Web Syllabus(講義概要)

平成29年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

 
卒業研究(Graduation Study) 渡辺 隆治
4年 通年 専門基礎科目必修 6単位
【ヒューマン・通】 17-1-1196

1.
授業の概要(ねらい)

 各指導教員のもと、以下のような研究室における総合的な活動を行います。
  ・文献調査、研究分野の動向把握
  ・文献調査を基にした適切な研究テーマ設定
  ・研究計画の作成
  ・自主的、継続的な研究活動の推進
  ・課題解決のための手法や技能の習得
  ・研究活動に必要な知識を高めるための勉強会
  ・研究成果のとりまとめ
  ・研究成果の発表準備
 研究計画進捗発表、卒業研究中間発表、卒業研究発表を口頭発表形式で行います。
 研究成果を卒業論文としてまとめます。

2.
授業の到達目標

 ヒューマン情報システム学科のディプロマポリシーに掲げた以下の能力を、研究室における総合的な活動を通して修得することを目標とします。
 1.人間と自然と社会システムの関係を理解し、技術者としての倫理観に基づいて現象を判断する
   力。
 2.さまざまな問題を多面的に分析、統合し、課題を設定する力、プロジェクトを推進、管理するための
   基礎的な力、および協調的なコミュニケーション力を通してそれらを解決する力。
 3.自然科学の基礎的な知識を持ち、それらを課題解決に活用する力。
 4.ソフトウェアとしての情報システムを構築し運用することができる力、または、ハードウェアとしての
   電子システムを設計し製作する力。

 研究計画進捗発表会では、口頭発表の技法と発表会の聴講態度を身に付けます。
 卒業研究中間発表会では、研究成果の口頭発表の技法と発表会の聴講態度を身に付けます。
 卒業研究発表会では、研究成果の口頭発表の技能と、研究発表の場でのコミュニケーション力を身に付けます。
 卒業論文作成により、研究成果を整理する力、それらを論理的な文章に構成する力を身に付けます。

3.
成績評価の方法および基準

 研究室における総合的な活動、研究計画進捗発表、卒業研究中間発表、卒業研究発表、卒業論文に対する各指導教員の評価割合に基づいて、成績を評価します。

4.
教科書・参考書

 各指導教員の指示に基づいて教科書と参考書を準備して下さい。

5.
準備学修の内容

 各指導教員の指導のもと、各研究室の活動内容に合った準備を行って下さい。

6.
その他履修上の注意事項

 各指導教員は研究室の活動内容に合わせて必要な教材を準備します。
 次項「7.各回の授業内容」に示す研究室における総合的な活動を、各指導教員、各個人に最適なスケジュールで推進します。なお、研究計画進捗発表会(7月頃)、卒業研究中間発表会(11月頃)、卒業研究発表会(2月頃)、卒業論文完成(2月頃)の具体的な日程は、各指導教員より通知されます。
 時間に余裕を持って取り組み、素晴らしい研究成果を上げて下さい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 
1.研究室における総合的な活動(4月~2月)
 ・文献調査、研究分野の動向把握
 ・文献調査を基にした適切な研究テーマ設定
 ・研究計画の作成
 ・自主的、継続的な研究活動の推進
 ・課題解決のための手法や技能の習得
 ・研究活動に必要な知識を高めるための勉強会
 ・研究成果のとりまとめ
 ・研究成果の発表準備

【第2回】
 
2.年間スケジュール
(1)研究計画進捗発表会(7月)
 ・口頭発表の技法と発表会の聴講態度を身に付けます。
 ・発表内容に対する批評を参考にして、研究テーマや研究計画について見直しをします。
(2)卒業研究中間発表会(11月)
 ・研究成果の口頭発表の技法と発表会の聴講態度を身に付けます。
 ・発表内容に対する批評を参考にして、研究内容や進め方について見直しをします。
(3)卒業研究発表会(2月)
 ・研究成果の口頭発表の技能と、研究発表の場でのコミュニケーション力を高めます。
 ・発表内容に対する批評を参考にして、今後の課題を再考します。
(4)卒業論文完成(2月)
 ・研究成果を整理する力、それらを論理的な文章に構成する力を身に付けます。
 ・研究成果と今後の課題を論文としてまとめます。
 

【第3回】
【第4回】
【第5回】
【第6回】
【第7回】
【第8回】
【第9回】
【第10回】
【第11回】
【第12回】
【第13回】
【第14回】
【第15回】
【第16回】
【第17回】
【第18回】
【第19回】
【第20回】
【第21回】
【第22回】
【第23回】
【第24回】
【第25回】
【第26回】
【第27回】
【第28回】
【第29回】
【第30回】