帝京大学
太田 龍馬

太田 龍馬 講師

OTA RYOMA

所属キャンパス宇都宮キャンパス

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科

連絡先

メールアドレス

電話番号

028-627-7145

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

2006年03月

北海道大学 理学部 生物科学科 卒業

2008年03月

北海道大学 大学院生命科学院 生命科学専攻 修士課程 修了

2011年03月

北海道大学 大学院生命科学院 生命科学専攻 博士後期課程 修了

2010年04月

日本学術振興会 特別研究員

2011年12月

岡崎統合バイオサイエンスセンター NIBBリサーチフェロー・研究員

2015年04月

筑波大学 生存ダイナミクス研究センター 研究員

2020年04月

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科 講師

新潟大学 非常勤講師 (2019年4月~9月)

所属学会

日本動物学会

日本発生生物学会

日本分子生物学会

専門分野

生殖生物学
発生遺伝学
分子生物学

研究テーマ

ショウジョウバエを用いた生殖細胞(卵と精子)の形成メカニズムの解明
( 生殖細胞系列の性決定機構および品質管理機構の解明)

教育方法・職務上の実績

教育方法

【担当科目】
・生殖生物学(バイオ・3年前)
・バイオテクノロジー入門(バイオ1年・前)分担
・バイオサイエンス基礎実験(バイオ2年・前)分担
・生命科学特論(バイオ3年・前)分担
・動物生理学実験(バイオ3年・前)分担
・生化学実験(バイオ2年・後)分担
・生命機能学(バイオ3年・前)
・バイオサイエンス特別実験(バイオ4年・前後)
・細胞生物学(バイオ1年・後)

職務上の実績

【競争的資金獲得状況】

<科研費>
・基盤研究(B) 代表 2020-2023年度
「ショウジョウバエ生殖細胞系列におけるX染色体数に依存した自律的な性決定機構」

・若手研究 代表 2018-2020年度(2020年度辞退)
「ショウジョウバエ生殖系列における遺伝子量補償による自律的な性決定機構の解明」

・日本学術振興会 特別研究員 2010-2011年度
「脊椎動物卵成熟過程におけるサイクリンB mRNAの翻訳制御機構の解析」

<その他>
・TARAプロジェクト「公募型研究」代表 2020年度
「ショウジョウバエ始原生殖細胞の性決定機構の解明」

・TARAプロジェクト「公募型研究」代表 2021年度
「ショウジョウバエ始原生殖細胞の自律的な性決定機構の解明」


【受賞】
Best Presentation Award受賞
「アフリカツメガエル卵成熟過程でのPumilio1とPumilio2による時期特異的なmRNA翻訳制御機構」日本発生生物学会第43回大会 2010年6月

著書・論文

Ryoma Ota, Makoto Hayashi, Shumpei Morita, Hiroki Miura, and Satoru Kobayashi

Absence of X-chromosome dosage compensation in the primordial germ cells of Drosophila embryos.

2021年03月01日 | Scientific Reports 11, 4890 

Ota R, Kobayashi S

Myc plays an important role in Drosophila PM-hybrid dysgenesis to eliminate germline cells with genetic damage.

2020年04月 | Communications Biology 3, 185 

Morita S, Ota R, Hayashi M, Kobayashi S

Repression of G1/S Transition by Transient Inhibition of miR-10404 Expression in Drosophila Primordial Germ Cells.

2020年03月 | iScience 23(3): 100950  

Morita S, Ota R, Kobayashi S

Downregulation of NHP2 promotes proper cyst formation in Drosophila ovary.

2018年06月 | Dev Growth Differ. 60(5): 248-259 

Ota R, Morita S, Sato M, Shigenobu S, Hayashi M, Kobayashi S

Transcripts immunoprecipitated with Sxl protein in primordial germ cells of Drosophila embryos.

2017年12月 | Dev Growth Differ. 59(9): 713-723 

Kotani T, Yasuda K, Ota R, Yamashita M

Cyclin B1 mRNA translation is temporally controlled through formation and disassembly of RNA granules.

2013年09月 | J Cell Biol. 202(7): 1041-1055  

Ota R, Kotani T, Yamashita M

Possible Involvement of Nemo-like Kinase 1 in Xenopus Oocyte Maturation As a Kinase Responsible for Pumilio1, Pumilio2 and CPEB Phosphorylation. Ota R,Kotani T,Yamashita M

2011年05月 | Biochemistry 50(25): 5648-5659 

Ota R, Kotani T, Yamashita M

Biochemical Characterization of Pumilio1 and Pumilio2 in Xenopus oocytes.

2011年01月 | J Biol. Chem. 286(4): 2853-2863 

Yasuda K, Kotani T, Ota R, Yamashita M

Transgenic zebrafish reveals novel mechanisms of translational control of cyclin B1 mRNA in oocytes.

2010年12月 | Dev. Biol. 348(1): 76-86 

Ota R, Suwa K, Kotani T, Mita K, Yamashita M

Possible Involvement of Phosphatidylinositol 3-Kinase, but not Protein Kinase B or Glycogen Synthase Kinase 3β, in Progesterone-Induced Oocyte Maturation in the Japanese Brown Frog, Rana japonica.

2008年07月 | Zoolog. sci. 25(7): 773-781