帝京大学

筒井 史緒 講師

Fumio Tsutsui

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学大学院 外国語研究科 超域文化専攻

研究所・センター 共通教育センター

自分が本当はどう生きたいのか、自分の人生を使って、感じ、考えてください。

連絡先

情報がありません

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1995年03月

大阪教育大学教育学部附属天王寺高等学校卒業

1995年04月

京都大学文学部入学

1999年03月

同上卒業

1999年04月

京都大学大学院文学研究科修士課程思想文化学専攻(宗教学)入学

2001年03月

同上修了

2001年04月

京都大学大学院文学研究科博士後期課程思想文化学専攻(宗教学)進学

2004年03月

同上研究指導認定退学

2007年03月

博士号(京都大学・文学)取得

2007年04月

帝京大学外国語学部専任講師

2011年04月

帝京大学総合教育センター・大学院外国語研究科専任講師

2017年04月

帝京大学学修・研究支援センター・大学院外国語研究科専任講師

2020年04月

帝京大学共通教育センター・大学院外国語研究科専任講師(至現在)

所属学会

宗教哲学会

専門分野

専門は宗教哲学。
中心となる研究テーマは「幸福」です。
存在は証明できないけれど、人間を本当に養っているものについて、
人間と生命の本質について、
日々考えています。

18歳の頃京都大学で、今も恩師である長谷正當先生の思想と出会い、宗教学という学問を志すようになりました。

31歳で博士論文を書き上げるまでは、ウィリアム・ジェイムズの思想を研究していました。
ですが、研究を重ねるほどに、人間と生命の本質について考えることが、イコールわたしにとって「本当に幸福に生きる方法」を考えることだと自覚されるようになります。
それには、他者の思想に注釈したり、専門家どうしで学術的な議論をしたりするだけでは不十分に感じて、博士号取得を機にそのスタイルをやめ、さまざまな方法で模索を始めました。

だからといってどこをどう探し、何に注目し、どこを掘り下げれば、自分が見ようとしているものにたどりつけるのか、わからないままの模索でした。

丸腰でいろんなものに飛び込み、自分で人体実験をしてみては、分析と軌道修正を重ねる日々が続いていた、2012年末。
ふとしたきっかけで目にしたTV番組「水曜どうでしょう」に、「こんなところに答えがあった!」と衝撃を受けます。
衝撃のあまり、そのまま研究を開始。

2014年度より、その研究のアップデート報告のようなかたちで、本学「宗教文化論」にて「水曜どうでしょうを宗教学する」講義を開講しています。

研究テーマ

「幸福こそが人間の本質である。」

わたしはそう考えています。

人間は、肉体も、心も、思考も、魂も、すべてを満たしながら生きることができます。
自分の本質そのものを、生きることができます。
幸福を、喜びを、満足を、生きることができます。
自分がそうやって生きることで、他者も、世界も、幸福になっていきます。

それは絵空事ではなく、ただ現実のことなのです。
それが人間の本質だからです。

わたしの現在の思索は、その構造の分析、実践方法などに向けられています。

具体的には、上述の「水曜どうでしょう」の分析の他、歌やダンスなどの芸術表現、ハワイの精神文化に関する考察、カウンセリングの実践などを通して、日々思索を深めています。
最近はさらに、身体への注目度も増してきて、ヨーガの指導資格(RYT200)のトレーニングも受けましたが、これが今後どう思索に生かされていくのかはまだ謎です。

教育方法・職務上の実績

教育方法

・英語学習

「多読」を活用し、日本語を介さずに英語を英語のまま理解する力を養っています。わたし自身が多読を実践してみて、「英語を読んでいる」というよそよそしい感覚から、「本を読んでいる(よく考えたらたまたま英語で書いてある)」というとても自然な体感への変化を、実際に経験しました。
テストで点を取るための学習ではなく、英語をなじみぶかい自分の持ち物にするための訓練です。


・講義

動きのない「正解」を教え込むのではなくて、ひとりひとりがその知を自分自身の人生に適用し、活用し、変容させていけるような、気づきに満ちた語りとなるように心がけています。哲学は、ものの見方そのものに関する学問です。であればこそ、それはわたしの個人的な発想にとどまらず、なるたけ本質に近いもの、あるいは本質に近づきやすくするようなものでなくてはいけないと思います。そのために、自己にこだわり没入するのではなく、フェアにシンプルに事実を見ることを大切にしています。講義を聴くひとりひとりが、自分自身も俯瞰するフェアなまなざしを身につけられるように、そしてそれが乾いて冷めた目線というのではなくて、奇跡に満ち溢れた生命の本質を見ることができるまなざしであるように、語りかけたいなと思っています。

著書・論文

情報がありません