帝京大学

 

岩﨑健久

帝京大学
経済学部
経営学科

岩﨑健久 教授 いわさきたけひさ

Iwasaki Takehisa

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

  

早稲田大学理工学部応用化学科卒業(工学士号取得)

  

筑波大学大学院修士課程経営・政策科学研究科経営・政策科学専攻修了(経済学修士号取得)

  

筑波大学大学院博士課程社会科学研究科法学専攻修了(博士(法学)号取得)
学位:博士(法学)
博士論文の紹介が、”Tax Politics in Japan”のタイトルにて、Polical Communication,14(4),1997,pp513に掲載。

2007年08月

  

~2009年7月 コーネル大学にて客員研究員

2009年10月

  

~現在 日本公認会計士協会租税政策専門部会専門委員

2009年10月

  

~2012年7月 日本公認会計士協会学術賞審査委員会委員

2012年09月

  

~2014年8月 日本簿記学会簿記実務研究部会・部会長 研究テーマ「新会計基準における簿記処理の検討」

2014年08月

  

~2018年7月 日本公認会計士協会租税調査会副委員長

2014年09月

  

~現在 日本公認会計士協会税務業務協議会 租税相談専門委員会委員長

  

資格:公認会計士・税理士

所属学会

日本政治学会

日本税法学会

日本財政学会

日本地方自治研究学会

日本公共政策学会

公共選択学会

日本簿記学会

日本会計研究学会

財務会計研究学会

税務会計研究学会

国際会計研究学会

専門分野
税法・税制論、政策過程論、財務会計・会計監査論
研究テーマ
判例研究、税制の政治、現代日本の会計及び監査システム
所属キャンパス
八王子キャンパス

教育方法・職務上の実績

著書・論文

区分 発行年月、著書・論文名、発行元
単著

『消費税の政治力学』

2013年 | 中央経済社 

単著

『租税法』

2011年 | 税務経理協会 

単著

『税制新論』

1998年 | 木鐸社 

単著

『財政新論』

2000年 | 木鐸社 

単著

『現代財務諸表論』

2002年 | 中央経済社 

単著

『現代会計・財政講義』

2001年 | 中央経済社 

単著

『現代会計監査論』

2003年 | 税務経理協会 

単著

『税法講義』

2004年 | 税務経理協会 

単著

『財務会計概説』

2005年 | 税務経理協会 

単著

『会計監査論』

2010年 | 税務経理協会 

共著

佐々木毅編『政治改革1800日の真実』

1999年 | 講談社 

共著

『レクチャー財務諸表論』

2017年 | 中央経済社 

共著

『設例でわかる財務会計論-有報の記載例に学ぶ会計諸基準の考え方』

2010年 | 中央経済社 

共著

『最新簿記のエッセンス』

2002年 | 中央経済社 

共著

共訳:『民主主義のコスト』

1995年 | 新評論 

共著

『日本の政治』

2003年 | 一藝社 



ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved