アドバンスセミナーAdvance seminar
科目責任者山邉素子教員紹介
担当者山邉素子教員紹介, 新居富士美教員紹介, 森山浩司教員紹介, 下條三和教員紹介, 椎葉美千代教員紹介, 大島 操教員紹介, 開田ひとみ教員紹介, 渡邉晴美教員紹介, 平井和明教員紹介, 田尻 登志子教員紹介, 矢田浩紀教員紹介, 田出美紀教員紹介, 藤田美貴教員紹介, 坂本貴子教員紹介, 青木芳恵教員紹介, 山田奈津子教員紹介, 竹嶋順平教員紹介, 村上江利子教員紹介, 米元富貴代教員紹介, 森雄太教員紹介, 野口久美子教員紹介, 神徳和子教員紹介, 田中千尋教員紹介, 糸永喜代美教員紹介, 井上さくら教員紹介, 中野美幸教員紹介, 戸國真佐子教員紹介, 看護学科教員
標準履修年次・単位数・必修選択別4年・前期 (1単位・必修) [看護学科 看護師課程]
科目ナンバー3D401

授業の概要(ねらい)

 4年間の学びの総括として、看護学士に求めらる技術、知識、人間性の意識及び態度を省察する。そして、看護職にふさわしい資質を養うために、将来の目標を立て、それを実現するためには何が必要かを講義をとおして学修する。学生生活の残り1年を、卒業までに経済産業省が提示する1)前に踏み出す力(アクション)2)考え抜く力(シンキング)3)チームで働く力(チームワーク)ならびに看護学士力としての知識・理解、汎用性技能(コミュニケーション・スキル、計算、ITリテラシー、文章作成力)の評価を行い自己の課題を明確化する。卒業までに課題の克服・改善法を獲得できるように支援し、看護師国家試験に向けての学修方法、対策について講義する。
 本科目は実務経験のある教員による授業である。担当教員は看護師、保健師、助産師としてICU,KCU,ER,総合診療部(内科、外科の複合病棟)などの臨床経験と研究者としての経験を生かし、以下を教授する。
1.キャリアとは何か
2.将来の職種(看護師、保健師、助産師、養護教諭など)と責務
3.社会人に求められる能力とは?
4.進学・就職活動の実際とアドバイス
4.自己分析とキャリアプランニング
5.自己のキャリアプランをデザインする。
6.社会人基礎力の現時点での自己評価

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①・②・③・④】
1.キャリアの概念について説明できる。
2.進学・就職活動について情報を得て活動計画の立案・行動して自分の希望を達成する努力を継続できる。
3.国家試験対策について情報を得て学習計画を立案・行動し、合格できる。
4.講義をとおしてキャリア形成につながる視点を持つことができる。
5.個人の職業観や看護観を養うことができる。
6.自分のキャリアをデザインし、現時点での社会人基礎力を自己評価したレポートを提出できる。

授業内容

授業内容担当者
第1回オリエンテーション
国家試験合格に向けての戦略、キャリアプランニングとは?
山邉素子
大島 操
第2回就職・進学活動の実際と方法1
就職する前に必要な基礎知識、2020年度の就職試験分析
山邉素子
大島 操
第3回就職・進学活動の実際と方法2
就職・進学試験で合格できる小論文の書き方・面接と対応
山邉素子
第4回看護学の知識・技術・態度の統合①
人体の構造と機能 細胞、組織、血液
山邉素子
第5回看護学の知識・技術・態度の統合②
人体の構造と機能 神経系1
山邉素子
第6回看護学の知識・技術・態度の統合③
人体の構造と機能 神経系2
山邉素子
第7回看護学の知識・技術・態度の統合④
人体の構造と機能 循環器系
山邉素子
第8回看護学の知識・技術・態度の統合⑤
人体の構造と機能 骨・筋系
山邉素子
第9回看護学の知識・技術・態度の統合⑥
人体の構造と機能 内分泌系
山邉素子
第10回看護学の知識・技術・態度の統合⑦
人体の構造と機能 泌尿器系
山邉素子
第11回看護学の知識・技術・態度の統合⑧
人体の構造と機能 心電図の解読
山邉素子
第12回看護学の知識・技術・態度の統合⑨
人体の構造と機能 呼吸器・消化器
山邉素子
第13回キャリアプランニングについてのまとめと個人レポート作成
グループワーク、ディスカッションによって自己の振り返りを行う
山邉素子
第14回看護学の知識・技術・態度の統合⑩
基礎看護学
看護学科教員
第15回看護学の知識・技術・態度の統合⑪
社会保障制度
看護学科教員

成績評価の方法および基準

1.総合評価試験(筆記試験)80%
2.課題レポート:自己のキャリアデザインと現時点での社会人基礎力を評価する 20% (ルーブリックにて評価)
  レポートに対し、講義の中で解説等のフィードバックを行う。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

【事前学修】
授業内容を予習して授業に臨むこと。とくにキャリア、キャリアプランニング等の用語の意味を学修する。
【事後学修】
授業内容を復習し、疑問点を解決しておくこと。解決できない疑問点は次回の授業で質問する。
【必要時間】
当該期間に30時間以上の予復習を必要とする。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書特になし
参考書トートラ人体解剖生理学 原書10版ジェラルド・J・トートラ/ ブライアン・デリクソン丸善出版

その他履修上の注意事項

課題は提出期限までに提出して下さい。原則として、提出期限以降は、受け取りません。
この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。