Web Syllabus(講義概要)

平成31年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

 
ライフデザイン演習Ⅰ(Life Design Seminar Ⅰ) 浅井 康次
1年 前期 コミュニケーション必修 2単位
【地域・前期】 19-1-1892-3318

1.
授業の概要(ねらい)・ディプロマポリシーとの関連

この科目は講義ではなく演習です。本学の教育理念に基づき、大学や社会で必要とされる基礎的なコミュニケーション能力を習得することにあります。学習目標3に関する知識・技法・態度を習得します。

2.
授業の到達目標

到達目標は、以下の3つの能力を習得することにあります。
①社会力:自分の考えを他者に的確に伝えるための表現力、コミュニケーション能力
②自己教育力:自分の将来について考え、自覚をもって計画的に学ぶ能力
③専門力:自分の学部・学科で学んだ専門知識を用いて問題を解決する能力

3.
成績評価の方法および基準・フィードバック方法

授業への参加態度20%・プレゼンの内容70%、提出物テスト等10%によって評価します。講評はLMSにて行います。

4.
教科書・参考書

とくになし。

5.
準備学修の内容・必要な時間

受講にあたっては以下の3点に留意してください。
・普段から新聞や本を読む習慣をつけること。
・パソコン操作のスキルの向上に努めること。
・他の科目等で得た知識や能力を、この演習で応用できるように努めること。
プレゼンにあたっては1時間程度の準備をして本番に臨んでください。

6.
その他履修上の注意事項

7.
授業内容

【第1回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第2回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第3回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第4回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第5回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第6回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第7回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第8回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第9回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第10回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第11回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第12回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第13回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第14回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ
【第15回】
担当者による時事問題のプレゼンおよび質疑応答・意見交換・まとめ