小児看護援助論Children's Nursing Care
科目責任者渡邉晴美教員紹介
担当者渡邉晴美教員紹介, 神徳和子教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別3年・前期 (2単位・必修) [看護学科 看護師課程]
科目ナンバー3D303

授業の概要(ねらい)

 小児看護学概論の知識を根拠に小児看護実践に必要な知識と技術を学修する。さらに必要な看護技術の演習を行い技術の向上にも努める機会とする。具体的には小児医療での検査・処置、子どものQOLの維持・向上に必要な日常生活援助を実践するための基盤となる知識、技術を学修する。さらに各時期に対応できる科学的な根拠となる小児看護ヘルスアセスメントの知識を獲得する。
 看護師として実務経験のある教員による授業科目である。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①・②・③・④】
1.小児看護を実践する際に必要となる技術の原理・原則が説明できる。
2.小児看護技術に必要なコミュニケーション力、アセスメント力を獲得できる。
3.子どもとその家族の状況に応じた援助を実施できる。
4.小児医療で特徴的な検査・処置、日常生活援助の基本技術について学修し、実践できる。
5.対象を尊重した態度で実施する必要性が認識できる。

授業内容

授業内容担当者
第1回オリエンテーション、看護過程展開・ポートフォリオ・ゴードン枠組みなどの資料配布渡邉晴美
第2回子どもとの関係調整・環境調整技術渡邉晴美
第3回バイタルサイン・計測渡邉晴美
第4回看護過程展開①情報アセスメント
渡邉晴美
神徳和子
第5回看護過程展開②アセスメントグループワーク、関連図作成渡邉晴美
神徳和子
第6回看護過程展開③看護診断グループワーク、看護計画渡邉晴美
神徳和子
第7回看護過程展開④看護計画グループワーク渡邉晴美
神徳和子
第8回看護過程展開⑤ 三側面~看護診断~看護計画の発表会準備渡邉晴美
神徳和子
第9回看護過程展開⑥発表会 前半グループ渡邉晴美
神徳和子
第10回看護過程展開⑦発表会 後半グループ渡邉晴美
神徳和子
第11回プレパレーション 4つの事例について疾患~看護の意見交換と共有渡邉晴美
神徳和子
第12回プレパレーション 計画立案渡邉晴美
神徳和子
第13回フィジカルアセスメント 演習渡邉晴美
神徳和子
第14回フィジカルアセスメント 演習のまとめ渡邉晴美
神徳和子
第15回穿刺の技術(腰椎穿刺・骨髄穿刺)渡邉晴美
神徳和子
第16回穿刺の技術(腰椎穿刺・骨髄穿刺)/プレパレーショングループワーク渡邉晴美
神徳和子
第17回日常生活援助技術(排泄援助演習)渡邉晴美
神徳和子
第18回日常生活援助技術(清潔援助演習)渡邉晴美
神徳和子
第19回日常生活援助技術(ミルクの作り方・飲ませ方)渡邉晴美
神徳和子
第20回日常生活援助技術(離乳食の援助)渡邉晴美
神徳和子
第21回与薬の技術(経口、座薬、点滴固定・観察の演習)渡邉晴美
神徳和子
第22回与薬の技術(演習のまとめ)渡邉晴美
神徳和子
第23回プレパレーション発表会準備(グループワーク:プレパレーションツール作成)渡邉晴美
神徳和子
第24回プレパレーション発表会準備(グループワーク:患者役・母親役・看護師役・ナレーションに分かれ、プレパレーションの演習を行う)渡邉晴美
神徳和子
第25回プレパレーション発表会(前半グループ)渡邉晴美
神徳和子
第26回プレパレーション発表会(後半グループ)渡邉晴美
神徳和子
第27回子どもの救急蘇生法(一時救命処置)渡邉晴美
第28回その他の応急処置(異物除去法、誤飲、熱中症、骨折、脱臼)渡邉晴美
第29回まとめの演習(コミュニケーション、バイタルサイン測定)渡邉晴美
神徳和子
第30回まとめの演習(実習に向けた技術演習)渡邉晴美
神徳和子

成績評価の方法および基準

1.定期試50%、看護過程展開(20%)、課題・レポート(20%)・グループワーク参加(10%)。 合計で6割以上を合格とする。
2.看護過程展開、レポートはルーブリックで評価する。
3.授業内・後にレポートを返却し解説する。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

【事前学修】
講義初回に講義内容と教科書のページ数を記載した資料を配布するので、その資料を用いて毎回の授業に関連する事前学習を行い、自己の目標をもって講義に臨む。
【事後学修】
講義内容を整理し、自己の授業目標に対する評価・課題を記載する。資料はファイリングし講義に持参する。
【必要時間】
当該期間に30時間以上の事前学修・事後学修が必要

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書ナーシンググラフィカ 小児看護学①小児の発達と看護(編)中野 綾美メディカ出版
教科書ナーシンググラフィカ 小児看護学②小児看護技術(編)中野 綾美メディカ出版
参考書講義中に適宜、提示する。

その他履修上の注意事項

1.授業開始から20分以上の遅刻は欠席扱いとする。遅刻3回で1回の欠席とみなす。        
2.提出物は、決められた期限と提出場所に提出する。
3.ファイルを準備し、授業資料や事前・事後の学習がわかるようにする。ファイルは、3年後期の小児看護学実習事前学習の一部として使用できるように整理しておくとよい。                               
4.質問は講義時間内に受け付ける。それ以外はその都度受け付けるが、事前のアポイントをお願いしたい。
5.この科目とディプロマポリシーとの関連についてカリキュラム・マップを参照し、理解すること。