帝京大学
菊池 健太郎

菊池 健太郎 准教授

Kikuchi Kentaro

所属キャンパス溝口キャンパス

帝京大学 医学部 医学科 医学部附属溝口病院 第四内科学講座

僕は二年間の浪人生活の上、本学に入学しました。人間的、学術的に魅力のある先生方、先輩方や、一生の友と呼べる仲間に出会いました。そして卒業後、皆が各地で活躍している様子を見て、本学卒業であることを誇りに感じています。僕自身も、准教授という立場になり、臨床と研究の両面から後輩を支えてゆきたいと思っています。
さて学内では、医師である前に、人間としてどうあるべきか、社会人としての基礎が育まれます。社会人として成長していくことで、患者さんの悩みや痛みを傾聴する医の原点が身に付きます。僕はまた、そのような後輩達を誇りに思い、全力で応援したいと思っています。いつかあなたと一緒にここで「辛いけど楽しい」と思える時を楽しみに待っています。

連絡先

FAX番号

044-844-3546

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

【経歴】──────────────────────────────

2010年10月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科准教授

2006年10月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科講師 〜2010年09月

2006年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科永久助手 〜2006年09月

2005年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科助手 〜2006年03月

2004年09月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科修練生 〜2005年03月

2002年09月

カリフォルニア大学デービス校研究者(留学生) 〜2004年08月

2002年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科修練生 〜2002年08月

2000年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科助手 〜2002年03月

1999年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科無料研究生 〜2000年03月

1998年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科病院助手 〜1999年03月

1997年04月

帝京大学医学部附属溝口病院 第四内科助手 〜1998年03月

1995年04月

日立製作所日立総合病院内科医員 〜1997年03月

1993年05月

帝京大学医学部附属溝口病院臨床研修医 〜1995年03月

【学歴】──────────────────────────────

1993年03月

帝京大学医学部医学科

【委員歴】──────────────────────────────

2019年01月

日本感染症学会 感染症専門医

2017年08月

医療系大学間共用試験実施評価機構 OSCE評価者

2016年11月

厚生労働省 臨床研修協議会認定プログラム責任者

2016年01月

日本病院総合診療医学会 認定病院総合診療医

2015年12月

厚生労働省 臨床研修指導医

2011年01月

ICD制度協議会 infection control doctor

2010年05月

日本肝臓学会 学会評議員

2009年01月

日本消化器病学会 関東支部会評議員

2009年01月

日本消化器病学会 指導医

2006年04月

日本肝臓学会 指導医

2005年10月

日本肝臓学会 東部会評議員

2001年04月

日本肝臓学会 肝臓専門医

2000年12月

日本内科学会 総合内科専門医

2000年01月

日本消化器病学会 消化器病専門医

1998年09月

日本内科学会 認定内科医

【受賞】──────────────────────────────

2009年06月

第45回日本肝臓学会総会優秀演題賞

2006年10月

第14回日本消化器関連学会週間優秀演題賞

2006年05月

藤井儔子学術奨励賞

2005年10月

第13回日本消化器関連学会週間合同プレナリー賞

2001年05月

2001年度Hepatology Research賞

所属学会

日本医真菌学会

日本病院総合診療医学会

日本感染症学会

日本内科学会

日本肝臓学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会

日本環境感染学会

日本臨床微生物学会 

日本免疫学会

専門分野

内科系臨床医学 感染症内科学、基礎医学 免疫学、内科系臨床医学 内科学一般(含心身医学)、内科系臨床医学 消化器内科学

研究テーマ

非アルコール性脂肪肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、肝臓病学

教育方法・職務上の実績

教育方法

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)難治性の肝•胆道疾患に関する調査研究

著書・論文

学術論文

Honda A, Tanaka A, Kaneko T, Komori A, Abe M, Inao M, Namisaki T, Hashimoto N, Kawata K, Takahashi A, Ninomiya M, Kang JH, Arakawa M, Yamagiwa S, Joshita S, Umemura T, Sato K, Kaneko A, Kikuchi K, Itakura J, Nomura T, Kakisaka K, Fujii H, Kawada N, T

Bezafibrate improves GLOBE and UK-PBC scores and long-term outcomes in patients with primary biliary cholangitis.

2019年02月 | Hepatology (Baltimore, Md.)  

学術論文

Matsumoto K, Kikuchi K, Kajiyama Y, Takano Y, Mabuchi M, Doi S, Sato K, Miyakawa H, Yasuda I

Development of Autoimmune Hepatitis during Direct-acting Antiviral Therapy for Chronic Hepatitis C Virus Infection.

2018年09月 | Internal medicine (Tokyo, Japan) 57 18 2669-2673 

学術論文

Yagi M, Tanaka A, Abe M, Namisaki T, Yoshiji H, Takahashi A, Ohira H, Komori A, Yamagiwa S, Kikuchi K, Yasunaka T, Takaki A, Ueno Y, Honda A, Matsuzaki Y, Takikawa H

Symptoms and health-related quality of life in Japanese patients with primary biliary cholangitis.

2018年08月 | Scientific reports 8 1 12542 

学術論文

Moritoki Y, Tsuneyama K, Nakamura Y, Kikuchi K, Shiota A, Ohsugi Y, Lian ZX, Zhang W, Yang GX, Ueki S, Takeda M, Omokawa A, Saga T, Saga A, Watanabe D, Miura M, Ueno Y, Leung PSC, Tanaka A, Gershwin ME, Hirokawa M

Anti-drug Antibodies Against a Novel Humanized Anti-CD20 Antibody Impair Its Therapeutic Effect on Primary Biliary Cholangitis in Human CD20- and FcγR-Expressing Mice.

2018年 | Frontiers in immunology 9 2534 

学術論文

Matsumoto K, Ichimura M, Tsuneyama K, Moritoki Y, Tsunashima H, Omagari K, Hara M, Yasuda I, Miyakawa H, Kikuchi K

Fructo-oligosaccharides and intestinal barrier function in a methionine-choline-deficient mouse model of nonalcoholic steatohepatitis.

2017年 | PloS one 12 6 e0175406 

学術論文

Tsunashima H, Tsuneyama K, Moritoki Y, Hara M, Kikuchi K

Accumulated myeloid-derived suppressor cells demonstrate distinct phenotypes and functions in two non-alcoholic steatohepatitis mouse models.

2015年10月 | Hepatobiliary surgery and nutrition 4 5 313-319 

学術論文

Tanaka A, Kikuchi K, Miura R, Miura K, Mikami M, Aiso M, Takamori Y, Takikawa H

Validation of the Japanese version of the Chronic Liver Disease Questionnaire (CLDQ) for the assessment of health-related quality of life in patients with chronic viral hepatitis.

2015年04月 | Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 46 3 E45-50 

学術論文

Nakamura M, Kondo H, Tanaka A, Komori A, Ito M, Yamamoto K, Ohira H, Zeniya M, Hashimoto E, Honda M, Kaneko S, Ueno Y, Kikuchi K, Shimoda S, Harada K, Arai K, Miyake Y, Abe M, Taniai M, Saibara T, Sakisaka S, Takikawa H, Onji M, Tsubouchi H, Nakanuma

Autoantibody status and histological variables influence biochemical response to treatment and long-term outcomes in Japanese patients with primary biliary cirrhosis.

2014年09月 | Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 45 8 846-855 

学術論文

Takai A, Kikuchi K, Kajiyama Y, Sugiura A, Negishi M, Tsunashima H, Yamada H, Matsumoto K, Tsuneyama K, Moritoki Y, Hara M, Miyakawa H

Serological and Histological Examination of a Nonalcoholic Steatohepatitis Mouse Model Created via the Administration of Monosodium Glutamate.

2014年 | International scholarly research notices 2014 725351 

学術論文

Wang J, Budamagunta MS, Voss JC, Kurth MJ, Lam KS, Lu L, Kenny TP, Bowlus C, Kikuchi K, Coppel RL, Ansari AA, Gershwin ME, Leung PS

Antimitochondrial antibody recognition and structural integrity of the inner lipoyl domain of the e2 subunit of pyruvate dehydrogenase complex.

2013年09月 | 5 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 191 5 2126-2133 

学術論文

Kikuchi K, Tsuneyama K, Yamada H, Kajiyama Y, Matsumoto K, Tsunashima H, Yamashita R, Takai A, Negishi M, Hara M, Moritoki Y, Miyakawa H

Splenic lymph follicles generate immunoglobulin M-producing B cells in primary biliary cirrhosis.

2013年08月 | Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 44 10 E253-E256 

学術論文

Tsuneyama K, Baba H, Kikuchi K, Nishida T, Nomoto K, Hayashi S, Miwa S, Nakajima T, Nakanishi Y, Masuda S, Terada M, Imura J, Selmi C

Autoimmune features in metabolic liver disease: a single-center experience and review of the literature.

2013年08月 | 1 Clinical reviews in allergy & immunology 45 1 143-148 

学術論文

Nakamura M, Nishida N, Kawashima M, Aiba Y, Tanaka A, Yasunami M, Nakamura H, Komori A, Nakamuta M, Zeniya M, Hashimoto E, Ohira H, Yamamoto K, Onji M, Kaneko S, Honda M, Yamagiwa S, Nakao K, Ichida T, Takikawa H, Seike M, Umemura T, Ueno Y, Sakisaka

Genome-wide association study identifies TNFSF15 and POU2AF1 as susceptibility loci for primary biliary cirrhosis in the Japanese population.

2012年10月 | 4 American journal of human genetics 91 4 721-728 

学術論文

Jin Q, Moritoki Y, Lleo A, Tsuneyama K, Invernizzi P, Moritoki H, Kikuchi K, Lian ZX, Hirschfield GM, Ansari AA, Coppel RL, Gershwin ME, Niu J

Comparative analysis of portal cell infiltrates in antimitochondrial autoantibody-positive versus antimitochondrial autoantibody-negative primary biliary cirrhosis.

2012年05月 | 5 Hepatology (Baltimore, Md.) 55 5 1495-1506 

学術論文

Kajiyama Y, Kikuchi K, Takai A, Hosoya N, Hoshino H, Hino K, Miyakawa H

B-cell-activating factor affects the occurrence of thyroid autoimmunity in chronic hepatitis C patients treated with interferon alpha.

2012年 | Clinical & developmental immunology 2012 247973 

学術論文

Tsuneyama K, Moritoki Y, Kikuchi K, Nakanuma Y

Pathological features of new animal models for primary biliary cirrhosis.

2012年 | International journal of hepatology 2012 403954 

学術論文

Shimoda S, Tsuneyama K, Kikuchi K, Harada K, Nakanuma Y, Nakamura M, Ishibashi H, Hisamoto S, Niiro H, Leung P, Ansari AA, Gershwin ME, Akashi K.

The Role of NK and NKT cells in Loss of Tolerance Versus Natural Disease Histology in Murine Primary Biliary Cirrhosis.

2012年 | Clinical & Experimental Immunology 168 3 279-284 

学術論文

Tanaka A, Harada K, Ebinuma H, Komori A, Yokokawa J, Yoshizawa K, Abe M, Miyake Y, Kikuchi K, Ohira H, Zeniya M, Yamamoto K, Ishibashi H, Onji M, Nakanuma Y, Tsubouchi H, Takikawa H

Primary biliary cirrhosis - Autoimmune hepatitis overlap syndrome: A rationale for corticosteroids use based on a nation-wide retrospective study in Japan.

2011年09月 | 9 Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 41 9 877-886 

学術論文

Yoshida H, Shiratori Y, Kudo M, Shiina S, Mizuta T, Kojiro M, Yamamoto K, Koike Y, Saito K, Koyanagi N, Kawabe T, Kawazoe S, Kobashi H, Kasugai H, Osaki Y, Araki Y, Izumi N, Oka H, Tsuji K, Toyota J, Seki T, Osawa T, Masaki N, Ichinose M, Seike M, Is

Effect of vitamin K2 on the recurrence of hepatocellular carcinoma.

2011年08月 | 2 Hepatology (Baltimore, Md.) 54 2 532-540 

学術論文

Tanaka A, Invernizzi P, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Shibuya A, Seldin MF, Gershwin ME, Takikawa H.

Replicated association of 17q12-21 with susceptibility of primary biliary cirrhosis in a Japanese cohort.

2011年 | Tisuue Antigens 78 1 65-68 

学術論文

Tanaka A, Ohira H, Kikuchi K, Nezu S, Shibuya A, Bianchi I, Podda M, Invernizzi P, Takikawa H.

Genetic association of FCRL3 polymorphisms with susceptibility to primary biliary cirrhosis: ethnic comparative study in Japanese and Italian patients.

2011年 | Tisuue Antigens 77 3 239-243 

学術論文

Shimoda S, Harada K, Niiro H, Taketomi A, Maehara Y, Tsuneyama K, Kikuchi K, Nakanuma Y, Mackay IR, Gershwin ME, Akashi K

CX3CL1 (fractalkine): a signpost for biliary inflammation in primary biliary cirrhosis.

2010年02月 | 2 Hepatology (Baltimore, Md.) 51 567-575 

学術論文

Montali L, Tanaka A, Riva P, Takahashi H, Cocchi C, Ueno Y, Miglioretti M, Takikawa H, Vecchio L, Frigerio A, Bianchi I, Jorgensen R, Lindor KD, Podda M, Invernizzi P, Battezzati PM, Crosignani A, Hayami E, Hosoya N, Kido O, Kikuchi K, Miyakawa H, Mo

A short version of a HRQoL questionnaire for Italian and Japanese patients with Primary Biliary Cirrhosis.

2010年 | Digestive and Liver Disease 42 10 718-723 

学術論文

Kawai T, Hosoya N, Moritoki Y, Kajiyama Y, Watanabe M, Takai A, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H, Kikuchi K

Autoantibody IgG subclasses to recombinant antigens and the role of bacterial stimuli in primary biliary cirrhosis.

2009年09月 | 9 Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 39 874-881 

学術論文

Tanaka A, Nezu S, Uegaki S, Kikuchi K, Shibuya A, Miyakawa H, Takahashi S, Bianchi I, Zermiani P, Podda M, Ohira H, Invernizzi P, Takikawa H

Vitamin D receptor polymorphisms are associated with increased susceptibility to primary biliary cirrhosis in Japanese and Italian populations.

2009年06月 | 6 Journal of hepatology 50 1202-1209 

学術論文

Kikuchi K, Hsu W, Hosoya N, Moritoki Y, Kajiyama Y, Kawai T, Takai A, Hayami E, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H

Ursodeoxycholic acid reduces CpG-induced IgM production in patients with primary biliary cirrhosis.

2009年05月 | 5 Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 39 448-454 

学術論文

Shimoda S, Miyakawa H, Nakamura M, Ishibashi H, Kikuchi K, Kita H, Niiro H, Arinobu Y, Ono N, Mackay IR, Gershwin ME, Akashi K

CD4 T-cell autoreactivity to the mitochondrial autoantigen PDC-E2 in AMA-negative primary biliary cirrhosis.

2008年09月 | 2 Journal of autoimmunity 31 110-115 

学術論文

Leung PS, Rossaro L, Davis PA, Park O, Tanaka A, Kikuchi K, Miyakawa H, Norman GL, Lee W, Gershwin ME, Acute Liver Failure Study Group

Antimitochondrial antibodies in acute liver failure: implications for primary biliary cirrhosis.

2007年11月 | 5 Hepatology (Baltimore, Md.) 46 1436-1442 

学術論文

Kikuchi K, Tanaka A, Matsushita M, Kitazawa E, Hosoya N, Kawashima Y, Selmi C, Gershwin ME, Miyakawa H

Genetic polymorphisms of transforming growth factor beta-1 promoter and primary biliary cirrhosis in Japanese patients.

2007年09月 | Annals of the New York Academy of Sciences 1110 15-22 

学術論文

Mataki N, Kikuchi K, Kawai T, Higashiyama M, Okada Y, Kurihara C, Hokari R, Kawaguchi A, Nagao S, Kondo T, Itoh K, Miyakawa H, Miura S

Expression of PD-1, PD-L1, and PD-L2 in the liver in autoimmune liver diseases.

2007年02月 | 2 The American journal of gastroenterology 102 302-312 

学術論文

Tsubaki T, Sato S, Fujikawa H, Kawashima Y, Kitazawa E, Takai A, Kikuchi K, Morizane T, Miyakawa H.

Values of doppler sonography predicts high risk variceal bleeding in patients with viral cirrhosis.

2007年 | Hepatogastroenterology 54 73 96-99 

学術論文

Miyakawa H, Tanaka A, Selmi C, Hosoya N, Mataki N, Kikuchi K, Kato T, Arai J, Goto T, Gershwin ME

Serum reactivity against bacterial pyruvate dehydrogenase: increasing the specificity of anti-mitochondrial antibodies for the diagnosis of primary biliary cirrhosis.

2006年06月 | 2-4 Clinical & developmental immunology 13 289-294 

学術論文

Honda M, Kawashima Y, Kawamura H, Fujikawa H, Kikuchi K, Ohashi H, Mori Y, Miyakawa H, Ishibashi M

Acute liver dysfunction complicated with uncontrollable glycemia due to insulin antibody: successful treatment with glucocorticoid and lispro insulin.

2006年 | 21 Internal medicine (Tokyo, Japan) 45 1225-1229 

学術論文

Yang GX, Lian ZX, Kikuchi K, Moritoki Y, Ansari AA, Liu YJ, Ikehara S, Gershwin ME

Plasmacytoid dendritic cells of different origins have distinct characteristics and function: studies of lymphoid progenitors versus myeloid progenitors.

2005年12月 | 11 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 175 7281-7287 

学術論文

Umeuchi H, Kawashima Y, Aoki CA, Kurokawa T, Nakao K, Itoh M, Kikuchi K, Kato T, Okano K, Gershwin ME, Miyakawa H

Spontaneous scratching behavior in MRL/lpr mice, a possible model for pruritus in autoimmune diseases, and antipruritic activity of a novel kappa-opioid receptor agonist nalfurafine hydrochloride.

2005年08月 | 2-3 European journal of pharmacology 518 133-139 

学術論文

Kikuchi K, Lian ZX, Kimura Y, Selmi C, Yang GX, Gordon SC, Invernizzi P, Podda M, Coppel RL, Ansari AA, Ikehara S, Miyakawa H, Gershwin ME

Genetic polymorphisms of toll-like receptor 9 influence the immune response to CpG and contribute to hyper-IgM in primary biliary cirrhosis.

2005年06月 | 4 Journal of autoimmunity 24 347-352 

学術論文

Yang GX, Lian ZX, Kikuchi K, Liu YJ, Ansari AA, Ikehara S, Gershwin ME

CD4- plasmacytoid dendritic cells (pDCs) migrate in lymph nodes by CpG inoculation and represent a potent functional subset of pDCs.

2005年03月 | 6 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 174 3197-3203 

学術論文

Kikuchi K, Lian ZX, Yang GX, Ansari AA, Ikehara S, Kaplan M, Miyakawa H, Coppel RL, Gershwin ME

Bacterial CpG induces hyper-IgM production in CD27(+) memory B cells in primary biliary cirrhosis.

2005年02月 | 2 Gastroenterology 128 304-312 

学術論文

Lian ZX, Kikuchi K, Yang GX, Ansari AA, Ikehara S, Gershwin ME

Expansion of bone marrow IFN-alpha-producing dendritic cells in New Zealand Black (NZB) mice: high level expression of TLR9 and secretion of IFN-alpha in NZB bone marrow.

2004年10月 | 8 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 173 5283-5289 

学術論文

Benson GD, Kikuchi K, Miyakawa H, Tanaka A, Watnik MR, Gershwin ME

Serial analysis of antimitochondrial antibody in patients with primary biliary cirrhosis.

2004年06月 | 2 Clinical & developmental immunology 11 129-133 

学術論文

Miyakawa H, Kawashima Y, Kitazawa E, Kawaguchi N, Kato T, Kikuchi K, Imai E, Fujikawa H, Hashimoto E, Schlumberger W

Low frequency of anti-SLA/LP autoantibody in Japanese adult patients with autoimmune liver diseases: analysis with recombinant antigen assay.

2003年08月 | 1 Journal of autoimmunity 21 77-82 

学術論文

Kikuchi K, Tanaka A, Miyakawa H, Kawashima Y, Kawaguchi N, Matsushita M, Gershwin ME

Eta-1/osteopontin genetic polymorphism and primary biliary cirrhosis.

2003年06月 | 2 Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 26 87-90 

学術論文

Kikuchi K, Lian ZX, He XS, Ansari AA, Ishibashi M, Miyakawa H, Shultz LD, Ikehara S, Gershwin ME

Appearance of human plasma cells following differentiation of human B cells in NOD/SCID mouse spleen.

2003年06月 | 2-4 Clinical & developmental immunology 10 197-202 

学術論文

Lian ZX, Okada T, He XS, Kita H, Liu YJ, Ansari AA, Kikuchi K, Ikehara S, Gershwin ME

Heterogeneity of dendritic cells in the mouse liver: identification and characterization of four distinct populations.

2003年03月 | 5 Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 170 2323-2330 

学術論文

Matsushita M, Tanaka A, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawaguchi N, Kawashima Y, Kato T, Fujikawa H, Quaranta S, Rosina F, Gershwind ME, Miyakawa H

Association of single nucleotide polymorphisms of the interleukin-10 promoter gene and susceptibility to primary biliary cirrhosis: immunogenetic differences in Italian and Japanese patients.

2002年12月 | 8 Autoimmunity 35 531-536 

学術論文

Kikuchi K, Minami K, Miyakawa H, Ishibashi M

Portal vein thrombosis in hypereosinophilic syndrome.

2002年05月 | 5 The American journal of gastroenterology 97 1274-1275 

学術論文

Miyakawa H, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawaguchi N

Anti-pyruvate dehydrogenase complex-E2 antibody immunoglobulin class switch from IgM to IgG in long-term follow-up patients with primary biliary cirrhosis.

2002年03月 | 3 Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology 22 167-173 

学術論文

Miyakawa H, Fujikawa H, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawashima Y

Irregular regeneration of hepatocytes and development of hepatocellular carcinoma in primary biliary cirrhosis.

2002年02月 | 2 The American journal of gastroenterology 97 488 

学術論文

Miyakawa H,?Kikuchi K, Jong-Hon K, Kawaguchi N, Yajima R, Ito Y, Maekubo H.

High sensitivity of a novel ELISA for anti-M2 in primary biliary cirrhosis.

2001年 | Journal of Gastroenterology 36 1 33-38 

学術論文

Miyakawa H, Tanaka A, Kikuchi K, Matsushita M, Kitazawa E, Kawaguchi N, Fujikawa H, Gershwin ME.

Detection of antimitochondrial autoantibodies in immunofluorescent AMA-negative patients with primary biliary cirrhosis using recombinant autoantigens.

2001年 | Hepatology 34 2 243-248 

学術論文

Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Kitazawa E, Kawashima Y, Yajima R, Itoh Y.

False positive reaction in ELISA for IgM class anti-M2 antibody and its prevention.

2001年 | Hepatology Research 20 3 279-287 

学術論文

Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Fujikawa H, Kitazawa E, Matsushita M.

Definition of antigen specificity for antimitochondrial proteins detected by Western blotting using native mitochondrial proteins in primary biliary cirrhosis.

2001年 | Hepatology Research 21 2 101-107 

学術論文

Matsushita M, Miyakawa H, Tanaka A, Hijikata M, Kikuchi K, Fujikawa H, Arai J, Sainokami S, Hino K, Terai I, Mishiro S, Gershwin ME.

Single nucleotide polymorphisms of the mannose-binding lectine are associated with susceptibility of primary biliary cirrhosis.

2001年 | Journal of Autoimmunity 17 3 251-257 

学術論文

Kikuchi K, Miyakawa H, Abe K, Fujikawa H, Horiuchi T, Nagai K, Kako M.

Vanishing bile duct syndrome associated with chronic EBV infection.

2000年 | Digestive Diseases and Sciences 45 1 160-165 

学術論文

Kikuchi K, Miyakawa H, Abe K, Kako M, Katayama K, Fukushi S, Mishiro S.

Indirect evidence of TTV replication in bone marrow cells, but not in hepatocytes, of a subacute hepatitis/aplastic anemia patient.

2000年 | Journal of Medical Virology 61 1 165-170 

学術論文

Miyakawa H, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Kawaguchi N, Abe K, Matsushita M, Matsushima H, Igarashi T, Hankins RW, Kako M.

Immunoreactivity to various human cytochrome P450 proteins of sera from patients with autoimmune hepatitis, chronic hepatitis B, and chronic hepatitis C.

2000年 | Autoimmunity 33 1 23-32 

学術論文

Miyakawa H, Kitazawa E, Fujikawa H, Kikuchi K, Abe K, Kawaguchi N, Kako M.

Analysis of two major anti-M2 antibodies (anti-PDC-E2/anti-BCOADC-E2) in primary biliary cirrhosis: relationship to titers of immunofluorescent anti-mitochondrial antibody.

2000年 | Hepatology Research 18 1 1-9 

学術論文

Kikuchi K

Immunoreactivity of recombinant human oxo-glutarate dehydrogenase complex (OGDC)-E2 protein in primary biliary cirrhosis.

2000年 | Hepatology Research 16 3 211-223 

学術論文

Miyakawa H, Abe K, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kawaguchi N, Kako M.

Detection of anti-branched chain 2-oxo acid dehydrogenase complex (BCOADC)-E2 antibody in primary biliary cirrhosis by ELISA using recombinant fusion protein.

1999年 | Autoimmunity 30 1 11-20 

学術論文

Miyakawa H, Kikazawa E, Abe K, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kawaguchi N, Morizane T, Ohya K, Kako M.

Detection of anti-LKM-1(anti-CYP2D6) by an enzyme-linked immunosorbent assay in adult patients with chronic liver diseases.

1999年 | Autoimmunity 30 2 107-114 

学術論文

Miyakawa H, Kawaguchi N, Abe K, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Matsushita M, Kako M.

Serial changes of serum anti-M2 proteins in patients with primary biliary cirrhosis: a follow-up study by immunoblotting

1999年 | Hepatology Research 13 2 143-152 

学術論文

Miyakawa H, Kawaguchi N, Katayama K, Noyama T, Kitazawa E, Kikuchi K, Fujikawa H, Abe K, Kako M.

cDNA sequencing of branched chain 2-oxo acid dehydrogenase complex (BCOADC)-E2 in Japanese patients with primary biliary cirrhosis.

1999年 | Hepatology Research 14 1 70-77 

学術論文

Miyakawa H, Matsushima H, Narita Y, Hankins RW, Kitazawa E, Fujikawa H, Kikuchi K, Matsushita M, Abe K, Kawaguchi N, Morizane T, Kako M.

Differences in antigenic sites, recognized by anti-liver-kidney microsome-1 (LKM-1) autoantibody, between HCV-positive and HCV-negative sera in Japanese patients.

1998年 | Journal of Gastroenterology 33 4 529-535 

学術論文

Miyakawa H, Kitazawa E, Abe K, Matsushita M, Kawaguchi N, Fujikawa H, Kikuchi K, Kako M.

Anti-liver-kidney microsome (LKM)-1 autoantibody in HCV-positive sera reacts predominantly to conformational epitope, not to linear epitope.

1998年 | Hepatology Research 10 2 112-120 

学術論文

Miyakawa H, Kawaguchi N, Kikuchi K, Fujikawa H, Kitazawa E, Matsushita M, Abe K, Kako M.

Combination assays for IgG class and IgM class anti-pyruvate dehydrogenase complex(PDC)-E2 by ELISA using recombinant autoantigen to diagnose primary biliary cirrhosis.

1998年 | Hepatology Research 12 2 140-150 

学術論文

Miyakawa H, Kitazawa E, Abe K, Kawaguchi N, Fuzikawa H, Kikuchi K, Kako M, Komatsu T, Hayashi N, Kiyosawa K.

Chronic hepatitis C associated with anti-liver/kidney microsome-1 antibody is not a subgroup of autoimmune hepatitis.

1997年 | Journal of Gastroenterology 32 6 769-776 

その他

梶山 祐介, 菊池 健太郎, 小尾 俊太郎, 宮川 浩, 佐藤 新平, 安田 一朗

肝動注化学療法が奏効した下大静脈浸潤および肝外転移を伴うChild-Pugh分類B、肝細胞癌の1例

2018年09月 | (株)癌と化学療法社 癌と化学療法 45 9 1339-1341 

その他

菊池健太郎、松本光太郎、宮川 浩

原発性胆汁性胆管炎と抗ミトコンドリア抗体、M2抗体

2018年03月 | 日本病院総合診療医学会雑誌 14 2 179-183 

その他

安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 高野 祐一, 辻川 尊之, 関根 一智, 國吉 宣行, 足立 貴子, 恩田 毅, 松本 光太郎, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【胆膵EUSを極める-私ならこうする(There is always a better way)-】 治療 EUSガイド下腹腔神経叢ブロック 私はこうする

2017年10月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 38 臨増特大 1103-1106 

その他

大崎 さゆり, 風間 義顕, 菊池 健太郎, 下山 陽也, 茂木 千代子, 黒崎 文広, 芦川 鈴子, 加藤 良子, 村川 裕二, 吉田 稔

当院における過去5年間に分離されたカンジダの検査動向

2017年09月 | (一社)日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 27 4 281-288 

その他

大谷津 翔、小山ひかり、菊池健太郎、茂木千代子、島 充、大_さゆり、芦川鈴子、黒崎文広、岡部友吾、幸山 正、吉田 稔、原 眞純

レボフロキサシン注射剤とステロイドパルス療法が有効であった重症レジオネラ肺炎の1例

2017年09月 | 帝京医学雑誌 40 5 241-246 

その他

小澤 範高, 土井 晋平, 辻川 尊之, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 高橋 美紀子, 川本 雅司, 安田 一朗

G-CSF+PTHrP産生肝内胆管癌の1例

2017年07月 | (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌 114 7 1285-1292 

その他

松本 光太郎, 馬淵 正敏, 足立 貴子, 梶山 はな恵, 恩田 毅, 綱島 弘道, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗

経直腸ドレナージにより軽快した骨盤内膿瘍の1例

2017年06月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 90 1 62,2-65,2 

その他

安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 足立 貴子, 梶山 はな恵, 恩田 毅, 松本 光太郎, 綱島 弘道, 辻川 尊之, 関根 一智, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【ERCPのエキスパートを目指して】 スコープ挿入の基本と困難例への対処

2017年05月 | (株)東京医学社 消化器内視鏡 29 5 811-815 

その他

関根 一智, 安田 一朗, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 辻川 尊之, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【膵疾患の疼痛治療のup-to-date-疼痛の発生メカニズムから疾患別治療まで-】 膵癌の疼痛治療 超音波内視鏡下腹腔神経叢ブロック術

2016年12月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 37 12 1615-1621 

その他

馬淵 正敏, 足立 貴子, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 松本 光太郎, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 土井 晋平, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗

ERCP時鎮痙薬としてのl-mentholの評価

2016年12月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 89 1 70-71 

その他

土井 晋平, 松本 光太郎, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 関根 一智, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗

【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 結石除去 結石破砕と破砕具使用のコツ、トラブルシューティング

2016年11月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 37 臨増特大 1241-1245 

その他

安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 関根 一智, 足立 貴子, 恩田 毅, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【胆膵内視鏡自由自在〜基本手技を学び応用力をつける集中講座〜】 ERCP関連手技編 胆管選択的カニュレーション カニュレーション手技の種類と使い分け

2016年11月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 37 臨増特大 1145-1148 

その他

馬淵 正敏, 安田 一朗, 土井 晋平, 関根 一智, 辻川 尊之, 小澤 範高, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【Interventional EUSのすべて】 縦隔病変におけるEUS-FNAの実際

2016年10月 | (株)東京医学社 消化器内視鏡 28 10 1574-1580 

その他

田中 篤, 三浦 幸太郎, 八木 みなみ, 菊池 健太郎, 上野 義之, 大平 弘正, 銭谷 幹男, 滝川 一

日本人原発性胆汁性胆管炎患者の自覚症状および患者報告アウトカムの評価

2016年09月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 57 9 457-467 

その他

土井 晋平, 松本 光太郎, 恩田 毅, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 関根 一智, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗

【変化した重症急性膵炎の診断・治療】 壊死性膵炎WON(Walled-off necrosis)の治療 内視鏡的ネクロセクトミー追加の適応、コツ、頻度、難易度(合併症)

2016年07月 | (株)アークメディア 肝・胆・膵 73 1 53-58 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 松本 光太郎, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【緩和内視鏡】 疼痛管理における緩和内視鏡 超音波内視鏡ガイド下腹腔神経叢ブロック

2016年05月 | (株)東京医学社 消化器内視鏡 28 5 769-773 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 辻川 尊之, 松本 光太郎, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【急性膵炎-診療ガイドラインの改訂を受けて】 膵局所合併症 内視鏡治療の進歩

2016年04月 | (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科 31 5 563-569 

その他

松本 光太郎, 馬淵 正敏, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 春日井 尚, 高橋 美紀子, 川本 雅司

EUS-FNAで診断しえた肝尾状葉PEComaの1例

2015年12月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 87 1 130,9-131,9 

その他

馬淵 正敏, 安田 一朗, 土井 晋平, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 辻川 尊之, 小澤 範高, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【Difficult stoneへの挑戦-内視鏡的胆管結石治療】 各種内視鏡的胆管結石治療の方法と治療成績

2015年12月 | (株)東京医学社 消化器内視鏡 27 12 1918-1923 

その他

守時 由起, 菊池 健太郎, 常山 幸一

【免疫症候群(第2版)-その他の免疫疾患を含めて-】 臓器特異的自己免疫疾患 自己免疫性消化器疾患(消化管、肝胆膵) 自己免疫性肝胆疾患 自己免疫性胆管炎 抗ミトコンドリア抗体陰性原発性胆汁性肝硬変

2015年11月 | (株)日本臨床社 日本臨床 別冊 免疫症候群I 369-374 

その他

佐々塚 涼弥, 馬場 逸人, 菊池 健太郎, 守時 由起, 常山 幸一

【コランギオパチー】 免疫介在性コランギオパチー 原発性胆汁性肝硬変の免疫病理

2015年11月 | (株)アークメディア 肝・胆・膵 71 5 831-837 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 奥野 充

【ERCPマスターへのロードマップ】 応用編 POCS(SpyGlass)(診断・治療)

2015年10月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 36 臨増特大 1003-1007 

その他

藤田 賢一, 吉永 さゆり, 松本 美智子, 岡田 和代, 森本 寿恵, 柳沢 紀久恵, 笠井 美樹, 吉村 翼, 菊池 めぐみ, 菊池 健太郎, 安田 一朗, 山川 達郎

上部内視鏡検査時の汚染防止対策調査と当院の状況

2015年09月 | 関東消化器内視鏡技師会 関東消化器内視鏡技師会誌 22 14-17 

その他

茂木 千代子, 菊池 健太郎, 長井 美知子, 芦川 鈴子, 梶山 祐介, 高井 敦子, 宮川 浩, 三崎 貴子, 清水 英明, 岡部 信彦, 吉田 稔

A型肝炎ウイルスの家族内感染の一事例

2015年06月 | (一社)日本臨床微生物学会 日本臨床微生物学雑誌 25 3 230-233 

その他

綱島 弘道, 土井 晋平, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 川本 雅司, 小林 紀子, 南部 敦史, 多湖 正夫, 内藤 善久, 春日井 尚, 谷口 桂三, 山川 達郎, 菊池 健太郎, 安田 一朗

内視鏡的に診断し得た膀胱癌直腸浸潤の1例

2015年06月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 86 1 200,13-201,13 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 梶山 はな恵, 梶山 祐介, 佐藤 浩一郎, 菊池 健太郎

【生検を極める】 胆管病変に対する経乳頭的生検・細胞診

2015年06月 | (株)東京医学社 消化器内視鏡 27 6 1011-1016 

その他

松本 光太郎, 菊池 健太郎, 守時 由起, 茂木 千代子, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 土井 晋平, 宮川 浩, 安田 一朗

敗血症性肝障害例における早期予後予測因子の検討

2015年05月 | (一社)日本肝臓学会 肝臓 56 5 179-185 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強, 安藤 暢洋, 岩田 圭介

【胆膵EUS-FNAのエビデンス2015-この5年間の進歩-】 腹腔神経叢/神経節ブロック

2015年04月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 36 4 369-373 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強

【胆嚢総胆管結石の治療を考える】 内視鏡治療別にみた胆嚢総胆管結石治療後の長期成績の比較

2014年12月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 35 12 1365-1369 

その他

綱島 弘道, 小澤 範高, 馬淵 正敏, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 青柳 賀子, 中村 圭介, 赤羽根 拓弥, 内藤 善久, 谷口 桂三, 山川 達郎, 土井 晋平, 菊池 健太郎, 安田 一朗

α-グルコシダーゼ阻害薬による腸管嚢胞性気腫症の1例

2014年12月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 85 1 114-115 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 上村 真也, 中島 賢憲, 向井 強

【高齢者総胆管結石の管理と治療】 総胆管結石に対する内視鏡的治療成績の年齢別比較

2014年12月 | (有)科学評論社 消化器内科 59 6 547-551 

その他

安田 一朗, 土井 晋平, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎

【肝胆膵診療のNew Horizon】 膵疾患 急性膵炎 新たな概念WONとその内視鏡的治療の現状

2014年12月 | (株)アークメディア 肝・胆・膵 69 6 1109-1114 

その他

宮川 浩, 菊池 健太郎

原発性胆汁性肝硬変(PBC)と自己免疫性肝炎(AIH)のoverlap例

2014年08月 | (公社)川崎市医師会 川崎市医師会医学会誌 31 31-33 

その他

土井 晋平, 安田 一朗, 馬淵 正敏, 小澤 範高, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 綱島 弘道, 梶山 祐介, 菊池 健太郎, 岩下 拓司, 岩田 圭介, 向井 強

【ここまで進歩した胆・膵EUSをどう使いこなすか】 膵癌のEUS下神経ブロック オピオイドとの使い分けは?

2014年08月 | 医学図書出版(株) 胆と膵 35 8 767-771 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

内科疾患 最新の治療 明日への指針 第2章 消化器 自己免疫性肝炎

2014年06月01日 | 内科 113 6 1091-1092 

その他

綱島 弘道, 梶山 祐介, 小林 猛, 松本 光太郎, 山田 はな恵, 井上 泰介, 青柳 賀子, 中村 圭介, 内藤 善久, 谷口 桂三, 山川 達郎, 財 裕明, 菊池 健太郎

大腸癌狭窄に対するステント留置8例の検討

2014年06月 | (一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部 Progress of Digestive Endoscopy 84 1 48,1-51,1 

その他

松本光太郎, 梶山祐介, 菊池健太郎, 鮫島亮, 茂木千代子, 海野和俊, 村川裕二, 吉田稔

パラチフスによる早期敗血症性肝障害の一例

2014年05月25日 | 帝京大学医学部 帝京医学雑誌 37 3 127-133 

その他

藤田賢一, 吉永さゆり, 岡田和代, 笠井美樹, 松本美智子, 柳沢喜久恵, 森本寿恵, 菊池健太郎, 山川達郎

次亜塩素酸水シンクを用いた内視鏡洗浄・消毒工程の検討

2014年03月25日 | 日本消化器内視鏡技師会会報 52 60-62 

その他

中村稔, 上野義之, 大平弘正, 橋本悦子, 銭谷幹男, 滝川一, 田中篤, 菊池健太郎, 金子周一, 本多政夫, 山本和秀, 恩地森一, 西原利治, 向坂彰太郎, 市田隆文, 山際訓, 梅村武司, 海老沼浩利, 中尾一彦, 清家正隆, 下田慎治, 原田憲一, 小森敦正, 伊東正博, 安波道郎, 國土典宏, 上本伸二, 前原喜彦, 横須賀収, 樋本尚志, 徳永勝士, 溝上雅史, 石橋大海, 中沼安二, 坪内博仁

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 抗gp210抗体の有用性の検証ワーキング 原発性胆汁性肝硬変の疾患感受性遺伝子による病態の解明~日本人PBC‐GWAS共同研究~

2014年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 68-71 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, GERSHWIN M Eric

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 PDC‐E2アミノ酸置換peptideに対するAMA反応性

2014年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 115 

その他

綱島弘道, 梶山祐介, 小林猛, 菊池健太郎, 山川達郎

CTにて診断した急性胃軸捻転症の1例

2013年12月14日 | Prog Dig Endosc 83 1 118-119 

その他

菊池健太郎, 梶山祐介, 綱島弘道, 山田はな恵, 松本光太郎, 吉村玲央, 高井敦子, 根岸雅嗣, 原眞純, 宮川浩

当院のB型慢性肝炎におけるエンテカビル投与中止の可能性の検討

2013年09月25日 | 帝京医学雑誌 36 5 167-172 

その他

藤田賢一, 吉永さゆり, 湯田まり子, 岡田和代, 笠井美樹, 松本美智子, 森本寿惠, 菊池健太郎, 山川達郎

次亜塩素酸水の内視鏡に対する消毒効果と耐久性

2013年09月10日 | 日本消化器内視鏡技師会会報 51 130-132 

その他

綱島弘道, 梶山祐介, 小林猛, 菊池健太郎

アカルボース内服中に生じた餅による食餌性イレウス

2013年06月14日 | Prog Dig Endosc 82 1 176-177 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

検査値を読む2013 21章 自己免疫検査 抗ミトコンドリア抗体,抗ミトコンドリアM2抗体

2013年06月01日 | 内科 111 6 1360-1361 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

検査値を読む2013 21章 自己免疫検査 抗肝腎ミクロソーム抗体

2013年06月01日 | 内科 111 6 1364 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

検査値を読む2013 21章 自己免疫検査 抗平滑筋抗体

2013年06月01日 | 内科 111 6 1362-1363 

その他

宮川浩, 宮川浩, 菊池健太郎

健康保険から見た自己免疫性肝疾患診療の問題点

2012年09月01日 | 川崎市医師会医学会誌 29 45-47 

その他

菊池健太郎, 芦川鈴子, 乙田舞衣, 田嶋まさ子, 一ノ瀬篤司, 澁谷勲, 虫明寛行, 茂木千代子, 浅田猛大, 高裕之, 丸茂健治, 吉田稔

分子疫学的解析法により交差感染が否定されたStenotrophomonas maltophiliaの複数検出

2012年03月25日 | 日本臨床微生物学雑誌 22 1 60-65 

その他

中村稔, 上野義之, 大平弘正, 橋本悦子, 銭谷幹男, 滝川一, 田中篤, 菊池健太郎, 金子周一, 本田政夫, 山本和秀, 恩地森一, 西原利治, 向坂彰太郎, 市田隆文, 山際訓, 梅村武司, 海老沼浩利, 中尾一彦, 清家正隆, 下田慎治, 原田憲一, 小森敦正, 伊東正博, 安波道郎, 國土典宏, 上本伸二, 前原喜彦, 徳永勝士, 溝上雅史, 中沼安二, 坪内博仁, 石橋大海

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 抗gp210抗体の有用性の検証WG 原発性胆汁性肝硬変の疾患感受性遺伝子による病態の解明~日本人PBC‐GWAS共同研究~

2012年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 56-58 

その他

宮川浩, 菊池健太郎, 田中篤

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 いわゆるPBC+AIH overlap症例の臨床的位置づけ―10年以上の観察例から―

2012年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書 74-75 

その他

田中篤, 大平弘正, 根津佐江子, 奥山秀平, 菊池健太郎, 渋谷明隆, 宮川浩, 滝川一

原発性胆汁性肝硬変の遺伝的素因―日本と欧米との差異―

2011年03月31日 | 消化器と免疫 47 48-51 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 PBCの病態形成に関わる自然免疫異常の研究

2011年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書 73 

その他

石黒精, 幸田恭子, 村田敬寛, 澁川鈴子, 虫明寛行, 澁谷勲, 一ノ瀬篤司, 小川香織, 高裕之, 田嶋まさ子, 内田尚宏, 菊池健太郎

中規模病院における兼業感染防御チームの活動と成果

2010年07月01日 | 神奈川医学会雑誌 37 2 246-247 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

免疫学的検査 F.自己抗体 抗ミトコンドリア抗体,抗M2抗体

2010年06月20日 | 日本臨床 68 582-585 

その他

菊池 健太郎, 宮川 浩

抗ミトコンドリア抗体,抗M2抗体 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 自己抗体)

2010年06月 | 日本臨床社 日本臨床 68 0 582-585 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 PBCの病態形成に関わる自然免疫異常の研究

2010年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書 81 

その他

高井敦子, 菊池健太郎

インフルエンザとワクチンをめぐって そのほかのワクチンの実際 B型肝炎,A型肝炎

2009年10月01日 | 診断と治療 97 10 2117-2119 

その他

田中 篤, 高橋 宏樹, 根津 佐江子, 上野 義之, 菊池 健太郎, 渋谷 明隆, 大平 弘正, 銭谷 幹男, Lorenzo Montali, Pietro Invernizzi, 滝川 一

日本人PBC患者における Fisk Fatigue Severity Score (FFSS) 日本語版の妥当性の検証

2009年02月25日 | 社団法人 日本肝臓学会 肝臓 50 2 51-59 

その他

宮川浩, 細谷直美, 梶山祐介, 河井敏宏, 笹本留美子, 高井敦子, 川島由美, 速水絵里子, 菊池健太郎

PBCの痒みへの挑戦

2009年01月 | Med Postgrad 47 1 31-33 

その他

田中篤, 根津佐江子, 高橋宏樹, 菊池健太郎, 大平弘正, 滝川一

日本人原発性胆汁性肝硬変患者の疲労症状

2009年01月 | Med Postgrad 47 1 27-30 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 PBCの病態形成に関わる自然免疫異常の研究

2009年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成20年度 総括・分担研究報告書 73 

その他

岩澤 絵里子, 宮川 浩, 菊池 健太郎, 新見 晶子, 鎌谷 直之, 岩澤 絵里子, 宮川 浩, 菊池 健太郎, 新見 晶子, 鎌谷 直之

新規の大腸菌buffer使用による,ELISA法でのAMAの特異性の上昇 : PBCとその他の膠原病患者における反応性の相違

2008年04月 | 東京女子医科大学 東京女子医科大学雑誌 78 4 198-204 

その他

田中篤, 根津佐江子, 上垣佐登子, 菊池健太郎, 宮川浩, 渋谷明隆, 大平弘正, 高橋信一, 滝川一

Vitamin Dreceptor遺伝子多型とPBCの疾患感受性・進行度との関連

2008年01月28日 | 診療と新薬 45 1 37-39 

その他

宮川浩, 菊池健太郎

難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 PBCの病態形成に関わる自然免疫異常の研究

2008年 | 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究 平成19年度 総括・分担研究報告書 62 

その他

後藤 利博, 渡部 宏嗣, 川上 高幸, 渡邊 雅史, 中野 健太郎, 高井 敦子, 北澤 絵里子, 佐藤 新平, 田島 康夫, 水口 國雄, 菊池 健太郎, 宮川 浩, 村川 裕二

イリノテカンとシスプラチンの併用化学療法が著効した進行食道小細胞癌の1例

2007年08月05日 | 財団法人 日本消化器病学会 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104 8 1204-1211 

その他

岩澤 絵里子, 宮川 浩, 菊池 健太郎, 新見 晶子, 原 まさ子, 鎌谷 直之

各種膠原病における抗ミトコンドリア抗体の検出とその意義

2007年05月20日 | 社団法人 日本肝臓学会 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 48 5 210-218 

その他

河井敏宏, 又木紀和, 川口淳, 川口淳, 永尾重昭, 永尾重昭, 菊池健太郎, 宮川浩, 三浦総一郎, 三浦総一郎

急性発症しALP値が持続正常であった原発性胆汁性肝硬変(PBC)の一例

2007年02月28日 | 診療と新薬 44 2 138-143 

その他

本田宗宏, 菊池健太郎, 又木紀和, 細谷直美, 河井敏弘, 高井敦子, 北澤絵里子, 佐藤新平, 宮川浩, 宮川浩

Common variable immunodeficiencyに合併したAMA陰性PBCの一例―AMAがPBCに関与しない可能性―

2007年02月28日 | 診療と新薬 44 2 152-154 

その他

宮川浩, 北澤絵里子, 菊池健太郎

新しい臨床検査・未来の臨床検査 3.免疫血清検査 5 抗LKM‐1抗体

2006年10月15日 | 検査と技術 34 11 1206-1211 

その他

菊池健太郎, 河井敏宏, 河井敏宏, 又木紀和, 細谷直美, 栢木真太郎, 江副純, 柿坂仁, 笹本瑠美子, 後藤利博, 渡邊雅史, 中野健太郎, 高井敦子, 新井淳也, 北澤絵里子, 川上高幸, 永尾重昭, 三浦総一郎, 田中篤, 宮川浩

CD150(SLAM)は自然免疫刺激による単球の活性化マーカーとして有用である

2006年07月25日 | 帝京医学雑誌 29 4 239-244 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

バクテリアのCpGを用いたPBCの高IgM血症についての研究

2006年05月20日 | Minophagen Med Rev 51 3 161-164 

その他

菊池 健太郎

診断力をみがく イメージトレーニング 腹部超音波

2006年05月 | 南江堂 内科 97 5 891-894 

その他

又木紀和, 東山正明, 河井敏宏, 川口淳, 永尾重昭, 細谷直美, 菊池健太郎, 宮川浩, 三浦総一郎

AMA陽性であった形質細胞疾患の3例

2006年02月28日 | 診療と新薬 43 2 172-175 

その他

岩沢絵里子, 新見晶子, 関山和彦, 重本六男, 前田淳, 山下克子, 中島洋, 立石睦人, 原まさ子, 鎌谷直之, 細谷直美, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 宮川浩

各種こう原病における抗ミトコンドリア抗体の頻度,意義および対応抗原の解析

2006年02月28日 | 診療と新薬 43 2 176-177 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

内科疾患の診断基準 病型分類・重症度 III.肝・胆・すい 原発性胆汁性肝硬変の診断基準・病型分類・重症度

2005年06月01日 | 内科 95 6 1164-1167 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

消化器疾患とサイトカイン―病態制御に向けて 4 原発性胆汁性肝硬変(PBC)とサイトカイン

2005年02月20日 | 臨床消化器内科 20 3 311-318 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

消化器薬 C型肝炎ウイルス治療薬(レベトール)

2002年10月30日 | Medicina 39 11 124-126 

その他

本田 宗宏, 菊池 健太郎, 藤川 博敏, 水口 國雄, 肥塚 直美, 相羽 元彦, 石橋 みゆき

低血糖を契機に発見された大分子量IGF-II産生混合型肝癌の一例

2002年10月20日 | 日本内分泌学会雑誌 78 91-94 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

検査値から読む病態と診断計画 第2章 疾患における病態へのアプローチと診断計画 III 肝胆すい疾患 4 自己免疫性肝炎

2002年06月25日 | 臨床医 28 1374-1376 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

肝疾患 診療のチェックポイント 2002 第2部 肝疾患治療のチェックポイント 第II章 慢性肝炎薬物療法のチェックポイント 3 自己免疫性肝炎の薬物療法

2002年06月 | 臨床消化器内科 17 7 1006-1012 

その他

藤川博敏, 菊池健太郎, 川島由美, 北沢絵里子, 宮川浩, 渋谷明隆

原発性胆汁性肝硬変における不規則再生(irregular regeneration)と肝発癌との関連 5年間の観察

2002年05月28日 | 診療と新薬 39 5 390-391 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 川口直美, 川島由美, 北沢絵里子, 藤川博敏, 松下昌直

原発性胆汁性肝硬変におけるレトロウイルス抗体検出の試み

2001年09月28日 | 診療と新薬 38 9 808-809 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

原発性胆汁性肝硬変における抗ミトコンドリア抗体 その測定系の問題点と病院論とのかかわり

2001年09月25日 | 帝京医学雑誌 24 5 409-420 

その他

川口直美, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 藤川博敏, 松下昌直, 宮川浩

Western blot法によって検出されるAMAの特異性について

2001年03月28日 | 診療と新薬 38 3 229-230 

その他

菊池健太郎, 賀古真

肝炎のインターフェロン治療 総まとめ 1 B型肝炎のインターフェロン治療 (1) B型慢性肝炎に対するインターフェロン治療 長期投与は有効なのか

2000年10月 | 臨床消化器内科 15 11 1443-1448 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 藤川博敏, 幾世橋経人, 松下昌直, 川口直美, 春日井尚, 酒井滋, 水口国男

肝細胞癌を合併した原発性胆汁性肝硬変の1例

2000年08月28日 | 診療と新薬 37 8 934-935 

その他

藤川博敏, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 宝角由美, 金原猛, 佐藤重信, 宮川浩, 吉田稔, 賀古真

急性骨髄性白血病の経過中に出現した肝Inflammatory pseudotumorの1例

2000年07月25日 | 帝京医学雑誌 23 4 447-454 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 藤川博敏, 松下昌直, 北沢絵里子, 金原猛, 阿部和裕, 賀古真, 川口直美

原発性胆汁性肝硬変に自己免疫性肝炎をoverlapした1例

2000年06月28日 | 診療と新薬 37 6 756-757 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 山崎繁樹, 藤川博敏, 北沢絵里子, 松下昌直, 阿部和裕, 賀古真, 川口直美

原発性胆汁性肝硬変と自己免疫性肝炎のoverlap syndromeと考えられた1例

2000年01月28日 | 診療と新薬 37 1 43-44 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 北沢絵里子, 藤川博敏, 松下昌直, 川口直美

PBCにおけるPDC‐E2抗体の免疫グロブリンクラススイッチング

2000年 | 消化器と免疫 37 125-127 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 賀古真

ウイルス性肝炎治療の新しい展開 肝炎ウイルスTTVの臨床的意義

1999年12月10日 | Pharma Med 17 12 13-17 

その他

高 裕之, 木下 礼児, 河野 博充, 菊池 健太郎, 宮川 浩, 賀古 眞

26-P8-69 アセトアミノフェン中毒における塩酸エチルシステイン投与の一例

1999年08月20日 | 日本医療薬学会 日本病院薬学会年会講演要旨集 9  

その他

菊池健太郎, 吉田稔, 幾世橋経人, 津田敦子, 上杉和人, 神田良介, 神谷増三, 水口国雄, 賀古真

骨盤内巨大腫りゅうで発症した急性リンパ性白血病の1剖検例

1999年07月25日 | 帝京医学雑誌 22 4 315-319 

その他

藤川博敏, 杉谷雅彦, 宮川浩, 阿部和裕, 菊池健太郎, 北沢絵里子, 天木秀一, 荒川泰行, 賀古真

PBC肝組織におけるHLA class IIの異所性発現

1999年03月25日 | 月刊医学と薬学 41 3 416-418 

その他

菊池健太郎, 宮川浩

肝疾患診療1999 少し高度な知識が必要な肝疾患 どういう場合に自己免疫性肝疾患を疑うのか

1999年02月10日 | Medicina 36 2 270-272 

その他

賀古真, 永井孝三, 岩崎浩, 藤川博敏, 金原猛, 菊池健太郎, 北沢絵里子, 阿部和裕, 宮川浩

劇症肝炎における人工肝補助療法の適応と限界の再評価 神奈川・東京多施設検討 (厚生省S)

1999年 | 厚生省特定疾患難治性の肝疾患調査研究班 平成10年度研究報告書 107-109 

その他

阿部和裕, 菊池健太郎, 藤川博敏, 北沢絵里子, 川口直美, 宮川浩

UDCA投与によるAMA関連抗体に及ぼす効果

1998年10月 | Prog Med 18 10 2579-2580 

その他

井上遵也, 宝角由美, 北沢絵里子, 金原猛, 山崎博之, 高井一成, 加藤隆司, 菊池健太郎, 賀古真

食道静脈りゅうに対し内視鏡的静脈りゅう結さつ術を施行し10日以降に出血を合併した2例

1998年10月 | Prog Dig Endosc 52 96-97,5 

その他

菊池 健太郎, 宮川 浩, 阿部 和裕, 北澤 絵里子, 藤川 博敏, 川口 直美, 永井 孝三, 賀古 眞

HBV genotype A 初感染後キャリア化した夫より夫婦間感染した妻の急性B型肝炎の1例

1998年08月25日 | 社団法人 日本肝臓学会 肝臓 39 8 533-538 

その他

津田敦子, 阿部和裕, 北沢絵里子, 松下昌直, 宝角由美, 金原猛, 藤川博敏, 菊池健太郎, 賀古真

当院におけるC型慢性肝炎に対するインターフェロン(IFN)治療成績の検討

1998年08月 | 川崎市医師会医学会誌 15 46-52 

その他

金原猛, 宝角由美, 藤川博敏, 菊池健太郎, 阿倍和裕, 佐藤重信, 宮川浩, 永井孝三, 賀古真

数回にわたるIFN投与にてHCV‐RNAが陰性化した慢性C型肝炎の1例

1998年07月 | 神奈川医学会雑誌 25 2 305 

その他

阿部 和裕, 宮川 浩, 北澤 絵里子, 藤川 博敏, 菊池 健太郎, 永井 孝三, 賀古 眞, 川口 直美

肝腎マイクロゾーム(LKM)-1抗体陽性慢性C型肝炎由来肝細胞癌の2例

1998年05月25日 | 社団法人 日本肝臓学会 肝臓 39 5 349-355 

その他

菊池健太郎, 宮川浩, 阿部和裕, 堀内俊満, 北沢絵里子, 藤川博敏, 川口直美, 永井孝三, 賀古真

長期観察し得た胆管消失症候群の1例

1998年04月 | Prog Med 18 4 855-856 

その他

岡裕爾, 菊池健太郎, 鴨志田敏郎, 平井信二, 高橋敦, 松田佳之, 阿部和裕, 宮川浩, 賀古真

原発性胆汁性肝硬変におけるHLA‐DR抗原の疾患感受性と臨床的特徴

1998年03月 | 日立医学会誌 35 1 15-24 

その他

阿部和裕, 宮川浩, 北沢絵里子, 菊池健太郎, 藤川博敏, 松下昌直, 堀内俊満, 祖父江晃, 賀古真

自己免疫性肝炎における抗DNA抗体 抗ss DNA抗体と抗ds DNA抗体について

1998年03月 | 帝京医学雑誌 21 2 113-119 

その他

賀古真, 永井孝三, 藤川博敏, 金原猛, 菊池健太郎, 阿部和裕, 宮川浩

劇症肝炎早期診断における肝受容体シンチグラフィー(99mTc‐GSA)の有用性 (厚生省S)

1998年 | 難治性の肝疾患調査研究班 平成9年度研究報告 80-82 

その他

川口直美, 宮川浩, 阿部和裕, 北沢絵里子, 藤川博敏, 菊池健太郎, 柴田実, 渋谷明隆, 小野塚靖

抗ミトコンドリア抗体陰性原発性胆汁性肝硬変における抗M2抗体 Western blot法による解析

1997年11月25日 | 臨床病理 45 11 1079-1084 

その他

菊池健太郎, 茂木秀人, 鴨志田敏郎, 堀田総一, 平井信二, 岡裕爾, 高橋敦

大きさ15mmのpolypoid growth型大腸ss癌の1例

1997年06月 | Prog Dig Endosc 50 300-301,25 

その他

宮川浩, 北沢絵里子, 藤川敏博, 菊池健太郎, 阿部和裕, 松下昌直, 渡辺一弘, 宝角由美, 賀古真

原発性肝癌における超高感度ルミパルスによる肝炎ウイルスマーカーの検出

1997年03月 | 月刊医学と薬学 37 3 673-677 

その他

宮川浩, 北沢絵里子, 藤川敏博, 菊池健太郎, 川口直美, 賀古真

HBs抗原(RPHA)陰性,HBc抗体(HI)強陽性例における超高感度ルミパルスシステム(CLEIA)によるHBs抗原の検出

1997年03月 | 月刊医学と薬学 37 3 667-671 

その他

菊池健太郎, 岡裕爾, 高橋敦

Genotype IIa,IIb型で低ウイルス量のC型慢性肝炎に対するinterferon短期間投与の検討

1997年01月 | 日立医学会誌 34 1 1-6 

その他

暢志田敏郎, 堀田総一, 菊池健太郎, 茂木秀人, 平井信二, 岡裕爾, 高橋敦

生検によって出血性ショックをきたした直径5mmの大腸ポリープの1例

1996年12月 | Prog Dig Endosc 49 214-215,20 

その他

宮川浩, 阿部和裕, 北沢絵里子, 松下昌直, 藤川博敏, 菊池健太郎, 川口直美, 小沼貴子, 賀古真

原発性胆汁性肝硬変(PBC)における抗セントロメア抗体

1996年09月 | 帝京医学雑誌 19 5 417-426 

その他

水野英雄, 菊池健太郎, 鴨志田敏郎, 岡裕爾, 佐藤宗勝, 奥村稔, 野沢久美子, 中島光太郎, 高橋敦

診断に苦慮した肝細胞癌破裂の一症例

1996年07月 | 日立医学会誌 33 2 114-119 

その他

菊池健太郎, 岡裕爾, 多留賀功, 山県邦弘

当院の血液透析患者におけるC型慢性肝炎の検討

1996年07月 | 日立医学会誌 33 2 107-113