帝京大学

深谷幸治 教授

Fukaya Koji

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 文学部 史学科

帝京大学大学院 文学研究科 日本史・文化財学専攻

 読書こそ最大かつ手軽な勉強方法です。好きな分野の本はもちろん、その他あらゆる分野の本を学生時代に濫読して下さい。それが結果的に、大学入試でも、また入学後の学修でも、社会人となってからも、自らのの将来を助けます。
 大学の講義や勉強・研究は、高校時代の学習の基本部分を全て習得・理解しているという前提のもとに行われます。史学科の学生の方、あるいはその学生になりたい方は、歴史やそれに関連する地理・古文・漢文の教養・知識はもちろんのこと、特に(日本史でも)英語などの語学センスが問われます。それを確実なものにしておいて下さい。

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1986年03月

早稲田大学教育学部地理歴史専修 卒業

1988年03月

東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程 修了 文学修士

1996年03月

東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程 単位取得退学

1996年04月

日本学術振興会特別研究員(PD)就任

1999年04月

日本放送協会学園(NHK学園)講師就任

2003年03月

中央大学大学院文学研究科学位申請論文提出 博士(史学)

2007年04月

帝京大学文学部史学科専任講師就任

2009年04月

帝京大学文学部史学科准教授

2015年04月

帝京大学文学部史学科教授
 現在に至る

所属学会

地方史研究協議会

日本史研究会

日本史攷究会

メトロポリタン史学会

日本宗教文化学会

比較法史学会

専門分野

日本中近世地域社会史、村落史・地域寺社史

研究テーマ

日本中近世の転換期である戦国時代後期から江戸時代前期に至る、畿内近国を中心とした地域社会史。特に村落・惣村の社会経済史、及び地域寺院・寺社の社会経済史、地域政治との関係。

教育方法・職務上の実績

教育方法

通常の講義・演習等以外に、勉強会を独自に計画・担当し、有志学生の指導に当たっている。
09年度以降、帝京大学の公開講座講師を数次にわたり担当。
12年度より開設された、大学院日本史・文化財学研究科の設立準備委員として活動し、開設後は大学院修士・博士両課程の授業を担当。

職務上の実績

資格 文学修士(東京都立大学)・博士(史学)(中央大学)
実務 日本学術振興会特別研究員(PD) 96~98年 立教大学・藤木久志先生の下で勉強・研究。
上福岡市(現ふじみ野市)市史編集専門員として91~2000年に活動、同市史の中世部分執筆・編纂責任者。
埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)・川越市、東京都稲城市、千葉県野田市での市民歴史講座講師を数次にわたり担当。

著書・論文

著書・単著

深谷幸治

『織田信長と戦国の村 天下統一のための近江支配』

2017年12月01日 | 吉川弘文館 

著書・単著

『戦国織豊期の在地支配と村落』

2003年06月 | 校倉書房 

著書・共著

『上福岡市史資料編 第二巻』

1997年07月 | 上福岡市 

著書・共著

『上福岡市史通史編 上巻』

2000年03月 | 上福岡市 

著書・共著

『シリーズ・中世西国武士の研究3 近江六角氏』

2015年01月 | 戎光祥出版 

論文・単著

「織田政権期近江の在地支配と『下代』」

1992年07月 | 日本歴史学会『日本歴史』 

論文・単著

「織田政権期近江の代官支配について」

1992年12月 | 東京歴史科学研究会『人民の歴史学』 

論文・単著

「織田政権期近江の侍衆と村落」

1993年02月 | 地方史研究協議会『地方史研究』 

論文・単著

「織田政権期の京近郊荘園領―天正二年山城久我荘指出の再検討―」

1994年12月 | 地方史研究協議会『地方史研究』 

論文・単著

「織豊期の村の運営」

1997年06月 | 校倉書房『荘園と村を歩く』 

論文・単著

「後北条氏の在地支配と村落内諸階層―入間・高麗両郡の事例を中心に―」

1998年10月 | 上福岡市教育委員会『上福岡市史研究』 

論文・単著

「中近世移行期近江の侍分と村方騒動」

1998年11月 | 日本史攷究会『日本史攷究』 

論文・単著

「寺院の戦争協力と村落」

2000年11月 | 総合出版社歴研『時と文化』 

論文・単著

「山科家の出雲所領支配と幕府奉公人」

2001年03月 | 島根県古代文化センター『古代文化研究』 

論文・単著

「中近世移行期武蔵の村落とその階層構成」

2001年10月 | 上福岡市教育委員会『上福岡市史研究』 

論文・単著

「戦国期地域寺院への諸役賦課とその負担」

2004年11月 | 校倉書房『荘園と村を歩くⅡ』 

論文・単著

「江戸時代前期の複数庄屋と多数年寄制―摂河泉の事例を中心に―」

2004年11月 | 早稲田大学メディアミックス『日本史攷究と歴史教育の視座』 

論文・単著

「大嶋奥津嶋神社における在地寄進の実態」

2006年05月 | 日本宗教文化史学会『日本宗教文化史研究』 

論文・単著

「地域寺院をめぐる在地の秩序と法慣習」

2007年03月 | 未来社『Historia Juris 比較法史研究』 

論文・単著

「中近世移行期近江村落の役負担と階層」

2008年02月 | 帝京大学文学部史学科『帝京史学』 

論文・単著

「戦国期近江における村落間漁業権・湖岸利用権相論」

2009年05月 | 岩田書院『中世の紛争と地域社会』 

論文・単著

「戦国大名六角氏の地域寺院支配と『寺奉行』」

2011年12月 | 『日本史攷究』35号 

論文・単著

「戦国期地域寺院の仏事興行とその均一化」

2013年05月 | 竹林舎『生活と文化の歴史学3 富裕と貧困』