帝京大学
大野 孝恵

大野 孝恵 准教授

Ohno Takae

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 基礎医学講座 生理学講座

 

連絡先

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2017年04月

帝京大学医学部准教授

【受賞】──────────────────────────────

2019年06月

第5回(平成31年度)基礎医学研究助成 渡辺慶子賞発達期マウスにおける一過性皮質脊髄運動ニューロン直接結合:その除去メカニズムと個体・系統発生的意義

2011年09月

第25回ブレインサイエンス振興財団研究助成皮質脊髄路シナプス除去の分子メカニズム

所属学会

日本神経心理学会

日本生理学会

日本神経科学学会

日本神経内科学会

日本内科学会

米国神経科学学会

専門分野

脳神経科学 神経・筋肉生理学

研究テーマ

optogenetics、corticospinal synapse、GluN2B、GluN2A、spinal motoneuron、whole cell recording、CaMKII、synaptic plasticity、live imaging、LTP、synapse elimination、knockout mice、LTD

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

大野孝恵

幼若期齧歯類において形成される皮質脊髄軸索─上肢運動ニューロン間直接シナプスは高等霊長類に類似した分布を示す

2018年 | 帝京医学雑誌 41 4 137 

学術論文

大野孝恵

Higher primate-like direct corticomotoneuronal connections are transiently formed in a juvenile subprimate mammal

2018年 | Scientific Reports  

学術論文

大野孝恵

The decline in synaptic GluN2B and rise in inhibitory neurotransmission determine the end of the critical period

2016年 | Scientific Report  

学術論文

大野孝恵

Specific involvement of GluRε2-containing NMDA receptors in the developmental elimination of corticospinal synapses

2010年 | Proc Natl Acad Sci USA 107 34 15252-15257 

学術論文

大野孝恵

Optical and Electrophysiological Recordings of Corticospinal Synaptic Activity and Its Developmental Change in In Vitro Rat Slice Co-cultures

2007年 | Neuroscience 150 4 829-840 

学術論文

大野孝恵

Characterization of the VP1 loop mutations widespread among JC polyomavirus isolates associated with pogressive multifocal leukoencephloappathy

2005年 | BBRC 333 34 996-1002 

学術論文

大野孝恵

Critical Period for Activity-Dependent Elimination of Corticospinal Synapses In Vitro.

2005年 | Neuroscience 132 4 917-922 

学術論文

大野孝恵

Regionally Specific Distribution of Corticospinal Synapses Because of Activity-Dependent Synapse Elimination In Vitro

2004年 | J Neurosci 24 6 1377-1384 

学術論文

大野孝恵

Pure alexia in a Japanese-English bilingual: dissociation between the two languages

2002年 | J Neurol 249 105-107 

学術論文

大野孝恵

Diphenylpyraline-responsive parkinsonism in cerebrotendinous xanthomatosis

2001年 | J Neurol Sci 182 95-97 

学術論文

大野孝恵

JC virus regulatory region rearrangements in the brain of long surviving patient with progressive multifocal leukoencephalopathy

2001年 | J Neurol Neurosurg Psychiat 71 3 397-400 

学術論文

大野孝恵

Effect of tamsulosin hydrochloride on sympathetic hyperactivity in amyotrophic lateral sclerosis

2001年 | Autonomic Neurosci 88 1-2 94-98 

学術論文

大野孝恵

Apraxic agraphia due to thalamic infarction

2000年 | Neurology 54 2336-2339 

学術論文

大野孝恵

Unusual MRI and pathologic findings of progressive multifocal leukoencephalopathy complicating adult Wiskott-Aldrich syndrome

1997年 | Neurology 48 279-282 

学術論文

大野孝恵

歩行時前頭葉背側部に特異的な賦活化を認めた純粋無動症の2例—表面筋電図およびFDG-PET賦活検査法によるすくみ足の検討—

1997年 | 臨床神経学 37 675-679 

その他

大野孝恵

ブレインサイエンス・レビュー2013

2013年03月 | 皮質脊髄路シナプス除去の分子メカニズ