帝京大学
田中 篤

田中 篤 教授

Tanaka Atsushi

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 内科学講座

医師という職業はハードではありますがやりがいのある仕事です。人間味あふれた優秀な臨床医となるためのお手伝いができればと思っています。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

所属学会

日本内科学会

日本消化器病学会

日本肝臓学会

日本消化器内視鏡学会

日本胆道学会

日本免疫学会

日本消化器免疫学会

日本医学教育学会

アメリカ肝臓学会(AASLD)

アジア太平洋肝臓学会(APASL)

ヨーロッパ肝臓学会(EASL)

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝炎の疫学と診断

2019年 | 臨床消化器内科 34 5 481-486 

学術論文

田中 篤

腎障害・肝障害がある場合の注意点

2019年 | 実践的感染症診療、Medical Practice 36 36-38 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝炎

2019年 | 臨床免疫・アレルギー科 71 4 360-364 

学術論文

田中 篤

C型肝炎治療の最新ガイドライン

2019年 | 消化器疾患最新の治療2019-2020 24-28 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎

2019年 | 消化器の臨床 22 1 39-44 

学術論文

神澤輝実、中沢貴宏、田妻 進、全 陽、田中 篤、大原弘隆、村木 崇、乾 和郎、井上 大、西野隆義、内藤 格、糸井隆夫、能登原憲司、菅野 敦、窪田賢輔、平野賢二、伊佐山浩通、清水京子、露口利夫、下瀬川徹、川 茂幸、千葉 勉、岡崎和一、滝川 一、木村 理、海野倫明、吉田雅博

IgG4関連硬化性胆管炎診療ガイドライン

2019年 | 胆道 33 2 169-210 

学術論文

Tanaka A.

Emerging novel treatments for autoimmune liver diseases.

2019年 | Hepatol Res 49 5 489-499 

学術論文

Tanaka A, Mori M, Matsumoto K, Ohira H, Tazuma S, Takikawa H.

An increase trend in the prevalence and male-to-female ratio of primary biliary cholangitis, autoimmune hepatitis, and primary sclerosing cholangitis in Japan.

2019年 | Hepatol Res 49 8 881-889 

学術論文

Honda A, Tanaka A, Kaneko T, Komori A, Abe M, Inao M, Namisaki T, Hashimoto N, Kawata K, Takahashi A, Ninomiya M, Kang JK, Arakawa M, Yamagiwa S, Joshita S, Umemura T, Sato K, Kaneko A, Kikuchi K, Itakura J, Nomura T, Kakisaka K,21 Fujii H, Kawada N,

Bezafibrate improves GLOBE and UK-PBC scores and long-term outcomes in patients with primary biliary cholangitis.

2019年 | Hepatology doi: 10.1002/hep.30552. 

学術論文

Aiso M, Takikawa H, Tsuji K, Kagawa T, Watanabe M, Tanaka A, Sato K, Sakisaka S, Hiasa Y, Takei Y, Ohira H, Ayada M, Hashimoto E, Kaneko S, Ueno Y, Ohmoto K, Takaki A, Torimura T, Matsuzaki Y, Tajiri K, Yoneda M, Ito T, Kato N, Ikejima K, Mochida S,

An analysis of 307 cases with drug-induced liver injury between 2010 and 2018 in Japan.

2019年 | Hepatol Res 49 1 105-110 

学術論文

Hitomi Y, Ueno K, Kawai Y, Nishida N, Kojima K, Kawashima M, Aiba Y, Nakamura H, Kouno H, Kouno H, Ohta H, Sugi K, Nikami T, Yamashita T, Katsushima S, Komeda T, Ario K, Naganuma A, Shimada M, Hirashima N, Yoshizawa K, Makita F, Furuta K, Kikuchi M,

POGLUT1, the putative effector gene driven by rs2293370 in primary biliary cholangitis susceptibility locus chromosome 3q13.33.

2019年 | Sci Rep 9 1 102 

学術論文

Younossi Z, Henry L, Ong J, Tanaka A, Eguchi Y, Mizokami M, Lim, YS, Dan, YY, Yu, ML, Stepanova, M.

Systematic Review with Meta-Analysis: The Extrahepatic Manifestations in Chronic Hepatitis C Virus-Infected Patients in East Asia.

2019年 | Aliment Pharmacol Ther 49 6 644-653 

学術論文

Tanaka A, Leung PSC, Gershwin ME.

The Genetics of Primary Biliary Cholangitis.

2019年 | Curr Opin Gastroenterol 35 2 93-98 

学術論文

Kamisawa T, Nakazawa T, Tazuma S, Zen Y, Tanaka A, Ohara H, Muraki T, Inui K, Inoue D, Nishino T, Naitoh I, Itoi T, Notohara K, Kanno A, Kubota K, Hirano K, Isayama H, Shimizu K, Tsuyuguchi T, Shimosegawa T, Kawa S, Chiba T, Okazaki K, Takikawa H, Ki

Clinical practice guidelines for IgG4-related sclerosing cholangitis.

2019年 | J Hepatobiliary Pancreat Sci 26 1 9-72 

学術論文

Tanaka A.

IgG4-Related Sclerosing Cholangitis and Primary Sclerosing Cholangitis.

2019年 | Gut Liver. 13 3 300-307 

学術論文

Tanaka A, Leung PSC, Gershwin ME.

Pathogen infections and primary biliary cholangitis.

2019年 | Clin Exp Immunol. 195 1 25-34 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性胆管炎 ~最近の国内共同研究から~

2018年 | たんじゅうさん 17 1 16-17 

学術論文

田中 篤

薬物性肝障害の診断のコツ ほかの肝障害とどう鑑別すればいいの?

2018年 | レジデントノート 20 10 1681-1688 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝疾患の現状と将来

2018年 | 日本医事新報 4992 48-53 

学術論文

田中 篤

C型肝炎患者におけるHBV再活性化の病態と対応

2018年 | 日本医事新報 4917 49-53 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性胆管炎

2018年 | 消化器・肝臓内科 3 6 607-611 

学術論文

田中 篤

ゲノタイプ2型のC型肝炎治療-グレカプレビル/ピブレンタスビル配合剤、ソホスブビル+リバビリン、ソホスブビル/レジパスビル配合錠の選択

2018年 | 消化器の臨床 21 2 109-113 

学術論文

田中 篤

IgG4関連硬化性胆管炎

2018年 | 日本医師会雑誌 147 2 244-1432 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎ガイドライン -改訂のポイント‐

2018年 | 消化器・肝臓内科 3 4 389-396 

学術論文

田中 篤

血中B型肝炎ウイルスDNA量の単位表記

2018年 | Medical Practice 35 5 811 

学術論文

田中 篤、小池和彦

C型肝炎治療の現状と今後の課題

2018年 | 日本医事新報 4898 46-51 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝疾患の最新情報

2018年 | 医学のあゆみ 264 8 685 

学術論文

田中 篤

硬化性胆管炎の診療の進歩

2018年 | 別冊 医学のあゆみ「胆膵疾患診療の進歩」 111 

学術論文

田中 篤

肝癌の主な病因とその治療 原発性胆汁性胆管炎

2018年 | 日本臨床 76 2 310-314 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会B型肝炎治療ガイドラインupdate

2018年 | Mebio 35 1 39-45 

学術論文

大平弘正、田中 篤

自己免疫性肝炎におけるアザチオプリンの公知申請について

2018年 | 肝臓 59 11 653-654 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎(PSC)のup-to-date

2018年 | 胆道 50 32 241-250 

学術論文

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班 自己免疫性肝炎分科会・原発性胆汁性胆管炎分科会

改訂自己免疫性肝炎・原発性胆汁性胆管炎ガイドライン

2018年 | 肝臓 59 4 211-216 

学術論文

Tanaka A, Leung PSC, Gershwin ME.

The Genetics and Epigenetics of Primary Biliary Cholangitis.

2018年 | Clin Liver Dis 22 3 443-455 

学術論文

Rosa R, Cristoferi L, Tanaka A, Invernizzi P.

Geoepidemiology and (epi-)genetics in primary biliary cholangitis.

2018年 | Best Practice & Research Clinical Gastroenterology 34-35 11-15 

学術論文

Moritoki Y, Tsuneyama K, Nakamura Y, Kikuchi K, Shiota A, Ohsugi Y, Lian ZX, Zhang W, Yang GX, Ueki S, Takeda M, Omokawa A, Saga T, Watanabe D, Miura M, Ueno Y, Leung PSC, Tanaka A, Gershwin ME, Hirokawa M.

Anti-drug antibodies against a novel humanized anti-CD20 antibody impair its therapeutic effect on primary biliary cholangitis in human CD20- and FcγR-expressing mice.

2018年 | Front Immunol 9 2534 

学術論文

Takahashi A, Moriya K, Ohira H,Arinaga-Hino T, Zeniya M, Torimura T, Abe M, Takaki A, Kang JH, Inui A, Fujisawa T, Yoshizawa K, Suzuki Y, Nakamoto N, Yoshiji H, Goto A, Tanaka A, Takikawa H, The Autoimmune Hepatitis Study Group, a sub group of the In

Health-Related Quality of Life in patients with autoimmune hepatitis: a questionnaire survey.

2018年 | PLoS One. 13 10 e0204772 

学術論文

Isayama H, Tazuma S, Kokudo N, Tanaka A, Tsuyuguchi T, Nakazawa T, Notohara K, Mizuno S, Akamatsu N, Serikawa M, Naitoh I, Hirooka Y, Wakai T, Itoi T, Ebata T, Okaniwa S, Kamisawa T, Kawashima H, Kanno A, Kubota K, Tabata M, Unno M, Takikawa H; PSC g

Clinical guidelines for primary sclerosing cholangitis 2017.

2018年 | J Gastroenterol 53 9 1006-1034 

学術論文

Tanaka A, Leung PSC, Gershwin ME.

Evolution of our understanding of PBC.

2018年 | Best Practice & Research Clinical Gastroenterology 34-35 3-9 

学術論文

Yagi M, Tanaka A, Abe M, Namisaki T, Yoshiji H, Takahashi A, Ohira H, Komori A, Yamagiwa S, Kikuchi K, Yasunaka T, Takaki A, Ueno Y, Honda A, Matsuzaki Y, Takikawa H.

Symptoms and health-related quality of life in Japanese patients with primary biliary cholangitis.

2018年 | Sci Rep 8 1 12542 

学術論文

Deneau MR, Mack C, Abdou R, Amin M, Amir A, Auth M, Bazerbachi F, Broderick AM, Chan A, DiGuglielmo M, El-Matary W, El-Youssef M, Ferrari F, Furuya KN, Gottrand F, Gupta N, Homan M, Jensen MK, Kamath BM, Kim KM, Kolho KL, Konidari A, Koot B, Iorio R,

Gamma Glutamyltransferase Reduction Is Associated With Favorable Outcomes in Pediatric Primary Sclerosing Cholangitis.

2018年 | Hepatol Commun 25,2 11 1369-1378 

学術論文

Nishida N, Aiba Y, Hitomi Y, Kawashima M, Kojima K, Kawai Y, Ueno K, Nakamura H, Yamashiki N, Tanaka T, Tamura S, Mori A, Yagi S, Soejima Y, Yoshizumi T, Takatsuki M, Tanaka A, Harada K, Shimoda S, Komori A, Eguchi S, Maehara Y, Uemoto S, Kokudo N, N

NELFCD and CTSZ loci are associated with jaundice-stage progression in primary biliary cholangitis in the Japanese population.

2018年 | Sci Rep 23,8 1 8071 

学術論文

Yagi M, Tanaka A, Namisaki T, Takahashi A, Abe M, Honda A, Matsuzaki Y, Ohira H, Yoshiji H, Takikawa H; Japan PBC Study Group (JPBCSG).

Is patient-reported outcome improved by nalfurafine hydrochloride in patients with primary biliary cholangitis and refractory pruritus? A post-marketing, single-arm, prospective study.

2018年 | J Gastroenterol 53 10 1151-1158 

学術論文

Ikeda H, Watanabe T, Matsumoto N, Hiraishi T, Nakano N, Noguchi Y, Hattori N, Shigefuku R, Matsunaga K, Ishii T, Okuse C, Yotsuyanagi H, Tanaka A, Suzuki M and Itoh F.

Treatment with Daclatasvir and Asunaprevir for 24 weeks improves health-related quality of life in Japanese patients infected with hepatitis C virus.

2018年 | JGH open 14,2 3 87-92 

学術論文

Joshita S, Yoshizawa K, Umemura T, Ohira H, Takahashi A, Harada K, Hiep CN, Tsuneyama K, Kage M, Nakano M, Kan JH, Koike K, Zeniya M, Takaki A, Torimura T, Abe M, Yokosuka O, Tanaka A, Takikawa H, the Japan Autoimmune Hepatitis Study Group (JAIHG).

Clinical features of autoimmune hepatitis with acute presentation: a Japanese nationwide survey.

2018年 | J Gastroenterol 53 9 1079-1088 

学術論文

Tanaka A, Hirohara J, Nakano T, Yagi M, Namisaki T, Yoshiji H, Nakanuma Y, Takikawa H; Japan PBC Study Group (JPBCSG).

Effect of deferred or no treatment with ursodeoxycholic acid in patients with early primary biliary cholangitis.

2018年 | Hepatol Res 48 9 727-734 

学術論文

Takahashi A, Arinaga-Hino T, Ohira H, Abe K, Torimura T, Zeniya M, Abe M, Yoshizawa K, Takaki A, Suzuki Y, Kang JH, Nakamoto N, Fujisawa T, Tanaka A, Takikawa H, Japan AIH Study Group (JAIHSG).

Nonalcoholic fatty liver disease in patients with autoimmune hepatitis.

2018年 | JGH Open 2 2 54-58 

学術論文

Zobair M. Younossi, Tanaka A, Eguchi Y, L Henry, Beckerman R, Mizokami M.

Treatment of Hepatitis C Virus Leads to Economic Gain Related to Reduction in Cases of Hepatocellular Carcinoma (HCC) and Decompensated Cirrhosis in Japan.

2018年 | J Viral Hepat 25 8 945-951 

学術論文

Natsume M, Watanabe K, Matumoto S, Naruge D, Hayashi K, Furuse J, Kawamura M, Jinno H, Sano K, Fukushima R, Aruga E, Hashiguchi Y, Tanaka A, Takikawa H, Eguchi K, Seki N.

Factors influencing cancer patients’ choice of palliative care place.

2018年 | J Palliative Medicine 21 6 751-765 

学術論文

Tanaka A.

Is HBV-associated intrahepatic cholangiocarcinoma preventable with antiviral treatment?

2018年 | Clin Gastroenterol Hepatol 16 6 821-822 

学術論文

Tanaka A, Gershwin ME.

Environmental Basis of Autoimmunity.

2018年 | Exp Biol Med (Maywood). 243 2 184-189 

学術論文

Suzuki Y, Mori T, Yokoyama M, Kim S, Momose H, Matsuki R, Kogure M, Nakazato T, Abe N, Isayama H, Nakazawa T, Notohara K, Tanaka A, Tsuyuguchi T, Tazuma S, Takikawa H, Sugiyama M.

A proposed severity classification system for hepatolithiasis based on an analysis of prognostic factors in a Japanese patient cohort.

2018年 | J Gastroenterol 53 7 854-860 

学術論文

Tanaka A, Gershwin ME.

Therapeutic and immunological interventions in primary biliary cholangitis: from mouse models to humans.

2018年 | Archives of Medical Science 14 4 930-940 

学術論文

田中 篤

50の未解決課題‐B型肝炎の完全制御

2017年 | Medical Tribune 16 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会『C型肝炎治療ガイドライン』における治療推奨

2017年 | 医学のあゆみ 262 14 1381-1386 

学術論文

田中 篤

我が国におけるC型肝炎治療ガイドライン

2017年 | 最新医学 72 9 1235-1242 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性胆管炎の診断と治療

2017年 | 消化器・肝臓内科 1 6 644-650 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎の診断と治療

2017年 | Medican Practice 34 7 1133-1137 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎の予後予測因子としての血清ALP値

2017年 | 胆と膵 38 6 583-586 

学術論文

田中 篤

胆汁うっ滞性肝障害(PBC、PSC)における肝移植とその適応

2017年 | 消化器・肝臓内科 1 5 529-533 

学術論文

田中 篤

PBCにおける自覚症状 -「無症候性」をめぐって-

2017年 | 肝胆膵 74 6 917-923 

学術論文

田中 篤

薬物性肝障害

2017年 | 内科 119 6 1145-1149 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性胆管炎

2017年 | 臨床と研究 94 5 47-51 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会B型肝炎治療ガイドラインUpdate

2017年 | Medical Practice 34 728-735 

学術論文

田中 篤、滝川 一

差分解説-C型肝炎患者におけるHBV再活性化

2017年 | 日本医事新報 4852 52 

学術論文

田中 篤、滝川 一

硬化性胆管炎の診療の進歩

2017年 | 医学のあゆみ 261 113-118 

学術論文

田中 篤

PBCの病名変更 -「肝硬変」から「胆管炎」へ-

2017年 | Medical Practice 34 6 506-507 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝炎と原発性胆汁性胆管炎

2017年 | Modern Physician 37 259-264 

学術論文

牛込謙一郎、宮川 誠、青木未来、田中 篤、阿部弘之

組織の再生過程における栄養物質トランスポーター発現動態解析 ~マウス肝再生モデルを用いて~

2017年 | 帝京大学医療技術学部紀要 6 1322 

学術論文

田中 篤、乾あやの

小児期に発症する肝・胆道疾患 ~肝臓専門医への円滑なトランジションを~

2017年 | 肝臓 58 3 168-169 

学術論文

田中 篤

School of AutoImmune Diseases (SAIL) レポート

2017年 | 肝臓 58 3 135-136 

学術論文

Tanaka A, Gershwin ME.

Finding the cure for primary biliary cholangitis - Still waiting.

2017年 | Liver Int 37 500-502 

学術論文

Deneau M, El-Matary W, Valentino P, Abdou R, Alqoaer K, Amin A, Amir A, Auth M, Bazerbachi F, Broderick AM, Chan A, Cotter J, Doan S, El-Youssef M, Ferrari F, Furuya K, Gottrand F, Gottrand M, Gupta NA, Homan M, Kamath BM, Kim KM, Kolho KL, Konidari

The natural history of primary sclerosing cholangitis in 781 children: an international, multicenter collaboration.

2017年 | Hepatology 66 518-527 

学術論文

Tanaka A, Leung P, Young H, Gershwin ME.

Toward solving the etiological mystery of primary biliary cholangitis.

2017年 | Hepatology Communications 1 275-287 

学術論文

Canh HN, Harada K, Ouchi H, Sato Y, Tsuneyama K, Kage M, Nakano M, Yoshizawa K, Takahashi A, Abe M, Kang JH, Koike K, Inui A, Fujisawa T, Takaki A, Arinaga-Hino T, Torimura T, Suzuki Y, Fujiwara K, Zeniya M, Ohira H, Tanaka A, Takikawa H, Intractable

Acute presentation of autoimmune hepatitis: a multicentre study with detailed histological evaluation in a large cohort of patients.

2017年 | J Clin Pathol 70 961-969 

学術論文

Floreani A, Tanaka A, Bowlus C, Gershwin ME.

Geoemidemiology and Changing mortality in primary biliary cholangitis.

2017年 | J Gastroenterol 52 655-662 

学術論文

Kawashima M, Yuki H, Aiba Y, Nishida N, Kojima K, Kawai Y, Nakamura H, Tanaka A, et al.

Genome-wide association studies identify PRKCB as a novel genetic susceptibility locus for primary biliary cholangitis in the Japanese population.

2017年 | Human Molecular Genetics 26 650-659 

学術論文

Tanaka A, Tazuma S, Nakazawa T, Isayama H, Tsuyuguchi T, Inui K, Takikawa H.

No negative impact of serum IgG4 levels on clinical outcome in 435 patients with primary sclerosing cholangitis from Japan.

2017年 | J Hepatobiliary Pancreat Sci 24 217-225 

学術論文

Tanaka, A.

Anti-mitochondrial autoantibodies – milestone or byway to PBC?

2017年 | Ann Translational Med 5 50 

学術論文

Tanaka A, Tazuma S, Okazaki K, Nakazawa T, Inui K, Chiba T, Takikawa H.

Clinical features, treatment response, and outcome of IgG4-related sclerosing cholangitis.

2017年 | Clin Gastroenterol Hepatol 15 920-926 

学術論文

The aberrant portal hemodynamics study group supported by the ministry of health, labor and welfare of Japan.

Working subgroup for clinical practice guideline for aberrant portal hemodynamics Diagnosis and treatment guidelines for aberrant portal hemodynamics (2013).

2017年 | Hepatol Res 47 373-386 

学術論文

Takahashi A, Arinaga-Hino T, Ohira H, Torimura T, Zeniya M, Abe M, Yoshizawa K, Takaki A, Suzuki Y, Kang JH, Nakamoto N, Fujisawa T, Yonemoto K, Tanaka A, Takikawa H, The Autoimmune Hepatitis Study Group, a sub group of the Intractable Hepato-Biliary

Autoimmune hepatitis in Japan: Trends in a nationwide survey.

2017年 | J Gastroenterol 52 631-640 

学術論文

Nakazawa T, Notoohara K, Tazuma S, Tanaka A, Isayama H, Tsuyuguchi T, Toshiyuki M, Takikawa H.

The 2016 diagnostic criteria for primary sclerosing cholangitis.

2017年 | J Gastroenterol 52 838-844 

学術論文

Younossi ZM, Tanaka A, Eguchi Y, Lim YS, ML, Kawada N, Dan YY, Brooks-Rooney C, Negro F, Mondelli MU

The impact of hepatitis C virus outside the liver: Evidence from Asia.

2017年 | Liver Int 37 159-172 

学術論文

Aiso M, Yagi M, Tanaka A, Miura K, Miura R, Arizumi T, Takamori Y, Nakahara S, Maruo Y, Takikawa H.

A case of Gilbert syndrome with concomitant hereditary spherocytosis presenting moderate unconjugated hyperbilirubinemia.

2017年 | Intern Med 56 661-664 

学術論文

田中 篤、滝川 一

差分解説-原発性胆汁性肝硬変の病名変更:「肝硬変」から「胆管炎」へ

2016年 | 日本医事新報 4836 55 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドライン

2016年 | 臨床消化器内科 31 11 1437-1445 

学術論文

田中 篤

「肝障害」 実臨床に役立つ薬物アレルギーの対照法と考え方.

2016年 | 医薬ジャーナル社 100-105 

学術論文

田中 篤

ウイルス性肝炎

2016年 | 日本透析医会雑誌 31 3 470-475 

学術論文

持田 智、田中 篤、原田憲一、津野あけみ

「PBCの病名変更 ~「肝硬変」から「胆管炎」へ~

2016年 | 肝臓 57 10 527-537 

学術論文

田中 篤、三浦幸太郎、八木みなみ、菊池健太郎、上野義之、大平弘正、銭谷幹男、滝川 一

日本人原発性胆汁性胆管炎患者の自覚症状および患者報告アウトカムの評価

2016年 | 肝臓 57 9 457-467 

学術論文

田中 篤、滝川 一、三輪洋人、下瀬川 徹、持田 智、小池和彦

PBCの病名変更:「原発性胆汁性肝硬変」から「原発性胆汁性胆管炎」へ

2016年 | 肝臓 57 7 309-311 

学術論文

田中 篤、滝川一

原発性硬化性胆管炎・IgG4関連硬化性胆管炎の疫学

2016年 | 胆道 30 304-311 

学術論文

Tanaka A, Ma Xiong, Yokosuka O, Weltman M, You H, Amarapurkar DN, Kim YJ, Abbas Z, Payawal DA, Chang ML, Efe C, Ozaslan E, Abe M, Mitchell-Thain R, Zeniya M, Han KH, Vierling JM, Takikawa H.

Autoimmune liver diseases in the Asia-Pacific region -Proceedings of APASL symposium on AIH and PBC 2016-.

2016年 | Hepatology Int 10 909-915 

学術論文

Tanaka A, Takikawa H, Mochida S, Koike K, Miwa H, Shimosegawa T.

Changing Nomenclature for PBC from “Primary Biliary Cirrhosis” to “Primary Biliary Cholangitis”.

2016年 | J Gastroenterol 51 748-749 

学術論文

Editors of the Drafting Committee for Hepatitis Management Guidelines.

JSH Guidelines for the Management of Hepatitis C Virus Infection: A 2016 update for genotype 1 and 2.

2016年 | Hepatol Res 46 129-165 

学術論文

Shimoda S, Tanaka A.

It is time to change PBC: new nomenclature from "cirrhosis" to "cholangitis", and upcoming treatment based on unveiling pathology.

2016年 | Hepatol Res 46 407-415 

学術論文

田中 篤、下田慎治

PBC-“cirrhosis”から”cholangitis”へ

2016年 | 日本消化器病学会誌 113 1 36-37 

学術論文

田中 篤

疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-Ⅱ V.アレルギー性疾患 薬物アレルギー アレルギー性薬物性肝障害

2016年 | 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 35 478-482 

学術論文

田中 篤

B型・C型肝炎の治療戦略 ~最新の肝臓学会ガイドライン~

2016年 | 板橋区医師会通報 485 60 

学術論文

田中 篤

B型肝炎治療ガイドライン

2016年 | 化学療法の領域2016年増刊号「感染症ガイドラインのすべて」 32 S-1 41-49 

学術論文

田中 篤

ウイルス排除後の発癌

2016年 | 医薬ジャーナル 52 1 109-114 

学術論文

田中 篤

薬物性肝障害

2016年 | 消化器研修ノート改訂第2版 449-452 

学術論文

Beuers U, Gershwin ME, Gish RG, Invernizzi P, Jones DE, Lindor K, Ma X, Mackay IR, Parés A, Tanaka A, Vierling JM, Poupon R.

Changing Nomenclature for PBC: From 'Cirrhosis' to 'Cholangitis'.

2015年 | Clin Res Hepatol Gastroenterol 39 1627 e57-e59 

学術論文

Khosroshahi, A; Wallace, ZS; Crowe, JL; Akamizu, T; Azumi, A; Carruthers, MN; Chari, ST; Della-Torre, E; Frulloni, L; Goto, H; Hart, PA; Kamisawa, T; Kawa, S; Kawano, M; Kim, MH; Kodama, Y; Kubota, K; Lerch, MM; Löhr, M; Masaki, Y; Matsui, S; Mimori,

International Consensus Guidance Statement on the Management and Treatment of IgG4-Related Disease.

2015年 | Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.) 67 7 1688-1699 

学術論文

Tanaka A, Kikuchi K, Miura R, Miura K, Mikami M, Aiso M, Takamori Y, Takikawa H.

Validation of the Japanese version of the Chronic Liver Disease Questionnaire (CLDQ) for the assessment of health-related quality of life in patients with chronic viral hepatitis.

2015年 | Hepatol Res 46 E45-E50 

学術論文

Adachi,M, Tanaka A, Aiso M, Takamori Y, Takikawa, H.

The benefit of cystatin C in evaluation of renal function and prediction of survival in patients with cirrhosis.

2015年 | Hepatol Res 45 1299-1306 

学術論文

Nakazawa T, Ikeda Y, Kawaguchi Y, Kitagawa H, Takada H, Takeda Y, Makino I, Makino N, Naitoh I, Tanaka A.

Isolated intrapancreatic IgG4-related sclerosing cholangitis.

2015年 | World J Gastroenterol 21 1334-1343 

学術論文

Tanaka A, Tazuma S, Okazaki K, Tsubouchi H, Inui K, Takikawa H.

Clinical profiles of patients with primary sclerosing cholangitis in the elderly.

2015年 | J Hepatobiliary Pancreat Sci 22 230-236 

学術論文

Hirano T, Saito M, Yano Y, Momose K, Yoshida M, Tanaka A, Okita K, Azuma T.

Chronic liver disease questionnaire would be a primary screening tool of neuropsychiatric-test detecting minimal hepatic encephalopathy of cirrhotic patients.

2015年 | Hepatol Res 45 994-1003 

学術論文

Nakamura M, Kondo H, Tanaka A, Komori A, Ito M, Yamamoto K, Ohira H, Zeniya M, Hashimoto E, Honda M, Kaneko S, Ueno Y, Kikuchi K, Shimoda S, Harada K, Arai K, Miyake Y, Abe M, Taniai M, Saibara T, Sakisaka S, Takikawa H, Onji M, Tsubouchi H, Nakanuma

Autoantibody status and histological variables influence biochemical response to treatment and long-term outcomes in Japanese patients with primary biliary cirrhosis.

2015年 | Hepatol Res 45 846-855 

学術論文

Tanaka A, Hirohara J, Nakanuma Y, Tsubouchi H, and Takikawa H.

Biochemical responses to bezafibrate improve long-term outcome in asymptomatic patients with primary biliary cirrhosis refractory to UDCA.

2015年 | J Gastroenterol 50 675-682 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝疾患の最近の進歩

2015年 | 日本医師会雑誌 144 7 1429-1433 

学術論文

田中 篤、滝川 一

免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-Ⅰ 1.臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性消化器疾患(消化管、肝胆膵) IgG4関連硬化性胆管炎

2015年 | 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 34 380-384 

学術論文

田中 篤

免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-Ⅰ 1.臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性消化器疾患(消化管、肝胆膵) 原発性硬化性胆管炎

2015年 | 別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ 34 375-379 

学術論文

Reader`s Indegestion

慢性肝疾患における腎機能評価~クレアチニンでなくシスタチンを~

2015年 | 肝臓 61 373 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会・C型肝炎治療ガイドライン

2015年 | 日本臨牀 73 2 221-227 

学術論文

田中 篤

ガイドラインにおけるC型慢性肝炎の治療戦略のポイント

2015年 | 消化器の臨床 18 1 59-65 

学術論文

田中 篤

経口ウイルス薬をどう使っていくか

2015年 | Medical Practice 32 3 381 

学術論文

田中 篤

抗ウイルス治療によりHCVが消失したが10年後に肝発癌をきたした症例

2015年 | Medical Practice 32 3 512-517 

学術論文

田中 篤

ダクラタスビル塩酸塩錠とアスナプレビルカプセル

2015年 | 日病薬誌 51 4 470-474 

学術論文

田中 篤

C型肝炎の最新治療 経口薬をどのように使用すべきか

2015年 | 目黒区医師会報 233 1 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎ガイドライン

2015年 | Current Therapy 33 9 21-25 

学術論文

田中 篤

C型肝炎の最新治療ー経口薬をどのように用いるかー

2015年 | 東京内科医会会誌 31 1 11-15 

学術論文

田中 篤、滝川 一(岡崎和一、川茂幸編)

硬化性胆管炎ー治療と予後ー

2015年 | 最新IgG4疾患(診断と治療社) 109-111 

学術論文

田中 篤

肝障害をきたす肝炎ウイルス以外の感染症

2015年 | 臨床検査 59 1388-1392 

学術論文

田中 篤、滝川 一

Ⅱ臓器別病変の診断と治療 7.硬化性胆管炎 治療と予後

2015年 | 臨床医必読最新IgG4関連疾患(診断と治療社) 109-112 

学術論文

Miyake Y, Yamamoto K, Matsushita H, Abe M, Takahashi A, Umemura T, Tanaka A, Nakamuta M, Nakamoto Y, Ueno Y, Saibara T, Takikawa H, Yoshizawa K, Ohira H, Zeniya M, Onji M, Tsubouchi H.; Intractable Hepato-Biliary Disease Study Group of Japan.

Multicenter validation study of anti-programmed cell death-1 antibody as a serological marker for type 1 autoimmune hepatitis.

2014年02月 | Hepatol Res 10 1299-1307 

学術論文

Tanaka A, Tazuma S, Okazaki K, Tsubouchi H, Inui K, Takikawa H.

Nationwide survey for primary sclerosing cholangitis and IgG4-related sclerosing cholangitis in Japan.

2014年01月 | J Hepatobiliary Pancreat Sci 21 1 43-50 

学術論文

Abe K, Miki A, Okamura T, Shimada K, Yamamoto T, Aiso M, Tanaka A, Kita H, Kuyama Y, Takikawa H.

Endoscopic removal of a denture with clasps impacted in the ileocecum.

2014年 | Clin J Gastroenterol. 7 6 506-509 

学術論文

安達運、三神昌樹、三浦幸太郎、江波戸直久、三浦亮、阿部浩一郎、相磯光彦、山本貴嗣、高森頼雪、石井太郎、田中篤、滝川一

急性胆嚢炎に対するTokyo Guidelines 2013の妥当性の検証

2014年 | 胆道  

学術論文

Miura K, Tanaka A, Yamamoto T, Adachi M, Takikawa H.

Proton pump inhibitor use is associated with spontaneous bacterial peritonitis in patients with liver cirrhosis.

2014年 | Int Med 53 1037-1042 

学術論文

Tanaka A

Editors of the Drafting Committee for Hepatitis Management Guidelines: The Japan Society of Hepatology. JSH Guidelines for the Management of Hepatitis B Virus Infection.

2014年 | Hepatol Res. 44 Suppl. 1 1-58 

学術論文

Tanaka A

Editors of the Drafting Committee for Hepatitis Management Guidelines: The Japan Society of Hepatology. JSH Guidelines for the Management of Hepatitis C Virus Infection: A 2014 Update for Genotype 1.

2014年 | Hepatol Res 44 Suppl. 1 59-70 

学術論文

Tanaka A

The Intractable Hepatobiliary Disease Study Group supported by the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan, Working Subgroup (English version) for Clinical Practice Guidelines for Primary Biliary Cirrhosis. Guidelines for the management of pr

2014年 | Hepatol Res. 44 Suppl. 1 71-90 

学術論文

田中 篤

私の処方-B型慢性肝炎

2014年 | Modern Physician 34 1 96 

学術論文

田中 篤

座談会「PSC・IgG4-SC」

2014年 | 肝胆膵 68 1 101-121 

学術論文

相磯光彦、田中 篤、滝川 一

薬物性肝障害患者のGST M1、T1解析

2014年 | 肝胆膵 68 2 183-187 

学術論文

田中 篤

IBDに合併する肝・胆道疾患(肝機能異常、硬化性胆管炎など)とその対策

2014年 | IBD Research 8 3 147-152 

学術論文

田中 篤

PSCの疫学と予後

2014年 | 臨床消化器内科 29 11 1429-1434 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎ガイドラインupdate

2014年 | Mebio 31 10 56-60 

学術論文

立澤直子、田島紘己、佐川俊世、田中 篤、古井 滋、滝川 一、坂本哲也

腸閉塞で発症し、腹部CTが早期診断に有用であった小腸アニサキス症の6例

2014年 | 日本救急医学会雑誌 25 3 113-118 

学術論文

相磯光彦、安達 運、三浦幸太郎、三浦 亮、立澤直子、高森頼雪、田中 篤、滝川 一

帝京大学医学部附属病院内科における16年間の薬物性肝障害例の検討

2014年 | 帝京医学雑誌 37 4 141-150 

学術論文

日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会

C型肝炎治療ガイドライン(第3版;抜粋)

2014年 | 肝臓 55 10 634-644 

学術論文

田中 篤(大平弘正、坂井田功編)

PSCの疫学

2014年 | HEPATOLOGY PRACTICE Vol.4 難治性肝疾患の診療を極める(文光堂) 40-44 

学術論文

田中 篤、滝川 一(大平弘正、坂井田功編)

PSCの診断

2014年 | HEPATOLOGY PRACTICE Vol.4 難治性肝疾患の診療を極める(文光堂) 66-69 

学術論文

田中 篤

UDCA不応例の対策

2013年 | 日本消化器病学会誌 110 16-21 

学術論文

田中 篤、田妻 進、岡崎和一、坪内博仁、乾 和郎、滝川 一

硬化性胆管炎の全国調査

2013年 | 胆道 32 176-187 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会 「B型肝炎治療ガイドライン(第1.1版)」

2013年 | 肝臓 54 6 402-472 

学術論文

立澤直子、西 竜一、岡 陽子、藤崎竜一、須田隆興、寺倉守之、田中 篤、佐川俊世、滝川 一、坂本哲也

大学附属病院全診療部門支援型ERにおける急性腹症:性差からみた検討

2013年 | 帝京医学雑誌 36 3 93-99 

学術論文

田中 篤

座談会「C型肝炎の抗ウイルス療法:日本肝臓学会の治療ガイドラインをめぐって」 

2013年 | 肝臓 54 10 662-675 

学術論文

Tanaka A.

Acute presentation of AIH – how to find and manage still remains unsolved.

2013年 | Hepatol Res 43 577-579 

学術論文

Tanaka, A

Editors of the Drafting Committee for Hepatitis Management Guidelines: The Japan Society of Hepatology. Guidelines for the Management of Hepatitis C Virus Infection: First edition, May 2012, The Japan Society of Hepatology.

2013年 | Hepatol Res 43 1-34 

学術論文

Tanaka, A, Takikawa H.

Geoepidemiology of primary sclerosing cholangitis: A critical review.

2013年 | J Autoimmunity 46 35-40 

学術論文

田中 篤

AIPを伴わないIgG4関連硬化性胆管炎の臨床像

2013年 | 肝胆膵 67 3 355-362 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎の予後

2013年 | 肝胆膵 66 3 463-469 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドライン(2012

2013年 | Medical Practice 30 2 204-209 

学術論文

田中 篤

初めての「B型肝炎治療ガイドライン

2013年 | 日本薬剤師会雑誌 65 11 1311-1315 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドライン解説

2013年 | Pharma Medica 31 12 15-20 

学術論文

田中 篤

VII. 肝障害

2013年 | アレルギー・免疫 20 12 72-76 

学術論文

田中 篤、滝川 一

日本肝臓学会によるC型肝炎の治療ガイドライン

2013年 | Modern Physician 33 4 426-430 

学術論文

田中 篤

学会だより-第49回日本肝臓学会総会

2013年 | 臨床消化器内科 28 9 1316 

学術論文

深水雅子、三浦 亮、三浦幸太郎、三神昌樹、立澤直子、相磯光彦、山本貴嗣、高森頼雪、石井太郎、田中 篤、滝川 一

良性反復性肝内胆汁うっ滞の遷延する黄疸に対し内視鏡的経鼻胆管ドレナージが著効した1例

2012年 | 胆道 26 2 224-230 

学術論文

松澤真由美、島津千里、塙 直子、田中 篤、野木岐実子、奥藤由紀子、遠山麻奈美、古川泰司、川杉和夫、宮澤幸久

肝疾患におけるヒト遺伝子組換え組織因子PT試薬のINR表記の評価

2012年 | 日本検査血液学会雑誌 13 1 24-32 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会 「C型肝炎治療ガイドライン(第1版)」

2012年 |  肝臓 53 6 355-395 

学術論文

田中 篤

日本肝臓学会・C型肝炎治療ガイドライン

2012年 | 帝京医学雑誌 35 4 207-212 

学術論文

田中 篤

厚生労働省難治性疾患克服研究事業「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班 「原発性胆汁性肝硬変(PBC)の診療ガイドライン(2012年)

2012年 | 肝臓 53 10 633-686 

学術論文

Mizuochi T, Kimura A, Tanaka A, Muto A, Nittono H, Seki Y, Takahashi T, Kurosawa T, Kage M, Takikawa H, Matsuishi T.

Characterization of urinary bile acids in a pediatric BRIC-1 patient: Effect of rifampicin treatment.

2012年 | Clinica Chimica Acta 413 1301-1314 

学術論文

Ueda T, Tsuchiya K, Hashimoto S, Inoue T, Enomoto N, Inao M, Tanaka A, Kaito M, Imazeki F, Nishiguchi S, Mochida S, Yokosuka O, Yatsuhashi H, Izumi N, Kudo M

RETRY Study Group. Retreatment with peginterferon α-2a + ribavirin in patients who failed previous peginterferon α-2b + ribavirin combination therapy.

2012年 | Dig Dis 30 554-560 

学術論文

Nakamura M, Nishida N, Kawashima M, Aiba Y, Tanaka A, Yasunami M, Nakamura H, Komori A, Nakamuta M, Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Onji O, Kaneko K, Honda M, Yamagiwa S, Nakao K, Ichida T, Takikawa H, Seike M, Umemura T, Ueno Y, Sakisaka

Genome-wide Association Study Identifies TNFSF15 and POU2AF1 as Susceptibility Loci for Primary Biliary Cirrhosis in the Japanese Population.

2012年 | Am J Hum Genet 91 721-728 

学術論文

田中 篤、滝川 一

日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドラインについて

2012年 | 臨床消化器内科 27 11 1423-1430 

学術論文

田中 篤、滝川 一

PSCの診断基準

2012年 | 胆と膵 33 6 469-473 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎 -移植以外に何ができるか?-

2012年 | 肝胆膵 64 3 343-348 

学術論文

田中 篤、滝川 一 

全国アンケート調査に基づく原発性硬化性胆管炎と胆道癌との関連

2012年 | 肝胆膵 64 4 467-472 

学術論文

田中 篤、滝川 一

我が国における原発性硬化性胆管炎の実態に関する最新の知見

2012年 | 最新医学 67 8 1827-1833 

学術論文

Miura R, Tanaka A, Takikawa H.

Urinary bile acid sulfate levels in patients with primary biliary cirrhosis.

2011年 | Hepatol Res 41 358-363 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性肝硬変とのオーバーラップ

2011年 | 日本消化器病学会誌 108 1 1645-1651 

学術論文

Tanaka A, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Shibuya A, Bianchi I, Podda M, Invernizzi P, and Takikawa H.

Genetic association of FCRL3 polymorphisms with susceptibility to primary biliary cirrhosis; ethnic comparative study in Japanese and Italian patients.

2011年 | Tissue Antigens 77 239-243 

学術論文

Fukami M, Tanaka A, Takikawa H.

Effect of penicillin G on the biliary excretion of cholephilic compounds in rats.

2011年 | J Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences 18 5 684-688 

学術論文

Tanaka A, Invernizzi P, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Kosoy R, Seldin MF, Gershwin ME, Takikawa H.

Replicated association of 17q12-21 with susceptibility of primary biliary cirrhosis in a Japanese cohort.

2011年 | Tissue Antigens 78 65-68 

学術論文

Tanaka A, Harada K, Ebinuma H, Komori A, Yokokawa J, Yoshizawa K, Abe M, Miyake Y, Kikuchi K, Ohira H, Zeniya M, Yamamoto K, Ishibashi H, Onji M, Nakanuma Y, Tsubouchi H, and Takikawa H.

Primary biliary cirrhosis - autoimmune hepatitis overlap syndrome: a rationale for corticosteroids use based on a nation-wide retrospective study in Japan.

2011年 | Hepatol Res 41 877-886 

学術論文

田中 篤

オーバーラップ症候群、あるいはオーバーラップ型PBC(同時性)PBC

2011年 | 肝胆膵 62 4 699-706 

学術論文

田中 篤、滝川 一

PSCおよびIgG4関連硬化性胆管炎の疫学

2011年 | 肝胆膵 62 4 763-768 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性肝硬変 - 成因

2011年 | 臨床消化器内科 26 11 1509-1516 

学術論文

田中 篤

肝と免疫-基礎から臨床へ

2011年 | 消化器と免疫 48 143-144 

学術論文

田中 篤、滝川 一

自己免疫性肝疾患における性差医療

2011年 | 成人病と生活習慣病 41 12 1443-1446 

学術論文

三浦 亮、田中 篤、深水雅子、高森頼雪、宮川 浩、廣原淳子、仲野俊成、中沼安二、坪内博仁、滝川 一

原発性胆汁性肝硬変が疑われる症例における抗ミトコンドリア抗体測定 ~IFとM2のどちらを用いるべきか~

2010年 | 肝臓 51 9 531-533 

学術論文

Montali L, Tanaka A, Riva P, Takahashi H, Cocchi C, Ueno Y, Miglioretti M, Takikawa H, Vecchio L, Frigerio A, Bianchi I, Jorgensen R, Lindor KD, Podda M, Invernizzi P, and the Italian-Japanese PBC Study Group.

A short version of a HRQoL questionnaire for Italian and Japanese patients with PBC. A novel health related quality of life questionnaire (PBC-27) for Italian and Japanese patients with primary biliary cirrhosis.

2010年 | Dig Liver Dis 42 718-723 

学術論文

Hanawa N, Tanaka A, Fukami M, Miura R, Goto H, Tashiro H, Aiso M, Takamori Y, Fujita Y, Sato T, Kawaguchi H, Kobayashi M, and Takikawa H.

Autoimmune neutropenia due to antineutrophil autoantibodies in a patient with primary sclerosing cholangitis; case report.

2010年 | Clin J Gastroenterol 3 149-154 

学術論文

Goto H, Tanaka A, Kondo F, Takeshita K, Nagashima I, Hanawa N, Aiso M, Takamori Y, Kato K, Takahashi Y, Fukushima J, Furui S, Fukusato T, Asano T, Takikawa H.

Carcinosarcoma of the liver.

2010年 | Int Med 49 2577-2582 

学術論文

田中 篤、滝川 一

全国調査からみた原発性硬化性胆管炎の病態

2010年 | 胆と膵 31 8 727-731 

学術論文

田中 篤

化膿性胆管炎に対する抗菌療法

2010年 | 肝胆膵 61 6 1252-1257 

学術論文

田中 篤

海外の原発性胆汁性肝硬変のガイドラインを解釈する

2010年 | 肝胆膵 60 2 265-270 

学術論文

田中 篤、高橋宏樹、根津佐江子、上野義之、菊池健太郎、渋谷明隆、大平弘正、銭谷幹男、Lorenzo Montali、Pietro Invernizzi、滝川 一

日本人PBC患者におけるFisk Fatigue Severity Score(FFSS)日本語版の妥当性の検証

2009年 | 肝臓 50 2 51-59 

学術論文

Tanaka A, Nezu S, Uegaki S, Kikuchi K, Shibuya S, Miyakawa H, Takahashi S, Bianchi I, Zermiani P, Podda M, Ohira H, Invernizzi P, Takikawa H.

Vitamin D Receptor Polymorphisms are Associated with Increased Susceptibility to Primary Biliary Cirrhosis in Both Japanese and Italian populations.

2009年 | J Hepatol 50 1202-1209 

学術論文

Negoro N, Tanaka A, Takikawa H.

Urinary bile acid sulfate levels in patients with hepatitis C virus-related chronic liver diseases.

2009年 | Hepatol Res 39 760-765 

学術論文

田中 篤

高齢者の自己免疫性肝炎

2009年 | 肝胆膵 59 1 59-65 

学術論文

相磯光彦、深水雅子、三浦 亮、後藤英晃、根來真一郎、森澤嘉彦、三神昌樹、塙 直子、田中 篤、滝川 一

帝京大学医学部付属病院内科における最近10年間の薬物性肝障害症例の検討

2008年 | 帝京医学雑誌 31 5 229-234 

学術論文

森澤嘉彦、田中 篤、三浦 亮、深水雅子、後藤英晃、根來真一郎、塙 直子、相磯光彦、久山 泰、滝川 一

帝京大学医学部付属病院における肝硬変の成因別実態

2008年 | 帝京医学雑誌 31 5 235-240 

学術論文

Uegaki S, Tanaka A, Mori Y, Kodama H, Fukusato T, Takikawa H.

Successful treatment with colestimide for the bout of cholestasis in a Japanese patient with benign recurrent intrahepatic cholestasis caused by ATP8B1 mutation.

2008年 | Int Med 47 599-602 

学術論文

Tanaka A, Takamori Y, Toda G, Ohnishi S, Takikawa H.

The outcome and prognostic factors of 391 Japanese patients with primary sclerosing cholangitis.

2008年 | Liver Int. 28 7 983-989 

学術論文

Tsukamoto M, Tanaka A, Arai M, Ishii N, Ohta D, Horiki N, Fujita Y.

Hepatocellular injuries observed in patients with eating disorder prior to nutritional treatment.

2008年 | Int Med 47 16 1447-1450 

学術論文

田中 篤、根津佐江子、上垣佐登子、菊池健太郎、宮川浩、渋谷明隆、大平弘正、高橋信一、滝川一

Vitamin D receptor遺伝子多型とPBCの疾患感受性・進行度との関連

2008年 | 診療と新薬 45 1 37-39 

学術論文

Tanaka A, Nezu S, Uegaki S, Mikami M, Okuyama S, Kawamura N, Aiso M, Gershwin ME, Takahashi S, Selmi C, Takikawa H.

The clinical significance of IgA antimitochondrial antibodies in sera and saliva in primary biliary cirrhosis.

2007年 | Ann NY Acad Sci 1107 259-270 

学術論文

田中 篤

原発性硬化性胆管炎(PSC)死亡例の検討

2007年 | 消化器科 45 5 542-547 

学術論文

井坂太洋、高田忠敬、長島郁雄、天野穂高、吉田雅博、三浦文彦、豊田真之、和田慶太、加藤賢一郎、田村尚之、三神昌樹、上垣佐登子、田中 篤、滝川 一、福島純一、福里利夫、志賀淳治 

肝内異所性にHCCとCCCを同時発生した1例

2007年 | Liver Cancer 12 2 154-462 

学術論文

上垣佐登子、三神昌樹、森澤嘉彦、根来真一郎、後藤英晃、深水雅子、三浦 亮、塙 直子、相磯光彦、田中 篤、滝川 一

C型慢性肝炎患者に対するウルソデオキシコール酸の1日投与回数の検討

2007年 | 肝臓 48 11 559-561 

学術論文

森澤嘉彦、田中 篤、三浦 亮、深水雅子、後藤英晃、根來真一郎、三神昌樹、塙 直子、相磯光彦、福里利夫、滝川 一

外痔核に対する外用薬により薬物性肝障害を惹起した1例

2007年 |  肝臓 49 8 362-367 

学術論文

Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Yoshida M, Mayumi T, Sekimoto M, Miura F, Wada K, Hirota M, Yamashita Y, Nagino M, Tsuyuguchi T, Tanaka A, Kimura Y, Yasuda H, Hirata K, Pitt H, Strasberg S, Gadacz T, Bornman P, Gouma D, Belli G, Liau K.

Background: Tokyo Guidelines for the management of acute cholangitis and cholecystitis.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 1-10 

学術論文

Kimura Y, Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Hirata K, Sekimoto M, Yoshida M, Mayumi T, Wada K, Miura F, Yasuda H, Yamashita Y, Nagino M, Hirota M, Tanaka A, Tsuyuguchi T, Strasberg S, Gadacz T.

Definitions, pathophysiology, and epidemiology of acute cholangitis and cholecystitis: Tokyo Guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 15-26 

学術論文

Tsuyuguchi T, Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Wada K, Nagino M, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Tanaka A, Yamashita Y, Hirota M, Hirata K, Yasuda H, Kimura Y, Strasberg S, Pitt H, Buchler M, Neuhaus H, Belghiti J, de Santibanes E, Fan S, Liau K, Sachak

Techniques of biliary drainage for acute cholangitis: Tokyo Guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 35-45 

学術論文

Tsuyuguchi T, Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Wada K, Nagino M, Mayumi T, Yoshida M, Miura F, Tanaka A, Yamashita Y, Hirota M, Hirata K, Yasuda H, Kimura Y, Neuhaus H, Strasberg S, Pitt H, Belghiti J, Belli G, Windsor J, Chen M, Kim S, Dervenis C.

Techniques of biliary drainage for acute cholecystitis: Tokyo Guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 46-51 

学術論文

Tanaka A, Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Yoshida M, Miura F, Hirota M, Wada K, Mayumi T, Gomi H, Solomkin J, Strasberg S, Pitt H, Belghiti J, de Santibanes E, Padbury R, Chen M, Belli G, Ker C, Hilvano S, Fan S, Liau K.

Antimicrobial therapy for acute cholangitis: Tokyo Guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 59-67 

学術論文

Yoshida M, Takada T, Kawarada Y, Tanaka A, Nimura Y, Gomi H, Hirota M, Miura F, Wada K, Mayumi T, Solomkin J, Strasberg S, Pitt H, Belghiti J, de Santibanes E, Fan S, Chen M, Belli G, Hilvano S, Kim S, Ker C.

Antimicrobial therapy for acute cholecystitis: Tokyo Guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 83-90 

学術論文

Mayumi T, Takada T, Kawarada Y, Nimura Y, Yoshida M, Sekimoto M, Miura F, Wada K, Hirota M, Yamashita Y, Nagino M, Tsuyuguchi T, Tanaka A, Gomi H, Pitt H.

Results of the Tokyo consensus meeting Tokyo guidelines.

2007年 | J Hepatobiliary Pancreat Surg 14 114-121 

学術論文

Tanaka A, Tsuneyama K, Mikami M, Uegaki S, Aiso M, and Takikawa H.

Gene expression profiling in whole liver of bile duct ligated rats – VEGF-A expression is upregulated in hepatocytes adjacent to the portal tracts - .

2007年 | J Gastroenterol Hepatol 22 11 1993-2000 

学術論文

Kawakami T, Tanaka A, Negoro S, Morisawa M, Mikami M, Hojo M, Yamamoto T, Uegaki S, Aiso M, Kawasaki T, Ishii T, Kuyama Y, Fukusato T, Takikawa H.

Liver injury induced by levothyroxine in a patient with primary hypothyroidism: Case report.

2007年 | Int Med 46 14 1105-1108 

学術論文

Leung PS, Rossaro L, Davis PA, Park O, Tanaka A, Kikuchi K, Miyakawa H, Norman GL, Lee W, Gershwin ME; Acute Liver Failure Study Group.

Antimitochondrial antibodies in acute liver failure: Implications for primary biliary cirrhosis.

2007年 | Hepatology 46 5 1436-1442 

学術論文

Tanaka A, Uegaki S, Kurihara H, Aida K, Mikami M, Nagashima I, Shiga, J, Takikawa H.

Hepatic steatosis as a possible risk factor for the development of hepatocellular carcinoma after eradication of hepatitis C virus with antiviral therapy in patients with chronic hepatitis C.

2007年 | World J Gastroenterol 13 39 5180-5187 

学術論文

Kikuchi K, Tanaka A, Matsushita M, Kitazawa E, Hosoya N, Kawashima Y, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H.

Genetic Polymorphisms of Transforming Growth Factor beta-1 Promoter and Primary Biliary Cirrhosis in Japanese Patients.

2007年 | Ann N Y Acad Sci. 1110 15-22 

学術論文

Tanaka, A.

Genetic background of primary biliary cirrhosis.

2007年 | Hepatol Res 37 S377-S383 

学術論文

田中 篤、滝川 一

原発性硬化性胆管炎の全国二次調査

2007年 | 消化器科 44 2 185-190 

学術論文

明石雅博、田中 篤、小森園康二、上垣佐登子、後藤英晃、菅尾利彦、根来真一郎、森澤嘉彦、三神昌樹、高柳もとえ、栗原裕子、笹本貴広、北條誠、高森頼雪、相磯光彦、滝川 一 

原発性胆汁性肝硬変に対する茵陳蒿湯の生化学的改善効果の検討

2007年 | 診療と新薬 44 2 144-147 

学術論文

滝川 一、田中 篤

原発性硬化性胆管炎(PSC) 全国調査から

2007年 | 肝胆膵 54 2 179-183 

学術論文

田中 篤、滝川 一

原発性硬化性胆管炎からの胆管癌

2007年 | 臨床消化器内科 22 7 990-996 

学術論文

田中 篤、滝川 一

胆道感染症 

2007年 | 臨床と研究 81 10 46-51 

学術論文

笹本貴広、田中 篤、石井太郎、上垣佐登子、山本貴嗣、相磯光彦、高森頼雪、久山 泰、滝川 一

C型肝硬変に合併したDiffuse antral vascular ectasia(DAVE)からの出血に対するアルゴンプラズマ凝固法治療の経験

2006年 | Gastroenterol Endosc 48 5 1139-1143 

学術論文

古村菜穂子、黒田雅顕、宮澤幸久、高柳もとえ、田中 篤、滝川一

アンプリコアモニター法による高濃度域HCV RNA測定の有用性とHCVコア抗原との比較

2006年 | 日本臨床検査自動化学会会誌 30 5 748-754 

学術論文

田中 篤、森澤嘉彦、三神昌樹、山本貴嗣、上垣佐登子、高森頼雪、石井太郎、久山泰、福里利夫、志賀淳治、滝川一

Von Recklinghausen病に合併した肝原発somatostatinomaの一例

2006年 | Liver Cancer 12 1 37-42 

学術論文

田中 篤

自己免疫性肝炎の治療指針 -エビデンスの構築へ向けて-

2006年 | 肝臓 47 5 233-239 

学術論文

菊地健太郎、河井敏宏、又木紀和、細谷直美、栢木真太郎、江副 純、柿坂 仁、笹本瑠美子、後藤利博、渡邊雅史、中野健太郎、高井敦子、新井淳也、北澤絵里子、川上高幸、永尾重昭、三浦総一郎、田中 篤、宮川 浩

CD150(SLAM)は自然免疫刺激による単球の活性化マーカーとして有用である

2006年 | 帝京医学雑誌 29 4 239-244 

学術論文

田中 篤

急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドラインにおける抗菌薬使用法

2006年 | 日本外科感染症学会雑誌  3 3 207-213 

学術論文

吉田雅博、高田忠敬、田中 篤、三浦文彦、和田慶太、真弓俊彦、平田公一

問題提起 急性胆管炎、胆嚢炎診療ガイドライン作成で論議された抗菌薬治療のKey points

2006年 | 日本外科感染症学会雑誌  3 3 199-205 

学術論文

Nezu S, Tanaka A, Yasui H, Imamura M, Nakajima H, Ishida H, Takahashi S.

The presence of anti-mitochondrial antibodies in patients with autoimmune hepatitis.

2006年 | J Gastroenterol Hepatol 21 1448-1454 

学術論文

Akashi M, Tanaka A, Takikawa H.

Effect of cyclosporin A on the biliary excretion of cholephilic compounds in rats.

2006年 | Hepatol Res 34 193-198 

学術論文

Morisawa Y, Tanaka A, Yamamoto T, Uegaki S, Takamori Y, Ishii T, Kuyama Y, Fukusato T, Shiga J,, Takikawa H.

Primary hepatic somatostatinoma developed in a patient with von Reckringhausen disease.

2006年 | J Gastroenterol 41 388-390 

学術論文

Lan RY, Cheng C, Lian Z-X, Tsuneyama K, Yang G-X, Moritoki Y, Chuang Y-H, Nakamura T, Saito S, Shimoda S, Tanaka A, Bowlus CL, Takano Y, Ansari AA, Coppel RL, Gershwin ME.

Liver targeted and peripheral blood alterations of regulatory T cells in PBC.

2006年 | Hepatology 43 729-737 

学術論文

Sakada M, Tanaka A, Ohta D, Takayanagi M, Kodama T, Suzuki K, Inoue K, Fujita Y, Maruyama M.

Severe steatosis resulted from anorexia nervosa leading to fatal hepatic failure: a case report.

2006年 | J Gastroenterol 41 714-715 

学術論文

Sistayanarain A, Tsuneyama K, Zheng H, Takahashi H, Nomoto K, Cheng C, Murai Y, Tanaka A, Takano Y.

Expression of Aurora-B Kinase and Phosphorylated Histone H3 in Hepatocellular Carcinoma.

2006年 | Anticancer Res 26 5A 3585-3593 

学術論文

Miyakawa H, Tanaka A, Selmi C, Hosoya N, Mataki N, Kikuchi K, Kato T, Arai J, Goto T, Gershwin ME.

Serum reactivity against bacterial pyruvate dehydrogenase: Increasing the specificity of anti-mitochondrial antibodies for the diagnosis of primary biliary cirrhosis.

2006年 | Clin Dev Immunol 13 289-294 

学術論文

大崎由佳子、田中 篤、三神昌樹、明石雅博、高柳もとえ、笹本貴広、栗原裕子、上垣佐登子、相磯光彦、高森頼雪、白藤尚毅、滝川 一

悪性リンパ腫が疑われAMA陽性であった一例

2006年 |  診療と新薬 43 2 9-11 

学術論文

田中 篤

AMA in non-PBC : 当番幹事によるまとめ

2006年 | 診療と新薬 43 2 21-22 

学術論文

栗原裕子、田中 篤、滝川 一、會田 浄、福里利夫、志賀淳治、長島郁雄

IFN治療著効後長期経過例における発癌 -どのような症例が危険か-

2006年 | 消化器科 42 3 306-310 

学術論文

田中 篤、栗原裕子、高柳もとえ、笹本貴広、三神昌樹、明石雅博、上垣佐登子、相磯光彦、高森頼雪、滝川一、長島郁雄、會田浄、志賀淳治 

C型慢性肝炎に対するIFN治療著効後長期経過例における発癌 -どのような症例に注意すべきか?-

2006年 | 板橋区医師会医学会誌 10 152-153 

学術論文

田中 篤、滝川 一

無症候性胆石の対応手順

2006年 | 肝胆膵 52 5 679-683 

学術論文

田中 篤

医学のあゆみ、別冊消化器疾患 Ver.3

2006年 | 妊娠と肝障害 559-561 

学術論文

三神昌樹、明石雅博、森澤嘉彦、根來真一郎、後藤英晃、菅尾利彦、上垣佐登子、相磯光彦、高森頼雪、佐野直代、田中 篤、滝川 一

BSPおよびエリスロマイシンの胆汁中排泄に及ぼすペニシリンGの影響

2006年 | 薬理と治療 34 Suppl 2 127-128 

学術論文

田中 篤

原発性胆汁性胆管炎 -残された課題

| 肝臓クリニカルアップデート 4 1 25-30 

著書

田中 篤、滝川 一

Annual review 消化器 2011

2011年 | 中外医学社 自己免疫性肝疾患における最近の進歩 

著書

田中 篤

今日の治療指針 2008

2008年 | 医学書院 原発性硬化性胆管炎 

著書(共著)

田中 篤

今日の治療指針.

2014年 | 医学書院 原発性硬化性胆管炎 

著書(共著)

田中 篤

Annual review 消化器 2014

2014年 | 中外医学社 自己免疫性肝炎・PBC 

著書(共著)

田中 篤

消化器薬物療法STEP1・2・3

2013年 | MEDICAL VIEW 薬物性肝障害 

著書(共著)

田中 篤

今日の治療指針

2013年 | 医学書院 薬物性肝障害 

著書(共著)

田中 篤

YEAR NOTE TOPICS 2013-2014

2013年 | MEDIC MEDIA B型慢性肝炎,C型慢性肝炎,急性肝不全(劇症肝炎) 

著書(共著)

田中 篤、滝川 一 

Annual review 消化器 2013

2013年 | 中外医学社 自己免疫性肝炎・PBC 

著書(共著)

田中 篤、滝川 一

Annual review 消化器 2012

2012年 | 中外医学社 原発性硬化性胆管炎の病態と治療 

著書(共著)

田中 篤、滝川 一

そこが知りたいC型肝炎のベスト治療 -インターフェロンを中心に-

2009年 | 医学書院 症例で学ぶC型肝炎のIFN治療:肥満者 

著書(共著)

田中 篤

消化器疾患最新の治療 2009-2010

2009年 | 南江堂 原発性胆汁性肝硬変と原発性硬化性胆管炎 

著書(共著)

田中 篤

現場の疑問に答える 肝臓病診療Q&A

2009年 | 中外医学社 原発性胆汁性肝硬変の薬物療法はUDCAだけでよいのか? 

著書(共著)

田中 篤、滝川 一

Annual review 消化器 2008

2008年 | 中外医学社 Primary biliary cirrhosis (PBC) 

著書(共著)

田中 篤、滝川 一

必携 女性の医療学 -外来で役立つ実践ガイド- 

2007年 | 永井書店 原発性硬化性胆管炎 

その他

田中 篤

IgG4-Related Sclerosing Cholangitis.

2018年 | Springer IgG4-Related Sclerosing Cholangitis: Epidemiology. 

その他

Tanaka A, Leung PSC, Gershwin ME.

Primary Biliary Cholangitis.

2018年 | Elsevier The Genetics and Epigenetics of Primary Biliary Cholangitis. 

その他

田中 篤

肝疾患治療マニュアル

2017年 | 南江堂 肝疾患治療の実践 ~ガイドラインの一歩先へ~ 原発性胆汁性胆管炎 

その他

Tanaka A.

Bile Acids in Gastroenterology

2017年 | Springer Bile Acids and Cholestatic Liver Disease 1: Primary Biliary Cholangitis (PBC). 

その他

Tanaka A.

Autoimmune Liver Diseases.

2014年 | Springer Diagnosis and UDCA treatment of primary biliary cirrhosis. 

その他

田中 篤

内科研修の素朴な疑問に答えます

2009年 |  メディカル・サイエンス・インターナショナル 急性肝炎患者に安静臥床は必要か  

その他

田中 篤

薬剤師のための感染制御マニュアル 第4版.

| ウイルス性肝炎