看護教育学Nursing Education
科目責任者下條三和教員紹介
担当者下條三和教員紹介, 坂本貴子教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別4年・後期 (1単位・選択) [看護学科 看護師課程]
科目ナンバー3D404

授業の概要(ねらい)

この授業では、まず日本の学校教育における看護教育制度の成り立ちを踏まえ、その現状と課題について学習します。その上で、大学教育における看護基礎教育のあり方を考えます。また、院内教育の対象と学習ニードについて学習し、看護継続教育の今日的課題とあわせて、専門職としてのリカレント教育のあり方や自己啓発の必要性について考えます。よって、看護学科の4つのディプロマ・ポリシーのうち、人間を総合的に理解し、基礎的な看護実践することをふまえて、保健・医療・福祉等に関わる人たちとの協働、及び人権を擁護する看護の責任と役割、専門職業人としての自己を見つめ、自主的かつ継続的な学習を継続する姿勢について学ぶことになります。
本科目は、看護師として大学病院において実務経験のある教員による授業です。臨床経験を活かして、解説をします。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①・②・③・④】
1.看護教育制度の成り立ちや制度を理解し、その課題を述べることができる。
2.看護専門職としての継続教育やその特徴を明示できる。
3.大学教育に求められる看護基礎教育を説明できる。
4.授業案作成から模擬授業までの一連をとおして看護教育方法の一部に触れることができる。

授業内容

授業内容担当者
第1回授業ガイダンス、教員、指導者に求められる資質とは下條三和
第2回看護教育制度の歴史、特徴および教育課程について下條三和
第3回看護継続教育(専門看護師制度・認定看護師制度)ほか      下條三和
第4回看護教育目標、看護教育方法論(授業形態・学習形態・教材) 下條三和
第5回看護教育カリキュラム
授業案と評価の視点
下條三和
第6回授業案の作成 1
授業形態、学習のねらい、目標の設定
下條三和
第7回授業案の作成 2
学習形態、準備状況や他の科目と関連性の考慮
坂本貴子
第8回授業案の作成 3
教材とその工夫
坂本貴子
第9回授業案の作成 4
プレゼンテーション準備、配布資料の確認、評価方法の説明
坂本貴子
第10回授業案のプレゼンテーションと討議 坂本貴子
第11回模擬授業1
自由題材:学生が選択したテーマ
下條三和
第12回模擬授業2
自由題材:学生が選択したテーマ フィードバック
下條三和
第13回模擬授業3
自由題材:学生が選択したテーマ 発表
坂本貴子
第14回模擬授業4
自由題材:学生が選択した看護のテーマ まとめ
坂本貴子
第15回看護教育学講義の振り返りと理解度確認下條三和

成績評価の方法および基準

1.授業案作成およびプレゼンテーション50%
2.課題およびプレゼンテーション 50%                                             
* 課題、授業案、プレゼンテーションは事前に配布するルーブリックを用いて評価します。
*課題に対し、講義の中で解説などのフィードバックを行います。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

教科書で各回の授業内容に該当する箇所に目を通し、わからない言葉を書き出しておくこと。授業後は配布資料やグループワークの内容について十分に復習すること。当該期間に15時間以上の予復習が必要。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書看護教育学グレッグ美鈴、池西悦子南江堂
参考書看護教育における授業設計佐藤みつ子、宇佐美千恵子、青木康子医学書院

その他履修上の注意事項

受講に際して「人間と教育」を修得済みであることが望ましい。
この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。
連絡及び変更については原則、掲示板を用いる。