帝京大学
西井 修

西井 修 教授

Nishii Osamu

所属キャンパス溝口キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 医学部附属溝口病院 産婦人科

産婦人科は,不妊治療などの生殖医療に始まって分娩に至るまでの生命の誕生に深く関わり夢と喜びのある診療科です.
また、妊娠中は母体と胎児の両者を考えて治療をしなければならないため、責任の重い診療科ですが,やりがいを求めている方大歓迎です.

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2008年04月

帝京大学医学部溝口病院産婦人科教授

2003年11月

帝京大学医学部溝口病院産婦人科助教授 〜2008年03月

2001年04月

東京大学医学部附属病院女性診療科・産科講師 〜2002年10月

1999年02月

東京大学医学部・附属病院分院講師 〜2001年03月

1998年05月

国立習志野病院産婦人科厚生技官 〜1999年02月

1989年04月

東京大学医学部・附属病院分院医局長 〜1998年04月

1984年04月

東京大学医学部・附属病院分院助手 〜1989年03月

【委員歴】──────────────────────────────

社団法人日本産科婦人科学会 専門医制度副委員長

社団法人日本産科婦人科学会 社会保険委員会副委員長

一般社団法人外科系学会社会保険委員会連合 常任委員

一般社団法人日本性感染症学会 理事

一般社団法人日本産科婦人科内視鏡学会 常務理事

一般社団法人日本生殖医学会 常務理事

社団法人日本産婦人科医会 常務理事

専門分野

外科系臨床医学 産婦人科学

研究テーマ

内視鏡下手術、不妊症、生殖内分泌、性感染症、社会保険、ミューレリアン インヒビター、RT-RCR、ヒト、RT-PCR、顆粒膜細胞、遺伝子発現、定量的 RT-PCR、ミューレリアン、定量RT-PCR、インヒビター

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

その他

西井修

今日の治療と看護(永井良三ほか編)

2013年03月 | 南江堂 腹腔鏡下手術 

その他

西井修

手術術式の完全解説

2012年08月 | 医学通信社  

その他

西井修

子宮筋腫 こんなときどうする?

2012年08月 | ジカルビュー社  多発性子宮筋腫の腹腔鏡下子宮筋腫核出術 

その他

松見 泰宇, 川名 尚, 田中 誠治, 西井 修, 武谷 雄二

腹腔鏡による卵管所見とクラミジアHSP60抗体価との相関についての検討

2008年12月01日 | 日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 24 2 401-404 

その他

西井 修, 藤原 敏博, 大須賀 穣, 堤 治, 武谷 雄二

技術認定制度におけるトレーニングプログラム

2004年07月 | 日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 20 1  

その他

寺崎 仁, 大道 久, 梅里 良正, 前田 幸宏, 菅原 浩幸, 遠矢 雅史, 日原 亜子, 有賀 徹, 香川 征, 角南 義文, 河合 長兵衛, 関 一郎, 瀬戸 〓一, 薗部 友良, 武井 実根雄, 西井 修, 花岡 一雄, 馬場 清, 茂木 五郎, 与五沢 利夫

病院機能評価における診療機能の調査項目に関する研究 : 書面審査の改定に伴う診療領域別医療技術調査の項目変更について

2002年08月01日 | 病院管理 39  

その他

西井 修, 堤 治

Laparoscopically assisted myomectomy (LAM) の標準術式ならびにその適応と限界

2002年07月01日 | 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 18 1  

その他

関根 祐子, 高井 泰, 西井 修, 久高 法子, 小野澤 明子, 木津 純子, 荒井 義弘, 堤 治

婦人科領域における腹腔鏡下手術時の至適腸管洗浄法の確立

2001年08月01日 | 公益社団法人 日本薬学会 藥學雜誌 = Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 121 8 637-645 

その他

西井 修, 堤 治

腹腔鏡下手術の教育システム : 系統的な教育プログラムの確立

2000年12月01日 | 日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 16 2 23-27 

その他

野口 昌良, 岡本 俊充, 保條 説彦, 中部 健, 保田 仁介, 松田 静治, 川名 尚, 西井 修, 青野 敏博, 鎌田 正晴, 佐藤 和雄, 長田 尚夫, 正岡 直樹, 永田 行博, 中村 佐知子, 星合 昊, 向林 学, 武谷 雄二, 堤 治, 大須賀 穣, 矢嶋 聰, 深谷 孝夫, 高山 和人, 田中 憲一, 加藤 龍太, 寺尾 俊彦, 金山 尚裕, 朝比奈 俊彦, 前田 真, 河上 征治, 青木 豊和, 藤本 征一郎, 吉田 博

卵管性不妊症患者におけるクラミジア・トラコマティス抗体の検討 : セロ・イパライザクラミジアIgA, IgG, IgMを用いて

1997年01月01日 | 日本不妊学会 日本不妊学会雑誌 = Japanese journal of fertility and sterility 42 1 27-33 

その他

西井 修, 竹内 亨, 加藤 賢朗, 川名 尚

腹腔鏡下手術の安全なる closed 法の試み

1996年12月01日 | 日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 12 1 122-125 

その他

柳沼 〓, 西井 修, 竹内 亨, 岡村 隆, 川名 尚

334 「視床下部」性無月経のClomiphene citrate(CC)による再検討

1990年02月20日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 42 0 "S-277" 

その他

柳沼 [ツトム], 西井 修

「視床下部」性無月経の再検討と診療

1988年11月01日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 40 11 1777-1780 

その他

西井 修, 室田 一雄, 伊理 正夫

非解析的な関数を用いた変数変換型数値積分公式

1987年08月15日 | 一般社団法人情報処理学会 情報処理学会論文誌 28 8 799-806 

その他

中村 はるね, 西井 修, 荷見 勝彦, 貝原 学, 小林 拓郎

特発性アジソン病合併妊娠 : 症例報告と文献的考察

1987年07月01日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 39 7 1165-1168 

その他

西井 修, 竹内 亨, 岡村 隆, 柳沼 〓, 川名 尚

44. Estrogen positive feedback (Epf) が視床下部を介する可能性

1987年02月20日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 39 0  

その他

竹内 亨, 西井 修, 岡村 隆, 柳沼 〓, 川名 尚

Centrifugal Ultrafiltration法によるFree Testosteroneパーセントの決定

1987年 | The Japan Endocrine Society Folia Endocrinologica Japonica 63 11 1364-1372 

その他

西井 修, 室田 一雄, 伊理 正夫

非解析的な関数を用いた変数変換型数値積分公式について(並列数値計算アルゴリズムとその周辺)

1986年02月 | 京都大学 数理解析研究所講究録 585 176-194 

その他

西井 修, 竹内 亨, 高橋 稔, 岡村 隆, 柳沼 〓, 小林 拓郎

陣痛中の血清prolactin濃度低下に中枢性dopamine活性の亢進が関与していない可能性

1986年 | The Japan Endocrine Society Folia Endocrinologica Japonica 62 2 108-116 

その他

竹内 亨, 西井 修, 岡村 隆, 柳沼 〓, 小林 拓郎

ダナゾールの血中プロラクチン濃度と血中コルチゾル濃度に及ぼす影響

1985年02月01日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 37 2 265-270 

その他

柳沼 つとむ, 岡村 隆, 宮田 礼輔, 高橋 稔, 竹内 亨, 西井 修, 小林 拓郎, 泉 陸一

胎児出産前後の母体内分泌変動 : カテコールアミン分泌の変動

1984年03月01日 | 社団法人日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌 36 3 354-358