帝京大学

阿部 弘之 講師

ABE Hiroyuki

所属キャンパス宇都宮キャンパス

帝京大学 医療技術学部 柔道整復学科

帝京大学大学院 医療技術学研究科 柔道整復学専攻

これからの医療・福祉の一端を担うのだ、という気概を持ってがんばって下さい。一緒に学んで行けることを楽しみにしております。

連絡先

メールアドレス

FAX番号

028-627-7298

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2012年04月

帝京大学医療技術学部柔道整復学科講師

1998年

- 近畿大学医学部助手

2005年05月

- フランス国立分子遺伝学研究所博士研究員併任

2005年12月

- フランス国立分子遺伝学研究所博士研究員

2008年01月

- 帝京大学医学部解剖学講座講師

【学歴】──────────────────────────────

1998年03月

東北大学大学院医学系研究科病理学系(免疫学)

1994年03月

東北大学医学部医学科

所属学会

日本社会医療学会

日本臨床疫学会

日本介護予防・健康づくり学会

日本健康福祉政策学会

日本柔道整復接骨医学会

専門分野

社会医学 疫学・予防医学 介護予防

研究テーマ

疫学、多職種連携、柔道整復、地域包括ケアシステム、介護予防

教育方法・職務上の実績

教育方法

柔道整復学科3年対象”身体の構造4(臨床解剖学)”の一環として、医学部解剖学講座のご協力の下、解剖見学実習を行い、書物や講義の身では得られない、人体構造の理解を図った。、LMSシステムを利用し、掲示板機能を利用して、臨床医学に関係するオンライン新聞記事の紹介を行い、学生の啓発を図った。

著書・論文

学術論文

牛込謙一郎、宮川誠、青木未来、田中篤、阿部弘之

組織の再生過程における栄養物質トランスポーター発現動態解析~マウス肝再生モデルを用いて~

2017年 | 帝京大学医療技術学部紀要 6 13-22 

学術論文

青木未来、宮川誠、牛込謙一郎、阿部弘之

新生仔マウス小脳皮質発達過程における5種栄養物質トランスポーター発現動態の解析

2017年 | 帝京大学医療技術学部紀要 6 1-11 

学術論文

E. Lagrue*, H. Abe*, M. Lavanya, J. Touhami, S. Bodard, S. Chalon, J.L. Battini, M. Sitbon and P. Castelnau. (*Co-top authors)

Regional characterization of energy metabolism in the brain of normal and MPTP-intoxicated mice using new markers of glucose and phosphate transport.

2010年 | J. Biomed. Sci. 17 91 

学術論文

宮澤正顕、河原佐智代、金成安慶、武田英里、坂本真由美、阿部弘之、 木下さおり、湯浅貴恵、梶原栄二、馬野奈津子

レトロウイルス感染と宿主因子:エイズ制圧を目指して

2008年 | 近畿大医誌(Med. J. Kinki Univ.) 33 3 209-238 

学術論文

H. Kawabata, A. Niwa, S. Tsuji-Kawahara, H. Uenishi, N. Iwanami, H. Matsukuma, H. Abe, N. Tabata, H. Matsumura and M. Miyazawa.

Peptide-induced immune protection of CD8+ T cell-deficient mice against Friend retrovirus-induced disease.

2006年 | Int. Immunol. 18 1 183-198 

学術論文

Y. Kanari, M. Clerici, H. Abe, H. Kawabata, D. Trabottoni, S. Locaputo, F. Mazzotta, H. Fijisawa, A. Niwa, C. Ishihara, Y. A. Takei, and M. Miyazawa.

Genotypes at chromosome 22q12-13 are associated with HIV-1 exposed but uninfected status in Italians.

2005年 | AIDS 19 10 1015-24 

学術論文

H. Hirai, H. Abe, K. Tanaka, K. Takatsu, K. Sugamura, M. Nakamura and K. Nagata.

Gene structure and functional properties of mouse CRTH2, a prostaglandin D2 receptor.

2003年 | Biochemical and Biophysical Research Communications 307 4 797-802 

学術論文

N. Tabata, M. Miyazawa, R. Fujisawa, YA. Takei, H. Abe and K. Hashimoto.

Establishment of Monoclonal Anti-Retroviral gp70 Autoantibodies from MRL/lpr Lupus Mice and Induction of Glomerular gp70 Deposition and Pathology by Transfer into Non-Autoimmune Mice.

2000年 | Journal of Virology 74 9 4116-4126 

学術論文

MR. Ito, K. Onodera, H. Abe, M. Miura and M. Nose

An autopsy case of aortitis resulting in a tear of the aortic valve due to a rupture of the aneurysm of Valsalva’s sinus. [in Japanese]

1999年 | The Ryumachi 39 6 853-859 

学術論文

H. Abe, T. Takeshita, K. Nagata, T. Arita, Y. Endo, T. Fujita, H. Takayama, M. Kubo and K. Sugamura. 1999 Molecular cloning, chromosome mapping and characterization of the mouse CRTH2 gene, a putative member of the leukocyte chemoattractant receptor

Molecular cloning, chromosome mapping and characterization of the mouse CRTH2 gene, a putative member of the leukocyte chemoattractant receptor family

1999年 | Gene 227 1 71-77 

学術論文

K. Nagata, K. Tanaka, K. Ogawa, K. Kemmmotsu, T. Imai, O. Yoshie, H. Abe, K. Tada, M. Nakamura, K. Sugamura and S. Takano.

Selective expression of a novel surface molecule by human Th2 cells in vivo.

1999年 | Journal of Immunology 162, 1278-1286  

学術論文

N. Tanaka, H. Abe, H. Yagita, K. Okumura, M. Nakamura and K. Sugamura.

Itk, a T cell-specific tyrosine kinase, is required for CD2-mediated interleukin-2 promoter activation in the human T cell line Jurkat.

1997年 | European Journal of Immunology 27, 834-841