帝京大学
齊藤 史明

齊藤 史明 准教授

Saito Fumiaki

所属キャンパス板橋キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 板橋キャンパス 臨床医学講座・診療科 神経内科学講座

医学部を志望する受験生の皆様、好奇心と情熱を持って本学へ入学してきて下さい。神経内科の領域ではこれまで難病と呼ばれていた多くの病気で原因が解明されつつあります。この成果を治療に結びつけて行くには皆様の若い力が不可欠です。

連絡先

電話番号

[]

研究室URL

[]

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2012年07月

同准教授

2008年

同講師 〜2012年

2007年

同助教 〜2008年

2002年

帝京大学医学部神経内科助手 〜2007年

1999年

米国ハワードヒューズ医学研究所研究員 〜2002年

1999年

Research associate, Howard Hughes Medical Institute. 〜2002年

2002年

- Instructor, Dept. of Neurology, Teikyo univ.

1996年

帝京大学医学部神経内科助手 〜1998年

1996年

Instructor, Dept. of Neurology, Teikyo univ. 〜1998年

【学歴】──────────────────────────────

1995年

東京医科歯科大学医学研究科

1995年

東京医科歯科大学

1988年

群馬大学医学部

1988年

群馬大学

【委員歴】──────────────────────────────

日本生化学会評議員

日本神経学会代議員

所属学会

日本認知症学会

日本生化学会

日本筋学会

日本ゲノム編集学会

日本神経科学会

世界筋学会

北米神経科学会

日本内科学会

日本神経学会

World muscle society

The American Society for Neuroscience

The Japanese Society of Internal Medicine

The Japanese Society of Clinical Neurology

専門分野

ライフサイエンス 病態医化学 疾患分子病態学、ライフサイエンス 神経内科学

研究テーマ

認知症、Dementia、Genome Editing、Neuromuscular Disease、筋ジストロフィー、ゲノム編集、神経筋疾患

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Miki Ikeda, Mariko Taniguchi-Ikeda, Takema Kato, Yasuko Shinkai, Sonoko Tanaka, Hiroki Hagiwara, Naomichi Sasaki, Toshihiro Masaki, Kiichiro Matsumura, Masahiro Sonoo, Hiroki Kurahashi, Fumiaki Saito

Unexpected Mutations by CRISPR-Cas9 CTG Repeat Excision in Myotonic Dystrophy and Use of CRISPR Interference as an Alternative Approach.

2020年09月11日 | Molecular therapy. Methods & clinical development 18 131-144 

学術論文

de Greef JC, Slütter B, Anderson ME, Hamlyn R, O'Campo Landa R, McNutt EJ, Hara Y, Pewe LL, Venzke D, Matsumura K, Saito F, Harty JT, Campbell KP

Protective role for the N-terminal domain of α-dystroglycan in Influenza A virus proliferation.

2019年06月 | Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 116 23 11396-11401 

学術論文

相原 正博, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮の病態と再荷重の過程における骨格筋と筋内血管の応答

2019年03月 | 国際エクササイズサイエンス学会 国際エクササイズサイエンス学会誌 2 1 16-16 

学術論文

Wakana Katsuta, Masahiro Aihara, Noboru Hirose, Fumiaki Saito, Hiroki Hagiwara

Changes in oxidative stress severity and antioxidant potential during muscle atrophy and reloading in mice

2018年 | Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai) Journal of Physical Therapy Science 30 1 42-46 

学術論文

Masahiro Aihara, Noboru Hirose, Wakana Katsuta, Fumiaki Saito, Hitoshi Maruyama, Hiroki Hagiwara

A new model of skeletal muscle atrophy induced by immobilization using a hook-and-loop fastener in mice

2017年 | Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai) Journal of Physical Therapy Science 29 10 1779-1783 

学術論文

Erik P. Rader, Rolf Turk, Tobias Willer, Daniel Beltran, Kei-ichiro Inamori, Taylor A. Peterson, Jeffrey Engle, Sally Prouty, Kiichiro Matsumura, Fumiaki Saito, Mary E. Anderson, Kevin P. Campbell

Role of dystroglycan in limiting contraction-induced injury to the sarcomeric cytoskeleton of mature skeletal muscle

2016年09月 | NATL ACAD SCIENCES PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA 113 39 10992-10997 

学術論文

相原 正博, 勝田 若奈, 森 優樹, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

ギプス固定による廃用性筋萎縮と再荷重のプロセスにおけるマイオカインの変動

2016年08月 | 日本基礎理学療法学会学術誌局 日本基礎理学療法学雑誌 20 1 279-279 

学術論文

Okuma H, Saito F, Mitsui J, Hara Y, Hatanaka Y, Ikeda M, Shimizu T, Matsumura K, Shimizu J, Tsuji S, Sonoo M

Tubular aggregate myopathy caused by a novel mutation in the cytoplasmic domain of STIM1.

2016年02月 | Neurology. Genetics 2 1 e50 

学術論文

相原 正博, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

新規筋萎縮誘発法であるベルクロ法とギプス固定法との比較検討

2016年01月 | 日本基礎理学療法学会学術誌局 日本基礎理学療法学雑誌 19 1 39-39 

学術論文

Takamichi Kanbayashi, Fumiaki Saito, Takashi Matsukawa, Hiroshi Oba, Keiichi Hokkoku, Yuki Hatanaka, Shoji Tsuji, Masahiro Sonoo

Adult-onset vanishing white matter disease with novel missense mutations in a subunit of translational regulator, EIF2B4

2015年10月 | WILEY-BLACKWELL CLINICAL GENETICS 88 4 401-403 

学術論文

H. Okuma, K. Matsumura, Y. Hatanaka, F. Saito, M. Sonoo

Sudden onset of sleep due to hypothalamic lesions in neuromyelitis optica spectrum disorder positive for anti-aquaporin-4 antibody

2014年09月 | SAGE PUBLICATIONS LTD MULTIPLE SCLEROSIS JOURNAL 20 10 1407-1408 

学術論文

Fumiaki Saito, Motoi Kanagawa, Miki Ikeda, Hiroki Hagiwara, Toshihiro Masaki, Hidehiko Ohkuma, Yuki Katanosaka, Teruo Shimizu, Masahiro Sonoo, Tatsushi Toda, Kiichiro Matsumura

Overexpression of LARGE suppresses muscle regeneration via down-regulation of insulin-like growth factor 1 and aggravates muscular dystrophy in mice

2014年09月 | OXFORD UNIV PRESS HUMAN MOLECULAR GENETICS 23 17 4543-4558 

学術論文

Matthew M. Goddeeris, Biming Wu, David Venzke, Takako Yoshida-Moriguchi, Fumiaki Saito, Kiichiro Matsumura, Steven A. Moore, Kevin P. Campbell

LARGE glycans on dystroglycan function as a tunable matrix scaffold to prevent dystrophy

2013年11月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE 503 7474 136-+ 

学術論文

Hiroki Hagiwara, Fumiaki Saito, Toshihiro Masaki, Miki Ikeda, Ayami Nakamura-Ohkuma, Teruo Shimizu, Kiichiro Matsumura

Histone deacetylase inhibitor trichostatin A enhances myogenesis by coordinating muscle regulatory factors and myogenic repressors

2011年11月 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 414 4 826-831 

学術論文

Saito F, Saito-Arai Y, Nakamura-Okuma A, Ikeda M, Hagiwara H, Masaki T, Shimizu T, Matsumura K

Secretion of N-terminal domain of α-dystroglycan in cerebrospinal fluid.

2011年07月 | 2 Biochemical and biophysical research communications 411 2 365-369 

学術論文

Kojima K, Nosaka H, Kishimoto Y, Nishiyama Y, Fukuda S, Shimada M, Kodaka K, Saito F, Matsumura K, Shimizu T, Toda T, Takeda S, Kawachi H, Uchida S

Defective glycosylation of α-dystroglycan contributes to podocyte flattening.

2011年02月 | 3 Kidney international 79 3 311-316 

学術論文

Fukuyama-type congenital muscular dystrophy and defective glycosylation of α-dystroglycan.

2011年 | Skeletal Muscle 1 22  

学術論文

Yuko Miyagoe-Suzuki, Nami Masubuchi, Kaori Miyamoto, Michiko R. Wada, Shigeki Yuasa, Fumiaki Saito, Kiichiro Matsumura, Hironori Kanesaki, Akira Kudo, Hiroshi Manya, Tamao Endo, Shin'ichi Takeda

Reduced proliferative activity of primary POMGnT1-null myoblasts in vitro

2009年03月 | ELSEVIER SCIENCE BV MECHANISMS OF DEVELOPMENT 126 3-4 107-116 

学術論文

Fumiaki Saito, Yuko Saito-Arai, Ayami Nakamura, Teruo Shimizu, Kiichiro Matsumura

Processing and secretion of the N-terminal domain of α-dystroglycan in cell culture media

2008年02月06日 | 3 FEBS Letters 582 3 439-444 

学術論文

Fumiaki Saito, Yuko Saito-Arai, Ayami Nakamura, Teruo Shimizu, Kiichiro Matsumura

Processing and secretion of the N-terminal domain of alpha-dystroglycan in cell culture media

2008年02月 | WILEY FEBS LETTERS 582 3 439-444 

学術論文

Fumiaki Saito, Toshihiro Masaki, Yuko Saito, Ayami Nakamura, Satoshi Takeda, Teruo Shimizu, Tatsushi Toda, Kiichiro Matsumura

Defective peripheral nerve myelination and neuromuscular junction formation in fukutin-deficient chimeric mice

2007年06月 | BLACKWELL PUBLISHING JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 101 6 1712-1722 

学術論文

D Zhong, F Saito, Y Saito, A Nakamura, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of the protease activity that cleaves the extracellular domain of beta-dystroglycan

2006年06月 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 345 2 867-871 

学術論文

A Hase, F Saito, H Yamada, K Arai, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of glial cell line-derived neurotrophic factor family receptor alpha-1 in peripheral nerve Schwann cells

2005年10月 | BLACKWELL PUBLISHING JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 95 2 537-543 

学術論文

K Matsumura, D Zhong, F Saito, K Arai, K Adachi, H Kawai, Higuchi, I, Nishino, I, T Shimizu

Proteolysis of beta-dystroglycan in muscular diseases

2005年05月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 15 5 336-341 

学術論文

Fumiaki Saito, Martina Blank, Jörn Schröder, Hiroshi Manya, Teruo Shimizu, Kevin P. Campbell, Tamao Endo, Makoto Mizutani, Stephan Kröger, Kiichiro Matsumura

Aberrant glycosylation of α-dystroglycan causes defective binding of laminin in the muscle of chicken muscular dystrophy

2005年04月25日 | Elsevier FEBS Letters 579 11 2359-2363 

学術論文

F Saito, M Blank, J Schroder, H Manya, T Shimizu, KP Campbell, T Endo, M Mizutani, S Kroger, K Matsumura

Aberrant glycosylation of alpha-dystroglycan causes defective binding of laminin in the muscle of chicken muscular dystrophy

2005年04月 | WILEY FEBS LETTERS 579 11 2359-2363 

学術論文

M Kanagawa, F Saito, S Kunz, T Yoshida-Moriguchi, R Barresi, YM Kobayashi, J Muschler, JP Dumanski, DE Michele, MBA Oldstone, KP Campbell

Molecular recognition by LARGE is essential for expression of functional dystroglycan

2004年06月 | CELL PRESS CELL 117 7 953-964 

学術論文

F Saito, H Tomimitsu, K Arai, S Nakai, T Kanda, T Shimizu, H Mizusawa, K Matsumura

A Japanese patient with distal myopathy with rimmed vacuoles: missense mutations in the epimerase domain of the UDP-N-acetylglucosamine 2-epimerase/N-acetylmannosamine kinase (GNE) gene accompanied by hyposialylation of skeletal muscle glycoproteins

2004年02月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 14 2 158-161 

学術論文

K Matsumura, K Arai, D Zhong, F Saito, H Fukuta-Ohi, R Maekawa, H Yamada, T Shimizu

Disruption of dystroglycan axis by beta-dystroglycan processing in cardiomyopathic hamster muscle

2003年12月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 13 10 796-803 

学術論文

F Saito, SA Moore, R Barresi, MD Henry, A Messing, SE Ross-Barta, RD Cohn, RA Williamson, KA Sluka, DL Sherman, PJ Brophy, JD Schmelzer, PA Low, L Wrabetz, ML Feltri, KP Campbell

Unique role of dystroglycan in peripheral nerve myelination, nodal structure, and sodium channel stabilization

2003年06月 | CELL PRESS NEURON 38 5 747-758 

学術論文

RD Cohn, MD Henry, DE Michele, R Barresi, F Saito, SA Moore, JD Flanagan, MW Skwarchuk, ME Robbins, Mendell, JR, RA Williamson, KP Campbell

Disruption of Dag1 in differentiated skeletal muscle reveals a role for dystroglycan in muscle regeneration

2002年09月 | CELL PRESS CELL 110 5 639-648 

学術論文

DE Michele, R Barresi, M Kanagawa, F Saito, RD Cohn, JS Satz, J Dollar, Nishino, I, RI Kelley, H Somer, Straub, V, KD Mathews, SA Moore, KP Campbell

Post-translational disruption of dystroglycan-ligand interactions in congenital muscular dystrophies

2002年07月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE 418 6896 417-422 

学術論文

SA Moore, F Saito, JG Chen, DE Michele, MD Henry, A Messing, RD Cohn, SE Ross-Barta, S Westra, RA Williamson, T Hoshi, KP Campbell

Deletion of brain dystroglycan recapitulates aspects of congenital muscular dystrophy

2002年07月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE 418 6896 422-425 

学術論文

Y Sunada, F Saito, Higuchi, I, K Matsumura, T Shimizu

Deficiency of a 180-kDa extracellular matrix protein in Fukuyama type congenital muscular dystrophy skeletal muscle

2002年02月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 12 2 117-120 

学術論文

Matsumura, K, Yamada, H, Saito, F, Arai, K, Zhong, D, Fukuta-Ohi, H, Shimizu, T

Characterization of the matrix metalloproteinase that severs the link between the extracellular matrix and cell membrane by disrupting the dystroglycan complex.

2002年 | J. Neurol. Sci. 199 (Suppl. 1) S36  

学術論文

H Yamada, F Saito, H Fukuta-Ohi, D Zhong, A Hase, K Arai, A Okuyama, R Maekawa, T Shimizu, K Matsumura

Processing of beta-dystroglycan by matrix metalloproteinase disrupts the link between the extracellular matrix and cell membrane via the dystroglycan complex

2001年07月 | OXFORD UNIV PRESS HUMAN MOLECULAR GENETICS 10 15 1563-1569 

学術論文

S Sugita, F Saito, J Tang, J Satz, K Campbell, TC Sudhof

A stoichiometric complex of neurexins and dystroglycan in brain

2001年07月 | ROCKEFELLER UNIV PRESS JOURNAL OF CELL BIOLOGY 154 2 435-445 

学術論文

T Masaki, K Matsumura, F Saito, Y Sunada, T Shimizu, H Yorifuji, K Motoyoshi, K Kamakura

Expression of dystroglycan and laminin-2 in peripheral nerve under axonal degeneration and regeneration

2000年03月 | SPRINGER VERLAG ACTA NEUROPATHOLOGICA 99 3 289-295 

学術論文

H. Hagiwara, K. Takeda, F. Saito, T. Shimizu, M. Bando

A case of callosal apraxia without agraphia and acquired stuttering associated with callosal infarction

2000年 | 6 Clinical Neurology 40 6 605-610 

学術論文

K Matsumura, F Saito, H Yamada, A Hase, Y Sunada, T Shimizu

Sarcoglycan complex: A muscular supporter of dystroglycan-dystrophin interplay?

1999年09月 | CELLULAR & MOLECULAR BIOLOGY CELLULAR AND MOLECULAR BIOLOGY 45 6 751-762 

学術論文

F Saito, T Masaki, K Kamakura, LVB Anderson, S Fujita, H Fukuta-Ohi, Y Sunada, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of the transmembrane molecular architecture of the dystroglycan complex in Schwann cells

1999年03月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 274 12 8240-8246 

学術論文

Y Sunada, F Saito, K Matsumura, T Shimizu

Differential expression of the parkin gene in the human brain and peripheral leukocytes

1998年10月 | ELSEVIER SCI IRELAND LTD NEUROSCIENCE LETTERS 254 3 180-182 

学術論文

F Saito, H Yamada, Y Sunada, H Hori, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of a 30-kDa peripheral nerve glycoprotein that binds laminin and heparin

1997年10月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 272 42 26708-26713 

学術論文

K Matsumura, H Yamada, F Saito, Y Sunada, T Shimizu

The role of dystroglycan, a novel receptor of laminin and agrin, in cell differentiation

1997年01月 | F HERNANDEZ HISTOLOGY AND HISTOPATHOLOGY 12 1 195-203 

学術論文

K Matsumura, H Yamada, F Saito, Y Sunada, T Shimizu

Peripheral nerve involvement in merosin-deficient congenital muscular dystrophy and dy mouse

1997年01月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 7 1 7-12 

学術論文

斉藤 史明

C6グリオーマ細胞のアミロイド前駆体蛋白のN結合型糖鎖構造に関する研究

1995年06月 | お茶の水医学雑誌 43 2 25-32 

学術論文

F SAITO, A TANI, T MIYATAKE, K YANAGISAWA

N-LINKED OLIGOSACCHARIDE OF BETA-AMYLOID PRECURSOR PROTEIN (BETA-APP) OF C6 GLIOMA-CELLS - PUTATIVE REGULATORY ROLE IN BETA-APP PROCESSING

1995年05月 | ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 210 3 703-710 

学術論文

N SODEYAMA, F SAITO, K SAITO, T MIYATAKE, K YANAGISAWA

DEVELOPMENTAL-CHANGES OF SIALYLATION OF SOLUBLE BETA/A4 AMYLOID PROTEIN-PRECURSOR DERIVATIVES IN HUMAN CEREBROSPINAL-FLUID

1994年12月 | ELSEVIER SCIENCE BV MOLECULAR BRAIN RESEARCH 27 2 320-322 

学術論文

K TSUCHIYA, E OZAWA, F SAITO, H IRIE, T MIZUTANI

NEUROPATHOLOGY OF LATE CORTICAL CEREBELLAR ATROPHY IN JAPAN - DISTRIBUTION OF CEREBELLAR CHANGE ON AN AUTOPSY CASE AND REVIEW OF JAPANESE CASES

1994年09月 | KARGER EUROPEAN NEUROLOGY 34 5 253-262 

学術論文

F SAITO, K YANAGISAWA, T MIYATAKE

SOLUBLE DERIVATIVES OF BETA A4 AMYLOID PROTEIN-PRECURSOR IN HUMAN CEREBROSPINAL-FLUID ARE BOTH N-GLYCOSYLATED AND O-GLYCOSYLATED

1993年07月 | ELSEVIER SCIENCE BV MOLECULAR BRAIN RESEARCH 19 1-2 171-174 

学術論文

F. Saito, K. Tsuchiya, M. Kotera

An autopsied case of Parkinson's disease manifesting Shy-Drager syndrome

1992年 | 11 Clinical Neurology 32 11 1238-1244 

その他

相原 正博, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

不活動が脳由来神経栄養因子BDNFに与える影響の検討

2019年08月 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 5回 144-144 

その他

相原 正博, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮と再荷重の過程における骨格筋内MMPsの動態と筋内血管への影響

2019年06月 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 34 特別号5 13-13 

その他

斉藤史明, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

CRISPR/Cas9による筋強直性ジストロフィーRNA fociの形成抑制

2018年08月01日 | 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 4th 165 

その他

相原 正博, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

マトリックスメタロプロテアーゼの廃用性筋萎縮と再荷重過程における動態

2018年08月 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 4回 141-141 

その他

相原 正博, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

マトリックスメタロプロテアーゼの廃用性筋萎縮と再荷重過程における動態

2018年08月 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 4回 141-141 

その他

相原 正博, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮モデルマウスにおけるマイオカインとマトリックスメタロプロテアーゼの変動

2018年06月 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 33 特別号5 14-14 

その他

桑原碧, 永井知代子, 斉藤史明, 園生雅弘

言語障害で発症する認知症~原発性進行性失語~

2018年05月25日 | 板橋区医師会医学会誌 22 142 

その他

斉藤史明, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

Cas9nickaseを用いた筋強直性ジストロフィーにおける伸長CTGリピート配列の除去

2017年12月 | 生命科学系学会合同年次大会運営事務局 日本生化学会大会(Web) 90th ROMBUNNO.1P‐1247 (WEB ONLY)-1247] 

その他

勝田若奈, 勝田若奈, 相原正博, 相原正博, 廣瀬昇, 廣瀬昇, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 萩原宏毅

廃用性筋萎縮と再荷重過程の酸化ストレス度および抗酸化力の変化

2017年07月03日 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 3rd 132-132 

その他

勝田 若奈, 相原 正博, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮と再荷重過程の酸化ストレス度および抗酸化力の変化

2017年07月 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 3回 132-132 

その他

斉藤 史明, 池田 美樹, 萩原 宏毅, 真先 敏弘, 松村 喜一郎, 園生 雅弘

CRISPR/Cas9ゲノム編集による筋緊張性ジストロフィのCTG反復配列の切り出し(Excision of Myotonic Dystrophy CTG repeat using CRISPR/Cas9 gemome editing)

2017年07月 | 日本筋学会 日本筋学会学術集会プログラム・抄録集 3回 101-101 

その他

勝田若奈, 勝田若奈, 廣瀬昇, 廣瀬昇, 相原正博, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 萩原宏毅

ギプス固定と再荷重が酸化ストレス度および抗酸化力に及ぼす影響

2017年06月24日 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 32 Suppl.6 16-16 

その他

相原 正博, 廣瀬 昇, 勝田 若奈, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

ギプス固定による廃用性筋萎縮と再荷重が微細筋損傷およびIL-6、IL-15に与える影響

2017年06月 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 32 特別号6 15-15 

その他

勝田若奈, 勝田若奈, 廣瀬昇, 廣瀬昇, 相原正博, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 萩原宏毅

筋萎縮後の再荷重による微細筋損傷と炎症性サイトカインや酸化ストレスマーカーとの関連

2017年04月 | (公社)日本理学療法士協会 日本理学療法学術大会(Web) 52nd Suppl.2 ROMBUNNO.P‐KS‐51‐4(J‐STAGE)-KS 

その他

相原 正博, 勝田 若奈, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮に対する再荷重の影響の検討 微細筋損傷とIL-6、IL-15に着目して

2017年04月 | (公社)日本理学療法士協会 理学療法学 44 Suppl.2 O-KS 

その他

斉藤史明, 大熊秀彦, 池田美樹, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 真先敏弘, 真先敏弘, 松村喜一郎

筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究 ゲノム編集を用いた筋強直性ジストロフィーの治療に関する基礎的研究

2017年 | 筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究 平成26-28年度 総括研究報告書 48 

その他

斉藤史明, 大熊秀彦, 池田美樹, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 真先敏弘, 真先敏弘, 松村喜一郎

筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究 ジストログリカンの翻訳後修飾の制御による筋ジストロフィー治療に関する研究

2017年 | 筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究 平成26-28年度 総括研究報告書 47 

その他

大熊 秀彦, 真先 敏弘, 斉藤 史明, 萩原 宏毅, 池田 美樹, 松村 喜一郎, 園生 雅弘, Rambukkana Anura

人工的手法によるSchwann細胞のML誘導リプログラミングの再現(Recapitulation of ML-induced reprogramming of Schwann cells by artificial methods)

2016年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 56 Suppl. S276-S276 

その他

廣瀬昇, 廣瀬昇, 森優樹, 勝田若奈, 勝田若奈, 相原正博, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅

廃用性筋萎縮誘発と再荷重のプロセスにおける炎症性サイトカインや酸化ストレスマーカーの動態

2016年10月 | (公社)日本理学療法士協会 日本理学療法学術大会(Web) 51st Suppl.2 P‐KS‐33‐6(J‐STAGE)-KS 

その他

相原 正博, 勝田 若奈, 森 優樹, 廣瀬 昇, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

ギプス固定による廃用性筋萎縮と再荷重のプロセスにおけるマイオカインの変動

2016年10月 | (公社)日本理学療法士協会 理学療法学 43 Suppl.2 P-KS 

その他

斉藤史明, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

CRISPR/Cas9による筋強直性ジストロフィーにおける伸長CTGリピート配列の除去

2016年09月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会(Web) 89th ROMBUNNO.2P‐326 (WEB ONLY)-326] 

その他

廣瀬 昇, 森 優樹, 勝田 若奈, 相原 正博, 斉藤 史明, 萩原 宏毅

廃用性筋萎縮誘発と再荷重のプロセスにおける炎症性サイトカインや酸化ストレスマーカーの動態

2016年08月 | 日本基礎理学療法学会学術誌局 日本基礎理学療法学雑誌 20 1 326-326 

その他

勝田若奈, 勝田若奈, 廣瀬昇, 廣瀬昇, 相原正博, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅, 萩原宏毅

ギプス固定と再荷重が骨格筋に及ぼす影響~筋病理,炎症性サイトカイン,酸化ストレスマーカーの解析~

2016年06月25日 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 31 特別号5 17-17 

その他

相原 正博, 廣瀬 昇, 勝田 若奈, 斉藤 史明, 丸山 仁司, 萩原 宏毅

マイオカインIL-6、IL-15の廃用性筋萎縮と再荷重の過程における変動

2016年06月 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 31 特別号5 16-16 

その他

加藤 喜之, 堀井 有尚, 高山 裕史, 岩田 光正, 依藤 壽, 菓子 初音, 石川 徹, 鈴木 育夫, 水野 重樹, 天木 聡, 金丸 和富, 斎藤 史明, 菊地 弘敏, 大山 彦光, 久保 伸一郎

平成26年度在宅難病患者訪問診療事業実績について

2016年03月 | (公社)板橋区医師会 板橋区医師会医学会誌 20 154-156 

その他

斉藤史明, 大熊秀彦, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

α‐dystroglycan N末端ドメインの過剰発現がマウス骨格筋に及ぼす影響に関する検討

2015年12月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会(Web) 88th 2P1300 (WEB ONLY)-[2P1300] 

その他

大熊 秀彦, 三井 純, 大森 亜希, 肥田 あゆみ, 畑中 裕己, 松村 喜一郎, 清水 潤, 辻 省次, 園生 雅弘, 斉藤 史明

Tubular aggregate myopathyにおける新規STIM1変異と筋芽細胞に及ぼす影響

2015年12月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 55 Suppl. S388-S388 

その他

廣瀬昇, 廣瀬昇, 相原正博, 相原正博, 斉藤史明, 萩原宏毅, 萩原宏毅

骨格筋萎縮に対するポリフェノールの長期的効果と作用機序の検討

2015年06月27日 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 30 特別号5 10-10 

その他

相原正博, 相原正博, 廣瀬昇, 廣瀬昇, 斉藤史明, 丸山仁司, 萩原宏毅, 萩原宏毅

マウスにおける筋萎縮誘発方法の比較検討~ギプス固定法,後肢懸垂法とプラスティックチューブ固定法との比較~

2015年06月27日 | (一社)理学療法科学学会 理学療法科学 30 特別号5 9-9 

その他

大熊秀彦, 斉藤史明, 松村喜一郎

筋ジストロフィーおよび膜イオンチャネル異常症 肢帯型筋ジストロフィー 常染色体劣性型LGMD LGMD2H

2015年05月20日 | 日本臨床 124-125 

その他

大熊秀彦, 斉藤史明, 松村喜一郎

筋ジストロフィーおよび膜イオンチャネル異常症 肢帯型筋ジストロフィー 常染色体劣性型LGMD LGMD2G

2015年05月20日 | 日本臨床 122-123 

その他

西野一三, 大澤裕, 青木正志, 戸田達史, 石浦章一, 大野欽司, 松田良一, 遠藤玉夫, 平澤恵理, 高橋正紀, 土田邦博, 林良雄, 斎藤加代子, 杉江秀夫, 杉江秀夫, 遠藤剛, 斉藤史明, 清水潤, 林由起子, 原雄二

筋ジストロフィー関連疾患の基盤的診断・治療開発研究

2015年 | 精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成26年度 310-348 

その他

萩原宏毅, 斉藤史明, 真先敏弘, 松村喜一郎, 園生雅弘

レスベラトロールは線維化を軽減し先天性筋ジストロフィーモデルの症状を改善する

2014年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 55th Suppl. 534-S60 

その他

斉藤史明, 金川基, 萩原宏毅, 真先敏弘, 池田美樹, 清水輝夫, 園生雅弘, 戸田達史, 松村喜一郎

FukutinノックアウトマウスにおけるLARGEの過剰発現―治療応用へ向けての課題―

2014年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 55th Suppl. 534-S60 

その他

斉藤史明, 金川基, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 大熊秀彦, 片野坂友紀, 清水輝夫, 園生雅弘, 戸田達史, 松村喜一郎

LARGEの過剰発現はIGF‐1の発現低下により筋再生を抑制してマウスの筋ジストロフィーを悪化させる

2014年10月 | (公社)日本生化学会 日本生化学会大会(Web) 87th 4P-409 (WEB ONLY)-409] 

その他

斉藤史明, 金川基, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 戸田達史, 松村喜一郎

筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究 ジストログリカンの翻訳後修飾の改変と筋ジストロフィー治療への応用―LARGEの治療応用へ向けての課題―

2014年 | 筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究 平成23-25年度 総括研究報告書 52-53 

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 真先敏弘, 池田美樹, 松村喜一郎

筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究 レスベラトロールの先天性筋ジストロフィーモデルマウス対する効果の検討

2014年 | 筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究 平成23-25年度 総括研究報告書 54 

その他

萩原宏毅, 斉藤史明, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

レスベラトロールの先天性筋ジストロフィーモデルマウス対する効果の検討

2013年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 54th 12 469-1578 

その他

斉藤史明, 金川基, 萩原宏毅, 真先敏弘, 池田美樹, 清水輝夫, 園生雅弘, 戸田達史, 松村喜一郎

骨格筋特異的Fukutin欠損マウスに対するLARGEの過剰発現の影響

2013年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 54th 12 469-1578 

その他

西野一三, 大澤裕, 青木正志, 戸田達史, 石浦章一, 大野欽司, 松田良一, 遠藤玉夫, 平澤恵理, 高橋正紀, 土田邦博, 林良雄, 斎藤加代子, 杉江秀夫, 樋口逸郎, 遠藤剛, 田中栄二, 斉藤史明, 清水潤, 松田知栄, 三宅克也, 舟山亮, 青山智英子, 本村和嗣, 林由起子, 野口悟

筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究

2013年 | 精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成24年度 70-110,414 

その他

斉藤史明, 金川基, 池田美樹, 萩原宏毅, 真先敏弘, 清水輝夫, 戸田達史, 松村喜一郎

ジストログリカンの翻訳後修飾の改変と筋ジストロフィー治療への応用 ーα-dystroglycanopathyモデルマウスへのLARGEの過剰発現の影響

2012年12月07日 | 独立行政法人国立精神・神経センター 精神・神経疾患研究開発費 23-5「筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究」 西野班班会議  

その他

萩原宏毅, 斉藤史明, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎, 園生雅弘

転写因子Pax3はMyoDと細胞周期の制御因子に作用して筋分化を抑制する

2012年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 53rd 12 309-1476 

その他

真先敏弘, 斉藤史明, 萩原宏毅, 松村喜一郎, 園生雅弘

細胞外H1蛋白は末梢神経・胸腺における新しいラミニン結合蛋白である

2012年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 53rd 12 310-1477 

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 真先敏弘, 池田美樹, 園生雅弘, 松村喜一郎

LARGEによるα‐dystroglycanの機能亢進を用いた先天性筋ジストロフィー治療の試み

2012年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 53rd 12 309-1476 

その他

F. Saito, H. Hagiwara, M. Ikeda, T. Masaki, T. Shimizu, K. Matsumura

Effects of overexpression of LARGE on a mouse model of congenital muscular dystrophy

2012年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 22 9-10 814-814 

その他

H. Hagiwara, H. Shan, T. Masaki, M. Ikeda, T. Shimizu, K. Matsumura, F. Saito

The role of the transcriptional factor Pax3 on myogenesis and the effect on the expression of myogenic regulatory factors

2012年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 22 9-10 865-865 

その他

斉藤史明

遺伝性筋疾患の新たな治療戦略 LARGEによるα‐ジストログリカノパチーに対する治療戦略

2012年04月25日 | 月刊神経内科 76 4 367-371 

その他

斉藤史明, 清水輝夫

神経疾患最新の治療 2012-2014

2012年 | 南江堂 筋疾患5 筋強直性ジストロフィー 

その他

西野一三, 大澤裕, 青木正志, 戸田達史, 石浦章一, 大野欽司, 松田良一, 遠藤玉夫, 平澤恵理, 高橋正紀, 土田邦博, 林良雄, 斎藤加代子, 杉江秀夫, 樋口逸郎, 遠藤剛, 田中栄二, 斉藤史明, 清水潤, 松田知栄, 三宅克也, 舟山亮, 青山智英子, 林由起子, 野口悟

筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究

2012年 | 精神・神経疾患研究開発費による研究報告集(2年度班・初年度班) 平成23年度 250-286 

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 真先敏弘, 黄 山, 池田美樹, 清水 輝夫, 松村喜一郎

転写因子Pax3の骨格筋分化における役割と筋原性制御因子に対する影響の検討

2011年12月06日 | 独立行政法人国立精神・神経センター 精神・神経疾患研究開発費 23-5「筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究」 西野班班会議  

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 真先敏弘, 黄 山, 池田美樹, 清水 輝夫, 松村喜一郎

ジストログリカンの翻訳後修飾の改変と筋ジストロフィー治療への応用

2011年12月05日 | 独立行政法人国立精神・神経センター 精神・神経疾患研究開発費 23-5「筋ジストロフィーおよび関連疾患の診断・治療開発を目指した基盤研究」 西野班班会議  

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 大熊文美, 池田美樹, 真先敏弘, 清水輝夫, 松村喜一郎

Largeによるα‐dystroglycanの機能修復と疾患治療への応用

2011年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 52nd 12 366-1301 

その他

萩原宏毅, 斉藤史明, 真先敏弘, 大熊文美, 松村喜一郎, 清水輝夫

ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤は筋原性制御因子に作用して骨格筋分化を促進する

2011年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 52nd 12 360-1297 

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 池田美樹, HUANG Shan, 真先敏弘, 松村喜一郎

Dystroglycanの機能亢進を用いた癌細胞抑制に関する検討

2011年09月 | (公社)日本生化学会 生化学 84回 ROMBUNNO.2P-0572-0572 

その他

斉藤 史明, 松村 喜一郎

α-ジストログリカンの機能異常と筋ジストロフィー (特集 筋ジストロフィーの分子病態から治療へ)

2011年03月 | 金原一郎記念医学医療振興財団 生体の科学 62 2 88-90 

その他

松村喜一郎, 萩原宏毅, 斉藤史明, 真先敏弘, 大熊文美, 池田美樹, 清水輝夫

筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明,診断法確立と薬物治療の開発に関する研究 ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の骨格筋,シュワン細胞由来培養細胞に対する効果の検討

2011年 | 筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明、診断法確立と薬物治療の開発に関する研究 平成20-22年度 総括研究報告書 36 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 萩原宏毅, 金川基, 兼先宏典, 大熊文美, 池田美樹, 真先敏弘, 鈴木友子, 武田伸一, 戸田達史, 清水輝夫

筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明,診断法確立と薬物治療の開発に関する研究 Largeに関連するα‐dystroglycanのプロセッシングとその効用

2011年 | 筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明、診断法確立と薬物治療の開発に関する研究 平成20-22年度 総括研究報告書 34-35 

その他

Saito F

[Emerging novel therapeutic strategy for α-dystroglycanopathy by Large].

2011年 | 11 Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 51 11 918-921 

その他

萩原宏毅, 斉藤史明, 大熊文美, 松村喜一郎, 清水輝夫

ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤の骨格筋由来培養細胞に対する効果の検討

2010年12月 | (一社)日本神経学会 日本神経学会総会プログラム・抄録集 51st 12 230-1133 

その他

M. Henderson, J. Richards, R. Charlton, F. Saito, K. Matsumura, R. Barresi

Expression analysis of N-terminal alpha-dystroglycan in muscle diseases

2010年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 20 9-10 609-609 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 萩原宏毅, 中村文美, 池田美樹, 張 欣, 清水輝夫

遺伝子改変マウスを用いたLargeによるα-dystroglycanの機能修復作用に関する検討

2009年12月11日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明,診断法確立と薬物治療の開発に関する研究」 砂田班班会議  

その他

斉藤史明, 萩原宏毅, 中村文美, 池田美樹, ZHANG Xin, 清水輝夫, 松村喜一郎

Largeによるα‐dystroglycanの機能修復に関する検討

2009年09月25日 | (公社)日本生化学会 生化学 82回 ROMBUNNO.4P-586-586 

その他

F. Saito, Z. Xin, M. Ikeda, H. Hagiwara, T. Shimizu, K. Matsumura

Overexpression of LARGE strongly increases laminin binding of alpha-dystroglycan but does not exhibit toxic effects in mice

2009年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 19 8-9 555-556 

その他

K. Matsumura, F. Saito, Y. Saito-Arai, M. Ikeda, A. Nakakmura, T. Shimizu

Secretion of the N-terminal domain of alpha-dystroglycan in the human cerebrospinal fluid in physiological and pathological conditions

2009年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 19 8-9 552-552 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 萩原宏毅, 新井祐子, 池田美樹, 中村文美, 清水輝夫

α-Dystroglycanopathyに対する酵素補充療法の開発に関する研究

2009年03月06日 | 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 福山型筋ジストロフィーおよび類縁疾患のユニークな治療法開発と病態解明 会議  

その他

松村喜一郎, 新井祐子, 斉藤史明, 萩原宏毅, 池田美樹, 中村文美, 清水輝夫

α-dystroglycanのプロセッシング断片の解析

2009年03月06日 | 厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 福山型筋ジストロフィーおよび類縁疾患のユニークな治療法開発と病態解明 会議  

その他

斉藤史明

Largeによるα-dystroglycanopathyに対する分子治療の開発

2009年01月09日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費.筋ジストロフィー総合班会議  

その他

Saito F, Matsumura K

Neurochemistry: Mollecular aspects, cellular aspects and clinical applications

2009年 | NOVA Science Publishers, Inc Dystroglycan and neuromuscular diseases: Its diverging role in muscle, nerve and brain 

その他

斉藤史明, 松村喜一郎

Dystroglycanの末梢神経における機能と病態とのかかわり

2009年 | 神経内科 70 373-379 

その他

斉藤史明, 松村喜一郎, 中村文美, 池田美樹, 張 欣, 萩原宏毅, 清水輝夫

ジストログリカンの機能と神経筋疾患の分子病態への関わり

2009年 | 帝京医学雑誌 32 307-317 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 萩原宏毅, 清水輝夫

Largeによるα-dystroglycanopathyに対する分子治療の開発へ向けて:In vitroおよびin vivoにおけるLargeのa-dystroglycan機能修復作用について

2008年12月14日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連疾患の分子病態解明,診断法確立と薬物治療の開発に関する研究」 砂田班班会議  

その他

F. Saito, Y. Arai, H. Hagiwara, T. Shimizu, K. Matsumura

Glycosylation of alpha-dystroglycan in cultured cells and its restoration by glycosyltransferase

2008年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 18 9-10 737-738 

その他

清水輝夫, 松村喜一郎, 斉藤史明, 鐘鏑, 真先敏弘, 武田聖, 戸田達史

筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究 I.α‐ジストログリカノパチー/先天性筋ジストロフィー α‐Dystroglycanのプロセッシングの解析

2008年 | 筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究 清水班 平成17-19年度研究報告書 13-14 

その他

斉藤 史明, 松村 喜一郎, 萩原 宏毅, 清水 輝夫

先天性筋ジストロフィーと α-dystroglycanopathy

2008年 | 日本神経学会 臨床神経学 48 8 543-549 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 新井祐子, 清水輝夫

ヒト脳脊髄液におけるα-dystroglycanプロセッシング断片の解析

2007年12月07日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 新井祐子, 清水輝夫

難治性ニューロパチーにおけるdystroglycanプロセッシングの解析

2007年12月05日 | 厚生労働省神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班  

その他

Y. Miyagoe-Suzuki, K. Miyamoto, F. Saito, K. Matsumura, H. Manya, T. Endo, S. Takeda

POMGnT1-null myoblasts poorly proliferate in vitro

2007年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 17 9-10 873-873 

その他

K. Matsumura, Y. Arai, F. Saito, T. Shimizu

Characterization of processing and secretion of the N-terminal domain of alpha-dystroglycan

2007年07月 | BLACKWELL PUBLISHING FEBS JOURNAL 274 111-111 

その他

Fumiaki Saito, Toshihiro Masaki, Yuko Saito, Ayami Nakamura, Satoshi Takeda, Teruo Shimizu, Tatsushi Toda, Kiichiro Matsumura

Defective peripheral nerve myelination and neuromuscular junction formation in fukutin-deficient chimeric mice

2007年06月 | BLACKWELL PUBLISHING JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 101 6 1712-1722 

その他

Fumiaki Saito, Yuko Arai, Teruo Shimizu, Kiichiro Matsumura

Characterization of the processing of alpha-dystroglycan

2007年 | ELSEVIER IRELAND LTD NEUROSCIENCE RESEARCH 58 S176-S176 

その他

Kenichiro Kojima, Fumiaki Saito, Kiichiro Matsumura, Teruo Shimizu, Tatsushi Toda, Satoshi Takeda, Yuri Hara, Akiko Watanabe, Chihiro Yamazaki, Shunya Uchida

The role of defective glycosylation of alpha-dystroglycan in podocyte flattening

2007年 | OXFORD UNIV PRESS NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION 22 5-5 

その他

斉藤史明, 鈴木友子, 新井祐子, 武田聖, 清水輝夫, 戸田達史, 武田伸一, 松村喜一郎

α-Dystroglycanopathyにおける末梢神経障害の検討ーPOMGnT1 knockoutマウス、fukutin knockinマウスの解析ー

2006年12月06日 | 厚生労働省神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班  

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 新井祐子, 清水輝夫

α-Dystroglycanのプロセッシングに関する検討

2006年12月01日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

F. Saito, T. Masaki, D. Zhong, Y. Saito, S. Takeda, T. Shimizu, T. Toda, K. Matsumura

Disruption of fukutin causes dysmyelination of peripheral nerve

2006年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 16 9-10 679-679 

その他

Kiiehiro Matsumura, Di Zhong, Fumiaki Saito, Teruo Shimizu

Processing of beta-dystroglycan by matrix metalloproteinases-2 and -9

2006年07月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 16 S110-S111 

その他

斉藤史明, 真先敏弘, 鐘鏑, 武田聖, 清水輝夫, 戸田達史, 松村喜一郎

Dystroglycanの糖鎖異常による髄鞘形成異常について―フクチン欠損キメラマウスにおける末梢神経障害の検討―

2005年12月07日 | 厚生労働省神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班  

その他

鐘鏑, 斉藤史明, 笹山由賀, 山中美樹, 大井博子, 松村喜一郎, 清水輝夫

Matrix metalloproteinaseによるβ-dystroglycanの分解

2005年12月03日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

斉藤史明, 真先敏弘, 鐘鏑, 武田聖, 笹山由賀, 山中美樹, 大井博子, 戸田達史, 松村喜一郎, 清水輝夫

α-Dystroglycanopathyにおける神経筋障害の検討―フクチン欠損キメラマウスを用いた解析―

2005年12月02日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

F Saito, M Blank, M Schroder, H Manya, T Shimizu, K Campbell, T Endo, M Mizutani, S Kroger, K Matsumura

Aberrant glycosylation of alpha-Dystroglycan causes defective binding of laminin in the muscle of chicken Muscular Dystrophy

2005年11月 | ELSEVIER SCIENCE BV JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 238 S168-S168 

その他

M Kanagawa, F Saito, S Kunz, T Yoshida-Moriguchi, R Barresi, YM Kobayashi, J Muschler, JP Dumanski, DE Michele, MB Oldstone, KP Campbell

Functional domains in dystroglycan processing and laminin binding

2005年10月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 15 9-10 706-707 

その他

K Matsumura, D Zhong, F Saito, K Arai, Nishino, I, T Shimizu

Proteolytic processing of dystroglycan in muscular diseases

2005年07月 | BLACKWELL PUBLISHING FEBS JOURNAL 272 295-296 

その他

斉藤史明, 清水輝夫

リハビリテーションMOOK 10、神経疾患とリハビリテーション

2005年 | 金原出版 神経疾患の診断 遺伝子診断 

その他

斉藤史明, 真先敏弘, 鐘鏑, 武田聖, 清水輝夫, 戸田達史, 松村喜一郎

フクチン欠損キメラマウスにおける末梢神経障害の検討

2004年12月08日 | 厚生労働省神経疾患研究委託費「難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発」班  

その他

鐘鏑, 新井謙, 斉藤史明, 笹山由賀, 山中美樹, 大井博子, 松村喜一郎, 西野一三, 清水輝夫

筋疾患におけるβ-dystroglycanのmatrix metalloproteinaseによる分解

2004年12月03日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

斉藤史明, 金川基, Kevin Campbell, 松村喜一郎, 清水輝夫

ジストログリカンの機能ドメインに関する検討

2004年12月03日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

M Kanagawa, F Saito, S Kunz, T Yoshida-Moriguchi, R Barresi, YM Kobayashi, J Muschler, JP Dumanski, DE Michele, MBA Oldstone, KP Campbell

Molecular recognition by LARGE is essential for expression of functional dystroglycan

2004年11月 | OXFORD UNIV PRESS INC GLYCOBIOLOGY 14 11 1104-1104 

その他

斉藤 史明, 松村 喜一郎, Campbell Kevin P

神経系におけるジストログリカンの機能--コンディショナルノックアウトマウスの解析から何がわかったか (神経糖鎖生物学) -- (遺伝子改変マウスを用いた機能解析)

2004年11月 | 共立出版 蛋白質核酸酵素 49 15 2437-2444 

その他

F Saito, M Blank, J Schroder, H Manya, T Shimizu, KP Campbell, T Endo, M Mizutani, S Kroger, K Matsumura

Aberrant glycosylation and defective laminin-binding of alpha-dystroglycan in chicken muscular dystrophy

2004年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 14 8-9 603-604 

その他

斉藤史明

発生/増殖 コンディショナルノックアウトマウス

2004年09月 | 生体の科学 55 5 474-475 

その他

SA Moore, SE Ross-Barta, S Westra, F Saito, A Messing, L Bajenaru, D Gutmann, KP Campbell

Cerebellar dysgenesis correlates with the timing and extent of dystroglycan deletion in conditional knockout mice.

2004年05月 | AMER ASSN NEUROPATHOLOGISTS INC JOURNAL OF NEUROPATHOLOGY AND EXPERIMENTAL NEUROLOGY 63 5 519-519 

その他

斉藤史明

筋ジストロフィー鶏を用いたα-dystroglycanopathyの分子発症機序に関する検討

2004年01月16日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費.筋ジストロフィー総合班会議  

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 清水輝夫, CAMPBELL K P

laminin‐2欠損症における脱髄性ニューロパチーの分子発病機構に関する研究:ジストログリカンの髄鞘形成における役割を中心に

2004年 | 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 平成13-15年度 総括研究報告書 48 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 清水輝夫, CAMPBELL K P

末梢神経の髄鞘形成とNa+チャンネルのクラスタリングにおけるdystroglycanの役割

2004年 | 遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究 平成13-15年度 総括研究報告書 27 

その他

冨満弘之, 藤ケ崎浩人, 石川欽也, 斉藤史明, 清水潤, 松村喜一郎, 金澤一郎, 水澤英洋

DMRV患者の骨格筋におけるGNE遺伝子発現の検討

2003年12月25日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

斉藤史明, 新井謙, 大井博子, 清水輝夫, Kevin Campbell, 松村喜一郎

末梢神経の髄鞘形成とNa+チャンネルのクラスタリングにおけるdystroglycanの役割

2003年12月11日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究」班  

その他

斉藤史明, 冨満弘之, 新井謙, 神田隆, 水澤英洋, 松村喜一郎, 清水輝夫

Rimmed vacuoleを伴う遠位型ミオパチー患者における糖蛋白のシアル酸負荷に関する検討

2003年12月05日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

斉藤史明, 新井謙, 水谷誠, 松村喜一郎, 清水輝夫

新たなモデル動物を用いたα-dystroglycanopathyの発症機序に関する検討

2003年12月05日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

Toshihiro Masaki, Kiichiro Matsumura, Fumiaki Saito, Hiroki Yamada, Susumu Higuchi, Keiko Kamakura, Hiroshi Yorifuji, Teruo Shimizu

Association of dystroglycan and laminin-2 coexpression with myelinogenesis in peripheral nerves

2003年12月 | Medical Electron Microscopy 36 4 221-239 

その他

斉藤史明

Dystroglycan conditional knockout miceの解析

2003年10月04日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班 Small group workshop  

その他

F Saito, H Tomimitsu, K Arai, T Kanda, T Shimizu, H Mizusawa, K Matsumura

Sialylation of skeletal muscle glycoproteins in patients of distal myopathy with rimmed vacuoles

2003年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 13 7-8 652-652 

その他

F Saito, SA Moore, R Barresi, MD Henry, A Messing, SE Ross-Barta, RD Cohn, RA Williamson, KA Sluka, DL Sherman, PJ Brophy, JD Schmelzer, PA Low, L Wrabetz, ML Feltri, KP Campbell

Unique role of dystroglycan in peripheral nerve myelination, nodal structure, and sodium channel stabilization

2003年06月 | CELL PRESS NEURON 38 5 747-758 

その他

Matsumura K, Arai K, Zhong D, Saito F, Fukuta-Ohi H, Maekawa R, Yamada H, Shimizu T

Matrix metalloproteinase activity that disrupts the dystroglycan complex: its role in the molecular pathogenesis of muscular dystrophies.

2003年 | 4 561-573 

その他

斉藤史明, 新井謙, 大井博子, 清水輝夫, CAMPBELL K P, 松村喜一郎

末梢神経特異的ジストログリカンノックアウトマウスにおける髄鞘形成異常について

2003年 | 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成14年度 (2年度班・初年度班) 162 

その他

清水輝夫, 新井謙, 山田広樹, 斉藤史明, 大井博子, 松村喜一郎

心筋症ハムスター筋におけるβ dystroglycanのmatrix metalloproteinaseによる分解

2003年 | 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成14年度 (2年度班・初年度班) 569 

その他

清水輝夫, 斉藤史明, 新井謙, 大井博子, CAMPBELL K P, 松村喜一郎

脳特異的ジストログリカンノックアウトマウスにおける先天性筋ジストロフィー類似の脳病変について

2003年 | 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成14年度 (2年度班・初年度班) 578 

その他

Saito F, Ohi HF, Shimizu T, Matsumura K

The role of dystroglycan in the pathogenesis of neuromuscular disorders and infectious diseases

2003年 | Res Devel Biochem 4 561-573 

その他

斉藤史明, 新井謙, 大井博子, 清水輝夫, Kevin Campbell, 松村喜一郎

末梢神経特異的ジストログリカンノックアウトマウスにおける髄鞘形成異常について

2002年12月12日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「遺伝性ニューロパチーの診断システムの確立および治療に関する研究」班  

その他

新井謙, 山田広樹, 斉藤史明, 大井博子, 松村喜一郎, 清水輝夫

心筋症ハムスター筋におけるβ-dystroglycanのmatrix metaloproteinaseによる分解

2002年12月06日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

斉藤史明, 新井謙, 大井博子, Kevin Campbell, 松村喜一郎, 清水輝夫

脳特異的ジストログリカンノックアウトマウスにおける先天性筋ジストロフィー類似の脳病変について

2002年12月06日 | 厚生労働省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーに関連する疾患の病態解明と治療法の開発に関する研究」 清水班班会議  

その他

RD Cohn, MD Henry, DE Michele, R Barresi, F Saito, SA Moore, JD Flanagan, MW Skwarchuk, ME Robbins, Mendell, JR, RA Williamson, KP Campbell

Disruption of Dag1 in differentiated skeletal muscle reveals a role for dystroglycan in muscle regeneration

2002年09月 | CELL PRESS CELL 110 5 639-648 

その他

DE Michele, R Barresi, M Kanagawa, F Saito, RD Cohn, JS Satz, J Dollar, Nishino, I, RI Kelley, H Somer, Straub, V, KD Mathews, SA Moore, KP Campbell

Post-translational disruption of dystroglycan-ligand interactions in congenital muscular dystrophies

2002年07月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE 418 6896 417-422 

その他

SA Moore, F Saito, JG Chen, DE Michele, MD Henry, A Messing, RD Cohn, SE Ross-Barta, S Westra, RA Williamson, T Hoshi, KP Campbell

Deletion of brain dystroglycan recapitulates aspects of congenital muscular dystrophy

2002年07月 | NATURE PUBLISHING GROUP NATURE 418 6896 422-425 

その他

SA Moore, F Saito, MD Henry, A Messing, PA Low, L Wrabetz, L Feltri, KP Campbell

Peripheral neuropathy with folded myelin sheaths in mice lacking Schwann cell dystroglycan.

2002年05月 | AMER ASSN NEUROPATHOLOGISTS INC JOURNAL OF NEUROPATHOLOGY AND EXPERIMENTAL NEUROLOGY 61 5 485-485 

その他

KP Campbell, F Saito, DE Michele, MD Henry, A Messing, RD Cohn, SA Moore

Brain specific disrutpion of dystroglycan function

2002年05月 | WILEY-LISS GLIA S7-S7 

その他

Y Sunada, F Saito, Higuchi, I, K Matsumura, T Shimizu

Deficiency of a 180-kDa extracellular matrix protein in Fukuyama type congenital muscular dystrophy skeletal muscle

2002年02月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 12 2 117-120 

その他

斉藤史明, Campbell KP

ジストログリカンの糖鎖異常による先天性筋ジストロフィーの発症機序

2002年 | 実験医学 20 2648-2650 

その他

KP Campbell, RD Cohn, MD Henry, R Barresi, F Saito, SA Moore, CR Kahn, R Williamson

Tissue-specific disruption of dystroglycan: Insights into muscular dystrophy

2001年11月 | AMER SOC CELL BIOLOGY MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL 12 400A-400A 

その他

SA Moore, F Saito, M Henry, A Messing, RD Cohn, R Williamson, KP Campbell

Brain developmental abnormalities following selective deletion of dystroglycan

2001年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 11 6-7 636-637 

その他

H Yamada, F Saito, H Fukuta-Ohi, D Zhong, A Hase, K Arai, A Okuyama, R Maekawa, T Shimizu, K Matsumura

Processing of beta-dystroglycan by matrix metalloproteinase disrupts the link between the extracellular matrix and cell membrane via the dystroglycan complex

2001年09月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 11 6-7 650-651 

その他

S Sugita, F Saito, J Tang, J Satz, K Campbell, TC Sudhof

A stoichiometric complex of neurexins and dystroglycan in brain

2001年07月 | ROCKEFELLER UNIV PRESS JOURNAL OF CELL BIOLOGY 154 2 435-445 

その他

SA Moore, F Saito, M Henry, A Messing, RD Cohn, R Williamson, KP Campbell

Selective deletion of brain dystroglycan results in neuronal migration errors.

2001年05月 | AMER ASSN NEUROPATHOLOGISTS INC JOURNAL OF NEUROPATHOLOGY AND EXPERIMENTAL NEUROLOGY 60 5 512-512 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 山田広樹, 長谷麻子, 砂田芳秀, 清水輝夫

Laminin-2欠損症におけるニューロパチーの分子発病機構:シュワン細胞laminin-2受容体の分子構造

2000年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「遺伝性ニューロパチーの成因および治療に関する研究」班  

その他

松村 喜一郎, 山田 広樹, 斉藤 史明, 砂田 芳秀, 清水 輝夫, 真先 敏弘, 鎌倉 恵子

軸索変性・再生時のシュワン細胞における dystroglycan と laminin-2 の発現

2000年06月20日 | 末梢神経 = Peripheral nerve 10 1 97-101 

その他

萩原 宏毅, 武田 克彦, 斎藤 史明, 清水 輝夫, 板東 充秋

失書のない左手の失行と吃音様症状を呈した右前大脳動脈領域梗塞による脳梁離断症候群の1例

2000年06月 | (一社)日本神経学会 臨床神経学 40 6 605-610 

その他

T Masaki, K Matsumura, F Saito, Y Sunada, T Shimizu, H Yorifuji, K Motoyoshi, K Kamakura

Expression of dystroglycan and laminin-2 in peripheral nerve under axonal degeneration and regeneration

2000年03月 | SPRINGER VERLAG ACTA NEUROPATHOLOGICA 99 3 289-295 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 山田広樹, 長谷麻子, 砂田芳秀, 清水輝夫

laminin-2欠損症におけるニューロパチーの分子発病機構:シュワン細胞laminin-2受容体の分子構造

1999年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費祖父江班「遺伝性ニューロパチーの成因および治療に関する研究」班会議  

その他

Y Sunada, F Saito, K Matsumura, T Shimizu

Differential expression of the parkin gene in various human tissues.

1999年09月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ANNALS OF NEUROLOGY 46 3 459-459 

その他

K Matsumura, F Saito, H Yamada, A Hase, Y Sunada, T Shimizu

Sarcoglycan complex: A muscular supporter of dystroglycan-dystrophin interplay?

1999年09月 | CELLULAR & MOLECULAR BIOLOGY CELLULAR AND MOLECULAR BIOLOGY 45 6 751-762 

その他

F Saito, T Masaki, K Kamakura, LVB Anderson, S Fujita, H Fukuta-Ohi, Y Sunada, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of the transmembrane molecular architecture of the dystroglycan complex in Schwann cells

1999年03月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 274 12 8240-8246 

その他

斉藤史明, 清水輝夫

新内科治療ガイド

1999年 | 文光堂 神経筋疾患:筋緊張性ジストロフィー 

その他

K Matsumura, F Saito, Y Sunada, T Shimizu

Characterization of the molecular organization of the dystroglycan complex in Schwann cells

1999年 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY 73 S68-S68 

その他

清水輝夫, 砂田芳秀, 樋口逸郎, 斉藤史明, 松村喜一郎

福山型先天性筋ジストロフィーにおける180kDa蛋白(p180)の欠損 (厚生省S)

1999年 | 筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究 平成8-10年度研究報告書 高木班 98-100 

その他

清水輝夫, 砂田芳秀, 大井浩明, 荒田悟, 斉藤史明, 松村喜一郎

Caveolin‐3遺伝子変異トランスジェニックマウスの作製 (厚生省S)

1999年 | 筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究 平成8-10年度研究報告書 高木班 77 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 山田広樹, 砂田芳秀, 清水輝夫

Dystrophin結合糖蛋白の機能解析 (厚生省S)

1999年 | 筋ジストロフィーの分子病態学的基礎研究 平成8-10年度 総括研究報告書 50-56 

その他

斉藤史明, 清水輝夫

福山型先天性筋ジストロフィーはレトロトランスポゾンの挿入により引き起こされる

1999年 | Medical Briefs in Brain & Nerve 9 1-2 

その他

砂田芳秀, 樋口逸郎, 斉藤史明, 松村喜一郎, 清水輝夫

福山型先天性筋ジストロフィーにおける180 kDa蛋白(p180)の欠損

1998年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」班  

その他

山田広樹, 斉藤史明, 砂田芳秀, 松村喜一郎, 清水輝夫

らい菌レセプターとしてのα-dystroglycan

1998年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」班  

その他

斉藤史明, 山田広樹, 砂田芳秀, 清水輝夫, 松村喜一郎

Dystrophin結合糖蛋白の機能解析

1998年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーの分子病態学的基礎研究」班  

その他

Y Sunada, F Saito, K Matsumura, T Shimizu

Differential expression of the parkin gene in the human brain and peripheral leukocytes

1998年10月 | ELSEVIER SCI IRELAND LTD NEUROSCIENCE LETTERS 254 3 180-182 

その他

清水輝夫, 松村喜一郎, 斉藤史明, 砂田芳秀, 松尾雅文, 舘延忠

ジストロフィンexon 71‐74 skippingにメロシンの部分欠損を伴った先天性筋ジストロフィーの一例 (厚生省S)

1998年 | 厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成9年度 2年度班・初年度班 36 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 砂田芳秀, 清水輝夫

ジストロフィン結合糖蛋白の機能解析 ジストログリカン以外のラミニン結合蛋白は? (厚生省S)

1998年 | 厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成9年度 2年度班・初年度班 21 

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 砂田芳秀, 松尾雅文, 館延忠, 清水輝夫

ジストロフィンexon 71-74 skippingにメロシンの部分欠損を伴った先天性筋ジストロフィーの一例

1997年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」班  

その他

砂田芳秀, 斉藤史明, 松村喜一郎, K.P. Campbell, 清水輝夫

サルコグリカン欠損心筋におけるジストロフィン-ジストログリカンの異常

1997年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費高木班「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究」班会議  

その他

斉藤史明, 砂田芳秀, 清水輝夫, 松村喜一郎

ジストロフィン結合糖蛋白の機能解析.ジストログリカン以外のラミニン結合蛋白は?

1997年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィーの分子病態学的基礎研究」班  

その他

千葉厚郎, 遠藤玉夫, 木幡陽, 楠進, 金澤一郎, 山田広樹, 斉藤史明, 砂田芳秀, 松村喜一郎, 清水輝夫

シュワン細胞α-dystroglycanのO結合型シアル化オリゴ糖の構造解析

1997年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」班  

その他

松村喜一郎, 斉藤史明, 砂田芳秀, 清水輝夫

シュワノーマ細胞の細胞接着におけるdystroglycan複合体の役割

1997年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費 「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」班  

その他

F Saito, H Yamada, Y Sunada, H Hori, T Shimizu, K Matsumura

Characterization of a 30-kDa peripheral nerve glycoprotein that binds laminin and heparin

1997年10月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 272 42 26708-26713 

その他

K Matsumura, H Yamada, F Saito, Y Sunada, T Shimizu

Peripheral nerve involvement in merosin-deficient congenital muscular dystrophy and dy mouse

1997年01月 | PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD NEUROMUSCULAR DISORDERS 7 1 7-12 

その他

The role of dystroglycan, a novel receptor of laminin and agrin, in cell differentiation (共著)

1997年 | Histology and Histopathology 12 195 

その他

砂田芳秀, 斉藤史明, 松村喜一郎, V. Allamand, K.P. Campbell, 清水輝夫

Inframe deletionを伴うlaminin α2鎖部分欠損症

1996年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費高木班「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究」班会議  

その他

砂田芳秀, 斉藤史明, 松村喜一郎, 樋口逸郎, 清水輝夫

中枢神経奇形を合併する先天性筋ジストロフィーの発症に関与する蛋白の生化学的解析

1996年12月 | 厚生省精神神経疾患研究委託費高木班「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究」班会議  

その他

斉藤 史明, 松村 喜一郎

肢帯型筋ジストロフィ-の分類と病態 (11月第1土曜特集 ミオパチ---臨床から分子遺伝学まで) -- (ミオパチ-の病因・病態・診断・治療)

1996年11月02日 | 医歯薬出版 医学のあゆみ 179 5 312-316 

その他

F SAITO, A TANI, T MIYATAKE, K YANAGISAWA

N-LINKED OLIGOSACCHARIDE OF BETA-AMYLOID PRECURSOR PROTEIN (BETA-APP) OF C6 GLIOMA-CELLS - PUTATIVE REGULATORY ROLE IN BETA-APP PROCESSING

1995年05月 | ACADEMIC PRESS INC JNL-COMP SUBSCRIPTIONS BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS 210 3 703-710 

その他

N SODEYAMA, F SAITO, K SAITO, T MIYATAKE, K YANAGISAWA

DEVELOPMENTAL-CHANGES OF SIALYLATION OF SOLUBLE BETA/A4 AMYLOID PROTEIN-PRECURSOR DERIVATIVES IN HUMAN CEREBROSPINAL-FLUID

1994年12月 | ELSEVIER SCIENCE BV MOLECULAR BRAIN RESEARCH 27 2 320-322 

その他

K TSUCHIYA, E OZAWA, F SAITO, H IRIE, T MIZUTANI

NEUROPATHOLOGY OF LATE CORTICAL CEREBELLAR ATROPHY IN JAPAN - DISTRIBUTION OF CEREBELLAR CHANGE ON AN AUTOPSY CASE AND REVIEW OF JAPANESE CASES

1994年09月 | KARGER EUROPEAN NEUROLOGY 34 5 253-262 

その他

F SAITO, K YANAGISAWA, T MIYATAKE

SOLUBLE DERIVATIVES OF BETA A4 AMYLOID PROTEIN-PRECURSOR IN HUMAN CEREBROSPINAL-FLUID ARE BOTH N-GLYCOSYLATED AND O-GLYCOSYLATED

1993年07月 | ELSEVIER SCIENCE BV MOLECULAR BRAIN RESEARCH 19 1-2 171-174