帝京大学
小林 茂俊

小林 茂俊 教授

Kobayashi Shigetoshi

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 小児科学講座

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

1996年

東京大学医学部附属病院助手 〜1997年

所属学会

日本小児科学会

日本アレルギー学会

日本小児アレルギー学会

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会

日本小児感染症学会

日本小児リウマチ学会

日本臨床免疫学会

日本癌学会

専門分野

内科系臨床医学 小児科学

研究テーマ

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、睡眠、癌抑制遺伝子、急性リンパ性白血病、P53遺伝子、T cell leukemia、T細胞型造血器腫瘍、T細胞性白血病、Tal-1、微少残存病変、TAL1遺伝子、神経芽腫、白血病、マイクロサテライト、固形腫瘍、PCR-SSCP、癌遺伝子

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

小山 隆之, 吾妻 大輔, 天方 かおり, 笠神 崇平, 小林 茂俊, 柳川 幸重, 菊地 陽

発病初期に呼吸障害が急速に進行したインフルエンザ(H1N1)2009ウイルス感染児の3例

2012年10月 | 小児科臨床 65 10 2183-2190 

学術論文

小林 茂俊

三「み」一体のアトピー性皮膚炎治療 小児アトピー性皮膚炎と睡眠障害

2012年10月 | 皮膚の科学 11 Suppl.18 21-25 

学術論文

狩野 博嗣, 村田 敬寛, 西村 鉄也, 幸田 恭子, 渡辺 博, 小林 茂俊

JPAC(Japanese Pediatric Asthma Control Program)を使用した気管支喘息の実態調査

2011年04月 | アレルギー 60 3-4 494 

学術論文

小林 茂俊

【アレルギー疾患と睡眠障害】 臨床医学からのアプローチ 小児アトピー性皮膚炎と睡眠障害

2011年01月 | アレルギー・免疫 18 2 236-243 

学術論文

小林 茂俊, 林 啓一, 小山 哲, 椿 英晴, 板野 稔子, 百村 芽衣, 小山 隆之, 柳川 幸重

アクティグラフィーによる小児アトピー性皮膚炎患者の睡眠の評価

2010年06月 | アレルギー 59 6 706-715 

学術論文

Kobayashi S, Hayashi K, Koyama S, Tsubaki H, Itano T, Momomura M, Koyama T, Yanagawa Y

[Actigraphy for the assessment of sleep quality in pediatric atopic dermatitis patients].

2010年06月 | 6 Arerugi = [Allergy] 59 706-715 

学術論文

増田 敬, 白川 清吾, 横内 裕桂子, 宮城 慎平, 澤田 雅子, 小野 正恵, 橋本 伸子, 細部 千春, 増田 理枝子, 辻 祐一郎, 森 蘭子, 狩野 博嗣, 小林 茂俊, 橋本 光司, 竹内 透, 小児アレルギーAGORA

独自追補版Japanese Pediatric Asthma Control Program(AGORA版JPAC)を用いた小児喘息のコントロール評価

2010年04月 | アレルギー 59 3-4 405 

学術論文

谷河 純平, 高増 哲也, 伊藤 直香, 犬尾 千聡, 栗原 和幸, 林 啓一, 小林 茂俊

入院加療前後の症状を多角的に評価した重症アトピー性皮膚炎の1例

2009年08月 | アレルギーの臨床 29 8 733-734 

学術論文

川越 信, 萩原 教文, 鈴木 晴郎, 舟木 尚美, 小林 茂俊, 星 順, 脇田 傑, 柳川 幸重

持続性心室頻拍に対してβ遮断薬が有効であった2症例

2008年12月 | 日本小児臨床薬理学会雑誌 21 1 143-146 

学術論文

疋田 敏之, 藤井 靖史, 仲本 なつ恵, 荻田 佳織, 志賀 勝秋, 小林 茂俊, 横山 宏和, 狩野 博嗣, 高見沢 勝, 柳川 幸重

インフルエンザ脳症に対するステロイドパルス療法の検討

2008年11月 | 小児科臨床 61 11 2243-2249 

学術論文

小林 茂俊

【喫煙による子どもの健康被害】 子どもの呼吸器へのタバコによる健康被害

2008年03月 | 小児科臨床 61 3 355-360 

学術論文

Kobayashi S, Kodama H, Inuzuka R, Mori Y, Yanagawa Y

Combination treatment with penicillamine and trientine in a patient with Wilson's disease.

2005年10月 | 5 Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 47 589-591 

学術論文

疋田 敏之, 久津間 弘和, 大坂 祐子, 仲本 なつ恵, 金子 衣野, 藤井 靖史, 藤田 靖子, 小林 茂俊, 服部 拓哉, 大場 洋, 柳川 幸重

多発性頭蓋内出血をきたした特発性血小板減少性紫斑病の1例

2005年07月 | 日本小児放射線学会雑誌 21 2 108-112 

学術論文

十字 文子, 小林 茂俊, 伊東 繁, 菅原 由人, 狩野 博嗣, 安枝 浩, 岩田 力

アトピー性皮膚炎におけるスギ減感作療法

2003年11月 | アレルギー 52 11 1081-1088 

学術論文

Juji F, Kobayashi S, Ito S, Sugawara N, Kano H, Yasueda H, Iwata T

[Immunotherapy by Japanese cedarpollen in atpic dermatitis].

2003年11月 | 11 Arerugi = [Allergy] 52 1081-1088 

学術論文

犬塚 亮, 小林 茂俊, 森 庸祐, 児玉 浩子, 柳川 幸重, 加治 正行, 中里 豊, 菅原 寧彦, 幕内 雅敏, 元井 亨

ペニシラミン・トリエンチン併用療法が有効であったWilson病の1例 生体肝移植のタイミングは?

2003年01月 | Minophagen Medical Review 48 1 30-31 

学術論文

尾関 哲也, 小林 茂俊

サルブタモール持続吸入法による喘息重症発作の治療例

2002年12月 | アレルギーの臨床 22 13 1048-1052 

学術論文

磯島 豪, 小林 茂俊, 中山 豊明, 新實 了, 萩原 教文, 脇田 傑, 柳川 幸重, 田島 剛

β-lactamase negative ampicillin resistant(BLNAR)H.influenzae type bによる心外膜炎の1症例

2002年04月 | 小児感染免疫 14 1 60-61 

学術論文

Kobayashi S, Yoshida K, Ward JM, Letterio JJ, Longenecker G, Yaswen L, Mittleman B, Mozes E, Roberts AB, Karlsson S, Kulkarni AB

Beta 2-microglobulin-deficient background ameliorates lethal phenotype of the TGF-beta 1 null mouse.

1999年10月 | 7 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 163 4013-4019 

学術論文

Kobayashi S, Satomura K, Levsky JM, Sreenath T, Wistow GJ, Semba I, Shum L, Slavkin HC, Kulkarni AB

Expression pattern of macrophage migration inhibitory factor during embryogenesis.

1999年06月 | 1-2 Mechanisms of development 84 153-156 

学術論文

Kobayashi S, Yoshida K, Ohshima T, Esumi N, Paralkar VM, Wistow GJ, Kulkarni AB

DNA sequence motifs are associated with aberrant homologous recombination in the mouse macrophage migration inhibitory factor (Mif) locus.

1998年07月 | 1 Gene 215 85-92 

学術論文

菊地 陽, 小林 茂俊, 花田 良二, 他

T細胞性腫瘍におけるTAL1遺伝子の解析

1998年04月 | 臨床血液 39 4 259-266 

学術論文

Hashimoto S, Tsukada S, Matsushita M, Miyawaki T, Niida Y, Yachie A, Kobayashi S, Iwata T, Hayakawa H, Matsuoka H, Tsuge I, Yamadori T, Kunikata T, Arai S, Yoshizaki K, Taniguchi N, Kishimoto T

Identification of Bruton's tyrosine kinase (Btk) gene mutations and characterization of the derived proteins in 35 X-linked agammaglobulinemia families: a nationwide study of Btk deficiency in Japan.

1996年07月 | 2 Blood 88 561-573 

学術論文

Kobayashi S, Iwata T, Saito M, Iwasaki R, Matsumoto H, Naritaka S, Kono Y, Hayashi Y

Mutations of the Btk gene in 12 unrelated families with X-linked agammaglobulinemia in Japan.

1996年04月 | 4 Human genetics 97 424-430 

学術論文

Ida K, Kobayashi S, Taki T, Hanada R, Bessho F, Yamamori S, Sugimoto T, Ohki M, Hayashi Y

EWS-FLI-1 and EWS-ERG chimeric mRNAs in Ewing's sarcoma and primitive neuroectodermal tumor.

1995年11月 | 4 International journal of cancer. Journal international du cancer 63 500-504 

学術論文

Kawamura M, Kikuchi A, Kobayashi S, Hanada R, Yamamoto K, Horibe K, Shikano T, Ueda K, Hayashi K, Sekiya T

Mutations of the p53 and ras genes in childhood t(1;19)-acute lymphoblastic leukemia.

1995年05月 | 9 Blood 85 2546-2552 

学術論文

井田 孔明, 林 泰秀, 小林 茂俊, 他

t(11;22)の切断点近傍遺伝子を用いたRT-PCR法によるEwing肉腫およびPNETの診断

1994年07月 | 小児がん 31 1 45-48 

学術論文

林 泰秀, 菊地 陽, 小林 茂俊, 他

小児急性リンパ性白血病におけるE2A遺伝子の検討

1994年01月 | 臨床血液 35 1 9-13 

学術論文

Hayashi Y, Kikuchi A, Kobayashi S, Shikano T, Hanada R, Yamamoto K, Sotomatsu M, Ishimoto K, Sako M, Yamamori S

[A study of E2A gene in childhood acute lymphoblastic leukemia].

1994年01月 | 1 [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology 35 9-13 

学術論文

遠藤 彰, 井上 紀子, 小林 茂俊, 他

MRI上中心橋髄鞘崩壊所見と視神経炎を合併した慢性肉芽腫症の1男児例

1993年12月 | 日本小児科学会雑誌 97 12 2501-2506 

学術論文

林 泰秀, 小林 茂俊, 小室 広昭, 他

Tyrosine hydroxylase mRNAとt(11;22)-キメラmRNAを用いた神経芽腫とEwing肉腫の遺伝子診断

1993年10月 | 小児がん 30 2 337-340 

学術論文

小林 茂俊, 林 泰秀, 花田 良二, 他

mRNA検出による小児悪性腫瘍におけるtyrosine hydroxylase発現の検討

1993年06月 | 医学のあゆみ 165 13 911-912 

学術論文

小林 茂俊, 他

心因性喘息に対するアプローチ 臨床心理士の協力による心理療法の経験から

1992年12月 | 日本小児アレルギー学会誌 6 4 188-189 

学術論文

賀藤 均, カールK.H. チェー, 小林 茂俊, 他

水痘に関節炎および一過性高アルカリフォスファターゼ血症を合併した症例

1992年02月 | 小児科臨床 45 2 265-268 

学術論文

小林 茂俊, 山中 竜宏, 槙田 隆二, 他

テオフィリン製剤服用中に高尿酸血症をきたした1例

1991年09月 | 小児科臨床 44 9 2535-2538 

学術論文

小林 茂俊, 榊原 洋一, 山中 竜宏, 他

先天性心疾患,口唇口蓋裂を合併し麻酔時に悪性過高熱様の症状を呈した2症例

1991年03月 | 小児科診療 54 3 545-548 

その他

小林 茂俊

【気管支喘息-診断と治療の実際と課題】 ピンポイント小児医療 長期管理 重症間欠型の治療

2014年05月 | 小児内科 46 5 619-622 

その他

小林 茂俊

【子どもの気管支喘息 ガイドラインと薬剤を使いこなすプロの診療センス】 気管支喘息の増悪因子 気管支喘息と喫煙

2014年04月 | 小児科学レクチャー 4 2 287-293 

その他

小山 隆之, 小林 茂俊

【子どもの気管支喘息 ガイドラインと薬剤を使いこなすプロの診療センス】 気管支喘息の長期管理 長期管理薬に対する疑問

2014年04月 | 小児科学レクチャー 4 2 377-381 

その他

小林 茂俊

【難治性アレルギー性疾患】 食物アレルギーとアナフィラキシー

2013年12月 | アレルギーの臨床 33 13 1200-1204 

その他

小林 茂俊

【予防接種Q&A】 インフルエンザ 卵アレルギー 血液検査で卵アレルギーと診断されていますが、インフルエンザワクチンの接種は可能でしょうか

2013年11月 | 小児内科 45 増刊 546-547 

その他

小林 茂俊

知っていますか?アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの正しい知識

2013年04月 | 杏林医学会雑誌 44 1 25-26 

その他

小林 茂俊

【アレルギー疾患の新常識-増え続ける疾患に、あなたはどう立ち向かいますか?-】 アレルギーのトピック 睡眠とアレルギー

2012年11月 | 治療 94 11 1853-1858 

その他

小林 茂俊

【小児疾患の診断治療基準(第4版)】 (第1部)症候 咳嗽、喘鳴、嗄声

2012年11月 | 小児内科 44 増刊 32-33 

その他

小山 哲, 小林 茂俊

先端医学講座 小児アトピー性皮膚炎に対するアクティグラフィーを用いた睡眠の質および睡眠時掻破運動の解析

2012年07月 | アレルギーの臨床 32 7 654-658 

その他

小林 茂俊

【小児のアレルギーQ&A-ガイドラインと日常診療を結ぶ知恵袋-】 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎のかゆみと内服療法

2012年05月 | 小児科学レクチャー 2 3 484-489 

その他

小林 茂俊

【局所ステロイド治療-最新の話題-】 吸入ステロイドの選択と使用法 小児

2011年12月 | アレルギーの臨床 31 13 1148-1153 

その他

小林 茂俊

【症状からアプローチするプライマリケア】 小児の発熱を伴わない発疹

2011年10月 | 日本医師会雑誌 140 特別2 349-355 

その他

小林 茂俊

【ちょっと気になる症候のみかた考えかた2011】 ゼロゼロしやすい(乳児)

2011年10月 | 小児内科 43 10 1659-1662 

その他

小林 茂俊

【必携 小児の薬の使い方】 基本的薬剤の選び方・使い方 その他のアレルギー疾患に用いられる薬剤

2010年10月 | 小児内科 42 増刊 134-138 

その他

増田 敬, 白川 清吾, 横内 裕桂子, 宮城 慎平, 澤田 雅子, 小野 正恵, 橋本 伸子, 細部 千春, 増田 理枝子, 辻 祐一郎, 森 蘭子, 狩野 博嗣, 小林 茂俊, 橋本 光司, 竹内 透

P2-6-5 独自追補版Japanese Pediatric Asthma Control Program (AGORA版JPAC)を用いた小児喘息のコントロール評価(P2-6小児喘息病態・管理,一般演題,第22回日本アレルギー学会春季臨床大会)

2010年04月10日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 59 3  

その他

小林 茂俊

【気管支喘息 疾患の理解と治療】 気管支喘息の診断 気管支喘息における総IgE値、特異IgE値の評価

2009年10月 | 小児内科 41 10 1401-1404 

その他

小林 茂俊

【母と子のアレルギー】 アレルギーとは?

2008年05月 | 母子保健情報 57 4-8 

その他

小林 茂俊

【そこが知りたい小児臨床検査のポイント】 免疫・アレルギー検査 IgEおよび特異IgE抗体

2005年11月 | 小児内科 37 増刊 289-292 

その他

小林 茂俊

演習・小児外来 呼吸困難,頸部・前胸部の膨隆と疼痛を主訴とする15歳女性

2004年08月 | Medicina 41 8 1411-1414 

その他

小林 茂俊

【気管支喘息】 総IgE値と特異IgE抗体価の意味するところ

2004年04月 | 小児内科 36 4 558-561 

その他

小林 茂俊

【知っておきたい「アレルギー」の話】 乳幼児〜乳児期に見られるアレルギー疾患

2004年02月 | 助産雑誌 58 2 102-106 

その他

十字 文子, 小林 茂俊, 伊東 繁, 菅原 由人, 狩野 博嗣, 安枝 浩, 岩田 力

アトピー性皮膚炎におけるスギ減感作療法

2003年11月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 11 1081-1088 

その他

尾関 哲也, 小林 茂俊, 高橋 謙造, 小林 祥子, 中村 元, 高見沢 勝, 岩田 力, 柳川 幸重

サルブタモール持続吸入法の効果,安全性の検討

2003年09月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 52 8  

その他

小林 茂俊

【アトピー性疾患 気管支喘息,アトピー性皮膚炎,食物アレルギー】 食物アレルギーの薬物療法

2003年04月 | 小児内科 35 4 743-745 

その他

小林 茂俊

【小児疾患診療のための病態生理】 免疫・アレルギー疾患 伴性無ガンマグロブリン血症

2002年11月 | 小児内科 34 増刊 1116-1119 

その他

尾関 哲也, 小林 茂俊, 中村 元, 高橋 謙造, 中山 豊明, 高見沢 勝, 岩田 力, 柳川 幸重

58 サルブタモール持続吸入による気管支喘息重症発作の治療

2002年10月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 9  

その他

尾関 哲也, 小林 茂俊, 高橋 謙造, 高見 沢勝, 十字 文子, 岩田 力, 伊東 繁

36 サルブタモール持続吸入法による気管支喘息重症発作の治療

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

十字 文子, 小林 茂俊, 小林 祥子, 金 保侏, 伊東 繁, 菅原 由人, 狩野 博嗣, 岩田 力

147 アナフィラキシー患者におけるDSCGの有用性

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

十字 文子, 安枝 浩, 菅原 由人, 小林 祥子, 金 保侏, 小林 茂俊, 伊東 繁, 狩野 博嗣, 岩田 力

267 アトピー性皮膚炎に於ける杉減感作療法の有用性

2002年03月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 51 2  

その他

高橋 謙造, 小林 茂俊, 金 鐘栄, 池下 久弥, 伊東 繁, 岩田 力

137 鶏卵アレルギー児に対するインフルエンザワクチン皮内テストの安全性の検討

2001年10月01日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 50 9  

その他

十字 文子, 成田 雅美, 渋谷 紀子, 狩野 博嗣, 尾関 哲也, 小林 茂俊, 金 保〓, 伊東 繁, 岩田 力

W156 低アレルゲン米のロイコトリエン産生能への影響

2000年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 49 2  

その他

菊地 陽, 小林 茂俊, 花田 良二, 森脇 浩一, 山本 圭子, 藤本 純一郎, 金子 安比古, 山森 俊治, 本輪 啓志, 北 堅吉, 林 泰秀

T細胞性腫瘍におけるTAL1遺伝子の解析

1998年04月30日 | 日本臨床血液学会 臨床血液 39 4 259-266 

その他

岩田 力, 小林 茂俊

免疫・アレルギー疾患 臨床の進歩 X-linked agammaglobulinemiaの病因

1997年07月 | 小児内科 29 7 941-944 

その他

小林 茂俊, 岩田 力

小児疾患診療のための病態生理 Bruton型無ガンマグロブリン血症

1997年05月 | 小児内科 29 増刊 952-956 

その他

鹿間 芳明, 成高 信一, 小林 茂俊, 渋谷 紀子, 北浦 次郎, 成田 雅美, 伊藤 純子, 三木 裕子, 柳沢 正義, 十字 文子, 田中 弘之

196 食物アレルギーと偽性副甲状腺機能低下症を合併した一乳児例

1997年03月30日 | 一般社団法人日本アレルギー学会 アレルギー 46 2  

その他

岩田 力, 小林 茂俊

X染色体性無γグロブリン血症

1996年04月 | Molecular Medicine 33 臨増 遺伝子病マニュアル 下 204-205