帝京大学

 

薬学科

栗原順一 主任教授 くりはらじゅんいち

薬のプロ(薬剤師)として社会に貢献したい学生、科学的な好奇心旺盛な学生、常に努力を惜しまない学生を大歓迎します。

詳細へ


ページトップへ

中木 敏夫 教授 なかき としお

薬学部では基礎科学をはじめ臨床医学の一部を学びます。薬学生は国家試験に合格して薬剤師となり、治療薬の専門家として社会に貢献します。

詳細へ


ページトップへ

楯 直子 教授 たて なおこ

詳細へ


ページトップへ

武田 淳 教授 たけだ じゅん

詳細へ


ページトップへ

金子 希代子 教授 かねこ きよこ

帝京大学薬学部は、先生方の教育や研究に対する意識が高く、学生さんが有意義な6年間を過ごせる大学であると思います。カリキュラムの中では、専門科目はもちろんですが、コミュニケーションが重視されています。これからの薬剤師は、責任ある調剤を行うとともに、医療人として幅広く活躍しなければなりません。そのための科目を学ぶことができます。また研究室では、それぞれ特色のある研究をしていて、卒業研究を通してそれを学ぶことができます。私達の研究室では、食品中のプリン体を測定してガイドラインや本を通して公表することにより、痛風・高尿酸血症の患者さんの生活指導に役立っています。 帝京大学薬学部は、今は高尾山の麓の相模湖にキャンパスがありますが、1年後には板橋に移転します。新しい建物で、幅広く活躍できる薬剤師を目指してほしいと思います。

詳細へ


ページトップへ

忍足 鉄太 教授 おしたりてつた

薬剤師は、医療の現場で「マテリアルとしての薬」に関する専門知識をもつ唯一の職種です。薬の多くは有機化合物なので、プロフェッショナルとして薬の性質を把握するためには有機化学の基本をしっかりと理解しておくことが必要不可欠です。高校では有機化学というと暗記するだけの科目というイメージが強いかも知れませんが、基礎からきちんと学べば系統立てて理解することができ、覚える内容は必要最小限で済むはずです。高校で習う有機化学は映画の予告編のようなもの。大学で有機化学の本当の「面白さ」と「奥深さ」をしっかりと学んでください。

詳細へ


ページトップへ

橘高 敦史 教授 きったか あつし

安心して優れた医療を受けられる社会を目指します。

詳細へ


ページトップへ

本間 光一 教授 ほんま こういち

薬をキーワードとして、薬を知り、薬を創るための学問をする学部です。大学人としてしっかりとした探究心を養うことで、皆さんが社会に貢献できる人物に育ってくれることを願っています。

詳細へ


ページトップへ

大塚 文徳 教授 おおつか ふみのり

講義を聴いて知識を得るだけでは、単なる「物知り」にしかなれません。得た知識を状況に応じて自在にアウトプットできるようになってはじめて真の「知恵」となります。そのためには常日頃から「考える力」を養ってください。

詳細へ


ページトップへ

山下 純 教授 やました あつし

「薬学」は人の健康をささえるために重要な学問領域です。「生化学・分子生物学」は「化学」と「生物」をつなぐ薬学の基本的な科目です。深く勉強をして、人類の健康に貢献しましょう。

詳細へ


ページトップへ

鈴木 俊英 教授 すずきとしひで

薬学部では、薬剤師として必要な知識・技能を学ぶほかに、多くの事を学びます。皆さんが「知識人」として社会に広く貢献できるよう、サポートしていければと思っています。

詳細へ


ページトップへ

唐澤 健 教授 からさわ けん

薬剤師は、薬を通じて人々の健康を守るために貢献できる素晴らしい職業です。薬学部で、基礎力をしっかりと身につけ、薬剤師への道を志してください。

詳細へ


ページトップへ

小佐野 博史 教授 こさの ひろし

 人は皆、優れた能力を持って生まれてきます。皆さんに与えられた素晴らしい力を十分に出し切るのは、皆さん本人の心がけです。  持って生まれた自分の力を十分に引き出し、それらを多くの方々の役に立てることを大きな目標にして、大学生活で修練してみませんか。  人生はこれからです。一緒に歩んでいきましょう。

詳細へ


ページトップへ

横山 和明 教授 よこやま かずあき

薬剤学分野の講義、生化学分野の研究を行っています。国家試験や薬学共用試験のCBTとOSCEもしっかりサポートしていきます。一緒に頑張りましょう!

詳細へ


ページトップへ

厚味厳一 教授 あつみげんいち

帝京大学薬学部は、問題解決能力を持つ薬剤師の養成を目指しています。そのために、単に薬剤師国家試験に合格する知識を付けるだけではなく、問題点を見つけ出し、方略を考え、実践できる能力が身につくように指導します。  これらの能力は、目にみえて評価が可能なものではないので、なかなか力が付いたことを実感できませんが、大学以外での活躍の場を広げることができるようになります。  すべての教員が学生の目線に立って指導している帝京大学薬学部は魅力がいっぱいです。ぜひ入学し、自分で感じてみてください。

詳細へ


ページトップへ

丸山 一雄 教授 まるやま かずお

皆さんは、今までに風邪を引いたりお腹が痛くなったりして、薬を使ったことがあると思います。1日1回飲むと1日中効く薬とか、お尻に入れる(坐剤と言います)と痛みが取れるとか、薬には、実は薬学の知識がいっぱい詰まっています。私は、薬に工夫を施して薬の効き方を持続させたり、副作用を減らしたりする研究をしています。専門用語でドラッグデリバリーシステム(DDS)と言います。例えば、癌に薬を狙い撃ちして副作用をなくして治療するとか、癌をやっつける遺伝子を送り込むとか、自分の持っている免疫能力を高めて癌にうち勝つとか、DDSの技術を使って挑戦しています。皆さんの若い発想がとても重要です。皆さんが目指す薬剤師も、DDSの知識が重要です。ぜひ、帝京大学薬学部で一緒に挑戦しましょう。

詳細へ


ページトップへ

出口 芳春 教授 でぐち よしはる

詳細へ


ページトップへ

油井 聡 教授 ゆい さとる

私は、講義では主に消化器疾患と呼吸器疾患の病態とそれらに対する治療薬を受け持っています。これらの疾患は、最も患者さんが多いものです。チーム医療の一員として、薬剤師が役目を果たせるよう、その基礎をしっかり身につけることを目的として、毎日取り組んでいます。

詳細へ


ページトップへ

小野 景義 教授 おの かげよし

医療人として、どんな分野で活躍したいと考えていますか。薬剤師として働きたいと考えていますか。学ぶ意欲をしっかりと持って、入学してくるのを楽しみにしています。

詳細へ


ページトップへ

細山田 真 教授 ほそやまだ まこと

詳細へ


ページトップへ

黄倉 崇 教授 おおくらたかし

 

詳細へ


ページトップへ

渡邊 真知子 教授 わたなべ まちこ

詳細へ


ページトップへ

渡辺 茂和 教授 わたなべ しげかず

これからの薬剤師は薬物治療に積極的に取りくむとともに、専門性をもつことが求められています。責任も重くなってきますが、社会に必要とされる仕事です。意欲をもってチャレンジしてみてください。

詳細へ


ページトップへ

鈴木 義彦 教授 すずき よしひこ

詳細へ


ページトップへ

岸本 成史 教授 きしもと せいし

詳細へ


ページトップへ

齋藤 百枝美 教授 さいとう もえみ

 

詳細へ


ページトップへ

佐藤 元信 教授 さとう もとのぶ

いつまでも、知的好奇心と学問に対する意欲を忘れないでください。 知識には、「学ぶべき知識」と「学んでおいたほうがいい知識」があります。受験までは、「すべきこと」はもちろん大切ですが、「したほうがいいこと」も沢山あります。 「何ができなかったか」ではなく、「何を成したのか」を考えてください。きっと将来の夢の実現につながります。

詳細へ


ページトップへ

下平 秀夫 教授 しもだいらひでお

みなさん、こんにちは。長期実務実習の薬局実習のサポートをさせていただきます。 ■2017年度に主に担当している講義・演習は以下の通りです。 3年 医療コミュニケーション2 4年 医療薬学特論4 4年 薬学実習9(実務実習事前学習) 5年 実務実習(薬局) 5年 地域医療論 5年 6年 薬学統合講義 大学院生 地域医療薬剤学特論、一般薬特論 --------------------------------------- 資格・役職などは以下の通りです。 ・薬学博士(薬理学) ・薬剤師 ・臨床検査技師 ・研修認定薬剤師 ・医薬品情報専門薬剤師 ・認定実務実習指導薬剤師 ・東京都薬物乱用防止指導員 ・東京都薬剤師会認定禁煙支援薬剤師 ・ (株)ファーミック 専務取締役 ・ 富士見台調剤薬局 薬局長 ・(一社)国立市薬剤師会 会長 ・(公社)東京都薬剤師会 編集委員長 ・(一社)日本医薬品情報学会 幹事・財務委員長

詳細へ


ページトップへ

馬渡 健一 准教授 まわたり けんいち

詳細へ


ページトップへ

山岡 法子 准教授 やまおか のりこ

医療の現場で患者さんのために薬剤師として持てる力を最大限に生かせるように、薬学部6年間で多くの薬学の知識と人間性を身につけてください

詳細へ


ページトップへ

杉山   亨 准教授 すぎやま とおる

 

詳細へ


ページトップへ

山口 真二 教授 やまぐちしんじ

 

詳細へ


ページトップへ

根岸 文子 准教授 ねぎし ふみこ

今が一番輝いている時ですね。薬学部で学べることはたくさんあります。帝京大学薬学部で、ぜひ、自分にしかない未来の扉を開いてください。応援しています。

詳細へ


ページトップへ

北 加代子 准教授 きたかよこ

 

詳細へ


ページトップへ

大藏 直樹 准教授 おおくら なおき

講義・実習・研究・学生生活など、薬学部でしか経験できないことが沢山あります。みんなで一緒に頑張りましょう。

詳細へ


ページトップへ

鈴木 亮 准教授 すずきりょう

現在の医療の重要な役割を担っているのは「薬」です。「薬」のプロフェッショナルである薬剤師として社会貢献しませんか。

詳細へ


ページトップへ

飯島 亮介 准教授 いいじまりょうすけ

詳細へ


ページトップへ

上園 崇 准教授 うえぞの たかし

責任ある医療人を目指す人を歓迎します。 知識、技術は帝京大学でしっかり修得できます。

詳細へ


ページトップへ

板垣 文雄 教授 いたがき ふみお

 遠い昔の人から見ると、薬は人の病を治す、びっくりするような「魔法」でしょうね。新しい魔法を考えたり、魔法の使い方を見つけたり、間違った魔法で悪さをしないか見はったり、そんなことが私たちの役割と思います。  薬という「魔法」を通して、世の中の多くの人を病から救えるとよいですね。

詳細へ


ページトップへ

丸山 桂司 准教授 まるやま けいじ

 

詳細へ


ページトップへ

日下部 吉男 講師 くさかべ よしお

 

詳細へ


ページトップへ

安田 誠 講師 やすだまこと

詳細へ


ページトップへ

田畑 英嗣 講師 たばたひでつぐ

 

詳細へ


ページトップへ

髙野 真史 講師 たかのまさし

 

詳細へ


ページトップへ

青木 直哉 講師 あおき なおや

 

詳細へ


ページトップへ

佐々木 洋子 講師 ささきようこ

詳細へ


ページトップへ

岡 沙織 講師 おかさおり

詳細へ


ページトップへ

原田 史子 講師 はらだあやこ

詳細へ


ページトップへ

宮田 佳樹 准教授 みやたよしき

詳細へ


ページトップへ

濱 弘太郎 講師 はま こうたろう

詳細へ


ページトップへ

道志 勝 講師 どうしまさる

詳細へ


ページトップへ

岩澤 晴代 講師 いわさわ はるよ

 

詳細へ


ページトップへ

福内 友子 助教 ふくうち ともこ

 

詳細へ


ページトップへ

下山 多映 助教 しもやまたえ

 

詳細へ


ページトップへ

長田洋一 助教 おさだよういち

 

詳細へ


ページトップへ

林 康広 助教 はやし やすひろ

研究したい学生は、是非。

詳細へ


ページトップへ

松本 直樹 助教 まつもと なおき

 

詳細へ


ページトップへ

村田 拓哉 助教 むらた たくや

 

詳細へ


ページトップへ

谷川 和也 助教 たにがわ かずなり

 

詳細へ


ページトップへ

嶋田 新 助教 しまだあらた

 

詳細へ


ページトップへ

藤原 優子 助教 ふじわら ゆうこ

 

詳細へ


ページトップへ

石橋 賢一 助教 いしばし けんいち

 

詳細へ


ページトップへ

樋口 慧 助教 ひぐち けい

 

詳細へ


ページトップへ

鎌田 理代 助教 かまた りよ

 

詳細へ


ページトップへ

木内 茂樹 助教 きうち しげき

 

詳細へ


ページトップへ

富岡 直子 講師 とみおか なおこ

 

詳細へ


ページトップへ

村上 勲 助教 むらかみいさお

 

詳細へ


ページトップへ

長谷川 仁美 助教 はせがわ ひとみ

 

詳細へ


ページトップへ

安藤 崇仁 講師 あんどう たかひと

 

詳細へ


ページトップへ

名取 雄人 助教 なとり ゆうじん

 

詳細へ


ページトップへ

鈴木 重人 助手 すずきしげと

 

詳細へ


ページトップへ

平田 圭一 助手 ひらた けいいち

 

詳細へ


ページトップへ

渡部 多真紀 講師 わたなべたまき

 

詳細へ


ページトップへ

中村 英里 助手 なかむら えり

 

詳細へ


ページトップへ

中村 康宏 助手 なかむら やすひろ

 

詳細へ


ページトップへ

阿部 清 助手 あべきよし

自然現象あるいは社会現象に対して「なぜ?」という強い疑問と好奇心を持ち、原因解明のための努力を惜しまないことが自身の能力を向上させる秘訣だとおもいます。

詳細へ


ページトップへ

佐藤 典子 助手 さとうのりこ

 

詳細へ


ページトップへ

荒田 洋一郎 教授 あらた よういちろう

詳細へ


ページトップへ

大町 蕗子 助手 おおまち ふきこ

詳細へ


ページトップへ

奥 直人 特任教授 おく なおと

 

詳細へ


ページトップへ

小俣 大樹 助教 おまた だいき

詳細へ


ページトップへ

川﨑 茜 助教 かわさき あかね

 

詳細へ


ページトップへ

川戸 佳 特任教授 かわと すぐる

詳細へ


ページトップへ

小柳 陽子 助手 こやなぎ ようこ

 

詳細へ


ページトップへ

今野 裕史 助教 こんの ひろふみ

詳細へ


ページトップへ

相馬 ミカ 助手 そうま みか

 

詳細へ


ページトップへ

手賀 悠真 助教 てが ゆうま

詳細へ


ページトップへ

栃尾 尚哉 講師 とちお なおや

詳細へ


ページトップへ

中谷 絵理子 助教 なかたに えりこ

詳細へ


ページトップへ

永島 一輝 助手 ながしま かずき

 

詳細へ


ページトップへ

新井田 純坪 みなし専任助教 にいだ じゅんぺい

私は、紆余曲折を経て27歳で帝京大学薬学部に入学し、厳しい教育を経て薬剤師になりました。薬学部で学んだことは何一つ無駄になることは無いのだということを、医療現場でひしひしと感じています。 都内大学病院前で小さいながらも調剤薬局を経営しつつ、帝京大学には週一回出勤し、主に薬局実務に関連する授業を担当しています。 挫折や苦しみを知っているからこそ、患者さんにやさしく寄り添える医療従事者になることができると思います。多浪生、多留年生、社会人を経て入学してきた方々にも、充実した大学生活を送って頂けるよう全力でサポ-トします。 薬剤師の将来に輝かしい夢を抱けるよう、一緒に頑張りましょう。

詳細へ


ページトップへ

本間 太郎 助教 ほんま たろう

詳細へ


ページトップへ

安野 伸浩 教授 やすの のぶひろ

詳細へ


ページトップへ

安原 眞人 特任教授 やすはら まさと

詳細へ


ページトップへ


ご利用にあたって
プライバシーポリシー
教職員専用
Copyright(C) 2006 Teikyo University. All Rights Reserved