yellow fluorescein protein-growth hormone fusion protein.

2005年09月 | The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 53 1177-1180 

学術論文

冲永 寛子, 松野 彰, 水谷 晃子, 伊東 丈夫, 長村 義之, 寺本 明, 高野 幸路, 藤田 敏郎

成長ホルモン分泌の可視化による分泌機構の解析

2005年09月 | 日本内分泌学会雑誌 81 2 585 

学術論文

松野 彰, 水谷 晃子, 竹腰 進, 伊東 丈夫, 長島 正, 冲永 寛子, 仁科 祐子, 高野 幸路, 長村 義之

EYFP-GH fusion proteinの遺伝子を導入したGH3 stable cell lineの樹立

2005年09月 | 日本内分泌学会雑誌 81 Suppl. 62-63 

学術論文

Tamura Y, Okinaga H, Takami H

Glucocorticoid-induced osteoporosis.

2004年11月 | Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 58 500-504 

学術論文

Kameyama K, Okinaga H, Takami H

Clinical manifestations of familial medullary thyroid carcinoma.

2004年07月 | Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 58 348-350 

学術論文

Kameyama K, Okinaga H, Takami H

RET oncogene mutations in 75 cases of familial medullary thyroid carcinoma in Japan.

2004年07月 | Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 58 345-347 

学術論文

Takami H, Ikeda Y, Miyabe R, Okinaga H, Kameyama K, Fukunari N

Radiological and surgical management of thyroid neoplasms.

2004年07月 | Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie 58 360-364 

学術論文

Takami H, Ikeda Y, Okinaga H, Kameyama K

Recent advances in the management of primary hyperparathyroidism.

2003年08月 | Endocrine journal 50 369-377