帝京大学
斧 康雄

斧 康雄 主任教授

Ono Yasuo

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 基礎医学講座 微生物学講座

医学の進歩は日進月歩で医師という職業は,一生勉強です.しかし,大変やりがいのある仕事です.学生時代は, 幅広く勉強し, 友達を作り, スポーツなどでしっかり体力を作っておきましょう.

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2003年

Department of Microbiology & Immunology, Teikyo University School of Medicine, Professor & Chairman

1999年

Department of Microbiology & Immunology, Teikyo University School of Medicine, Associate Professor 〜2003年

1981年05月

東京大学医科学研究所内科研修医/医員 〜1984年05月

1985年04月

 帝京大学医学部二内科学講座 助手 〜1992年

1992年

 東京大学医科学研究所細菌感染研究部 文部技官 〜1993年

1993年

 米国カンサス大学内科感染症部門 研究員 〜1994年

1994年

 帝京大学医学部第二内科学講座 助手 〜1995年

1995年

 帝京大学医学部 内科学講座 講師 〜1999年

1999年

 帝京大学医学部微生物学講座 助教授 〜2003年

2003年

帝京大学医学部微生物学講座 主任教授

2003年

帝京大学医真菌センター教授(兼担)

2003年

帝京大学附属病院内科外来診療教授(感染症)

【学歴】──────────────────────────────

1981年

徳島大学医学部医学科

【委員歴】──────────────────────────────

2001年

厚生労働省薬事・食品衛生審議会 臨時委員 〜2004年

2000年

厚生労働省中央薬事審議委員会副作用被害救済機構 審査委員 〜2008年

1988年

日本感染症学会 評議員

1989年

日本化学療法学会 評議員

1989年

日本環境感染学会 評議員

1999年

日本細菌学会 評議員

2004年03月

日本感染症医薬品協会(旧名:日本抗生物質学術協議会) 理事

2004年05月

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 専門委員

2012年11月

国民健康保険診療報酬特別委員会 委員

2013年03月

日本感染症学会東日本地方会 理事 〜2017年02月

【受賞】──────────────────────────────

1993年

日本化学療法学会賞(上田泰学術奨励賞)

所属学会

日本救急医学会

日本臨床検査医学会

日本臨床寄生虫学会

日本生体防御学会

日本感染症学会

日本化学療法学会

日本環境感染学会

日本内科学会

日本細菌学会

日本消化器病学会

日本臨床微生物学会

日本真菌学会

日本呼吸器学会

専門分野

基礎医学 免疫学、基礎医学 細菌学(含真菌学)、内科系臨床医学 感染症内科学、内科系臨床医学 内科学一般(含心身医学)、内科系臨床医学 消化器内科学

研究テーマ

易感染宿主、セプシス、自然免疫、TLR、MMP、シグナル伝達、MRSA、マスト細胞、細菌毒素、カンジダ、アスペルギルス、多剤耐性アシネトバクター、緑膿菌、感染免疫、好中球、活性酸素、細胞遊走、院内感染、薬剤耐性、感染症、生体防御、臨床微生物、抗菌薬療法

教育方法・職務上の実績

教育方法

薬剤耐性菌の耐性機構の解析

職務上の実績

好中球細胞外トラップ(NETs)に関する研究
マスト細胞と生体防御
アシネトバクターの耐性機序と病原性に関する研究
薬剤耐性菌の迅速検出法に関する研究
細菌や真菌の菌体成分の免疫系に及ぼす作用
分子生物学的手法を用いた好中球能の機能解析
薬剤耐性菌の耐性機構に関する疫学的,分子生物学的解析
好中球の細胞内シグナル機構の解析
免疫増強物質と免疫抑制物質の食細胞機能に及ぼす影響
好中球の走化能に関する研究
免疫不全患者の感染防御能の解析
薬剤耐性菌の病原性に関する研究
易感染性宿主の食細胞機能に関する研究
抗菌薬の好中球機能に及ぼす効果
全身性炎症反応症候群(SIRS)とセプシスに関する研究
カンジダ属の病原性に関する研究
アスペルギルスの病原性に関する研究
好中球遊走能のコンピュータ画像解析
肝硬変患者の食細胞機能に関する研究
好中球のサイトカイン,ケモカイン遺伝子発現と疾患
好酸球の機能の解析
薬剤耐性菌の疫学調査
ESBL産生菌の薬剤耐性機構の解析
抗真菌薬の薬剤感受性試験に関する研究
ペプチドグルカンのヒト好中球の活性酸素放出能に及ぼす研究
β-glucanのヒト好中球の活性酸素放出能に関する研究
ヘリコバクター・ピロリー感染の疫学調査と活性酸素による胃粘膜細胞障害機序に関する研究
抗菌薬の食細胞機能に及ぼす効果
ペニシリン耐性肺炎球菌の病原性に関する研究
一酸化窒素と活性酸素の相互作用に関する研究
敗血症に対する抗エンドトキシン療法
敗血症性ショックに対する抗TNF療法
HIV感染患者における食細胞機能の検討
各種サイトカイン及びエンドトキシンのヒト好中球活性酸素産生能に及ぼす効果
MRSA感染症に対する治療に関する研究
重症熱傷患者における感染症の補助療法に関する研究
化学発光法の臨床応用
抗菌薬の最小発育阻止濃度以下の効果に関する研究

著書・論文

学術論文

Kakuta N, Nakano R, Nakano A, Suzuki Y, Tanouchi A, Masui T, Horiuchi S, Endo S, Kakuta R, Ono Y, Yano H

A Novel Mismatched PCR-Restriction Fragment Length Polymorphism Assay for Rapid Detection of gyrA and parC Mutations Associated With Fluoroquinolone Resistance in Acinetobacter baumannii.

2020年01月 | Annals of laboratory medicine 40 1 27-32 

学術論文

Kikuchi H, Asako K, Kono H, Asahara M, Tanaka H, Kamosida G, Ueda T, Nagakawa S, Ubagai T, Kazumi Y, Ono Y.

Mycobacterium heckeshornense-induced deep abscess in the gluteus maximus muscle: a case report and review of the literature.

2019年03月 | JJA 72 1 89-95 

学術論文

Nakano R, Nakano A, Abe M, Nagano N, Asahara M, Furukawa T, Ono Y, Yano H, Okamoto R

Prevalence and mechanism of fluoroquinolone resistance in clinical isolates of Proteus mirabilis in Japan.

2019年03月 | Heliyon 5 3 e01291 

学術論文

Nishida, S., Asahara, M., Nemoto, K., Ishigaki, S., Furukawa, T., Sano, K. Ono, Y.

Emergence of Escherichia coli producing OXA-48-like carbapenemase in a patient with percutaneous transhepatic biliary drainage.

2019年 | Infection Prevention in Practice 1 1 100008 

学術論文

Nishida S, Ishigaki S, Asahara M, Furukawa T, Ono Y

Emergence of multiple carbapenemase-producing Gram-negative species, colistin-resistant KPC-2-producing Klebsiella pneumoniae ST11, IMP-7-producing Pseudomonas aeruginosa ST357, and OXA-23-producing Acinetobacter baumannii ST1050, in a single patient

2018年10月 | International journal of antimicrobial agents 52 4 512-514 

学術論文

Ueda T, Tarui H, Kido N, Imaizumi K, Hikosaka K, Abe T, Minegishi D, Tada Y, Nakagawa M, Tanaka S, Omiya T, Morikaku K, Kawahara M, Kikuchi-Ueda T, Akuta T, Ono Y

The complete mitochondrial genome of Sarcoptes scabiei var. nyctereutis from the Japanese raccoon dog: Prediction and detection of two transfer RNAs (tRNA-A and tRNA-Y).

2018年09月 | Genomics  

学術論文

Unno Y, Sato Y, Fukuda H, Ishimura K, Ikeda H, Watanabe M, Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Shuto S, Ono Y

Resolvin E1, but not resolvins E2 and E3, promotes fMLF-induced ROS generation in human neutrophils.

2018年08月 | FEBS letters  

学術論文

Unno Y, Yamamoto H, Takatsuki S, Sato Y, Kuranaga T, Yazawa K, Ono Y, Wakimoto T

Palmitoyl lactic acid induces adipogenesis and a brown fat-like phenotype in 3T3-L1 preadipocytes.

2018年07月 | Biochimica et biophysica acta 1863 7 772-782 

学術論文

Shimizu H, Nakagawa M, Todaka N, Imaizumi K, Kurosawa Y, Maruyama T, Okumura CJ, Shibata T, Tanaka Y, Sato Y, Ono Y, Akuta T

Improving the quality of a recombinant rabbit monoclonal antibody against PLXDC2 by optimizing transient expression conditions and purification method.

2018年01月 | Protein expression and purification 146 27-33 

学術論文

Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Koshibu Y, Kikuchi-Ueda T, Nakano R, Kamoshida G, Kikuchi H, Ikeda H, Uchida Y, Sakamoto T, Ono Y:

Analysis of membrane antigens on neutrophils from patients with pneumonia.

2018年 | Int J Immunol Immunother. 5: 032. 

学術論文

Nishida S, Ono Y

Comparative analysis of the pathogenicity between multidrug-resistant Acinetobacter baumannii clinical isolates: isolation of highly pathogenic multidrug-resistant A. baumannii and experimental therapeutics with fourth-generation cephal

2018年 | Infection and drug resistance 11 1715-1722 

学術論文

Sato Y, Unno Y, Ubagai T, Ono Y

Sub-minimum inhibitory concentrations of colistin and polymyxin B promote Acinetobacter baumannii biofilm formation.

2018年 | PloS one 13 3 e0194556 

学術論文

Kamoshida G, Kikuchi-Ueda T, Nishida S, Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Ono Y

Pathogenic Bacterium Acinetobacter baumannii Inhibits the Formation of Neutrophil Extracellular Traps by Suppressing Neutrophil Adhesion.

2018年 | Frontiers in immunology 9 178 

学術論文

Kamoshida G, Kikuchi-Ueda T, Nishida S, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Ubagai T, Ono Y

Spontaneous formation of neutrophil extracellular traps in serum-free culture conditions.

2017年06月 | FEBS open bio 7 6 877-886 

学術論文

Kikuchi-Ueda T, Kamoshida G, Ubagai T, Nakano R, Nakano A, Akuta T, Hikosaka K, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Ono Y

The TNF-α of mast cells induces pro-inflammatory responses during infection with Acinetobacter baumannii.

2017年05月 | Immunobiology 222 11 1025-1034 

学術論文

Kido N, Akuta T, Tarui H, Imaizumi K, Ueda T, Ono Y, Kikuchi-Ueda T, Tanaka S, Omiya T

New techniques to collect live Sarcoptes scabiei and evaluation of methods as alternative diagnostics for infection.

2017年01月 | Parasitology research 116 3 1039-1042 

学術論文

Unno Y, Sato Y, Nishida S, Nakano A, Nakano R, Ubagai T, Ono Y

Acinetobacter baumannii Lipopolysaccharide Influences Adipokine Expression in 3T3-L1 Adipocytes.

2017年 | Mediators of inflammation 2017 9039302 

学術論文

Nishida S, Ishii M, Nishiyama Y, Abe S, Ono Y, Sekimizu K

Lactobacillus paraplantarum 11-1 Isolated from Rice Bran Pickles Activated Innate Immunity and Improved Survival in a Silkworm Bacterial Infection Model.

2017年 | Frontiers in microbiology 8 436 

学術論文

Maruyama N, Tansho-Nagakawa S, Miyazaki C, Shimomura K, Ono Y, Abe S

Inhibition of Neutrophil Adhesion and Antimicrobial Activity by Diluted Hydrosol Prepared from Rosa damascena.

2017年 | Biological & pharmaceutical bulletin 40 2 161-168 

学術論文

Sato Y, Unno Y, Kawakami S, Ubagai T, Ono Y

Virulence characteristics of Acinetobacter baumannii clinical isolates vary with the expression levels of omps.

2016年11月 | Journal of medical microbiology 66 2 203-212 

学術論文

Kamoshida G, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi-Ueda T, Nakano R, Hikosaka K, Nishida S, Ubagai T, Higashi S, Ono Y

A novel bacterial transport mechanism of Acinetobacter baumannii via activated human neutrophils through interleukin-8.

2016年06月 | Journal of leukocyte biology 100 6 1405-1412 

学術論文

Nishida S, Ono Y, Sekimizu K

Lactic acid bacteria activating innate immunity improve survival in bacterial infection model of silkworm.

2016年02月 | Drug discoveries & therapeutics 10 1 56-56 

学術論文

Mu X, Nakano R, Nakano A, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Kikuchi H, Kamoshida G, Endo S, Yano H, Ono Y

Loop-mediated isothermal amplification: Rapid and sensitive detection of the antibiotic resistance gene ISAba1-blaOXA-51-like in Acinetobacter baumannii.

2015年12月 | Journal of microbiological methods 121 40-40 

学術論文

Ueda T, Akuta T, Kikuchi-Ueda T, Imaizumi K, Ono Y

Improving the soluble expression and purification of recombinant human stem cell factor (SCF) in endotoxin-free Escherichia coli by disulfide shuffling with persulfide.

2015年12月 | Protein expression and purification 120 105-105 

学術論文

Ubagai T, Nakano R, Nakano A, Kamoshida G, Ono Y

Gene expression analysis in human polymorphonuclear leukocytes stimulated by LPSs from nosocomial opportunistic pathogens.

2015年09月 | Innate immunity 21 8 802-812 

学術論文

Nakano R, Nakano A, Ishii Y, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Kikuchi H, Tansho-Nagakawa S, Kamoshida G, Mu X, Ono Y

Rapid detection of the Klebsiella pneumoniae carbapenemase (KPC) gene by loop-mediated isothermal amplification (LAMP).

2014年11月 | Journal of infection and chemotherapy 21 3-4 202-206 

学術論文

Akuta T, Kikuchi-Ueda T, Imaizumi K, Oshikane H, Nakaki T, Okada Y, Sultana S, Kobayashi K, Kiyokawa N, Ono Y

Expression of bioactive soluble human stem cell factor (SCF) from recombinant Escherichia coli by coproduction of thioredoxin and efficient purification using arginine in affinity chromatography.

2014年10月 | Protein expression and purification 105 1-7 

学術論文

Kamoshida G, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Nakano R, Nakano A, Kikuchi H, Ubagai T, Ono Y

Acinetobacter baumannii escape from neutrophil extracellular traps (NETs).

2014年10月 | Journal of infection and chemotherapy 21 1-2 43-49 

学術論文

Nakano R, Nakano A, Hikosaka K, Kawakami S, Matsunaga N, Asahara M, Ishigaki S, Furukawa T, Suzuki M, Shibayama K, Ono Y

First Report of Metallo-β-Lactamase NDM-5 Producing Escherichia coli in Japan.

2014年09月 | Antimicrobial agents and chemotherapy 58 12 7611-7612 

学術論文

Hikosaka K, Hirai M, Komatsuya K, Ono Y, Kita K

Lactate retards development of erythrocytic stages of the human malaria parasite Plasmodium falciparum.

2014年08月 | Parasitology international 64 3 301-303 

学術論文

Mu X, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Tansho-Nagakawa S, Nakano R, Kikuchi H, Ono Y

Effects of Erythromycin and Rifampicin on Immunomodulatory Gene Expression and Cellular Function in Human Polymorphonuclear Leukocytes.

2014年05月 | 6 Chemotherapy 59 6 395-401 

学術論文

Ubagai T, Nakano R, Kikuchi H, Ono Y

Gene Expression Analysis of TREM1 and GRK2 in Polymorphonuclear Leukocytes as the Surrogate Biomarkers of Acute Bacterial Infections.

2014年01月 | 2 International journal of medical sciences 11 2 215-221 

学術論文

Nakano R, Okamoto R, Nakano A, Nagano N, Abe M, Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Koshio O, Kikuchi H, Ono Y

Rapid assay for detecting gyrA and parC mutations associated with fluoroquinolone resistance in Enterobacteriaceae.

2013年09月 | 3 Journal of microbiological methods 94 3 213-216 

学術論文

Fujisaki R, Yamaoka T, Yamamura M, Kawakami S, Ono Y, Miyazawa Y, Teramoto T, Nishiya H

Usefulness of gram-stained sputum obtained just after administration of antimicrobial agents as the earliest therapeutic indicator for evaluating the effectiveness of empiric therapy in community-acquired pneumonia caused by pneumococcus or Moraxella

2013年06月 | 3 Journal of infection and chemotherapy 19 3 517-523 

学術論文

Kikuchi-Ueda T, Ubagai T, Ono Y

Priming effects of tumor necrosis factor-α on production of reactive oxygen species during Toxoplasma gondii stimulation and receptor gene expression in differentiated HL-60 cells.

2013年06月 | Journal of infection and chemotherapy 19 6 1053-1064 

学術論文

Kawakami S, Kawamura Y, Nishiyama K, Hatanaka H, Fujisaki R, Ono Y, Miyazawa Y, Nishiya H

Case of Mycobacterium tuberculosis meningitis: Gram staining as a useful initial diagnostic clue for tuberculous meningitis.

2012年12月 | 6 Journal of infection and chemotherapy 18 6 931-936 

学術論文

Tansho-Nagakawa S, Ubagai T, Kikuchi-Ueda T, Koshio O, Koshibu Y, Kikuchi H, Ono Y

Analysis of membrane antigens on neutrophils from patients with sepsis.

2012年10月 | 5 Journal of infection and chemotherapy 18 5 646-651 

学術論文

Kikuchi-Ueda T, Tansho S, Ono Y

Enhancement of interleukin-8-induced chemotactic response and reactive oxygen species production in HL-60 cells expressing CXCR1.

2012年06月 | 3 Journal of infection and chemotherapy 18 3 283-287 

学術論文

Kikuchi H, Yamamoto T, Asako K, Takayama M, Shirasaki R, Ono Y

Etanercept for the treatment of intractable hemophagocytic syndrome with systemic lupus erythematosus.

2012年04月 | 2 Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 22 308-311 

学術論文

Koshio O, Nagao T, Mabuchi A, Ono Y, Suzuki K

Apoptotic signaling in endothelial cells with neutrophil activation.

2012年04月 | 1-2 Molecular and cellular biochemistry 363 269-280 

学術論文

Hayama K, Ishibashi H, Ishijima SA, Niimi K, Tansho S, Ono Y, Monk BC, Holmes AR, Harding DR, Cannon RD, Abe S

A D-octapeptide drug efflux pump inhibitor acts synergistically with azoles in a murine oral candidiasis infection model.

2012年03月 | 2 FEMS microbiology letters 328 130-137 

学術論文

Tanioka A, Hayama K, Mitsuya M, Tansho S, Ono Y, Tsubaki K, Abe S

Effect of oral administration of β-D-glucan from Aureobasidium pullulans ADK-34 on Candida and MRSA infections in immunosuppressed mice.

2012年 | 1 Medical mycology journal 53 41-48 

学術論文

Ubagai T, Tansho S, Ieki R, Ono Y

Evaluation of TREM1 gene expression in circulating polymorphonuclear leukocytes and its inverse correlation with the severity of pathophysiological conditions in patients with acute bacterial infections.

2012年 | 5 Japanese journal of infectious diseases 65 376-382 

学術論文

Kikuchi H, Asako K, Tansho S, Ueda T, Koshio O, Ubagai T, Asahara M, Kawakami S, Ono Y

Recurrent Helicobacter cinaedi cellulitis and bacteremia in a patient with systemic lupus erythematosus.

2012年 | 22 Internal medicine (Tokyo, Japan) 51 3185-3188 

学術論文

Atsukawa Y, Kawakami S, Asahara M, Ishigaki S, Tanaka T, Ono Y, Nishiya H, Fujisaki R, Koga I, Ota Y, Miyazawa Y

The usefulness of changing focus during examination using Gram staining as initial diagnostic clue for infective tuberculosis.

2011年08月 | 4 Journal of infection and chemotherapy 17 4 571-574 

学術論文

Tanaka J, Nakae T, Onoe T, Horiuchi Y, Miyamoto H, Adan-Kubo J, Adachi H, Ono Y

Complement-mediated bacteriolysis after binding of specific antibodies to drug-resistant Pseudomonas aeruginosa: morphological changes observed by using a field emission scanning electron microscope.

2010年12月 | 6 Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy 16 383-387 

学術論文

Ubagai T, Kikuchi T, Fukusato T, Ono Y

Aflatoxin B1 modulates the insulin-like growth factor-2 dependent signaling axis.

2010年04月 | 3 Toxicology in vitro : an international journal published in association with BIBRA 24 783-789 

学術論文

Koshio O, Tansho S, Ubagai T, Nakaki T, Ono Y

Suppression of phosphorylation of extracellular-signal-regulated kinase and p38 mitogen-activated protein kinase in polymorphonuclear leukocytes by the proton pump inhibitor lansoprazole.

2010年04月 | 2 Journal of infection and chemotherapy 16 2 100-106 

学術論文

Ubagai T, Koshibu Y, Koshio O, Nakaki T, Ono Y

Downregulation of immunomodulator gene expression in LPS-stimulated human polymorphonuclear leukocytes by the proton pump inhibitor lansoprazole.

2009年12月 | 6 Journal of infection and chemotherapy 15 6 374-379 

学術論文

Jones RN, Kohno S, Ono Y, Ross JE, Yanagihara K

ZAAPS International Surveillance Program (2007) for linezolid resistance: results from 5591 Gram-positive clinical isolates in 23 countries.

2009年06月 | 2 Diagnostic microbiology and infectious disease 64 191-201 

学術論文

Koshio O, Ono Y

Effects of grepafloxacin on the function of human polymorphonuclear leukocytes and the phosphorylation of p38 mitogen-activated protein kinase.

2009年 | 5 Chemotherapy 55 363-371 

学術論文

Nakae T, Tanaka J, Nakano A, Ono Y

Complement-mediated bactericidal effect of antibodies in human intravenous preparation against multi-drug resistant pseudomonas aeruginosa.

2008年12月 | 6 The Japanese journal of antibiotics 61 379-387 

学術論文

Ubagai T, Tansho S, Ito T, Ono Y

Influences of aflatoxin B1 on reactive oxygen species generation and chemotaxis of human polymorphonuclear leukocytes.

2008年06月 | 4 Toxicology in vitro : an international journal published in association with BIBRA 22 1115-1120 

学術論文

Tansho S, Abe S, Ishibashi H, Torii S, Otani H, Ono Y, Yamaguchi H

Efficacy of intravenous itraconazole against invasive pulmonary aspergillosis in neutropenic mice.

2006年12月 | 6 Journal of infection and chemotherapy 12 6 355-362 

学術論文

Ono Y, Ubagai T, Shigeru T, Koshio O

Opsonic activity assessment of human intravenous immunoglobulin preparations against Candida albicans

2006年 | Medical Postgraduates 44 4 67-72 

学術論文

Hirakata Y, Matsuda J, Miyazaki Y, Kamihira S, Kawakami S, Miyazawa Y, Ono Y, Nakazaki N, Hirata Y, Inoue M, Turnidge JD, Bell JM, Jones RN, Kohno S, SENTRY Asia-Pacific Participants

Regional variation in the prevalence of extended-spectrum beta-lactamase-producing clinical isolates in the Asia-Pacific region (SENTRY 1998-2002).

2005年08月 | 4 Diagnostic microbiology and infectious disease 52 4 323-329 

学術論文

Bell JM, Turnidge JD, Inoue M, Kohno S, Hirakata Y, Ono Y, Jones RN

Activity of a peptide deformylase inhibitor LBM415 (NVP PDF-713) tested against recent clinical isolates from Japan.

2005年02月 | 2 The Journal of antimicrobial chemotherapy 55 2 276-278 

学術論文

Jones RN, Deshpande LM, Bell JM, Turnidge JD, Kohno S, Hirakata Y, Ono Y, Miyazawa Y, Kawakama S, Inoue M, Hirata Y, Toleman MA

Evaluation of the contemporary occurrence rates of metallo-beta-lactamases in multidrug-resistant Gram-negative bacilli in Japan: report from the SENTRY Antimicrobial Surveillance Program (1998-2002).

2004年08月 | 4 Diagnostic microbiology and infectious disease 49 4 289-294 

学術論文

Ono Y, Watanabe T, Matsumoto K, Ito T, Kunii O, Goldstein E

Opsonophagocytic dysfunction in patients with liver cirrhosis and low responses to tumor necrosis factor-alpha and lipopolysaccharide in patients' blood.

2004年08月 | 4 Journal of infection and chemotherapy 10 4 200-207 

学術論文

Ono Y, Ito T, Watanabe T, Koshio O, Tansho S, Ikeda T, Kawakami S, Miyazawa Y

Opsonic activity assessment of human intravenous immunoglobulin preparations against drug-resistant bacteria.

2004年08月 | 4 Journal of infection and chemotherapy 10 4 234-238 

学術論文

Tansho S, Abe S, Ishibashi H, Mitsuya M, Wada K, Ikeda T, Suegara N, Koshio O, Ono Y, Yamaguchi H

Production of anti-Candida antibodies in mice with gut colonization of Candida albicans.

2004年06月 | 3 Mediators of inflammation 13 3 189-193 

学術論文

Miyashita T, Shimamoto Y, Nishiya H, Koshibu Y, Sugiyama H, Ono Y, Satoh T, Haraoka H, Nakano J, Ohta K, Sato T, Morinaga N, Noda M

Destructive pulmonary embolism in a patient with community-acquired staphylococcal bacteremia.

2002年03月 | Journal of infection and chemotherapy 8 1 99-102 

学術論文

Takeshita S, Ono Y, Kozuma K, Suzuki M, Kawamura Y, Yokoyama N, Furukawa T, Isshiki T

Modulation of oxidative burst of neutrophils by doxycycline in patients with acute myocardial infarction.

2002年02月 | The Journal of antimicrobial chemotherapy 49 2 411-413 

学術論文

Tansho S, Ab S, Mizutani S, Ono Y, Takesako K, Yamaguchi H

Protection of mice from lethal endogenous Candida albicans infection by immunization with Candida membrane antigen.

2002年 | Microbiology and immunology 46 5 307-311 

その他

斧康雄

薬効群別副作用 抗菌薬

2019年06月30日 | 日本臨床 77 65‐72 

その他

斧康雄

主な抗微生物薬の特徴 9 抗真菌薬

2019年04月03日 | Medical Practice 36 92‐98 

その他

斧 康雄

感染症検査,レビューアー P369ー373, 今日の臨床検査2019~2020.[櫻林郁之介監修,矢富裕,廣畑俊成,山田俊幸,石黒厚至・編]

2019年02月 |  

その他

斧康雄

小児疾患の診断治療基準 第5版 X.感染症 160 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症

2018年11月30日 | 小児内科 50 360‐361 

その他

斧康雄

泌尿器科診療に役立つ周辺手技と処置 第17回 泌尿器科領域における基本的な感染症予防対策

2018年07月 | 泌尿器外科 31 7 1051‐1055 

その他

斧康雄

糖濃度値およびその変動がもたらす好中球機能への影響

2018年06月28日 | 月刊呼吸器内科 33 6 602‐608 

その他

斧 康雄

レンサ球菌属,腸球菌属, P124-131,標準微生物学第13版.[神谷 茂, 錫谷達夫 編]

2018年03月 | 医学書院,東京  

その他

市川りさ, 石垣しのぶ, 松村充, 浅原美和, 厚川喜子, 斧康雄, 古川泰司

グラム陽性球菌様の形態変化を呈するCorynebacterium属菌の解析

2018年 | 医学検査 67 3 299‐306(J‐STAGE) 

その他

西田智, 関水和久, 斧康雄

昆虫モデルを用いた緑膿菌感染に対するプロバイオティクス効果の解析

2017年12月 | 緑膿菌感染症研究会講演記録 51st 80‐83 

その他

斧 康雄

第7章 感染症.P99-146,シンプル内科学 改訂第2版.[寺野彰総編集]

2017年10月 | 南江堂,東京  

その他

斧 康雄

感染症検査,レビューアー P357ー361, 今日の臨床検査2017~2018.[櫻林郁之介監修,矢富裕,廣畑俊成,山田俊幸,石黒厚至・編]

2017年05月 | 南江堂,東京  

その他

斧康雄

古くて新しい日和見感染症 日和見感染症と宿主免疫

2017年01月25日 | 臨床と微生物 44 1 009‐015 

その他

斧 康雄

抗菌薬とエンドトキシンの遊離,p226-228,感染症専門医テキスト改訂第2版,第I部解説編[日本感染症学会編]

2017年 | 南江堂,東京  

その他

斧 康雄

宿主寄生体関係,p25-27,感染症専門医テキスト改訂第2版,第I部解説編[日本感染症学会編]

2017年 | 南江堂,東京  

その他

斧 康雄

病原微生物の病原因子,p22-24,感染症専門医テキスト改訂第2版,第I部解説編[日本感染症学会編]

2017年 | 南江堂,東京  

その他

斧 康雄

常在菌,p20-22,感染症専門医テキスト改訂第2版,第I部解説編[日本感染症学会編]

2017年 | 南江堂,東京  

その他

祖母井庸之, 西田智, 佐藤義則, 斧康雄

多剤耐性緑膿菌由来LPSがヒト好中球内で炎症増強因子TREM1遺伝子発現に及ぼす影響

2016年12月 | 緑膿菌感染症研究会講演記録 50th 128‐131 

その他

西田智, 斧康雄, 関水和久, 関水和久

昆虫を用いた緑膿菌感染モデルにおける乳酸菌による感染死抑制効果

2016年12月 | 緑膿菌感染症研究会講演記録 50th 112‐118 

その他

佐藤義則, 海野雄加, 西田智, 祖母井庸之, 斧康雄

Acinetobacter baumanniiの宿主細胞接着能とクオラムセンシングに関する検討

2016年12月 | 緑膿菌感染症研究会講演記録 50th 125‐127 

その他

斧康雄

糖尿病患者の好中球機能異常

2016年09月10日 | 日本化学療法学会雑誌 64 5 735‐741 

その他

祖母井庸之,斧康雄;光山正雄編

高齢者感染症ー超高齢社会の課題と特徴

2016年05月 | 医薬ジャーナル社 高齢者の易感染性,加齢による食細胞機能の変動 

その他

祖母井庸之, 斧康雄

感染症診断に使われるバイオマーカー―その臨床的意義とは?炎症増強因子sTREM‐1の感染症診断用バイオマーカーとしての有用性と展望

2016年04月15日 | 臨床検査 60 4 414-420 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Others Stains for Microorganisms 4

2016年03月10日 | 感染と抗菌薬 19 1 1-2 

その他

斧康雄, 川上小夜子, 菊地弘敏

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Others Stains for Microorganisms 3 ニューモシスチス肺炎

2015年12月 | 感染と抗菌薬 18 4 309-310 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Others Stains for Microorganisms 2

2015年09月10日 | 感染と抗菌薬 18 3 209-210 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Others Stains for Microorganisms 1

2015年06月10日 | 感染と抗菌薬 18 2 101-102 

その他

斧 康雄

一発診断一目瞭然.目で診る症例から瞬時に診断. P11,P55, [日本内科学会専門医部会編]

2015年04月 | 日本内科学会  

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 33 リステリア症

2015年03月10日 | 感染と抗菌薬 18 1 1-2 

その他

斧 康雄

アスペルギルス抗原測定.P920ー923, 臨床検査ガイド2015改訂版.[Medical Practice 編集委員会・編]

2015年03月 | 文光堂  

その他

斧 康雄

細菌性感染症を疑った場合の検査の進め方,検査データの評価をする際のポイント.P4ー12, 臨床検査ガイド2015改訂版[Medical Practice 編集委員会・編]

2015年03月 | 文光堂  

その他

斧 康雄(中込 治•神谷 茂 編)

標準微生物学第12版.レンサ球菌属,腸球菌属P176ー184

2015年02月 | 医学書院  

その他

斧 康雄(櫻林郁之介監修,矢富裕,廣畑俊成,山田俊幸,石黒厚至・編)

今日の臨床検査2015~2016.

2015年01月 | 南江堂 感染症検査,レビューアー P348ー352,  

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 32 菌血症を伴う腸球菌による腹膜炎

2014年12月 | 感染と抗菌薬 17 4 293-294 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 31 顎放線菌症

2014年09月10日 | 感染と抗菌薬 17 3 197-198 

その他

斧康雄, 鴨志田剛

呼吸器感染症2015 II 宿主側の要因と呼吸器感染症 1.易感染性宿主の呼吸器感染症

2014年08月31日 | 日本胸部臨床 73 8 S92-S99 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 30 フィラメント化したグラム陰性桿菌

2014年06月 | 感染と抗菌薬 17 2 103-104 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 29

2014年03月10日 | 感染と抗菌薬 17 1 3-4 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 28 G群レンサ球菌感染症

2013年12月 | 感染と抗菌薬 16 4 301-302 

その他

斧 康雄

医師・薬剤師のための医薬品副作用ハンドブック.[寺本民生監修]

2013年10月 | 日本臨牀社 薬効群別副作用,抗菌薬, P73ー80 

その他

斧康雄, 石垣しのぶ, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 27

2013年09月10日 | 感染と抗菌薬 16 3 197-198 

その他

斧 康雄

抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック[戸塚恭一]編

2013年08月 | 羊土社 肺炎マイコプラズマ,リケッチア科,クラミジア科, P82-91 

その他

斧 康雄

抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック.[戸塚恭一]編

2013年08月 | 梅毒トレポネーマ, P76-78 

その他

斧 康雄

抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック [戸塚恭一]編

2013年08月 | 羊土社 レジオネラ菌,百日咳菌,カンピロバクター属菌,P69-75 

その他

斧康雄

医療関連感染対策なるほど!ABC

2013年07月 | ヴァンメディカル  

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 26 カンジダ尿症

2013年06月10日 | 感染と抗菌薬 16 2 95-96 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 25

2013年03月10日 | 感染と抗菌薬 16 1 3-4 

その他

斧 康雄

今日の臨床検査2013~2014.[櫻林郁之介監修,矢富裕、廣畑俊成,山田俊幸,石黒厚至・編]

2013年03月 | 南江堂 感染症検査,レビューアー P337ー408 

その他

斧 康雄

臨床検査ガイド2013~2014.[Medical Practice 編集委員会・編]

2013年03月 | 文光堂 アスペルギルス抗原測定.P864ー866 

その他

斧 康雄

臨床検査ガイド2013~2014.[Medical Practice 編集委員会・編]

2013年03月 | 文光堂 細菌性感染症を疑った場合の検査の進め方,検査データの評価をする際のポイント.P4ー11,  

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

顕微鏡検査ハンドブック. 臨床に役立つ形態学. [菅野重治,相原雅典,伊勢恵子,伊東仁,手島伸一,矢富裕編]

2013年 | 医学書院 顕微鏡検査のコツ. 微生物検査,検体保存による塗抹所見への影響. 培養検査が必要な感染症 P38-40 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

感染症診断に必要な微生物検査. [菅野治重,川上小夜子 監修]

2013年 | 尿路感染症. p22ー31 

その他

斧康雄, 浅原美和, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 24

2012年12月10日 | 感染と抗菌薬 15 4 313-314 

その他

川上 小夜子, 松永 直久, 斧 康雄

大学病院における検査室の対応

2012年10月25日 | 臨床病理 60 10  

その他

川上小夜子, 浅原美和, 石垣しのぶ, 厚川喜子, 古川泰司, 槇村浩一, 斧康雄

細菌検査のパラダイムシフト 4.新たな細菌検査技術―MALDI‐TOF MSによる菌種の同定―

2012年10月10日 | 医療と検査機器・試薬 35 5 683-691 

その他

斧康雄, 川上小夜子, 厚川喜子, 西谷肇

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 23 肺結核

2012年09月10日 | 感染と抗菌薬 15 3 213-214 

その他

斧康雄

副作用概論 薬効群別副作用 抗菌薬

2012年08月20日 | 日本臨床 70 131-139 

その他

斧康雄, 田中孝志, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 22 B群溶血性レンサ球菌(GBS)による細菌性髄膜炎

2012年06月10日 | 感染と抗菌薬 15 2 115-116 

その他

斧康雄

抗ウイルス薬 II.抗ウイルス薬の特性と適応・使い分け 免疫グロブリン製剤

2012年04月01日 | 日本臨床 70 4 629-634 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 21 ESBL産生大腸菌

2012年03月 | 感染と抗菌薬 15 1 3-4 

その他

谷岡明日香, 羽山和美, 三ツ矢正安, 丹生茂, 斧康雄, 椿和文, 安部茂

免疫抑制マウスにおけるAureobasidium pullulans ADK‐34株由来β‐グルカン経口投与のCandida albicans感染およびMRSA感染に対する効果

2012年01月31日 | Med Mycol J 53 1 41-48 

その他

斧康雄

宿主からみた感染症学の重要性. 巻頭言

2012年 | 化学療法の領域 28 3 23 

その他

斧 康雄,川上 小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ,Gram stain 20播種性クリプトコッカス症

2011年12月 | 感染と抗菌薬 14 4 321-323 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

院内検査のメリット・デメリット,そして,理想の微生物検査室とは?

2011年10月25日 | 日本臨床検査医学会事務所 臨床病理 59 10 940-943 

その他

川上小夜子, 斧康雄

緊急報告すべき検査結果のすべて―すぐに使えるパニック値事典 IV 微生物 感染防止対策上,検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物 抗菌薬耐性菌

2011年09月15日 | 検査と技術 39 10 866-873 

その他

斧康雄,川上 小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチGram stain 19, Campylobacter食中毒

2011年09月 | 感染と抗菌薬 14 3 221-222 

その他

斧康雄

最近話題の多剤耐性グラム陰性桿菌―その臨床的課題と対策 多剤耐性アシネトバクターとは―2 Acinetobacter baumanniiの病原性

2011年06月10日 | 感染と抗菌薬 14 2 145-148 

その他

斧康雄,川上 小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチGram stain 18,Helicobacter pylori

2011年06月 | 感染と抗菌薬 14 2 119-120 

その他

板羽秀之, 川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久, 赤津義文, 茂籠邦彦

感染対策に関わる微生物の基礎知識と対策 4‐1 微生物の一覧 4‐2 微生物の基礎知識と対策

2011年05月05日 | Infect Control 171-234,7-11 

その他

厚川喜子, 川上小夜子, 斧康雄, 古川泰司, 宮澤幸久

尿路感染症における全自動尿中有形成分分析装置UF‐1000iの有用性

2011年04月01日 | 検査と技術 39 4 307-312 

その他

川上小夜子, 斧康雄

MALDI‐TOF‐MSを利用した微生物同定検査

2011年03月20日 | 感染症 41 2 62-67 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram stain 17 壊疽性虫垂炎に続発したBacteroides fragilisなどによる穿孔性腹膜炎(混合感染例)

2011年03月10日 | 感染と抗菌薬 14 1 3-4 

その他

斧 康雄

Acinetobacter baumanniiの病原性 (特集 最近話題の多剤耐性グラム陰性桿菌--その臨床的課題と対策) -- (多剤耐性アシネトバクターとは)

2011年03月 | ヴァンメディカル 感染と抗菌薬 14 2 145-148 

その他

斧 康雄

静注用免疫グロブリン製剤ハンドブック[正岡 徹監修]

2011年 | メジカルレビュー社 免疫グロブリン製剤の作用機序. P18-28 

その他

斧 康雄

感染症専門医テキスト, 第I部解説編[日本感染症学会 編]

2011年 | 南江堂 抗菌薬とエンドトキシンの遊離,p222-224 

その他

斧 康雄

感染症専門医テキスト, 第I部解説編[日本感染症学会編]

2011年 | 南江堂 病原微生物の病原因子,p22-24 

その他

斧 康雄

感染症専門医テキスト,第I部解説編[日本感染症学会編]

2011年 | 南江堂 常在菌,p20-21 

その他

斧 康雄

臨床検査ガイド2011~2012[Medical Practice 編集委員会・編]

2011年 | 文光堂 アスペルギルス抗原測定.P841ー843 

その他

斧 康雄

臨床検査ガイド2011~2012.[Medical Practice 編集委員会・編]

2011年 | 文光堂 細菌性感染症を疑った場合の検査の進め方,検査データの評価をする際のポイント.P4ー11 

その他

川上 小夜子,斧 康雄

外科・救急集中治療における感染症対策.今すぐ実践したい周術期管理と抗菌薬適正使用. [竹末 芳生 編]

2011年 | 医薬ジャーナル社 抗菌薬適正使用のためのグラム染色の活用,p287-295, 

その他

斧 康雄

感染症専門医テキスト, 第I部解説編[日本感染症学会 編]

2011年 | 南江堂 宿主寄生体関係,p25-28 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 16アシネトバクター・バウマニ

2010年12月 | 感染と抗菌薬 13 4 307-308 

その他

川上小夜子, 斧康雄

A群溶血性レンサ球菌抗原迅速診断キット5種類の基礎的検討―Streptococcus pyogenesの検出感度と特異性の評価

2010年11月25日 | 臨床と微生物 37 6 699-704 

その他

川上小夜子, 斧康雄

感染症 B 各種感染症の免疫学的検査法 2 腸管感染症

2010年09月15日 | 検査と技術 38 10 878-880 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 15破傷風

2010年09月 | 感染と抗菌薬 13 3 219-220 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 14口腔内常在菌による誤嚥性肺炎

2010年06月 | 感染と抗菌薬 13 2 95-96 

その他

斧康雄, 川上小夜子, 藤崎竜一

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 13 Clostridium perfringens 感染症

2010年03月 | 感染と抗菌薬 13 1 3-4 

その他

斧 康雄

ガイドライン/ガイダンス 成人市中肺炎,こう診る・こう考える.[三笠桂一 編]

2010年 | 日本医事新報社 ステロイド,免疫グロブリンなどの使用法について.P70-75 

その他

斧 康雄

医薬品副作用ハンドブック第2版[高橋隆一監修]

2010年 | 日本臨床社 副作用概論,2.薬効別群副作用,抗菌薬. p146-153 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

緊急検査における検査項目 6 微生物検査 4.起因病原体の検査

2009年12月20日 | Med Technol 37 13 1559-1565 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 12肺アスペルギルス症

2009年12月 | 感染と抗菌薬 12 4 303-304 

その他

川上小夜子, 斧康雄

薬剤感受性測定法と耐性菌 1 薬剤感受性測定法の種類 Eテスト

2009年10月31日 | 臨床と微生物 36 536-543 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

医療・福祉施設における感染制御と臨床検査 3.感染制御に必要な微生物検査の知識とポイント 1)グラム染色

2009年10月30日 | 臨床検査 53 11 1449-1453 

その他

杉山肇, 斧康雄

ウイルス性腸炎

2009年10月10日 | 消化器の臨床 12 5 465-469 

その他

厚川喜子, 川上小夜子, 石垣しのぶ, 田中孝志, 浅原美和, 斧康雄, 宮澤幸久

新規に開発された小型自動染色装置GS‐20Aにおけるグラム染色性の評価

2009年09月25日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 19 3 142-147 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 富澤幸久, 富澤幸久

見直されるグラム染色 5.尿検体のグラム染色

2009年09月15日 | Med Technol 37 9 936-940 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

顕微鏡検査のコツ―臨床に役立つ形態学 II 微生物検査 6 培養検査が必要な感染症

2009年09月15日 | 検査と技術 37 10 931-934 

その他

石垣しのぶ, 川上小夜子, 指田陽子, 厚川喜子, 斧康雄, 宮澤幸久

顕微鏡検査のコツ―臨床に役立つ形態学 II 微生物検査 3 検体保存による塗抹所見への影響

2009年09月15日 | 検査と技術 37 10 913-915 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

顕微鏡検査のコツ―臨床に役立つ形態学 II 微生物検査 5 薬剤の影響 2―去痰薬

2009年09月15日 | 検査と技術 37 10 927-930 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 11淋菌性尿道炎

2009年09月 | 感染と抗菌薬 12 3 203-204 

その他

斧 康雄

「一目瞭然!目で診る症例」解答

2009年08月10日 | 日本内科学会 日本内科学会雑誌 98 8 2034-2035 

その他

斧康雄

一目瞭然!目で診る症例

2009年08月10日 | 日本内科学会雑誌 98 8 2033-2035 

その他

川上小夜子, 斧康雄

症例 1 全身感染症 Cryptococcus neoformansによる播種性髄膜炎

2009年07月20日 | Med Technol 96-97 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 10 肺ノカルジア症

2009年06月 | 感染と抗菌薬 12 2 99-100 

その他

川上小夜子, 石垣しのぶ, 厚川喜子, 斧康雄, 槇村浩一, 宮澤幸久, 山口英世

真菌検査法カラーアトラス Malassezia furfurに関連した中心静脈カテーテル感染症と微生物学的検査

2009年04月15日 | 深在性真菌症 SFI Forum 5 1 20-23 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 9 Candida parapsilosis

2009年03月 | 感染と抗菌薬 12 1 3-4 

その他

斧康雄

疾患と検査値の推移 細菌感染症における炎症反応の推移

2009年02月01日 | 検査と技術 37 2 130-136 

その他

斧 康雄

熟練医から日常診療の様々なコツを伝授.[日本プライマリ・ケア学会編]

2009年 | 南山堂 ノロウイルスの医療関連感染対策.p240ー241 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

グラム染色 (医療・福祉施設における感染制御と臨床検査) -- (感染制御に必要な微生物検査の知識とポイント)

2009年 | 医学書院 臨床検査 53 11 1449-1453 

その他

斧康雄, 杉山肇

感染症呼吸器疾患 A.細菌感染症 クレブシエラ肺炎(肺炎桿菌肺炎)

2008年12月28日 | 日本臨床 25-28 

その他

川上 小夜子, 宮澤 幸久, 斧 康雄

感染症検査 : 今, 何が求められ, 何をどう変えるか : 微生物検査の内容と質の向上を図るには

2008年12月25日 | 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 18 4  

その他

斧康雄

多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染症―治療と院内感染抑制へのアプローチ MDRP感染症に対する宿主条件の改善策 ―一般状態・栄養コントロール―

2008年12月10日 | 感染と抗菌薬 11 4 383-387 

その他

斧 康雄

MDRP感染症に対する宿主条件の改善策--一般状態・栄養状態のコントロール (特集 多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染症--治療と院内感染抑制へのアプローチ)

2008年12月 | ヴァンメディカル 感染と抗菌薬 11 4 383-387 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ グラム染色(Gram strain) 8緑膿菌

2008年12月 | 感染と抗菌薬 11 4 343-344 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

微生物の検査診断 1.呼吸器感染症のPOCT診断

2008年11月25日 | 化学療法の領域 24 12 1711-1718 

その他

斧康雄, 丹生茂, 越尾修, 祖母井庸之, 上田(菊地)たかね

私達の研究(69)易感染性宿主における好中球の機能解析

2008年11月25日 | 化学療法の領域 24 12 1807-1813 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 7インフルエンザ菌

2008年09月 | 感染と抗菌薬 11 3 219-220 

その他

斧康雄

静注用免疫グロブリン製剤投与による感染防御能の賦活化

2008年07月15日 | Med Technol 36 7 684-685 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 6モラクセラ・カタラーリス

2008年06月 | 感染と抗菌薬 11 2 111-112 

その他

斧康雄

新訂 医療関連感染対策なるほど!ABC

2008年04月 | ヴァンメディカル  

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 5 A群溶血性レンサ球菌

2008年03月 | 感染と抗菌薬 11 1 3-4 

その他

斧康雄, 祖母井庸之

難治性感染症の現状と対策―菌側・宿主側要因からの考察―1.難治化の宿主側要因

2008年02月25日 | 化学療法の領域 24 3 346-353 

その他

川上小夜子,斧康雄

感染症内科クリニカルスタンダード.[前崎繁文編]

2008年 | 文光堂 感染制御における臨床検査技師とのチーム医療.P369-375 

その他

斧 康雄

キーワード感染症第2版, [山口恵三,戸塚恭一 編集]

2008年 | 先端医学社 免疫不全宿主, p152ー153 

その他

斧 康雄

最新臨床検査項目辞典.[櫻林郁之介,熊坂一成 監修]

2008年 | 黄色ブドウ球菌ペニシリン結合蛋白. p667 

その他

斧 康雄

シンプル内科学 [寺野彰総編集]

2008年 | 食中毒.P512-516 

その他

斧 康雄

シンプル内科学 [寺野彰総編集]

2008年 | 輸入感染症.P60-62 

その他

斧 康雄

シンプル内科学.[寺野彰総編集]

2008年 | 院内感染.P62-65 

その他

斧 康雄

シンプル内科学[寺野彰総編集]

2008年 | 南江堂 感染症.P69-107 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 4黄色ブドウ球菌

2007年12月 | 感染と抗菌薬 10 4 319-320 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

感染症診断の迅速化をめざして―感染症検査のPOCTを中心に 2)迅速キットの実際【真菌】カンジダ,クリプトコッカス,アスペルギルス,β‐D‐グルカン

2007年10月31日 | 臨床と微生物 34 557-564 

その他

斧康雄

薬効群別副作用 抗菌薬

2007年10月28日 | 日本臨床 65 224-231 

その他

斧康雄

血流感染BSI vs ICT‐中心静脈ラインの感染リスクをいかに減らすか 中心静脈カテーテルと病原微生物‐バイオフィルム形成と薬剤感受性を中心に

2007年10月15日 | 感染対策ICTジャーナル 2 4 367-371 

その他

斧 康雄

薬効群別副作用 抗菌薬 (医薬品副作用学--薬剤の安全使用アップデート) -- (副作用概論)

2007年10月 | 日本臨床社 日本臨床 65 0 224-231 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生菌(ESBLs)

2007年06月30日 | メディカル葵出版 あたらしい眼科 = Journal of the eye 24 6 783-785 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

眼感染症セミナー‐クライシスコントロール講座‐(49)49.基質特異性拡張型β‐ラクタマーゼ産生菌(ESBLs)

2007年06月30日 | あたらしい眼科 24 6 783-785 

その他

山岡利守, 川上小夜子, 山村麻倫子, 藤崎竜一, 斧康雄, 西谷肇

Candida glabrataによる血行播種性肺Candida症の1例

2007年06月25日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 17 2 124-130 

その他

斧康雄, 川上小夜子

シリーズ・症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 2髄膜炎菌による髄膜炎

2007年06月 | 感染と抗菌薬 10 2 91-92 

その他

斧康雄, 川上小夜子

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ Gram strain 1 肺炎球菌による気道感染症

2007年03月 | 感染と抗菌薬 10 1 1-2 

その他

斧康雄,川上 小夜子,池田弘人,坂本哲也

症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチGram stain 3 VAP症例における肺炎桿菌

2007年03月 | 10 3 199-200 

その他

斧康雄, 丹生茂, 越尾修, 祖母井庸之

感染症学総論 感染防御機構

2007年02月28日 | 日本臨床 65 87-92 

その他

祖母井 庸之, 丹生 茂, 越尾 修, 斧 康雄

細菌感染症患者の好中球において発現変化している遺伝子の解析

2007年02月25日 | 日本細菌学雑誌 62 1  

その他

越尾 修, 丹生 茂, 祖母井 庸之, 斧 康雄

細菌感染症患者由来の好中球における MAPK family の燐酸化活性の検討

2007年02月25日 | 日本細菌学雑誌 62 1  

その他

丹生 茂, 祖母井 庸之, 越尾 修, 斧 康雄

細菌感染症に伴う好中球の細胞膜受容体の変化

2007年02月25日 | 日本細菌学雑誌 62 1  

その他

田中 たかし, 石橋 弘子, 奥富 隆文, 滝沢 登志雄, 斧 康雄, 山口 英世, 安部 茂

ウシラクトフェリシンの in vitro 抗 Candida 活性とマウス口腔カンジダ症モデルにおける治療効果

2007年02月25日 | 日本細菌学雑誌 62 1  

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

尿路感染症の診断 尿路感染症における迅速診断と精密同定診断

2007年02月15日 | 臨床検査 51 2 143-149 

その他

斧 康雄, 丹生 茂, 越尾 修

感染防御機構概論 (新感染症学(上)新時代の基礎・臨床研究) -- (感染防御機構)

2007年02月 | 日本臨床社 日本臨床 65 0 87-92 

その他

中島康雄, 森山菜緒, 山岡桂子, 斧康雄

抗生物質の使用状況(21)帝京大学医学部附属病院における注射用抗菌薬の使用状況

2007年01月25日 | 化学療法の領域 23 2 273-278 

その他

斧 康雄

今日の診断基準.[大田健, 奈良信雄編]. 南江堂

2007年 | 南江堂 梅毒.p727-729 

その他

斧 康雄

今日の診断基準.[大田健, 奈良信雄編]

2007年 | 南江堂 ネコひっかき病.p708. 

その他

斧康雄

基礎医学から 免疫不全患者における好中球機能障害

2006年12月30日 | 日本医事新報社 週刊日本医事新報 4314 60-62 

その他

斧康雄

日常使用薬の注意すべき副作用―医薬品副作用被害救済制度に関連して 感染症 敗血症,細菌感染症

2006年12月15日 | 成人病と生活習慣病 36 12 1431-1436 

その他

斧康雄

PK/PD理論に基づく注射用ニューキノロン系薬の有効性評価 1.注射用ニューキノロン系薬の特徴

2006年11月25日 | 化学療法の領域 22 12 1862-1869 

その他

斧 康雄

抗菌薬の特性と投与法

2006年11月10日 | The Japanese Society of Internal Medicine 日本内科学会雑誌 95 11 2181-2187 

その他

斧康雄

抗菌化学療法:診断と治療の進歩 I.化学療法の基礎 3.抗菌薬の特性と投与法

2006年11月10日 | 日本内科学会雑誌 95 11 2181-2187 

その他

松村充, 斧康雄

ワンポイントアドバイス 感受性ディスクの保管法とCLSI変更点

2006年11月01日 | 検査と技術 34 12 1402-1403 

その他

斧康雄

易感染性をきたす生体防御機構の欠損

2006年09月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 80 5 475-479 

その他

川上小夜子, 斧康雄

検査情報室 微生物 感染症検査の迅速化・4 塗抹検査 その2

2006年08月 | 検査と技術 34 8 776-778 

その他

斧康雄

細菌感染症と生体防御機構

2006年06月25日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 16 2 61-66 

その他

斧 康雄,川上 小夜子,柱 新太郎,宮下 琢,白石 京子,阿部 哲士,福島 亮治,工藤 千恵美,平林 真理子,城戸 之恵,中島 康雄,森山 菜緒,西谷 肇,小寺 一興

わが病院の感染対策. [木村 哲 編]

2006年 | 医薬ジャーナル社 帝京大学医学部附属病院での取り組み,p262-269 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

ベッドサイドで役立つ微生物検査ガイド. [河野茂,平潟洋一 編]

2006年 | 文光堂 主要な耐性菌の検出法.p333-340 

その他

斧 康雄

生活習慣病クリニックII. 帝京大学医学部附属病院編. [寺本民生監修]

2006年 | 中央公論新社 インフルエンザ. P165-176 

その他

斧 康雄

日常外来で遭遇する感染症診療ガイド.[舟田 久 編著]

2006年 | 永井書店 感染症の微生物学的検査の進め方.P19-30 

その他

斧 康雄

食中毒検査・診断のコツと落とし穴. [渡辺治雄編]

2006年 | 中山書店 カンピロバクタ-感染症の特徴. P16-17 

その他

斧 康雄

食中毒検査・診断のコツと落とし穴.[渡辺治雄編]

2006年 | 中山書店 非チフス性サルモネラ菌血症の治療.P130-131 

その他

池本孝哉, 斧康雄

未知なる輸入感染症の脅威―知っておくべき疫学,基礎知識と対策― 4 ニパウイルス感染症

2005年12月31日 | 侵襲と免疫 14 4 117-121 

その他

斧康雄

高齢者における感染症対策―特に背景因子と好発感染症へのアプローチ―糖尿病と感染症

2005年11月01日 | Geriatr Med 43 11 1715-1720 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮沢幸久

一線診療のための臨床検査 1.微生物検査 3)培養検査(2)同定検査

2005年10月15日 | 検査と技術 33 11 1193-1196 

その他

田中孝志, 川上小夜子, 斧康雄, 宮沢幸久

一線診療のための臨床検査 1.微生物検査 5)遺伝子検査(4)分子疫学的解析

2005年10月15日 | 検査と技術 33 11 1226-1229 

その他

斧康雄

基礎疾患を有している患者さんの感染症 糖尿病患者の感染症

2005年09月 | Med Dig 54 5 2-11 

その他

斧康雄

薬剤耐性菌に対する免疫グロブリン療法 期待される免疫グロブリン製剤の好中球どん食促進作用―抗菌薬療法を強力にサポート―

2005年08月01日 | メディカル朝日 34 8 18-19 

その他

斧康雄, 井之上直子

内科疾患の診断基準 病型分類・重症度 VI.感染症 慢性疲労症候群の診断基準・病型分類・重症度

2005年06月01日 | 内科 95 6 1403-1406 

その他

後藤 元, 斧 康雄

研修医のための感染症クリニカルガイダンス

2005年05月 | ヴァンメディカル  

その他

斧康雄, 川上小夜子, 柱新太郎, 宮下琢, 白石京子, 阿部哲士, 福島亮治, 工藤千恵美, 平林真理子

わが病院の感染対策(34)帝京大学医学部附属病院における院内感染対策

2005年01月25日 | 化学療法の領域 21 2 235-240 

その他

斧康雄

集中治療における簡易迅速診断法 尿中抗原テストを用いたレジオネラ肺炎と肺炎球菌肺炎の迅速診断

2005年01月10日 | ICUとCCU 29 1 11-20 

その他

斧 康雄

尿中抗原テストを用いたレジオネラ肺炎と肺炎球菌肺炎の迅速診断 (特集 集中治療における簡易迅速診断法)

2005年01月 | 医学図書出版 ICUとCCU 29 1 11-20 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

Q &Aで読む細菌感染症の臨床と検査[五島 瑳智子監修]

2005年 | 国際医学出版 皮膚科領域感染症の迅速診断. 塗抹鏡検と抗原検査. p136 - 137 

その他

斧 康雄

実地診療に役立つ実践抗生物質・抗菌薬療法ガイド[Medical Practice 編集委員会・編]

2005年 | 文光堂 カルバペネム・モノバクタム系抗菌薬.p130 - 135 

その他

川上小夜子, 斧康雄, 宮澤幸久

よりよい感染症診療をめざして-検査報告のありかた-[菅野治重 監修]

2005年 | ライフ・サイエンス 尿路感染症. p48ー52 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

免疫学的検査 (特集 感染症の迅速診断法)

2004年04月 | ニュー・サイエンス社 細胞 36 4 138-141 

その他

斧 康雄

プロフェッショナル英和辞典SPED EOS 生命科学編,初版

2004年 | 小学館 ウイルス,感染症分野 

その他

斧 康雄

バンコマイシン耐性菌戦略Q&A.[公文裕巳 編] 医薬ジャーナル社

2004年 |  医薬ジャーナル社 バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症の治療は?. p90ー93 

その他

斧 康雄

EBM内科処方指針[黒川清,寺本民生 編]

2004年 | 中外医学社 破傷風,p1128ー1131 

その他

斧 康雄

臨床検査ガイド2005~2006.[Medical Practice 編集委員会・編]

2004年 | 文光堂 アスペルギルス抗原測定.p756ー758 

その他

池田 達夫, 石橋 弘子, 丹生 茂, 藤崎 竜一, 山崎 正利, 若命 浩二, 小砂 憲一, 山口 英世, 斧 康雄, 安部 茂

実験的顆粒球減少マウスモデルにおける担子菌標品AHCCのCandida albicans感染予防効果

2003年04月30日 | 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 44 2 127-131 

その他

斧 康雄

病院感染なるほどABC. [斧 康雄 編]

2003年 |  

その他

斧 康雄

朝倉内科学.[杉本恒明,小俣政男, 水野美邦 総編集]

2003年 | 朝倉書店 症候学,発熱.p128ー131 

その他

斧 康雄

朝倉内科学. [杉本恒明,小俣政男,水野美邦 総編集]

2003年 | 症候学,発疹・皮膚色素沈着.p131ー134 

その他

川上小夜子, 斧 康雄, 宮澤幸久

臨床検査項辞典.[櫻林郁之介,熊坂一成 監修]

2003年 | 医歯薬出版 黄色ブドウ球菌ペニシリン結合蛋白. p969, 

その他

斧 康雄

消化器疾患の薬物療法.[星野恵津夫,山岡桂子 編]

2003年 | 薬事新報社 消化管感染症の薬物療法.P36-43, 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

全自動血液培養装置へのボトルセットの遅れが微生物の検出に及ぼす影響について

2002年07月05日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 12 2 86-92 

その他

三ツ矢 正安, 末柄 信夫, 和田 佳代子, 池田 達夫, 村山 そう明, 丹生 茂, 山口 英世, 斧 康雄

Malassezia furfur に対するマウス IgE 抗体の特異性の検討

2001年10月30日 | 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 42 4 214-216 

その他

三ツ矢 正安, 末柄 信夫, 小島 芳弘, 谷口 啓一, 安部 茂, 山口 英世, 斧 康雄

桑葉のラットを用いた4週間反復経口投与による安全性試験

2001年10月30日 | 応用薬理 61 1 169-176 

その他

諸藤 慎一郎, 安部 茂, 丹生 茂, 斧 康雄, 山口 英世, 沖永 功太

マウス骨髄細胞のCandida albicans 発育阻止能に及ぼすサイトカインの増強作用の評価法の検討

2001年04月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 75 4 326-332 

その他

島本 祐子, 西谷 肇, 山岡 利守, 小澁 陽司, 松本 かおる, 杉山 肇, 宮下 琢, 斧 康雄, 國井 乙彦, 佐藤 友英

Vancomycin, rifampicin, sulfamethoxazole/trimethoprimの併用が著効したMRSAによる感染性心内膜炎の一例

2001年02月25日 | 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 49 2 108-111 

その他

斧康雄

ヘテロ耐性と臨床効果.バンコマイシン耐性菌戦略〔公文裕巳 編〕

2001年 | 医薬ジャーナル社  

その他

宮下 琢, 島本 祐子, 斧 康雄, 山岡 利守, 小澁 陽司, 伊藤 匡, 松本 かおる, 杉山 肇, 西谷 肇, 國井 乙彦

抗菌薬の免疫グロブリン産生およびリンパ球増殖におよぼす影響

2000年12月25日 | 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 48 12 898-902 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

β-ラクタマーゼ試験

2000年10月31日 | 臨床と微生物 = Clinical microbiology 27 765-772 

その他

石垣 しのぶ, 川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久, 山口 英世

患者および健常成人における糞便由来酵母の分離状況

2000年10月25日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 10 3 144-152 

その他

斧 康雄

薬剤別にみた注射用抗菌薬の使い方のポイント

2000年08月26日 | 日本医事新報社 日本医事新報 3983 7-14 

その他

石橋 弘子, 池田 達夫, 丹生 茂, 斧 康雄, 山崎 正利, 佐藤 晃, 山岡 桂子, 山口 英世, 安部 茂

日和見感染マウスモデルにおける担子菌標品 AHCC の感染予防効果

2000年08月01日 | 公益社団法人日本薬学会 藥學雜誌 = Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 120 8 715-719 

その他

田中 孝志, 川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

非定型抗酸菌に対する薬剤感受性試験 : E test と寒天平板希釈法の比較

2000年07月25日 | 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 49 7 1009-1014 

その他

斧 康雄

院内感染症—予防対策と治療の実際(今月の治療 第8巻第7号)

2000年06月 | 総合医学社  

その他

石垣 しのぶ, 川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

新規MIC測定キットを用いた酵母様真菌に対する抗菌力の測定

2000年03月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 74 3 221-230 

その他

諸藤 慎一郎, 安部 茂, 石橋 弘子, 丹生 茂, 斧 康雄, 山口 英世, 長島 郁雄, 冲永 功太

PP-514 骨髄細胞の抗真菌活性に及ぼす各種サイトカインの影響

2000年03月10日 | 一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌 101 0  

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 山本 美和, 松村 充, 岡本 了一, 井上 松久, 宮澤 幸久

当院で分離された Escherichia coli と Klebsiella pneumoniae の産生するExtended-Spectrum β-Lactamase (ESBL) に関する基礎的研究 : 第2報

2000年01月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 74 1 24-29 

その他

斧康雄

日常検査における耐性菌の検出法.VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)

2000年 | 臨床病理レビュー  

その他

斧康雄

ワルファリンと抗菌薬

2000年 | この薬の多剤併用副作用-第2版-〔松田重三 編〕.医歯薬出版(株)  

その他

斧康雄

抗菌薬.エクセルナース・消化器疾患〔滝川一 編〕

2000年 | メディカルレビュー社  

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 山本 美和, 松村 充, 岡本 了一, 井上 松久, 宮澤 幸久

帝京大学医学部付属病院における cefotaxime 耐性の Escherichia coli と klebsiella pneumoniae の検出状況 : 第1報

1999年11月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 73 11 1110-1115 

その他

宮下 琢, 斧 康雄, 西谷 肇, 島本 祐子, 松本 かおる, 伊藤 匡, 川俣 圭子, 加藤 淳子, 杉山 肇, 国井 乙彦

緑膿菌由来エクソトキシン A の T 細胞依存性免疫グロブリン産生能に及ぼす影響

1999年11月01日 | 緑膿菌感染症研究会講演記録 33 120-123 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

感受性検査法の現状と課題

1999年03月25日 | 日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology 9 1 59-64 

その他

斧 康雄

病気と活性酸素とのかかわり (HEALTH SERIES)

1999年01月 | 全日本病院出版会  

その他

斧康雄

ステロイド.効果的な選び方・使い方 感染症

1999年 | [橋本博史、西崎 統 編著].総合医学社、東京  

その他

斧康雄

感染症と抗生物質の使い方 第3版 感染症と炎症反応

1999年 | 島田 馨 編,文光堂,東京  

その他

宮下 啄, 加藤 淳子, 斧 康雄, 川俣 圭子, 伊藤 匡, 杉山 肇, 松本 かおる, 島本 祐子, 西谷 肇, 国井 乙彦, 佐藤 友英

ヒト末梢血B細胞の黄色ブドウ球菌に対する免疫グロブリン産生能の検討

1998年12月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72 12 1269-1274 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 加藤 淳子, 宮澤 幸久

新規MIC測定キットを用いた抗菌力の測定 : 培養条件の厳しい菌種とまれに検出される菌種を中心に

1998年10月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72 10 1017-1026 

その他

中澤 直美, 川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久

簡易同定キットの使用により Shigella spp. と誤同定される inactive E. coli についての基礎的検討

1998年07月25日 | 医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology 47 7 1091-1096 

その他

川上 小夜子, 斧 康雄, 宮澤 幸久, 山口 英世

帝京大学医学部附属病院における17年間の真菌血症分離菌の動向

1998年02月20日 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 72 2 105-113 

その他

杉山 肇, 川俣 圭子, 加藤 淳子, 宮下 琢, 伊藤 匡, 大谷津 功, 青木 ますみ, 斧 康雄, 西谷 肇, 国井 乙彦, 佐藤 友英

Primary HIV-1 Infectionの1例

1997年09月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 71 9 949-951 

その他

斧康雄

カルバペネム薬の使用法.

1997年 | 感染症対策ハンドブック.[小林寛伊編集],照林社、東京  

その他

川上 小夜子, 大胡 恵美, 中里 豊, 田島 剛, 斧 康雄, 宮澤 幸久

小児における Helicobacter pylori の血中抗体保有率と抗体価

1996年11月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 70 11 1193-1194 

その他

西谷 肇, 前田 龍一郎, 星野 恵津夫, 斧 康雄, 国井 乙彦, 宮下 英夫, 荒木 国興, 澁谷 敏朗

卵周囲沈降反応で疑い大腸生検組織で確診したマンソン住血吸虫症の1例

1996年03月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 70 3 255-258 

その他

一色 高明, 石川 智子, 斧 康雄, 福島 弘樹, 竹下 聡, 杉村 洋一, 落合 正彦, 佐藤 友英, 宮下 英夫

0830 不安定狭心症の病変重症度評価における好中球活性酸素放出能の意義 : 造影遅延の予測因子として

1996年02月20日 | 社団法人日本循環器学会 Japanese circulation journal 60 0  

その他

斧康雄

再燃する細菌感染症。細菌感染症と好中球の活性化

1996年 | 菜根出版社  

その他

斧康雄

症例に学ぶ内科感染症の抗菌薬使用法 國井乙彦編著

1996年 | 医薬ジャーナル社  

その他

斧康雄

顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)

1996年 | キーワード感染症,先端医学社(東京)  

その他

国井 乙彦, 宮下 琢, 斧 康雄, 宮下 英夫, 小林 宏行, 酒寄 享, 島田 馨, 岡 慎一, 稲松 孝思, 石川 くみ子, 増田 義重, 深山 牧子, 三木 文雄, 山本 俊幸, 松浦 徹, 鈴木 幹三

内科領域感染症に対するbalofloxacinの臨床的検討

1995年11月27日 | Japanese Society of Chemotherapy 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 43 521-524 

その他

徳村 保昌, 斧 康雄, 杉山 肇, 青木 ますみ, 大谷津 功, 西谷 肇, 国井 乙彦

Pazufloxacinの基礎的・臨床的研究

1995年09月25日 | 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 43 s-2 233-235 

その他

宮司 厚子, 大谷津 功, 斧 康雄, 宮下 琢, 西谷 肇, 徳村 保昌, 杉山 肇, 山口 守道, 青木 ますみ, 芳賀 敏昭, 国井 乙彦, 宮下 英夫

Grepafloxacinの基礎的・臨床的検討

1995年07月31日 | 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 43 249-254 

その他

小林 宏行, 武田 博明, 渡辺 秀裕, 太田見 宏, 酒寄 享, 齋藤 玲, 中山 一朗, 富沢 麿須美, 佐藤 清, 平賀 洋明, 大道 光秀, 武部 和夫, 村上 誠一, 増田 光男, 今村 憲市, 中畑 久, 斉藤 三代子, 遅野井 健, 田村 昌士, 小西 一樹, 小原 一雄, 千葉 太郎, 青山 洋二, 斯波 明子, 渡辺 彰, 新妻 一直, 滝沢 茂夫, 中井 祐之, 本田 芳宏, 勝 正孝, 大石 明, 中村 守男, 金子 光太郎, 坂内 通宏, 青崎 登, 島田 馨, 後藤 元

内科領域感染症に対するgrepafloxacinの臨床的評価

1995年07月31日 | Japanese Society of Chemotherapy 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 43 333-351 

その他

斧 康雄, 恵 雅子, 杉山 肇, 青木 ますみ, 徳村 保昌, 加藤 淳子, 大谷津 功, 宮下 琢, 西谷 肇, 国井 乙彦, 宮下 英夫, 川上 小夜子, 沖永 功太, 生方 公子, 紺野 昌俊

アルコール常習患者に発症した激症型A群溶血性レンサ球菌感染症の一例

1995年05月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69 5 597-601 

その他

徳田 宇弘, 斧 康雄, 西谷 肇, 青木 ますみ, 山内 俊一, 国井 乙彦, 宮下 英夫

真菌(ムーコル)性脳動脈層の1剖検例

1995年04月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69 4 438-443 

その他

杉山 肇, 斧 康雄, 青木 ますみ, 西谷 肇, 徳村 保昌, 大谷津 功, 国井 乙彦, 宮下 英夫

下腹部超音波検査が診断に有用であったFitz-Hugh-Curtis症候群の2例

1995年03月20日 | 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69 3 320-323 

その他

石川 智子, 斧 康雄, 一色 高明, 落合 正彦, 杉村 洋一, 矢部 順一, 福島 弘樹, 佐藤 友英, 宮下 英夫

0525 Urokinaseは血清存在下で好中球の活性酸素放出能を抑制する

1995年03月01日 | 社団法人日本循環器学会 Japanese circulation journal 59 0  

その他

一色 高明, 石川 智子, 斧 康雄, 落合 正彦, 杉村 洋一, 近藤 清廉, 竹下 聡, 佐藤 友英, 宮下 英夫

P484 再灌流前後における好中球活性酸素放出能の変動について : 冠状静脈洞血と大腿静脈血の対比

1995年03月01日 | 社団法人日本循環器学会 Japanese circulation journal 59 0  

その他

斧 康雄

マウス抗リポポリサッカライドモノクロ-ナル抗体(E5)の抗エンドトキシン活性--エンドトキシンによるヒト食細胞に対するプライミング効果の抑制効果による評価〔英文〕

1994年03月 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 68 3 p346-352 

その他

杉山 肇, 斧 康雄, 国井 乙彦

ヒト多核白血球走化能,化学発光に及ぼすリコンビナントIL-2の影響〔英文〕

1993年12月 | 日本感染症学会 感染症学雑誌 67 12 p1178-1182 

その他

斧康雄

MRSA感染症のすべて 紺野昌俊編

1991年 | 医薬ジャーナル社(初版巻306-321頁)  

その他

石川 智子, 豊城 隆明, 香内 信明, 斧 康雄, 田村 勤, 佐藤 友英, 宮下 英夫, 近藤 大祐, 小関 雅義, 鈴木 隆三, 赤坂 忠義

巨大疣贅除去術を施行した急性感染性心内膜炎の1例

1990年12月20日 | 社団法人日本循環器学会 Japanese circulation journal 54 0 43-44 

その他

木村 幹男, 斧 康雄

Graft-versus-host反応による自己免疫

1984年07月 | 科学評論社 臨床免疫 16 7 p517-526 

その他

斧康雄

基礎・臨床からみた日常診療における感染症の現状と対策

| メディカルジャーナル