帝京大学
井上 まり子

井上 まり子 准教授

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 公衆衛生学専攻

 

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2016年04月

帝京大学大学院 公衆衛生学研究科准教授

2017年07月

International Labour Organization (国際労働機関ILO) Visiting Scholar 〜2018年06月

2014年04月

東京大学大学院 医学系研究科公衆衛生学教室特任講師 〜2017年10月

2015年05月

University of the Philippines Manila College of Public Health Visiting Professor 〜2016年05月

2013年04月

帝京大学大学院公衆衛生学研究科講師 〜2016年03月

2011年04月

帝京大学 大学院公衆衛生学研究科/医学部衛生学公衆衛生学講座Graduate School of Public Health助教 〜2013年03月

2008年04月

帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座助教 〜2011年03月

【委員歴】──────────────────────────────

2019年

日本衛生学会 専門職制度対応委員会

2016年

公衆衛生大学院プログラム校連絡会議 コンピテンシーワーキンググループ

2017年

日本衛生学会 少子化対策ワーキンググループ委員会 〜2019年

2016年

日本衛生学会  専門職制度検討委員会 〜2018年

2013年

日本公衆衛生学会  査読委員 〜2018年

2015年

Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health 第48回大会 プログラム委員長 〜2016年

所属学会

日本公衆衛生学会

日本衛生学会

日本産業衛生学会

日本疫学会

国際保健医療学会

国際開発学会

専門分野

社会医学 疫学・予防医学 Epidemiology、境界医学 医療社会学 Medical Sociology、社会医学 衛生学・公衆衛生学 Public Health

研究テーマ

公衆衛生学、社会疫学、健康の社会的決定要因、非正規雇用、雇用形態多様化、公衆衛生大学院教育

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Ishiguro A, Inoue M, Fisher J, Inoue M, Matsumoto S, Yamaoka K

Gender-Based Risk and Protective Factors for Psychological Distress in the Midterm Recovery Period Following the Great East Japan Earthquake.

2019年06月 | Disaster medicine and public health preparedness 13 3 487-496 

学術論文

Nomura K, Karita K, Araki A, Nishioka E, Muto G, Iwai-Shimada M, Nishikitani M, Inoue M, Tsurugano S, Kitano N, Tsuji M, Iijima S, Ueda K, Kamijima M, Yamagata Z, Sakata K, Iki M, Yanagisawa H, Kato M, Inadera H, Kokubo Y, Yokoyama K, Koizumi A, Otsu

For making a declaration of countermeasures against the falling birth rate from the Japanese Society for Hygiene: summary of discussion in the working group on academic research strategy against an aging society with low birth rate.

2019年03月 | Environmental health and preventive medicine 24 1 14 

学術論文

Horiuchi S, Ozaki A, Inoue M, Aida J, Yamaoka K

Relation of High Social Capital to Preferable Emotional Response to News Media Broadcasting of Natural Disasters: A Nationwide Cross-Sectional Study in Japan.

2019年02月 | The Tohoku journal of experimental medicine 247 2 129-137 

学術論文

Nomura K, Karita K, Araki A, Nishioka E, Muto G, Iwai-Shimada M, Nishikitani M, Inoue M, Tsurugano S, Kitano N, Tsuji M, Iijima S, Ueda K, Kamijima M, Yamagata Z, Sakata K, Iki M, Yanagisawa H, Kato M, Yokoyama K, Koizumi A, Otsuki T

[Toward a Declaration to Address Japan's Aging Society with Low Birth Rate: Summary of the Japanese Society for Hygiene's Working Group on Academic Research Strategy against an Aging Society with Low Birth Rate].

2019年 | Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene 74  

学術論文

Ozaki A, Horiuchi S, Kobayashi Y, Inoue M, Aida J, Leppold C, Yamaoka K

Beneficial Roles of Social Support for Mental Health Vary in the Japanese Population depending on Disaster Experience: A Nationwide Cross-Sectional Study.

2018年12月 | The Tohoku journal of experimental medicine 246 4 213-223 

学術論文

Horiuchi S, Rattana S, Saysanasongkham B, Kounnavongsa O, Kubota S, Cayrol J, Takahashi K, Inoue M, Nemoto A, Yamaoka K

Study protocol of a cluster randomized controlled trial to evaluate effectiveness of a system for maintaining high-quality early essential newborn care in Lao PDR.

2018年06月 | BMC health services research 18 1 489 

学術論文

Nishikitani M, Inoue M, Tsurugano S

[Nonregular Employment in a Society with a Decreasing Birthrate: Workers' Marriage, Childbirth, and Childcare].

2018年 | Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene 73 2 215-224 

学術論文

Sakurai J, Inoue M

[Background factors contributing to over-consumption of alcohol and risk of lifestyle related diseases among middle-aged women on an isolated island].

2018年 | [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 65 9 525-533 

学術論文

Tsuboya T, Inoue M, Satoh M, Asayama K

Perspectives acquired through long-term epidemiological studies on the Great East Japan Earthquake.

2017年03月 | Environmental health and preventive medicine 22 1 3 

学術論文

Satoh A, Arima H, Ohkubo T, Nishi N, Okuda N, Ae R, Inoue M, Kurita S, Murakami K, Kadota A, Fujiyoshi A, Sakata K, Okamura T, Ueshima H, Okayama A, Miura K, NIPPON DATA2010 Research Group.

Associations of socioeconomic status with prevalence, awareness, treatment, and control of hypertension in a general Japanese population: NIPPON DATA2010.

2017年02月 | Journal of hypertension 35 2 401-408 

学術論文

Inoue M, Yamaoka K

Social Factors Associated With Psychological Distress and Health Problems Among Elderly Members of a Disaster-Affected Population: Subgroup Analysis of a 1-Year Post-disaster Survey in Ishinomaki Area, Japan.

2017年02月 | Disaster medicine and public health preparedness 11 1 64-71 

学術論文

Inoue M, Yano E

Need to reform education in graduate schools of public health in Japan: Toward outcome-based education to cultivate competencies.

2016年 | [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health 63 6 303-309 

学術論文

Ishiguro A, Togita Y, Inoue M, Ohkubo T, Yano E

Identification of disaster-vulnerable communities by use of census data prior to the Great East Japan Earthquake.

2015年02月 | Disaster medicine and public health preparedness 9 1 19-28 

学術論文

Matsumoto S, Yamaoka K, Inoue M, Inoue M, Muto S, Teikyo Ishinomaki Research Group.

Implications for Social Support on Prolonged Sleep Difficulties among a Disaster-Affected Population: Second Report from a Cross-Sectional Survey in Ishinomaki, Japan.

2015年 | PloS one 10 6 e0130615 

学術論文

Hara K, Homma J, Tamura K, Inoue M, Karita K, Kondo Y, Yano E

Difference in concentration trends of airborne particulate matter during rush hour on weekdays and Sundays in Tokyo, Japan.

2014年09月 | Journal of the Air & Waste Management Association (1995) 64 9 1045-1053 

学術論文

Inoue M, Minami M, Yano E

Body mass index, blood pressure, and glucose and lipid metabolism among permanent and fixed-term workers in the manufacturing industry: a cross-sectional study.

2014年02月 | BMC public health 14 207 

学術論文

Kachi Y, Inoue M, Nishikitani M, Yano E

Differences in self-rated health by employment contract and household structure among Japanese employees: a nationwide cross-sectional study.

2014年 | Journal of occupational health 56 5 339-346 

学術論文

Kachi Y, Inoue M, Nishikitani M, Yano E

Differences in self-rated health by employment contract and household structure among Japanese employees: a nationwide cross-sectional study.

2014年 | Journal of occupational health 56 5 339-346 

学術論文

Hara K, Homma J, Tamura K, Inoue M, Karita K, Yano E

Decreasing trends of suspended particulate matter and PM2.5 concentrations in Tokyo, 1990-2010.

2013年06月 | 6 Journal of the Air & Waste Management Association (1995) 63 6 737-748 

学術論文

Kachi Y, Inoue M, Nishikitani M, Tsurugano S, Yano E

Determinants of changes in income-related health inequalities among working-age adults in Japan, 1986-2007: time-trend study.

2013年03月 | Social science & medicine (1982) 81 94-101 

学術論文

Inoue M, Tsurugano S, Nishikitani M, Yano E

Full-time workers with precarious employment face lower protection for receiving annual health check-ups.

2012年10月 | 10 American journal of industrial medicine 55 10 884-892 

学術論文

Nishikitani M, Tsurugano S, Inoue M, Yano E

Effect of unequal employment status on workers' health: results from a Japanese national survey.

2012年08月 | 3 Social science & medicine (1982) 75 3 439-451 

学術論文

Kaneto C, Toyokawa S, Inoue K, Inoue M, Senba T, Suyama Y, Miyoshi Y, Kobayashi Y

Association between periodontal disease and peptic ulcers among Japanese workers: MY health up study.

2012年02月 | 2 Global journal of health science 4 2 42-49 

学術論文

Tsurugano S, Inoue M, Yano E

Precarious employment and health: analysis of the Comprehensive National Survey in Japan.

2012年 | Industrial health 50 3 223-235 

学術論文

Tsurugano S, Inoue M, Yano E

Precarious employment and health: analysis of the Comprehensive National Survey in Japan.

2012年 | 3 Industrial health 50 223-235 

学術論文

Inoue M, Nakao M, Nomura K, Takeuchi T, Tsurugano S, Shinozaki Y, Yano E

Lack of leisure-time physical activity in non-obese Japanese men with components of metabolic syndrome.

2011年04月 | 4 The Tohoku journal of experimental medicine 223 4 269-276 

学術論文

Inoue M, Tsurugano S, Yano E

Job stress and mental health of permanent and fixed-term workers measured by effort-reward imbalance model, depressive complaints, and clinic utilization.

2011年 | Journal of occupational health 53 2 93-101 

学術論文

Inoue M, Tsurugano S, Yano E

Job stress and mental health of permanent and fixed-term workers measured by effort-reward imbalance model, depressive complaints, and clinic utilization.

2011年 | 2 Journal of occupational health 53 93-101 

学術論文

Inoue M, Nishikitani M, Tsurugano S, Yano E

[The health of permanent workers and workers with precarious employment: a literature review].

2011年 | 4 Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 53 117-139 

学術論文

Nomura K, Nakao M, Tsurugano S, Takeuchi T, Inoue M, Shinozaki Y, Yano E

Job stress and healthy behavior among male Japanese office workers.

2010年11月 | 11 American journal of industrial medicine 53 11 1128-1134 

学術論文

Inoue M, Tsurugano S, Nishikitani M, Yano E

Effort-reward imbalance and its association with health among permanent and fixed-term workers.

2010年11月 | BioPsychoSocial medicine 4 16 

学術論文

Takeuchi T, Nakao M, Nomura K, Inoue M, Tsurugano S, Shinozaki Y, Yano E

Association of the metabolic syndrome with depression and anxiety in Japanese men: a 1-year cohort study.

2009年11月 | 8 Diabetes/metabolism research and reviews 25 8 762-767 

学術論文

Tsurugano S, Inoue M, Nakatsubo N, Oi H, Yano E

[Health status of precarious workers in "Toshikoshi Haken Mura (Dispatch Workers' New Year Village)"].

2009年03月 | 2 Sangyo eiseigaku zasshi = Journal of occupational health 51 15-18 

学術論文

Senba T, Kobayashi Y, Inoue K, Kaneto C, Inoue M, Toyokawa S, Suyama Y, Suzuki T, Miyano Y, Miyoshi Y

The association between self-reported periodontitis and coronary heart disease--from MY Health Up Study--.

2008年 | Journal of occupational health 50 3 283-287 

学術論文

Senba T, Kobayashi Y, Inoue K, Kaneto C, Inoue M, Toyokawa S, Suyama Y, Suzuki T, Miyano Y, Miyoshi Y

The association between self-reported periodontitis and coronary heart disease--from MY Health Up Study--.

2008年 | 3 Journal of occupational health 50 283-287 

学術論文

Inoue M, Toyokawa S, Miyoshi Y, Miyano Y, Suzuki T, Suyama Y, Inoue K, Kobayashi Y

Degree of agreement between weight perception and body mass index of Japanese workers: MY Health Up Study.

2007年09月 | 5 Journal of occupational health 49 376-381 

その他

井上 まり子

【公衆衛生の実践倫理】健康格差の是正 公衆衛生倫理の視点で考える

2019年03月 | (株)医学書院 公衆衛生 83 3 184-189 

その他

井上 まり子

【働き方改革】働き方改革 非正規雇用労働者と新しい働き方からみた期待と課題

2019年03月 | バイオコミュニケーションズ(株) 健康開発 23 3 36-40 

その他

櫻井 純子, 井上 まり子

離島における青壮年期女性の生活習慣病のリスクを高める飲酒に関連する要因

2018年09月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌 65 9 525-533 

その他

綿谷 まりこ, 井上 まり子, 鶴ヶ野 しのぶ

学術研究からの少子化対策 日本衛生学会からの提言に向けて 少子化社会における非正規雇用と結婚、妊娠・出産、育児

2018年05月 | (一社)日本衛生学会 日本衛生学雑誌 73 2 215-224 

その他

丸山総一郎 編

働く女性のストレスとメンタルヘルスケア

2017年04月 | 第I部 働く女性のストレス:その現状と課題 6.雇用形態多様化と働く女性のストレス 

その他

井上 まり子, 矢野 栄二

日本の公衆衛生大学院教育におけるアウトカム基盤型教育とコンピテンシーの必要性

2016年06月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌 63 6 303-309 

その他

井上 まり子, 矢野 栄二

世界における保健医療実務家教育の変革と日本の公衆衛生大学院教育

2016年03月 | 社会保険研究所 社会保険旬報 2632 14-18 

その他

赤林 朗・児玉 聡

入門・医療倫理 III 公衆衛生倫理

2015年12月 | 健康増進、健康格差 

その他

井上 まり子

健康から考える 非正規雇用の課題と対策(第7回) 非正規雇用の多様性 壮年期の労働者の現状と健康

2015年11月 | (公社)日本産業衛生学会 産業衛生学雑誌 57 6 318-321 

その他

井上 まり子

【女性労働者のストレス問題と心のケア再考】 雇用形態が多様化する社会における女性労働者のストレス

2015年08月 | 日本産業ストレス学会 産業ストレス研究 22 3 211-216 

その他

井上 まり子

健康から考える 非正規雇用の課題と対策(第4回) 非正規雇用労働者の健康管理

2015年05月 | (公社)日本産業衛生学会 産業衛生学雑誌 57 3 108-110 

その他

丸山総一郎 編

ストレス学ハンドブック

2015年 | 創元社 第IV部 23 非正規雇用とストレス 

その他

原田 規章, 青柳 潔, 矢野 栄二, 川上 憲人, 佐藤 眞一, 實成 文彦, 橋本 英樹, 井上 まり子, 片瀬 一男, 可知 悠子, 鶴ヶ野 しのぶ, 錦谷 まりこ, 林 英恵, 福田 吉治, 本庄 かおり, 安藤 絵美子, 日本公衆衛生学会公衆衛生モニタリング・レポート委員会

日本公衆衛生学会公衆衛生モニタリング・レポート委員会報告 非正規雇用と健康 現状分析と今後のモニタリングおよび対策の方向性

2014年08月 | 日本公衆衛生学会 日本公衆衛生雑誌 61 8 396-405 

その他

井上 まり子

【働く女性の参加と健康】非正規雇用で働く女性労働者の健康

2014年02月 | (公財)大原記念労働科学研究所 労働の科学 69 2 82-85 

その他

井上まり子, 矢野栄二

職場のメンタルヘルス入門編 20 雇用形態多様化への対応

2013年07月31日 | 産業ストレス研究 20 3 243-245 

その他

井上 まり子, 矢野 栄二

職場のメンタルヘルス入門編 雇用形態多様化への対応

2013年07月 | 日本産業ストレス学会 産業ストレス研究 20 3 243-245 

その他

井上 まり子

社会格差と健康 ストレス科学の貢献 非正規雇用とストレス

2012年07月 | 日本ストレス学会 ストレス科学 27 1 91-97 

その他

井上 まり子, 錦谷 まりこ, 鶴ヶ野 しのぶ, 矢野 栄二

非正規雇用者の健康に関する文献調査

2011年07月20日 | 日本産業衛生学会 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 53 4 117-139 

その他

矢野栄二、井上まり子

非正規雇用と労働者の健康

2011年05月 | 労働科学研究所 出版部   

その他

井上まり子, 矢野栄二

雇用不安とメンタルヘルス 非正規雇用に関連したメンタルヘルス不調とその防止対策

2010年08月31日 | 日本産業ストレス学会 産業ストレス研究 17 3 199-205 

その他

鶴ヶ野しのぶ, 井上まり子, 中坪直樹, 大井洋, 矢野栄二

年越し派遣村村民の健康

2009年03月 | (公社)日本産業衛生学会 産業衛生学雑誌 51 2 15-18 (J-STAGE)-18 

その他

矢野栄二

雇用形態多様化と労働者の健康

2008年06月 | 労働科学研究所 出版部 雇用形態多様化に関する海外の先進諸国の状況 

その他

井上まり子, 小林廉毅

米国における経口感染症の調査システム

2006年09月15日 | 公衆衛生 70 9 735-739 

その他

豊川智之, 三好裕司, 宮野幸恵, 鈴木寿子, 須山靖男, 井上まり子, 井上和男, 小林廉毅

主観的健康感と職業性ストレスとの関連について―MYヘルスアップ研究から―

2006年09月 | (一財)厚生労働統計協会 厚生の指標 53 10 1-6 

その他

井上 まり子, 小林 廉毅

海外事情 米国における経口感染症の調査システム

2006年09月 | (株)医学書院 公衆衛生 70 9 735-739 

その他

児玉知子, 井上まり子, 種田憲一郎, 長谷川敏彦

女性医師活動性評価について

2006年04月 | (株)日本医事新報社 週刊日本医事新報 4279 74-79 

その他

井上まり子, 小林廉毅

わが国における飲食に起因する経口感染症の被害推計の精密化に関する研究 米国における経口感染症の調査システム

2006年 | わが国における飲食に起因する経口感染症の被害推計の精密化に関する研究 平成16-17年度総合研究報告書 108-115