精神看護学概論Introduction to Psychiatric and Mental Health Nursing
科目責任者矢田浩紀教員紹介
担当者矢田浩紀教員紹介, 米元富貴代教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別2年・後期 (2単位・必修) [看護学科 看護師課程]
科目ナンバー3D203

授業の概要(ねらい)

1年次の「医療コミュニケーション論」「メンタルヘルス論」の学修をベースに、2年次の「医療倫理学」「臨床医学論Ⅱ」(精神医学領域)の学修と並行して、精神保健看護学に関する現状と専門的知識を習得する科目です。
まず、精神保健と精神障害に関する現状を理解します。次に、人間が持つ精神機能の発達をライフサイクルに沿って捉えた後に、人間にとっての家族とは何かについて学び、家族療法の意味について考え、地域との繋がりについて学びます。また、精神に疾患や障害を持つ人をどのように看護するのかについて理解し、個人ワークやグループワーク学びをさらに深めます。看護学科の4つのディプロマ・ポリシーのうち、人間の総合的な理解、及び人権を擁護する看護の責任と役割、専門職業人として自己をみつめ自主的な学習を継続する姿勢について学ぶことになります。
本科目は、実務経験のある教員による授業です。担当教員は、看護師として臨床において精神看護に携わった臨床経験を活かし、精神障害者の実態に合わせたケアについて解説します。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①・③・④】
1.ライフサイクルにおける脳の精神機能と生理機能の発達について述べることができる。
2.精神疾患を持つ人の家族とその支援について述べることができる。
3.精神保健活動とリハビリテーションについて述べることができる。
4.精神医療の現状と課題について列記することができる。
5.精神に疾患や障害を持つ人々の特徴を理解し、その看護について述べることができる。

授業内容

授業内容担当者
第1回ガイダンス
1.精神障害についての基本的な考え方
 1)障害のとらえ方           2)社会変化とメンタルヘルス
 3)精神障害は生じるきっかけとプロセス  4)対象理解の難しさ 
 5)精神障害とともに生きるということ
矢田浩紀
米元富貴代
第2回2.ライフサイクルにおける精神機能の発達
 1)人格の発達と情緒体験  
 2)人生各期の発達課題
矢田浩紀
米元富貴代
第3回3.家族とその支援 
 1)家族とは何か  2)家族をみる視点  3)家族の課題  
 4)精神疾患と家族
矢田浩紀
米元富貴代
第4回4.嗜癖と依存
 1)依存のとらえ方  2)アルコール依存症  3)逸脱行動と烙印  
 4)アルコール依存症の看護
矢田浩紀
米元富貴代
第5回5.精神医療・看護の倫理と人権擁護 矢田浩紀
米元富貴代
第6回6.精神医療の歴史と看護矢田浩紀
米元富貴代
第7回7.精神保健医療福祉をめぐる法律矢田浩紀
米元富貴代
第8回8.現代の精神科医療の特徴と課題(グループワーク)
矢田浩紀
米元富貴代
第9回9.統合失調症の人の理解とケア
矢田浩紀
米元富貴代
第10回10.うつ病の人の理解とケア
※精神障害者の現状と家族を含めたケアの実際等
矢田浩紀
米元富貴代
第11回11.精神科看護における対象の理解
 1)アセスメントの視点 2)治療の場の人間関係
12.精神科看護におけるケアの方法
 1)「治療的関わり」の考え方
矢田浩紀
米元富貴代
第12回13.セルフケア理論と看護
 1)オレムのセルフケア理論
矢田浩紀
米元富貴代
第13回14.入院環境と治療的アプローチ
  1)治療の場としての精神科病棟
  2)治療的環境を整える
矢田浩紀
米元富貴代
第14回15.精神保健活動とリハビリテーション
 1)精神科リハビリテーションの考え方
 2)ストレングスモデル
矢田浩紀
米元富貴代
第15回16.救急医療現場における患者支援と精神的関わり矢田浩紀
米元富貴代

成績評価の方法および基準

1.定期試験 (評価比率:70%)
2.小テスト (評価比率:10%)
3.課題レポートとグループワーク (評価比率:20%)
*課題レポートについては、事前に配布するルーブリックで評価します。
*小テストや課題レポートに対し、講義の中で解説等のフィードバックを行います。                  

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

【事前学修】
・シラバスをよく読み、事前に授業内容を示してある内容について読んでおくこと。
・指定された教科書のページは必ず読み、わからない部分はまとめておくこと。
【事後学修】
・授業の配布資料はファイリングすること。
・ノートを作成して授業の内容を自分で理解できるようにまとめておくこと。
【必要時間】
・当該期間に30時間以上の予習・復習が必要です。                              

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書ナーシンググラフィカ 精神看護学① 情緒発達と看護の基本メディカ出版
教科書ナーシンググラフィカ 精神看護学② 精神障害と看護の実践メディカ出版
教科書オレムのセルフケアモデル事例を用いた看護過程の展開宇佐美しおりヌーヴェルヒロカワ
教科書これからの精神看護学森千鶴ほか編集ピラールプレス
参考書オレム看護論 看護における基本概念ドロセア E. オレム医学書院
参考書精神医学入門 Psychiatry朝田隆監訳医学書院
参考書精神科看護白書日本精神科看護技術協会
参考書患者理解への看護の視点日本看護協会

その他履修上の注意事項

現代の精神科医療の特徴と課題についてグループワークを行います。グループワークではお互いに意見を交わしながらまとめてください。
この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。