帝京大学

實吉 綾子 准教授

Saneyoshi Ayako

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 文学部 心理学科

帝京大学大学院 文学研究科 臨床心理学専攻・心理学専攻

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2006年03月

上智大学大学院文学研究科心理学専攻単位取得退学

2007年03月

博士(心理学)取得 上智大学大学院文学研究科心理学専攻より

2007年04月

帝京大学文学部心理学科 助手

2009年04月

帝京大学文学部心理学科 助教

2012年04月

帝京大学文学部心理学科 講師

2016年04月

帝京大学文学部心理学科 准教授

所属学会

日本心理学会

日本基礎心理学会

日本神経科学学会

Psychonomic Society

Association for Psychological Science

日本発達心理学会

日本視覚学会

日本認知心理学会

専門分野

認知心理学、認知神経科学

研究テーマ

物体認識、大脳半球機能差、視覚情報処理

教育方法・職務上の実績

職務上の実績

【外部資金:代表】
2020年-2022年 空間認知能力の発達から探る文字認知の発達モデル構築と読み書き困難への支援プログラムの開発, 博報教育財団 児童教育実践についての研究助成
2017年-2020年 絶対的な大きさ知覚の情報処理過程とその神経基盤についての検討, 文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C)
2013年-2015年 視覚情報処理における持続的な左右差についての統合的検討 文部科学省 科学研究費補助金 若手(B)
2011年-2012年 物体認識における左右大脳半球機能についての認知神経科学的研究 . 文部科学省 科学研究費補助金 若手(B)
2008年-2009年物体認識の脳内基盤に関する研究:fMRI による皮質間ネットワーク構造の検討 文部科学省 科学研究費補助金 スタートアップ
【外部資金:共同研究】
2019年-2022年 発達障害傾向と親子の関係性の相互作用についての生後2年間の縦断的研究(代表:池邨 清美) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤(C)
【学内競争資金:代表】
2020年度 閉鎖環境におけるヒトの⼼理機能とメンタルヘルスに関する研究, 帝京大学先端研究推進助成金
【学内競争資金:共同研究】
2020年度 文楽の人形操作における浄瑠璃の効果の解明(代表:細田明宏), 帝京大学先端研究推進助成金

【受賞】
・2019年9月 日本心理学会 日本心理学会特別優秀発表賞
・2004年11月 日本基礎心理学会第23回大会優秀発表賞

著書・論文

著書・共著

実吉綾子・前原吾朗

始めよう実験心理学:MatlabとPsychtoolboxを使って

2015年 | 勁草書房 

著書・単著

実吉綾子

フリーソフト「R」ではじめる心理学統計入門

2013年 | 技術評論社 

学術論文・単著

Saneyoshi, A.

The Ebbinghaus illusion with small inducers appears larger on the right side

2018年04月 | Experimental Brain Research 

著書・共著

Saneyoshi, A. and Michimata, C.

Categorical and coordinate processing in object recognition depends on different spatial frequencies.

2015年 | Cognitive Processing 

著書・共著

Michimata, C, Saneyoshi, A., Okubo, M. And Laeng, B.

Effects of the global and local attention on the processing of categorical and coordinate spatial relations.

2011年 | Brain and Cognition, 77(2), 9-17. 

著書・共著

Saneyoshi, A. ,Niimi, R., Suetsugu, T., Kaminaga, T and Yokosawa, K.

Iconic memory and parietofrontal network: fMRI study using temporal integration.

2011年 | Neuroreport, 22(11), 515-519. 

学術論文・共著

Niimi, R., Saneyoshi, A. Abe; T., Kaminaga, T and Yokosawa, K

Processing Spatial Relations With Different Apertures of Attention. Neuroscience Letters.

2011年05月 | Neuroscience Letters. 

学術論文・共著

Laeng, B., Okubo, M., Saneyoshi, A. and Michimata, C.

Processing coordinate and categorical spatial relations with different apertures of attention.

2011年 | Cognitive Science, 35, 297-329. 

学術論文・共著

Okubo, M., Laeng, B., Saneyoshi, A. and Michimata, C.

Exogenous attention differentially modulates the processing of categorical and coordinate spatial relations.

2010年 | Acta Psychologica, 135, 1-11. 

学術論文・共著

Saneyoshi, A. and Michimata, C.

Lateralized Effects of Categorical and Coordinate Spatial Processing of Component Parts on the Recognition of 3-D Non-nameable Objects Corresponding.

2009年 | Brain and Cognition, 71, 181-186. 

学術論文・共著

実吉綾子・新美亮輔・末續朋子・神長達郎・横澤一彦

視覚的短期記憶における視覚情報の時間的統合に関わる神経基盤の検討,

2009年 | 基礎心理学研究, 28(1),23-34. 

講演論文

実吉綾子 (2008). 力動的因果モデルが基礎心理学に果たす役割(講演論文), 

2008年 | 基礎心理学研究,27(1), 71-74 

紀要論文・共著

実吉綾子・仲亀秀実 (2008). 抑圧:精神分析と実験心理学の邂逅,

2008年 | 帝京大学心理学紀要,12, 77-90 

学術論文・共著

実吉綾子・道又爾・実吉敬二 (2007). 物体の内的表象形成における両眼視差情報の役割について

2007年 | 基礎心理学研究,26(1) , 3-10 

技報・共著

実吉綾子・道又爾 (2007). 定性的情報と奥行き情報が物体の内的表象形成に果たす役割について

2007年 | Technical Report on Attention and Cognition, 7, 1-2 

学術論文・共著

Saneyoshi,A., Kaminaga, T. and Michimata, C., (2006) Hemispheric processing of categorical / metric properties in object recognition.

2006年 | NeuroReport, 17(5), 517-521 

優秀発表賞要旨

Saneyoshi, A., Michimata, C. and Saneyoshi, K., (2005) The role of depth information in object recognition.

2005年 | The Japanese Journal of Psychonomic Science, 24(1), pp 115-116 

紀要論文・共著

実吉綾子・道又爾 (2005) 非典型的景観からの物体認識における空間情報処理の関わりについての検討.

2005年 | 上智大学心理学科年報, 29, pp 51-57. 

技法・共著

実吉綾子・道又爾 (2005) 物体構成部品の空間関係情報処理における左右大脳半球優位性について.

2005年 | Technical Report on Attention and Cognition, 3, pp 1-2 

技法・共著

Saneyoshi,A., Kaminaga, T. and Michimata, C., (2003) The neural basis of object recognition for between-and within-category levels -An fMRI study.

2003年 | Technical Report on Attention and Cognition, 29, pp 1-5 

訳書・分担

アイゼンク教授の心理学ハンドブック 監修 山内光哉,第12章翻訳担当

2008年 | ナカニシヤ出版