看護研究方法論ⅡResearch Methods for Nursing Ⅱ
科目責任者森山浩司教員紹介
担当者森山浩司教員紹介, 平井和明教員紹介, 米元富貴代教員紹介, 新居富士美教員紹介, 下條三和教員紹介, 椎葉美千代教員紹介, 大島 操教員紹介, 開田ひとみ教員紹介, 渡邉晴美教員紹介, 田尻 登志子教員紹介, 矢田浩紀教員紹介, 田出美紀教員紹介, 藤田美貴教員紹介, 坂本貴子教員紹介, 青木芳恵教員紹介, 山田奈津子教員紹介, 竹嶋順平教員紹介, 村上江利子教員紹介, 森雄太教員紹介, 野口久美子教員紹介, 神徳和子教員紹介, 田中千尋教員紹介, 糸永喜代美教員紹介, 井上さくら教員紹介, 中野美幸教員紹介, 戸國真佐子教員紹介, 看護学科教員
標準履修年次・単位数・必修選択別2年・後期 (1単位・必修) [看護学科 看護師課程]
科目ナンバー3D213

授業の概要(ねらい)

 看護研究方法論Ⅰで学んだ内容を基盤として、保健医療福祉の現場で起こっている事象に問題意識を持ちながら、看護問題に対する、分析力、発見力、論理的思考、説明力、を身につけます。具体的な学習内容は以下の通りです。
【講義・演習】
1.研究デザイン、データの収集、データの分析、研究結果、研究の種類と研究プロセスの活用について、講義を進めます。
【小集団によるゼミ形式】
1.自らの研究課題に関して、系統的に文献(研究論文:原著論文・研究報告等)を検索します。
2.検索した文献(研究論文:原著論文・研究報告等)を読み、クリティークを行います。

 本科目は、実務経験のある教員による授業です。看護師、保健師として携わった経験を活かし、実際の論文をクリティークし、議論します。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①・③・④】
1.自らの研究課題に関して、系統的に文献(研究論文:原著論文・研究報告等)を検索し、レビューを行うことができる。
2.検索した文献(研究論文:原著論文・研究報告等)を読み、以下の点を理解してクリティークを行うことができる。
 1)研究デザイン。
 2)データの収集。
 3)データの分析。
 4)研究結果の活用。
 5)さまざまな研究の種類と研究プロセス。

授業内容

授業内容担当者
第1回【講義形式】看護研究方法論Ⅱの概要説明
看護研究方法論Ⅰの復習、ゼミ形式についての説明等のガイダンス
森山浩司
第2回【講義形式】看護研究方法論Ⅰのおさらい
具体的なクリティークの進め方について
森山浩司
第3回【講義形式】ゼミでの具体的な進め方について平井和明
第4回【講義形式】文献カードの確認、研究テーマの決定平井和明
第5回【講義形式】クリティークする論文検索・選定平井和明
第6回【ゼミ形式】研究論文精読①タイトル看護学科教員
第7回【ゼミ形式】研究論文精読②研究背景意義看護学科教員
第8回【ゼミ形式】研究論文精読③方法看護学科教員
第9回【ゼミ形式】クリティークの実施(結果)①研究対象の概要、研究方法の適切さ看護学科教員
第10回【ゼミ形式】クリティークの実施((結果)①調査項目の結果、著者の憶測・事実看護学科教員
第11回【ゼミ形式】クリティークの実施(考察)①結果の解釈、先行文献の見解と著者の解釈看護学科教員
第12回【ゼミ形式】クリティークの実施(考察)②十分な文献、新しい知見、研究の限界と課題看護学科教員
第13回【ゼミ形式】クリティークの実施(論文全体)看護学科教員
第14回【ゼミ形式】クリティークの実施(発表の準備)看護学科教員
第15回【ゼミ形式】クリティークの実施(発表会)・提出看護学科教員

成績評価の方法および基準

1.課題レポート:クリティーク100%
*事前に配布するルーブリックで評価します。
*講義の中で解説等のフィードバックを行います。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

各回の講義前に対応する教科書のページを読み、分からない言葉は調べて下さい。また、各回の講義後は、講義資料および教科書で復習して下さい。
なお、第1回の講義時に各回の準備学修等について、具体的に提示します。
ゼミ形式であり、グループワークが主となるので、積極的に参加し、自己学習などの事前学習は必ず行って下さい。
当該期間に15時間以上の予復習が必要です。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書系統看護学講座 別巻 看護研究著者代表 坂下玲子(株)医学書院
参考書特になし

その他履修上の注意事項

遅刻は20分以内とし、それ以降の遅刻は欠席扱いとします。
関連科目:フレッシュセミナー・情報処理演習Ⅰ・看護学概論・看護研究方法論Ⅰ・医療倫理学です。
課題は提出期限までに提出してください。原則として、提出期限以降は、受け取りません。
この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。