帝京大学
原 眞純

原 眞純 主任教授

Hara Masumi

所属キャンパス溝口キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 医学部附属溝口病院 第四内科学講座

 

連絡先

電話番号

[]

FAX番号

044-844-3546

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2014年06月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科教授

2009年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科准教授 〜2014年05月

2008年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科講師 〜2009年03月

2007年04月

東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科助教 〜2008年03月

2005年01月

東京大学医学部附属病院 糖尿病・代謝内科助手 〜2007年03月

【学歴】──────────────────────────────

2001年03月

東京大学大学院医学系研究科

1993年03月

京都大学医学部

所属学会

日本肥満学会

日本内分泌学会

日本動脈硬化学会

日本糖尿病学会

日本内科学会

専門分野

ライフサイエンス 代謝、内分泌学、ライフサイエンス 代謝、内分泌学

研究テーマ

リポ蛋白代謝、ステロリン、サイトカイン、炎症、動脈硬化、マクロファージ、植物ステロール

教育方法・職務上の実績

情報がありません

著書・論文

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Tomo Shimizu, Hidetoshi Kassai, Kazuki Nakao, Atsu Aiba, Masumi Hara, Yutaka Yatomi

Protection Against Insulin Resistance by Apolipoprotein M/Sphingosine 1-Phosphate.

2020年01月08日 | Diabetes  

学術論文

Kurano M, Kano K, Hara M, Tsukamoto K, Aoki J, Yatomi Y

Regulation of plasma glycero-lysophospholipid levels by lipoprotein metabolism.

2019年11月 | The Biochemical journal  

学術論文

Makoto Kinoshita, Koutaro Yokote, Hidenori Arai, Mami Iida, Yasushi Ishigaki, Shun Ishibashi, Seiji Umemoto, Genshi Egusa, Hirotoshi Ohmura, Tomonori Okamura, Shinji Kihara, Shinji Koba, Isao Saito, Tetsuo Shoji, Hiroyuki Daida, Kazuhisa Tsukamoto, J

Japan Atherosclerosis Society (JAS) Guidelines for Prevention of Atherosclerotic Cardiovascular Diseases 2017.

2018年09月01日 | Journal of atherosclerosis and thrombosis 25 9 846-984 

学術論文

Oshima Y, Hagino N, Hara M, Ohfuji T

Use of Immune Checkpoint Inhibitors in the Treatment of Patients With Cancer and Preexisting Autoimmune Disease.

2018年07月 | Annals of internal medicine 169 2 133 

学術論文

Kurano M, Ikeda H, Iso-O N, Hara M, Tsukamoto K, Yatomi Y

Regulation of the metabolism of apolipoprotein M and sphingosine 1-phosphate by hepatic PPARγ activity.

2018年06月21日 | The Biochemical journal 475 12 2009-2024 

学術論文

Makoto Kurano, Koji Hasegawa, Motoei Kunimi, Masumi Hara, Yutaka Yatomi, Tamio Teramoto, Kazuhisa Tsukamoto

Sitosterol prevents obesity-related chronic inflammation.

2018年02月 | Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids 1863 2 191-198 

学術論文

Kurano M, Hasegawa K, Kunimi M, Hara M, Yatomi Y, Teramoto T, Tsukamoto K

Sitosterol prevents obesity-related chronic inflammation.

2018年02月 | Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids 1863 2 191-198 

学術論文

Kurano M, Hasegawa K, Kunimi M, Hara M, Yatomi Y, Teramoto T, Tsukamoto K

Sitosterol prevents obesity-related chronic inflammation.

2018年02月 | Biochimica et biophysica acta 1863 2 191-198 

学術論文

Kotaro Matsumoto, Mayuko Ichimura, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Hiromichi Tsunashima, Katsuhisa Omagari, Masumi Hara, Ichiro Yasuda, Hiroshi Miyakawa, Kentaro Kikuchi

Fructo-oligosaccharides and intestinal barrier function in a methionine-choline-deficient mouse model of nonalcoholic steatohepatitis

2017年06月 | PUBLIC LIBRARY SCIENCE PLOS ONE 12 6 e0175406 

学術論文

Makoto Kurano, Masumi Hara, Hitoshi Ikeda, Kazuhisa Tsukamoto, Yutaka Yatomi

Involvement of CETP (Cholesteryl Ester Transfer Protein) in the Shift of Sphingosine-1-Phosphate Among Lipoproteins and in the Modulation of its Functions

2017年03月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 37 3 506-+ 

学術論文

綱島 弘道, 菊池 健太郎, 小山 ひかり, 田島 知明, 野中 康一, 大圃 研, 松橋 信行, 松本 光太郎, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 幸山 正, 原 眞純, 吉田 稔, 安田 一朗

細菌性腸炎との鑑別を要したCollagenous colitisの一例

2017年01月 | 神奈川県医師会 神奈川医学会雑誌 44 1 130-131 

学術論文

高井 敦子, 菊池 健太郎, 梶山 祐介, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 足立 貴子, 恩田 毅, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 杉浦 杏奈, 速水 絵里子, 安田 一朗, 原 眞純, 宮川 浩, 吉田 稔

当院のC型慢性肝炎におけるDAA治療成績

2017年01月 | 神奈川県医師会 神奈川医学会雑誌 44 1 125-125 

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Shigeo Kamitsuji, Naoyuki Kamatani, Masumi Hara, Toshio Ishikawa, Bong-Jo Kim, Sanghoon Moon, Young Jin Kim, Tamio Teramoto

Genome-wide association study of serum lipids confirms previously reported associations as well as new associations of common SNPs within PCSK7 gene with triglyceride

2016年05月 | NATURE PUBLISHING GROUP JOURNAL OF HUMAN GENETICS 61 5 427-433 

学術論文

Makoto Kurano, Masumi Hara, Takahiro Nojiri, Hitoshi Ikeda, Kazuhisa Tsukamoto, Yutaka Yatomi

Resveratrol exerts a biphasic effect on apolipoprotein M

2016年01月 | WILEY-BLACKWELL BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY 173 1 222-233 

学術論文

Hiromichi Tsunashima, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Masumi Hara, Kentaro Kikuchi

Accumulated myeloid-derived suppressor cells demonstrate distinct phenotypes and functions in two non-alcoholic steatohepatitis mouse models

2015年10月 | AME PUBL CO HEPATOBILIARY SURGERY AND NUTRITION 4 5 313-319 

学術論文

Makoto Kurano, Masumi Hara, Hiroaki Satoh, Kazuhisa Tsukamoto

Hepatic NPC1L1 Overexpression Ameliorates Glucose Metabolism in Diabetic Mice Via Suppression of Gluconeogenesis

2015年05月 | W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL 64 5 588-596 

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Masumi Hara, Ryunosuke Ohkawa, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

LDL Receptor and ApoE Are Involved in the Clearance of ApoM-associated Sphingosine 1-Phosphate

2015年01月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 290 4 2477-2488 

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Masumi Hara, Ryunosuke Ohkawa, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

LDL Receptor and ApoE Are Involved in the Clearance of ApoM-associated Sphingosine 1-Phosphate.

2015年01月 | J. Biol. Chem. 290 4 2477-2488 

学術論文

Takahiro Nojiri, Makoto Kurano, Yasunori Tokuhara, Shigeo Ohkubo, Masumi Hara, Hitoshi Ikeda, Kazuhisa Tsukamoto, Yutaka Yatomi

Modulation of sphingosine-1-phosphate and apolipoprotein M levels in the plasma, liver and kidneys in streptozotocin-induced diabetic mice

2014年11月 | WILEY-BLACKWELL JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION 5 6 639-648 

学術論文

Kentaro Kikuchi, Koichi Tsuneyama, Hanae Yamada, Yusuke Kajiyama, Kotaro Matsumoto, Hiromichi Tsunashima, Risa Yamashita, Atsuko Takai, Masatsugu Negishi, Masumi Hara, Yuki Moritoki, Hiroshi Miyakawa

Splenic lymph follicles generate immunoglobulin M-producing B cells in primary biliary cirrhosis

2014年10月 | WILEY-BLACKWELL HEPATOLOGY RESEARCH 44 10 E253-E256 

学術論文

Makoto Kurano, Masumi Hara, Koichi Tsuneyama, Hideyuki Sakoda, Tomo Shimizu, Kazuhisa Tsukamoto, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

Induction of insulin secretion by apolipoprotein M, a carrier for sphingosine 1-phosphate

2014年09月 | ELSEVIER SCIENCE BV BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR AND CELL BIOLOGY OF LIPIDS 1841 9 1217-1226 

学術論文

Kurano M, Hara M, Tsuneyama K, Sakoda H, Shimizu T, Tsukamoto K, Ikeda H, Yatomi Y

Induction of insulin secretion by apolipoprotein M, a carrier for sphingosine 1-phosphate.

2014年09月 | 9 Biochimica et biophysica acta 1841 9 1217-1226 

学術論文

Takai A, Kikuchi K, Kajiyama Y, Sugiura A, Negishi M, Tsunashima H, Yamada H, Matsumoto K, Tsuneyama K, Moritoki Y, Hara M, Miyakawa H

Serological and Histological Examination of a Nonalcoholic Steatohepatitis Mouse Model Created via the Administration of Monosodium Glutamate.

2014年 | International scholarly research notices 2014 725351 

学術論文

Kenta Kanamori, Risa Yamashita, Kenta Tsutsui, Masumi Hara, Yuji Murakawa

Long QT Syndrome Associated with Adrenal Insufficiency in a Patient with Isolated Adrenocorticotropic Hormone Deficiency

2014年 | JAPAN SOC INTERNAL MEDICINE INTERNAL MEDICINE 53 20 2329-2331 

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Ryunosuke Ohkawa, Masumi Hara, Junko Iino, Yuko Kageyama, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

Liver involvement in sphingosine 1-phosphate dynamism revealed by adenoviral hepatic overexpression of apolipoprotein M.

2013年07月 | Atherosclerosis 229 1 102-109 

学術論文

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Ryunosuke Ohkawa, Masumi Hara, Junko Iino, Yuko Kageyama, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

Liver involvement in sphingosine 1-phosphate dynamism revealed byadenoviral hepatic overexpression of apolipoprotein M

2013年07月 | 1 Atherosclerosis 229 1 102-109 

学術論文

Makoto Kurano, Masumi Hara, Koichi Tsuneyama, Koji Okamoto, Naoyuki Iso-O, Teruhiko Matsushima, Kazuhiko Koike, Kazuhisa Tsukamoto

Modulation of lipid metabolism with the overexpression of NPC1L1 in mouse liver

2012年11月 | AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC JOURNAL OF LIPID RESEARCH 53 11 2275-2285 

学術論文

Hara M, Kinoshita M

[Molecular targeting therapy of dyslipidemia].

2012年11月 | Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 70 Suppl 8 618-622 

学術論文

Makoto Kurano, Naoyuki Iso-O, Masumi Hara, Nobukazu Ishizaka, Kyoji Moriya, Kazuhiko Koike, Kazuhisa Tsukamoto

LXR agonist increases apoE secretion from HepG2 spheroid, together with an increased production of VLDL and apoE-rich large HDL

2011年08月 | BIOMED CENTRAL LTD LIPIDS IN HEALTH AND DISEASE 10 134 

学術論文

Endo Y, Suzuki M, Yamada H, Horita S, Kunimi M, Yamazaki O, Shirai A, Nakamura M, Iso-O N, Li Y, Hara M, Tsukamoto K, Moriyama N, Kudo A, Kawakami H, Yamauchi T, Kubota N, Kadowaki T, Kume H, Enomoto Y, Homma Y, Seki G, Fujita T

Thiazolidinediones enhance sodium-coupled bicarbonate absorption from renal proximal tubules via PPARγ-dependent nongenomic signaling.

2011年05月 | 5 Cell metabolism 13 5 550-561 

学術論文

Hara M, Kinoshita M

[Clinical evidence of statins and fibrates in the management of dyslipidemia in Japan].

2011年01月 | Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 69 Suppl 1 621-625 

学術論文

Kurano M, Iso-O N, Hara M, Noiri E, Koike K, Kadowaki T, Tsukamoto K

Plant sterols increased IL-6 and TNF-α secretion from macrophages, but to a lesser extent than cholesterol.

2011年 | 5 Journal of atherosclerosis and thrombosis 18 5 373-383 

学術論文

Masumi Hara, Yoshihiko Izumida, Nobuhiro Sato, Ken Ohashi, Jun-ichi Osuga, Kazuyuki Tobe, Kazuhisa Tsukamoto, Takashi Kadowaki

Successful desensitization by glargine administration in a patient with insulin allergy: A case report

2009年06月 | 3 Diabetes Research and Clinical Practice 84 3 e48-e49 

学術論文

Masako Togo, Yoshiaki Hashimoto, Naoyuki Iso-O, Makoto Kurano, Masumi Hara, Takashi Kadowaki, Kazuhiko Koike, Kazuhisa Tsukamoto

Identification of a novel mutation for phytosterolemia. Genetic analyses of 2 cases

2009年03月 | ELSEVIER SCIENCE BV CLINICA CHIMICA ACTA 401 1-2 165-169 

学術論文

Kazuhisa Tsukamoto, Keisuke Ohta Ryo Suzuki, Masumi Hara, Jun-Ichi Osuga, Kazuyuki Tobe, Takashi Kadowaki

Glimepiride-induced bronchial asthma

2008年12月 | 12 Diabetes Care 31 12 e91 

学術論文

Masumi Hara, Naoyuki Iso-O, Hiroaki Satoh, Hiroshi Noto, Masako Togo, Shun Ishibashi, Satoshi Kimura, Takashi Kadowaki, Yoshiaki Hashimoto, Kazuhisa Tsukamoto

Differential effects of apolipoprotein E isofonns on lipolysis of very low-density lipoprotein triglycerides

2006年08月 | W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL 55 8 1129-1134 

学術論文

N Iso-O, H Noto, M Hara, M Togo, K Karasawa, N Ohashi, E Noiri, Y Hashimoto, T Kadowaki, S Kimura, T Watanabe, K Tsukamoto

Adenovirus-mediated gene transfer and lipoprotein-mediated protein delivery of plasma PAF-AH ameliorates proteinuria in rat model of glomerulosclerosis

2006年01月 | ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE MOLECULAR THERAPY 13 1 118-126 

学術論文

K Saito, N Ishizaka, M Hara, G Matsuzaki, M Sata, Mori, I, M Ohno, R Nagai

Lipid accumulation and transforming growth factor-beta upregulation in the kidneys of rats administered angiotensin II

2005年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS HYPERTENSION 46 5 1180-1185 

学術論文

H Noto, M Kawamura, Y Hashimoto, H Satoh, M Hara, N Iso-o, M Togo, S Kimura, K Tsukamoto

Modulation of HDL metabolism by probucol in complete cholesteryl ester transfer protein deficiency

2003年11月 | ELSEVIER SCI IRELAND LTD ATHEROSCLEROSIS 171 1 131-136 

学術論文

H Noto, M Hara, K Karasawa, N Iso-O, H Satoh, M Togo, Y Hashimoto, Y Yamada, T Kosaka, M Kawamura, S Kimura, K Tsukamoto

Human plasma platelet-activating factor acetylhydrolase binds to all the murine lipoproteins, conferring protection against oxidative stress

2003年05月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 23 5 829-835 

学術論文

M Hara, T Matsushima, H Satoh, N Iso-o, H Noto, M Togo, S Kimura, Y Hashimoto, K Tsukamoto

Isoform-dependent cholesterol efflux from macrophages by apolipoprotein E is modulated by cell surface proteoglycans

2003年02月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 23 2 269-274 

学術論文

M Hara, T Matsushima, H Satoh, N Iso-o, H Noto, M Togo, S Kimura, Y Hashimoto, K Tsukamoto

Isoform-dependent cholesterol efflux from macrophages by apolipoprotein E is modulated by cell surface proteoglycans

2003年02月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 23 2 269-274 

学術論文

Usui T, Hara M, Satoh H, Moriyama N, Kagaya H, Amano S, Oshika T, Ishii Y, Ibaraki N, Hara C, Kunimi M, Noiri E, Tsukamoto K, Inatomi J, Kawakami H, Endou H, Igarashi T, Goto A, Fujita T, Araie M, Seki G

Molecular basis of ocular abnormalities associated with proximal renal tubular acidosis.

2001年 | Journal of Clinical Investigation 108 107-115 

学術論文

Hiroaki Satoh, Masako Togo, Masumi Hara, Toshio Miyata, Katsuken Han, Hisato Maekawa, Minoru Ohno, Yoshiaki Hashimoto, Kiyoshi Kurokawa, Tsuyoshi Watanabe

Advanced glycation endproducts stimulate mitogen-activated protein kinase and proliferation in rabbit vascular smooth muscle cells

1997年10月09日 | Academic Press Inc. Biochemical and Biophysical Research Communications 239 1 111-115 

学術論文

Kenzo TAKAHASHI, Atsuo TANAKA, Masumi HARA, Shigetada NAKANISHI

The primary structure and gene organization of human substance P and neuromedin K receptors

1992年 | European Journal of Biochemistry 204 3 1025-1033 

その他

Atsuko Takai, Kentaro Kikuchi, Mayuko Ichimura, Koichi Tsuneyama, Yuki Moritoki, Kotaro Matsumoto, Hiromichi Tsunashima, Takeshi Onda, Noriyuki Kuniyoshi, Tomoyuki Nariyama, Sho Ohyatsu, Juri Kubota, Kozue Nagumo, Shinpei Sato, Masumi Hara, Hiroshi M

Fructo-oligosaccharides ameliorate steatohepatitis, visceral adiposity, and associated chronic inflammation via increased production of short-chain fatty acids in a mouse model of non-alcoholic steatohepatitis.

2020年02月27日 | BMC gastroenterology 20 1 46-46 

その他

綱島 弘道, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 松本 光太郎, 渡邊 彩子, 藤岡 ひかり, 金森 健太, 高井 敦子, 菊池 健太郎, 原 眞純

当科におけるエロビキシバットの使用経験の検討

2020年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 46 67-67 

その他

綱島 弘道, 山田 友則, 松本 光太郎, 渡邊 彩子, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 藤岡 ひかり, 幸山 正, 菊池 健太郎, 原 眞純

術後イレウスの経過中に発熱にて発症したリウマチ性多発筋痛症の1例

2019年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 655回 39-39 

その他

山田 友則, 綱島 弘道, 佐藤 謙, 松本 光太郎, 渡邊 彩子, 馬淵 正敏, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 吉田 稔, 原 眞純

輸血後に複数の同種抗体を産生し遅発性溶血性貧血を呈した1例

2019年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 655回 49-49 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕

リポ蛋白代謝による血漿グリセロリゾリン脂質代謝の制御

2019年07月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 51回 1-2 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕

スフィンゴシン1-リン酸/アポ蛋白Mによる抗インスリン抵抗性作用の解明

2019年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 62 Suppl.1 S-196 

その他

原 眞純, 青柳 貴, 西出 征司, 竹内 英之, 原 園佳, 美甘 任史, 高井 敦子, 白鳥 宜孝, 鈴木 伸明, 速水 紀幸, 磯尾 直之

早発性のST上昇型心筋梗塞で入院し、家族性高コレステロール血症との鑑別を要した家族性III型高脂血症の一例

2019年04月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 95 1 405-405 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕

スフィンゴシン1-リン酸/アポ蛋白Mによる抗インスリン抵抗性作用の解明

2019年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 62 Suppl.1 S-196 

その他

成山倫之, 子日恒宏, 菊池健太郎, 高井敦子, 鈴木伸明, 加藤麻己, 下山陽也, 高橋美紀子, 北村博司, 永山嘉恭, 松井克之, 原眞純

低補体血症を合併し急激な経過をたどった顕微鏡的多発血管炎の1例

2019年01月25日 | 帝京医学雑誌 42 1 19‐26 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕

腎臓病 アポ蛋白M/スフィンゴシン1-リン酸軸の糖尿病性腎症における役割

2018年10月 | (一社)日本糖尿病合併症学会 糖尿病合併症 32 Suppl.1 200-200 

その他

高瀬 暁, 石浦 浩之, 田中 督記, 高梨 幹生, 蔵野 信, 岡崎 佐智子, 木村 武史, 飯塚 陽子, 岡島 史宜, 吉田 博, 原 眞純, 塚本 和久, 辻 省次, 門脇 孝, 岡崎 啓明

著明高TG血症の原因遺伝子 APOC2構造変異の探索

2018年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 50回 331-331 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕

肝臓NPC1L1は血漿スフィンゴシン1-リン酸を増加させる

2018年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 50回 277-277 

その他

高瀬 暁, 石浦 浩之, 田中 督記, 高梨 幹生, 蔵野 信, 岡崎 佐智子, 木村 武史, 飯塚 陽子, 岡島 史宜, 吉田 博, 原 眞純, 塚本 和久, 辻 省次, 門脇 孝, 岡崎 啓明

著明高TG血症の原因遺伝子 APOC2構造変異の探索

2018年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 50回 331-331 

その他

松本光太郎, 綱島弘道, 安田一朗, 市村真祐子, 常山幸一, 守時由起, 大曲勝久, 原眞純, 宮川浩, 菊池健太郎

fructooligosaccharidesによるNASH発症抑制効果

2018年04月20日 | アルコールと医学生物学 36 27‐28 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 矢冨 裕, 寺本 民生

GWASより同定された新規炎症関連アポ蛋白 ApoDの機能解析

2018年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 61 Suppl.1 S-263 

その他

丹羽 準也, 鈴木 伸明, 青柳 貴, 速水 紀幸, 村川 裕二, 高橋 美紀子, 川本 雅司, 高村 千智, 寺島 正浩, 原 眞純

心臓MRIが診断に有用であった心アミロイドーシスの1例

2018年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 639回 65-65 

その他

大谷津 翔, 小山ひかり, 菊池健太郎, 茂木千代子, 島 充, 大_さゆり, 芦川鈴子, 黒崎文広, 岡部友吾, 幸山 正, 吉田 稔, 原 眞純

レボフロキサシン注射剤とステロイドパルス療法が有効であった重症レジオネラ肺炎の1例

2017年09月 | 帝京医学雑誌 40 5 241-246 

その他

鈴木 伸明, 青柳 貴, 美甘 任史, 速水 紀幸, 村川 裕二, 原 眞純

経皮的冠動脈インターベンション施行例における血管内皮機能障害に関する探索的検討

2017年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 49回 286-286 

その他

塚本 和久, 蔵野 信, 東郷 眞子, 原 眞純

原発性高脂血症診療の新展開 シトステロール血症

2017年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 49回 162-162 

その他

菊池健太郎, 常山幸一, 市村真祐子, 守時由起, 松本光太郎, 綱島弘道, 大曲勝久, 安田一朗, 原眞純, 宮川浩

monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスに対するフラクトオリゴ糖の効果

2017年04月20日 | 肝臓 58 Supplement 1 A388 

その他

蔵野 信, 長谷川 浩司, 国見 基瑩, 原 眞純, 矢冨 裕, 塚本 和久

植物ステロール吸収促進は、肥満による慢性炎症を抑制する

2017年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 60 Suppl.1 S-288 

その他

岡部 友吾, 小山 ひかり, 渡辺 直樹, 大谷津 翔, 阿曽 達也, 高橋 美紀子, 川本 雅司, 幸山 正, 原 眞純

呼気一酸化窒素測定が診断及び病勢把握に有用であった急性好酸球性肺炎2例の検討

2017年02月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 630回 80-80 

その他

鈴木 伸明, 青柳 貴, 美甘 任史, 速水 紀幸, 村川 裕二, 原 眞純

虚血性心疾患および閉塞性動脈硬化症症例における血管内皮機能障害に関する探索的検討

2017年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 43 72-72 

その他

綱島弘道, 菊池健太郎, 小山ひかり, 幸山正, 原眞純, 土井晋平, 佐藤浩一郎, 安田一朗, 大圃研, 松橋信行

エソメプラゾールが原因と考えられたCollagenous colitisの1例

2017年 | 日本内科学会関東支部関東地方会 630th 53 

その他

子日 恒宏, 永山 嘉恭, 青柳 貴, 美甘 任史, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 鈴木 伸明, 速水 紀幸, 松井 克之, 原 眞純

急性巣状細菌性腎炎(AFBN)を合併した高齢2型糖尿病患者の2例

2016年11月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 628回 20-20 

その他

梶山はな恵, 高井敦子, 金子麗奈, 守時由起, 松本光太郎, 杉浦杏奈, 梶山祐介, 原眞純, 安田一朗, 宮川浩, 菊池健太郎

2型糖尿病患者におけるM2BPGiの肝線維化マーカーとしての有用性と陽性例の特徴について

2016年10月25日 | 肝臓 57 Supplement 3 A812 

その他

原 眞純, 杉浦 杏奈, 高井 敦子, 蔵野 信, 山田 隆治, 塚本 和久

職域健診を利用した家族性高コレステロール血症診断の試み

2016年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 48回 202-202 

その他

蔵野 信, 清水 知, 五十嵐 浩二, 原 眞純, 塚本 和久, 矢冨 裕

2型糖尿病患者におけるリゾリン脂質関連蛋白と合併症の関係

2016年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 48回 232-232 

その他

高瀬 暁, 石浦 浩之, 蔵野 信, 高梨 幹生, 岡崎 佐智子, 飯塚 陽子, 吉田 博, 澤野 文夫, 原 眞純, 塚本 和久, 大須賀 淳一, 辻 省次, 石橋 俊, 門脇 孝, 岡崎 啓明

新規構造変異によるapoC-II低下症(hypoapoC-II)

2016年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 48回 235-235 

その他

蔵野 信, 原 眞純, 矢冨 裕, 塚本 和久

肝細胞のコレステロール増加経路による糖代謝修飾の相違

2016年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 59 Suppl.1 S-455 

その他

高井敦子, 菊池健太郎, 梶山祐介, 梶山はな恵, 松本光太郎, 綱島弘道, 足立貴子, 恩田毅, 関根一智, 辻川尊之, 小澤範高, 馬淵正敏, 土井晋平, 佐藤浩一郎, 杉浦杏奈, 速水絵里子, 安田一朗, 原眞純, 宮川浩, 吉田稔

当院のC型慢性肝炎におけるDAA治療成績

2016年 | 神奈川県感染症医学会プログラム・抄録集 80th 11 

その他

綱島弘道, 綱島弘道, 菊池健太郎, 小山ひかり, 田島知明, 野中康一, 大圃研, 松橋信行, 松本光太郎, 小澤範高, 馬淵正敏, 土井晋平, 佐藤浩一郎, 幸山正, 原眞純, 吉田稔, 安田一朗

細菌性腸炎との鑑別を要したCollagenous colitisの一例

2016年 | 神奈川県感染症医学会プログラム・抄録集 80th 21 

その他

綱島弘道, 菊池健太郎, 常山幸一, 金子麗奈, 市村真祐子, 守時由起, 原眞純, 大曲勝久, 宮川浩, 安田一朗

NASHにおけるIgAの病態的意義の検討

2015年04月20日 | 肝臓 56 Supplement 1 A546 

その他

蔵野 信, 清水 知, 宮崎 修, 原 眞純, 塚本 和久, 矢冨 裕

アポ蛋白Mの抗インスリン抵抗性作用・抗糖尿病性腎症作用

2015年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 58 Suppl.1 S-128 

その他

蔵野 信, 原 眞純, 常山 幸一, 矢冨 裕, 塚本 和久

肝臓-胆汁間のコレステロールハンドリングの糖代謝への影響

2015年04月 | 日本臨床分子医学会 日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集 52回 52-52 

その他

山本晃大, 南部敦史, 小林紀子, 多湖正夫, 原眞純, 藤野昇三, 奥村武弘, 渡部真人, 川本雅司, 高橋美紀子

下頸部のteratoma内に発生したthymomaの一例

2015年01月01日 | 神奈川医学会雑誌 42 1 146-147 

その他

堤祐佳里, 綱島弘道, 杉浦杏奈, 高井敦子, 土屋恵理子, 菊池健太郎, 田中麻衣子, 安田一朗, 村川裕二, 原眞純

治療評価に持続グルコース測定(CGM)が有用であった経管栄養中のミトコンドリア脳筋症に伴う糖尿病の1例

2015年 | 日本内科学会関東支部関東地方会 613th 33 

その他

綱島弘道, 杉浦杏奈, 高井敦子, 堤祐佳里, 宮野七奈, 花山亜沙, 根岸雅嗣, 馬淵正敏, 菊池健太郎, 安田一朗, 村川裕二, 原眞純

持続グルコースモニタリング(CGM)を用いた経管栄養施行中の血糖日内変動の検討

2015年 | 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 41 69 

その他

綱島弘道, 常山幸一, 梶山祐介, 山田はな恵, 松本光太郎, 杉浦杏奈, 根岸雅嗣, 高井敦子, 小林猛, 守時由起, 原眞純, 菊池健太郎

NASHマウスモデルにおけるMyeloid‐Derived Suppressor Cellsの検討

2014年09月10日 | 肝臓 55 Supplement 2 A621 

その他

蔵野 信, 原 眞純, 常山 幸一, 迫田 秀之, 野尻 卓宏, 塚本 和久, 矢冨 裕

アポ蛋白M-スフィンゴシン1-リン酸経路を介した、糖代謝の恒常性維持における肝臓の役割

2014年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 57 Suppl.1 S-439 

その他

菊池健太郎, 梶山祐介, 綱島弘道, 山田はな恵, 松本光太郎, 吉村玲央, 高井敦子, 根岸雅嗣, 原眞純, 宮川浩

当院のB型慢性肝炎におけるエンテカビル投与中止の可能性の検討

2013年09月25日 | 帝京医学雑誌 36 5 167-172 

その他

原 眞純, 蔵野 信, 常山 幸一, 根岸 雅嗣, 高井 敦子, 杉浦 杏奈, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 宮川 浩, 塚本 和久

ニコチン酸はMonosodium glutamate投与マウスの脂肪肝を著明に改善させるが食後高血糖をきたす

2013年09月 | (一社)日本肥満学会 肥満研究 19 Suppl. 165-165 

その他

原眞純, 木下誠

脂質異常症の臨床 原発性脂質異常症の病因・病態・診断・治療 原発性高コレステロール血症 家族性欠陥アポリポ蛋白B血症(FDB)

2013年06月 | 日本臨床 71 188-192 

その他

原眞純, 木下誠

脂質異常症・動脈硬化の検査・診断 脂質関連マーカー測定とその臨床的意義 LCAT(lecithin‐cholesterol acyltransferase),CETP(cholesteryl ester transfer protein)

2013年06月 | 日本臨床 71 430-434 

その他

蔵野 信, 原 眞純, 塚本 和久

【脂質異常症-基礎・臨床研究の最新知見-】脂質異常症の臨床 原発性脂質異常症の病因・病態・診断・治療 原発性低HDLコレステロール血症 魚眼症

2013年06月 | (株)日本臨床社 日本臨床 71 増刊3 脂質異常症 280-283 

その他

原眞純, 塚本和久

内分泌疾患にともなう脂質異常症.

2013年 | 脂質異常症UPDATE 2013、臨床栄養 122 6 740-744 

その他

原眞純, 木下誠

脂質代謝異常 低HDLコレステロール血症 魚眼病

2012年12月 | 日本臨床 145-148 

その他

Makoto Kurano, Kazuhisa Tsukamoto, Ryuanosuke Ohkawa, Masumi Hara, Junko Iino, Hitoshi Ikeda, Yutaka Yatomi

Hepatic Apolipoprotein M Overexpression Increased Total Sphingosine 1-phosphate Mass and Ameliorate Insulin Resistance in Diet Induced Obesity Mice

2012年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION 126 21  

その他

原 眞純, 塚本 和久

【日本人の糖尿病と欧米人の糖尿病】糖尿病の治療法に関する相違 脂質管理

2012年05月 | (有)医学の世界社 ホルモンと臨床 60 5 409-414 

その他

Makoto Kurano, Masumi Hara, Naoyuki Iso-o, Kazuhisa Tsukamoto

Plant Sterols Increased Il-6 and TNF-alpha Secretion from Macrophages but to a Lesser Extent than Cholesterol

2010年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 30 11 E268-E268 

その他

Makoto Kurano, Naoyuki Iso-o, Masumi Hara, Kazuhisa Tsukamoto

LXR Agonist Increases ApoE Secretion from HepG2 Spheroid Together with Increased Production of VLDL and ApoE-Rich Large HDL

2010年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY 30 11 E280-E280 

その他

Makoto Kurano, Naoyuki Iso-O, Masumi Hara, Nobukazu Ishizaka, Teruhiko Matsushima, Takashi Kadowaki, Kazuhisa Tsukamoto

Modulation of Lipoprotein and Glucose Metabolism with the Over-expression of Niemann-pick C1 Like 1 Protein (NPC1L1) In Mice Liver

2010年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS CIRCULATION 122 21  

その他

植木 浩二郎, 笹子 敬洋, 中村 正裕, 原 真純, 大杉 満, 金森 博, 塚本 和久, 門脇 孝

2型糖尿病にC型慢性肝炎を合併しエストロゲン類似物質含有健康補助食品(ガウクルア)の摂取後に急速に肝硬変へ進行した1例

2010年09月 | 医歯薬出版(株) プラクティス 27 5 567-573 

その他

原 眞純, 蔵野 信, 磯尾 直之, 根岸 雅嗣, 高井 敦子, 梶山 祐介, 守時 由起, 常山 幸一, 石坂 信和, 菊池 健太郎, 宮川 浩, 塚本 和久

monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスの脂質代謝についての検討

2010年09月 | (一社)日本肥満学会 肥満研究 16 Suppl. 160-160 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 門脇 孝, 磯尾 直之, 原 眞純, 松島 照彦, 野入 英世

植物ステロールのマウス腹腔マクロファージに対する催動脈硬化の検討

2010年05月 | (株)東京医学社 成人病と生活習慣病 40 5 556-556 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 門脇 孝, 磯尾 直之, 原 眞純, 松島 照彦, 石坂 信和

HepG2スフェロイドのin vitro脂質代謝研究における有用性

2010年05月 | (株)東京医学社 成人病と生活習慣病 40 5 557-557 

その他

塚本 和久, 磯尾 直之, 原 眞純, 蔵野 信, 門脇 孝, 大川 龍之介, 矢冨 裕

2型糖尿病患者におけるインスリン抵抗性改善薬のPWVへの効果

2010年05月 | (株)東京医学社 成人病と生活習慣病 40 5 579-579 

その他

高井 敦子, 梶山 祐介, 河井 敏宏, 根岸 雅嗣, 藤本 誠, 細谷 直美, 蔵野 信, 守時 由起, 常山 幸一, 原 眞純, 塚本 和久, 宮川 浩, 菊池 健太郎

Monosodium Glutamate投与NASHモデルマウスにおけるメタボリックシンドロームの検討

2010年04月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 51 Suppl.1 A383-A383 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 磯尾 直之, 原 眞純, 野入 英世, 松島 照彦, 門脇 孝

植物ステロールのマウス腹腔マクロファージに対する催動脈硬化の検討

2010年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 36 72-72 

その他

蔵野 信, 塚本 和久, 磯尾 直之, 原 眞純, 石坂 信和, 松島 照彦, 門脇 孝

HepG2スフェロイドのin vitro脂質代謝研究における有用性

2010年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 36 73-73 

その他

塚本 和久, 磯尾 直之, 原 眞純, 蔵野 信, 門脇 孝, 大川 龍之介, 矢冨 裕

2型糖尿病患者におけるインスリン抵抗性改善薬のPWVへの効果

2010年01月 | 日本成人病(生活習慣病)学会 日本成人病(生活習慣病)学会会誌 36 95-95 

その他

塚本 和久, 磯尾 直之, 原 眞純, 蔵野 信, 大川 龍之介, 矢冨 裕, 門脇 孝

2型糖尿病におけるピオグリタゾン-メトホルミンのクロスオーバー試験による、各薬剤のPWVおよび動脈硬化指標への効果の検討

2009年04月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 52 Suppl.1 S-109 

その他

西 真貴子, 根本 充, 大杉 満, 迫田 秀之, 原 眞純, 原 一雄, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 植木 浩二郎, 門脇 孝

未治療の2型糖尿病にクリプトコッカス脳症を合併した1症例

2008年07月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 51 7 663-663 

その他

岡畑 純江, 羽田 祐亮, 原 眞純, 畑尾 史彦, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 山内 敏正, 植木 浩二郎, 門脇 孝

他科との連携による肥満症治療への取り組み 肥満外来とカンファレンス、ベストウェイト教室

2008年06月 | 日本肥満症治療学会 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 1回 106-106 

その他

三松 貴子, 原 一雄, 勝山 修行, 西 真貴子, 蔵野 信, 根本 充, 堀越 桃子, 大杉 満, 藤城 緑, 原 真純, 迫田 秀之, 庄嶋 伸浩, 大橋 健, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 植木 浩二郎, 門脇 孝

左臀部ガス壊疽でドレナージ術後に意識障害が発症し、原因としてヨード中毒が疑われた一例

2008年03月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 83 4 983-983 

その他

塚本 和久, 蔵野 信, 原 眞純, 迫田 秀之, 大橋 健, 大須賀 淳一, 植木 浩二郎, 門脇 孝

腫瘍摘出後、TNFαの低下と血糖コントロール・インスリン分泌能の改善を認めた直腸癌合併2型糖尿病の1例

2008年03月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 83 4 1015-1015 

その他

藏野 信, 塚本 和久, 原 眞純, 原 一雄, 大須賀 淳一, 植木 浩二郎, 門脇 孝

直腸癌術後にTNFαが正常化し、血糖コントロールが改善した2型糖尿病の1例

2007年10月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 548回 20-20 

その他

高橋 倫子, 泉田 欣彦, 原 眞純, 大杉 満, 藤城 緑, 大橋 健, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 植木 浩二郎, 門脇 孝

多剤インスリンアレルギーの脱感作誘導にグラルギンが有効であった1例

2007年09月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 547回 35-35 

その他

泉田 欣彦, 原 眞純, 佐藤 信彦, 大杉 満, 藤城 緑, 大橋 健, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 戸邉 一之, 門脇 孝

多剤インスリンアレルギーの脱感作誘導にグラルギンが有効であった1例

2007年07月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 50 7 523-523 

その他

高橋 倫子, 戸辺 一之, 粟澤 元晴, 大杉 満, 藤城 緑, 迫田 秀之, 原 一雄, 原 眞純, 大橋 健, 大須賀 淳一, 塚本 和久, 門脇 孝

超速効型インスリンにより血糖コントロールの改善したインスリン受容体異常症の一例

2007年03月 | (一社)日本内分泌学会 日本内分泌学会雑誌 82 4 928-928 

その他

関谷 元博, 太田 啓介, 塚本 和久, 藤城 緑, 原 眞純, 迫田 秀之, 大橋 健, 大須賀 淳一, 戸辺 一之, 門脇 孝

グリメピリドによる気管支喘息を発症した1例

2006年12月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 541回 21-21 

その他

原 眞純

高脂血症の原因となる遺伝子異常

2006年07月31日 | 臨床化学 35 3 237-242 

その他

太田 啓介, 塚本 和久, 鈴木 亮, 藤城 緑, 原 眞純, 迫田 秀之, 大橋 健, 大須賀 淳一, 戸邉 一之, 門脇 孝

グリメピリドによる気管支喘息を発症した1例

2006年07月 | (一社)日本糖尿病学会 糖尿病 49 7 580-580 

その他

Masumi Hara

Genetics of hyperlipoproteinemia

2006年 | Japan Society of Clinical Chemistry Japanese Journal of Clinical Chemistry 35 3 237-242 

その他

原 眞純, 飯田 秀雄, 武田 仁, 大杉 満, 窪田 直人, 塚本 和久, 戸辺 一之, 門脇 孝

インスリングラルギンとナテグリニドの併用で在宅退院が可能となった自己注射導入困難な高齢2型糖尿病の1例

2005年09月 | 日本内科学会-関東地方会 日本内科学会関東地方会 529回 22-22 

その他

原 眞純, 塚本 和久, 磯尾 直之, 東郷 眞子, 能登 洋, 門脇 孝

高脂肪食摂取下のマウスではPioglitazone投与により脂肪肝を増悪させる

2005年07月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 37回 216-216 

その他

磯尾 直之, 塚本 和久, 原 眞純, 東郷 眞子, 能登 洋, 門脇 孝

2型糖尿病におけるペリンドプリルエルブミンおよびベシル酸アムロジピンのクロスオーバー試験による降圧及びPWVへの影響

2005年07月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 37回 226-226 

その他

磯尾 直之, 原 眞純, 能登 洋, 東郷 眞子, 塚本 和久, 門脇 孝

酸化脂質と動脈硬化 PAF-アセチルヒドロラーゼ(PAF-AH)は抗酸化作用により腎糸球体硬化症の進展を抑制する

2004年07月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 36回 118-118 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【検査値を読む】血液生化学 アポタンパクE

2004年06月 | (株)南江堂 内科 93 6 1105-1105 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【検査値を読む】血液生化学 アポタンパクEフェノタイプ

2004年06月 | (株)南江堂 内科 93 6 1106-1106 

その他

原 真純, 国見 基瑩, 遠藤 陽子, 李 月紅, 堀田 晶子, 臼井 智彦, 塚本 和久, 山田 秀臣, 後藤 淳郎, 関 常司, 藤田 敏郎

NBC1ノックダウンマウスを用いたNBC1の生理的意義の解析

2004年04月 | (一社)日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 46 3 216-216 

その他

遠藤 陽子, 国見 基瑩, 李 月紅, 山田 秀臣, 堀田 晶子, 塚本 和久, 磯尾 直之, 原 真純, 山内 敏正, 門脇 孝, 関 常司, 藤田 敏郎

PPARγはPPARγアゴニストによるERK活性化に関与する

2004年04月 | (一社)日本腎臓学会 日本腎臓学会誌 46 3 302-302 

その他

N Iso-o, A Nakao, M Togo, M Hara, H Noto, E Noiri, T Watanabe, K Tsukamoto

Liver-directed gene transfer and lipoprotein-mediated protein delivery of plasma PAF acetylhydrolase ameliorates proteinuria in SHC Rats: A novel therapeutic approach for glomerolosclerosis.

2003年11月 | LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY 14 409A-409A 

その他

東郷 眞子, 塚本 和久, 原 眞純, 能登 洋, 磯尾 直之, 横田 博充, 木村 哲, 橋本 佳明

植物ステロール血症2症例の遺伝子異常の同定

2003年09月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 35回 152-152 

その他

磯尾 直之, 能登 洋, 原 眞純, 東郷 眞子, 塚本 和久

リポ蛋白の新しい役割 PAF-アセチルヒドロラーゼの輸送担体として

2003年09月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 35回 157-157 

その他

能登 洋, 川村 光信, 橋本 佳明, 佐藤 博亮, 原 眞純, 磯尾 直之, 東郷 眞子, 木村 哲, 塚本 和久

CETP完全欠損症におけるプロブコールのHDL代謝への影響

2003年09月 | (一社)日本動脈硬化学会 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 35回 163-163 

その他

原 眞純, 磯尾 直之, 東郷 眞子, 能登 洋, 橋本 佳明, 塚本 和久

2型糖尿病におけるペリンドプリルエルブミンおよびベシル酸アムロジピンのクロスオーバー試験による降圧およびPWVへの影響

2003年09月 | (一社)日本糖尿病合併症学会 糖尿病合併症 17 Suppl.1 70-70 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【検査値から読む病態と診断計画】検査値から病態へのアプローチ 血液生化学検査 アポ蛋白とその分画

2002年06月 | (株)中外医学社 臨床医 28 増刊 1013-1016 

その他

原 眞純, 松島 照彦, 佐藤 博亮, 東郷 眞子, 能登 洋, 磯尾 直之, 橋本 佳明, 木村 哲, 塚本 和久

アポEアイソフォームVLDL中性脂肪水解に対する効果の検討

2002年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 34回抄集 149-149 

その他

能登 洋, 唐沢 健, 佐藤 博亮, 東郷 眞子, 原 眞純, 磯尾 直之, 橋本 佳明, 木村 哲, 塚本 和久

Platelet Activating Factor-Acetylhydrolase(PAF-AH)の抗動脈硬化作用に関する検討

2002年06月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 34回抄集 199-199 

その他

能登 洋, 橋本 佳明, 松島 照彦, 佐藤 博亮, 東郷 眞子, 原 眞純, 磯尾 直之, 木村 哲, 塚本 和久

アポA-I蛋白欠損症におけるparaoxonase(PON-1)の特徴

2001年05月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 29 Suppl. 233-233 

その他

原 眞純, 佐藤 博亮, 東郷 眞子, 能登 洋, 磯尾 直之, 松島 照彦, 橋本 佳明, 木村 哲, 塚本 和久

アポEアイソフォームによるマクロファージからのコレステロール引き抜き能の相違の検討

2001年05月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 29 Suppl. 240-240 

その他

原真純, 木下誠

高脂血症 (上巻) I 脂質・リポ蛋白代謝の分子機構 Lecithin:cholesterol acyltransferase(LCAT)

2001年02月 | 日本臨床 59 224-225 

その他

橋本佳明, 二村梓, 半井英夫, 横田浩充, 小村みほ, 塚本和久, 東郷眞子, 佐藤博亮, 原真純, 磯尾直之, 田口淳一, 中原一彦

肥満日本男性におけるアンジオテンシン変換酵素遺伝子欠失多型と蛋白尿との関係(Association between Deletion Polymorphism of Angiotensin Converting Enzyme Gene and Proteinuria in Japanese Overweight Men)”

2001年 | Journal of Occupational Health(1341-9145) 43 80-84 

その他

Togo M, Toda T, Nguyen LA, Kubota S, Tsukamoto K, Satoh H, Hara M, Iso-o N, Noto H, Kimura S, Nakahara K, Seyama Y, Hashimoto Y

Genetic analysis of phytosterolaemia.

2001年 | J Inherit Metab Dis 24 43-50, 

その他

Noto H, Hashimoto Y, Satoh H, Hara M, Iso-o N, Togo M, Kimura S, Tsukamoto K

Exclusive association of paraoxonase 1 with high-density lipoprotein particles in apolipoprotein a-I deficiency.

2001年 | Biochem Biophys Res Commun 289 395-401, 

その他

橋本 佳明, 二村 梓, 佐藤 博亮, 塚本 和久, 東郷 眞子, 原 眞純, 能登 洋, 磯尾 直之, 半井 英夫, 中原 一彦

糖尿病患者における飲酒習慣と血糖/動脈硬化危険因子のコントロールとの関係

2000年03月30日 | 糖尿病 43 3 227-229 

その他

Togo M, Hashimoto Y, Futamura A, Tsukamoto K, Satoh H, Hara M, Watanabe T, Nakarai H, Nakahara K, Kimura S

Relationship between the serum level of leptin and life-style habits in Japanese men.

2000年 | Horm Res 54 169-173, 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【個体差と疾患】ゲノム多型性に基づく個体差と疾患 生活習慣病 高脂血症

1999年12月 | ライフサイエンス出版(株) 治療学 33 12 1318-1320 

その他

東郷 眞子, 橋本 佳明, 塚本 和久, 佐藤 博亮, 原 眞純, 磯尾 直之, 能登 洋, 木村 哲, 戸田 達史

植物ステロール血症の2症例とその遺伝学的解析

1999年11月 | (一社)日本動脈硬化学会 動脈硬化 27 Suppl.1 131-131 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【高脂血症と動脈硬化】高脂血症薬の使いかた 高脂血症のタイプによる使い分け

1999年03月 | (株)医学書院 Medicina 36 3 477-480 

その他

Togo M, Tsukamoto K, Satoh H, Hara M, Futamura A, Nakarai H, Nakahara K, Hashimoto Y

Relationship Between Levels of Leptin and Hemoglobin in Japanese Men.

1999年 | Blood 93 4444-4445, 

その他

Hashimoto Y, Futamura A, Watanabe N, Togo M, Sato H, Hara M, Tsukamoto K, Kimura S, Nakahara K

Relationship between glycosylated hemoglobin and the prevalence of proteinuria in Japanese men.

1999年 | Intern Med 38 6-11, 

その他

Satoh H, Tsukamoto K, Hashimoto Y, Hashimoto N, Togo M, Hara M, Maekawa H, Isoo N, Kimura S, Watanabe T

Thiazolidinediones suppress endothelin-1 secretion from bovine vascular endothelial cells: a new possible role of PPARgamma on vascular endothelial function.

1999年 | Biochem Biophys Res Commun 254 757-763, 

その他

原 眞純, 塚本 和久

【検査値活用マニュアル】検査値の読み方 レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ(LCAT)

1998年06月 | (株)南江堂 内科 81 6 1195-1195