帝京大学

藤森 弘子 教授

FUJIMORI, Hiroko

所属キャンパス八王子キャンパス

帝京大学 外国語学部 外国語学科

連絡先

メールアドレス

経歴・所属学会・専門分野・研究テーマ

経歴

1977年03月

関西学院大学文学部卒業 文学士

1977年04月

チェースマンハッタン銀行大阪支店Accounting Section

1984年10月

トライデント日本語専門学校日本語非常勤講師

1989年04月

名古屋学院大学留学生別科日本語非常勤講師

1994年03月

大阪大学大学院言語文化研究科博士前期課程修了 修士(言語文化学)

1996年03月

大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程単位取得退学

1996年04月

東京外国語大学留学生日本語教育センター助教授

2006年04月

東京外国語大学留学生日本語教育センター教授

2015年04月

東京外国語大学大学院国際日本学研究院教授

2020年04月

東京外国語大学名誉教授

2020年04月

帝京大学外国語学部外国語学科教授

所属学会

1977年04月

~現在 日本語教育学会

1994年04月

~現在 大阪大学言語文化学会

1995年04月

~現在 日本語教育方法研究会

1998年04月

~現在 社会言語科学会

2005年04月

~2019年 異文化間教育学会

2010年04月

~現在 ヨーロッパ日本語教師会

2015年04月

~現在 留学生教育学会

専門分野

日本語教育学、応用言語学第二言語習得論、教材開発研究

研究テーマ

1)第二言語としての日本語使用(学習者言語)に関する研究
2)中間言語語用論(Interlanguage Pragmatics)の研究
3)アカデミック日本語教育に関する研究

教育方法・職務上の実績

教育方法

①教育方法の実践例
・東京外国語大学留学生日本語教育センター『国際教育協力の現状と課題―REXプログラム10年の総括と展望―第三者評価・自己点検評価報告書1990-2000』
・東京外国語大学大学院地域文化研究科日本語教育専修コース『日本語教育実習報告書』(2002~2005年度)
・東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士前期課程国際日本専攻「日本語教授法研究(春学期)」「実習A-日本語教育実践研究(夏学期)」『日本語教育教案・教材集』(2016~2018年度)
②作成した教科書・教材
・『日本語Ⅱ-外国語としての-』(共著)放送大学教育振興会2003
・『日本事情テキストバンクCD-ROM版』(共同編著)東京外国語大学留学生日本語教育センター2003
・『日本語中級からのスキルバランス』(共著)凡人社2005
・『日本語基礎B('07)-コミュニケーションと異文化理解ー』(共著)放送大学教育振興会2007
・『日本語コミュニケーションゲーム80[改訂新版]』(共著)ジャパンタイムズ出版2007
・『直接法で日本語を教える』(共著)東京外国語大学出版会2009
・『大学の日本語 初級 ともだち』Vol.1&2(共著)東京外国語大学留学生日本語教育センター編著 東京外国語大学出版会2017
・『大学の日本語 初級 ともだち』Vol.1&2準拠ウェブ教材(共著)<漢字/文法宿題/教室提示用イラスト(2017)/教師用「教え方のポイント」(2020)

職務上の実績

①資格・免許
・日本語教育能力検定試験合格(1989)
・中高英語科教員免許取得(1990)
③実務経験
・文部科学省REX事業事前研修コーディネーター(2000-2004)
・2004年度文部科学省派遣基礎日本語教師団団長(中国赴日本国留学生予備学校)
・東京外国語大学留学生日本語教育センター全学日本語プログラムコーディネーター(2008-2012)
・東京外国語大学留学生日本語教育センター教育研究開発プロジェクトリーダー(2008-2019)
・東京外国語大学留学生日本語教育センター教育関係共同利用拠点委員(2012-2020)

著書・論文

科研費報告書

藤森弘子他

『アカデミック日本語能力到達基準の策定とその妥当性の検証-成果報告書(2017)-』

2017年03月31日 |  

学術著書 共著

藤森弘子

『形式名詞がこれでわかる 』2. ことがあるpp 50-62

2003年08月31日 | ひつじ書房 

学術論文 単著

藤森弘子

「社会・文化的特質を考慮したコミュニケーション能力評価法:アジア諸語版-日本語版作成の試み-」

2020年05月 | 『アジア諸語の言語類型と社会・文化的多様性を考慮したCEFR 能力記述方法の開発研究 -中間報告書(2018−2019)-』科研費基盤研究(B) 9-19 

学術論文 共著

藤森弘子他

「日本人学校・補習授業校における日本語指導の現状と課題」

2006年01月 | 『日本語教育』128号 pp 80-89 日本語教育学会 

科研費報告書

藤森弘子他

『外国・在外教育施設における日本語教育の現状と需要調査研究』

2006年03月 | 文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)15401017研究代表者:藤森弘子 

学術論文 単著

藤森弘子

「国内の大学間連携による遠隔授業の試み― 中上級日本語口頭表現クラスの事例から ―」

2020年03月 | 『東京外国語大学国際日本学研究 プレ創刊号』pp 123-136 東京外国語大学大学院国際日本学研究院  

学術論文 単著

藤森弘子

「アカデミック日本語Can-doリスト活用の可能性と展望」

2019年07月 | 『日本テスト学会第17回大会発表論文抄録集』pp 98-101 日本テスト学会  

学術論文 単著

藤森弘子

「口頭表現対話にみられる初級・中級学習者のやりとりの考察-アカデミック日本語Can-doリストの指標と関連して-」

2019年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』45号 pp 95-111 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 単著

藤森弘子

「「短い会話が続けられる」とはどういうことか-NSとNNSの交流型授業の実践から-」

2018年05月 | 『ヨーロッパ日本語教育22 報告・発表論文集』pp 539-541 ヨーロッパ日本語教師会 

学術論文 単著

藤森弘子

「アカデミック日本語教育における対話タスクの連続性」

2016年05月 | 『第19回ヨーロッパ日本語教育論文集』pp 415-416 ヨーロッパ日本語教師会 

学術論文 単著

藤森弘子

「タスクは発話を促進するのか―タスク型教科書と文型中心教科書を使った学習者の発話産出の比較から―」

2016年10月 | 『2015年度メキシコ日本語教師会紀要』pp 90-100 メキシコ日本語教師会 

学術論文 単著

藤森弘子

「タスク型初級日本語教材の開発とその特徴―学習者発話の形態素解析結果から―」

2016年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』42号 pp 13-28 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 共著

藤森弘子他

「異文化体験型シラバスに基づいたショートステイ・プログラム2012の実践と課題」

2013年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』39号 pp 137-152 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 単著

藤森弘子

「上級日本語教育に関する一考察―ディベートを活用して-」

2012年08月 | 『第8号国際シンポジウム編 日本語教育論集』pp 4-18 東北師範大学出版社 

学術論文 単著

藤森弘子

「異文化理解を目指したインターアクション教育に関する一考察-遠隔授業での相互作用に着目して-」

2012年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』38号 23-38 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 単著

藤森弘子

「ディスカッション場面の相互行為分析-中級口頭表現クラスの観察を通して」

2009年03月 | 『日本語教育学研究への展望-柏崎雅世教授退官記念論集』pp 319-334 ひつじ書房 

学術論文 共著

藤森弘子他

「全学日本語プログラムの取組と課題―アカデミック・ジャパニーズ能力向上の観点から―」

2011年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』37号 pp 119-134 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 単著

藤森弘子

「高度専門職業人養成課程における日本人学生と留学生の協働作業及びピア評価の試み」

2010年01月 | 『日本語教育』144号 pp 73-84 日本語教育学会 

学術論文 単著

藤森弘子

「結束性の観点からみた初級日本語学習者の作文」

2005年03月 | 『東京外国語大学留学生日本語教育センター論集』第31号95-109 東京外国語大学留学生日本語教育センター 

学術論文 単著

藤森弘子

「不満表明ストラテジーの日英比較」

1997年05月 | 『言語と文化の対話』pp 243-257 英宝社  

学術論文 共著

初鹿野阿れ、藤森弘子、熊取谷哲夫

「不満表明ストラテジーの使用傾向─日本語母語話者と日本語学習者の比較─」

1996年03月 | 『日本語教育』88号 pp 128-139 日本語教育学会 

学術論文 単著

藤森弘子

「関係修復の観点からみた「断り」の意味内容―日本語母語話者と中国人日本語学習者の比較―」

1996年03月 | 『大阪大学言語文化学』Vol.6, pp 5-17 大阪大学言語文化学会 

学術論文 共著

藤森弘子他

「コミュニケーション能力を高める教室活動」

1995年09月 | 『日本語教育方法研究会誌』Vol.2 pp 34-35 日本語教育方法研究会 

学術論文 単著

藤森弘子

「日本語学習者にみられる「弁明」意味公式の形式と使用」

1995年11月 | 『日本語教育』87号, pp 79-90 日本語教育学会 

学術論文 単著

藤森弘子

「日本語学習者にみられるプラグマティック・トランスファー―「断り」行為の場合―」

1994年03月 | 『名古屋学院大学日本語学・日本語教育論集』第1号, pp 1-19 名古屋学院大学