画像診断技術学演習Seminar in Diagnostic Imaging Technology
科目責任者橋田昌弘教員紹介
担当者橋田昌弘教員紹介, 蓮尾金博教員紹介, 肥合康弘教員紹介, 信太圭一教員紹介, 中村舞教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別2年・前期 (2単位・選択) [保健学研究科 診療放射線科学専攻 博士前期課程(修士課程)]
科目ナンバー8I602

授業の概要(ねらい)

 画像診断技術は、多くの分野の新しい技術が応用され、常に進歩し高度な画像診断が可能な装置が開発されている。本科目では、画像診断技術学特論で得た知識を基に、ディジタルX線撮影装置、CT、MRIなどの撮像原理および臨床的有用性に関して国内外の文献検索を行って講読し、最新の高度画像診断技術の原理、特徴(有用性と問題点)、臨床応用、装置についての理解を深める。また、最新の高度画像診断技術を使った各検査での医療安全の特徴と対策について理解を深める。そのうえ、これらの技術の中から、研究要素や研究テーマを見つけ出す基礎的能力を身につける。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連: ①③ 】
・これまでの画像診断技術の発展について系統的に説明できる。
・最新の高度画像診断技術の原理、特徴(有用性と問題点)、臨床応用を理解し説明できる。
・ディジタルX線撮影装置、CT、MRIの先端的な撮像装置の概要を理解し説明できる。
・ディジタルX線撮影装置、CT、MRIでの最新の画像診断技術の臨床的意義と将来展望を理解し説明できる。
・ディジタルX線撮影装置、CT、MRIの先端的な撮像装置を使用した検査で、医療安全の基本と応用を説明できる。

授業内容

授業内容担当者
第1回中枢神経系を中心に最新MRI技術や造影技法に関する文献を精読し、その臨床的有用性について理解を深める。蓮尾金博
第2回胸部領域を中心に最新MRI技術や造影技法に関する文献を精読し、その臨床的有用性について理解を深める。蓮尾金博
第3回腹部領域を中心に最新MRI技術や造影技法に関する文献を精読し、その臨床的有用性について理解を深める。蓮尾金博
第4回MR血管撮像に関して、文献の講読などにより、その理論や問題点、臨床的意義に対する知識を深める。肥合康弘
第5回MR位相画像に関して、文献の講読などにより、その理論や問題点、臨床的意義に対する知識を深める。肥合康弘
第6回MRI高速撮像法に関して、文献の講読などにより、その理論や問題点、臨床的意義に対する知識を深める。肥合康弘
第7回最新のMRI撮像技術に関して、文献の講読などにより、その理論や問題点、臨床的意義に対する知識を深める。肥合康弘
第8回デジタルX線撮影装置を使ったX線撮影検査での医療安全に関する文献を講読し、X線撮影検査での医療安全の特徴と対策や今後の展望に関して理解を深める。橋田昌弘
第9回X線CT検査での医療安全に関する文献を講読し、CT検査での医療安全の特徴と対策や今後の展望に関して理解を深める。橋田昌弘
第10回MRI検査での医療安全に関する文献を講読し、MRI検査での医療安全の特徴と対策や今後の展望に関して理解を深める。特に、金属の持ち込みに関しては十分に考察する。橋田昌弘
第11回画像診断部門に共通する医療安全の問題点を整理し対策や今後の展望に関して理解を深める。また、医療安全に関する研究テーマについて検討する。橋田昌弘
第12回診断領域のディジタルX線画像システムに関する外国文献を講読し、最新研究や今後の展望に関して理解を深める。信太圭一
第13回ディジタル乳房X線画像システムに関する外国文献を講読し、最新研究や今後の展望に関して理解を深める。中村舞
第14回医用画像表示用LCDシステムに関する外国文献を講読し、最新研究や今後の展望に関して理解を深める。信太圭一
第15回ディジタルX線画像の画質評価に関する外国文献を講読し、最新研究や今後の展望に関して理解を深める。中村舞

成績評価の方法および基準

担当教員の講義内容毎にレポートを提出する。評価はレポート(100%)にて行い、提出されたレポートの平均が60%以上を合格とする。
担当教員はレポートの内容を確認し、レポート返却時に解説をする。レポートの返却時期は各教員が連絡する。
レポートの評価はルーブリックによる。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

次回の講義に備え、画像診断技術学特論での配付資料等を確認し、基礎的な知識を理解しておくこと。また、講義後は、理論、問題点、臨床的意義、将来展望等の重要なポイントを整理しておくこと。予習と復習にそれぞれ1時間程度は必要となる。
当該期間に30時間以上の予復習が必要。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書特定の教科書は使用しない。講義内容に関連する資料や国内外の学術論文を講義毎に配付する。
参考書なし

その他履修上の注意事項

この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。