Web Syllabus(講義概要)

平成29年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

 
ロボット製作演習2(Exercises in Robotics2) 山根 健
2年 前期 専門科目選択 1単位
【情電・前】 17-1-0465

1.
授業の概要(ねらい)

1人1台の基本ロボットを基に、以下のことに取り組みます。
(1)センサ・モータなどロボットの基礎技術に関する学習
(2)レスキューロボットの製作
(3)サッカーロボットの製作
(4)ダンスロボットの製作

2.
授業の到達目標

ロボット製作演習1を受講した学生を対象に、より複雑な動作をするロボットを製作します。センサ・モータの活用と複雑なプログラムの作成を通じて、ロボティクスに必要な知識や問題点を体験的に学びます。

3.
成績評価の方法および基準

2/3以上の出席を前提に、各課題の達成度を評価します。

4.
教科書・参考書

ロボットキット、工具、教科書およびコンピュータについては大学側が用意をします。また、適時、プリントを配布するとともに、LMS上のコンテンツを利用します。

5.
準備学修の内容

ロボット製作演習1を履修していることを前提としますので、復習をしておいて下さい。また、学内のコンピュータの使用方法、LMS等の学内情報システムの基本的な使用方法を理解している前提で授業を進めるので、それらの使用方法を確認しておいて下さい。

6.
その他履修上の注意事項

集中講義ですので、欠席や遅刻に十分気をつけて下さい。実習費として3,000円かかります。

7.
各回の授業内容
【第1回】
導入 ロボットキットと開発環境の確認
【第2回】
ロボット製作の基礎 ロボット製作とプログラミングの復習
【第3回】
レスキューロボットの製作 レスキューの概要とルール
【第4回】
レスキューロボットの製作 赤外線センサの利用
【第5回】
レスキューロボットの製作 ライントレース機能の実現
【第6回】
レスキューロボットの製作 被災者の発見方法の検討
【第7回】
レスキューロボットの製作 ギャップの通過方法の検討
【第8回】
レスキューロボットの製作 障害物回避方法の検討
【第9回】
サッカーロボットの製作 サッカーの概要とルール
【第10回】
サッカーロボットの製作 ボールの発見方法の検討
【第11回】
サッカーロボットの製作 ボールの運搬方法の検討
【第12回】
サッカーロボットの製作 シュート機能の実現
【第13回】
サッカーロボットの製作 キーパーロボットの製作
【第14回】
ダンスロボット 動きの作成
【第15回】
まとめ 課題の評価と後片付け