応用診療放射線科学演習Seminar in Applied Radiological Sciences
科目責任者高木昭浩教員紹介
担当者高木昭浩教員紹介, 蓮尾金博教員紹介, 肥合康弘教員紹介, 橋田昌弘教員紹介, 信太圭一教員紹介, 中村舞教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別2年・前期 (2単位・選択) [保健学研究科 診療放射線科学専攻 博士後期課程(博士課程)]
科目ナンバー8L802

授業の概要(ねらい)

診療放射線技術学は診療放射線技師としての業務・研究を行う上で重要なことである。このことを考慮し、日常的に研究に対する研鑽は必要であり、医療従事者としての診療放射線技師の誇りを持ち、社会に対する貢献を培うことを目的とした演習を行う。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①②】
演習を通じて放射線技術に関し医療的・学問的に概説できる。

授業内容

授業内容担当者
第1回臨床における最新の放射線技術に関する文献を精読し、その有用性について理解を深める。蓮尾金博
第2回最新のIVR技法に関する文献を精読し、その臨床的有用性について理解を深める。蓮尾金博
第3回最新の造影剤・造影技法に関する文献を精読し、その臨床的有用性について理解を深める。蓮尾金博
第4回ガンマカメラおよびPETカメラの機器に関する論文を解読し、その有用性について理解を深める。高木昭浩
第5回機能画像診断領域に関するSPECTおよびPETの論文を解読し、その有用性について理解を深める。高木昭浩
第6回機能画像診断領域に関するSPECTおよびPETの定量化の論文を解読し、定量解析について理解する。高木昭浩
第7回診断領域のディジタルX線画像における機械学習に関する英語論文を中心に抄読し理解を深める。信太圭一
第8回診断領域のディジタルX線画像における画像分類を実践し、理解を深める。信太圭一
第9回診断領域のディジタルX線画像システムの開発や評価、医用画像表示用LCDシステムに関する英語論文を中心に抄読し理解を深める。中村舞
第10回安全に関する文献を講読し、人間工学、認知科学、ヒューマンエラー等の分野の知識や知見が、どのように医療に応用されているか理解を深める。橋田昌弘
第11回医療安全に関する文献を講読し、特に放射線診療領域での特徴や対策を理解し、臨床現場をシミュレーションして実際に具体的な取り組みを検討する。橋田昌弘
第12回医療安全に関する文献を講読し、危険予知能力の訓練や評価法の有効性を検討する。また、実際に訓練や評価を経験し、今後の検討課題を探る。橋田昌弘
第13回MRI検査の最新の撮像法に関して、文献の抄読などにより、その理論について理解を深める。肥合康弘
第14回MRI検査の最新の撮像法に関して、文献の抄読などにより、問題点や臨床的意義について理解を深める。肥合康弘
第15回新しいMRI装置の機能や特徴を文献などを抄読することにより理解を深める。また、検査を行う上で必要な、安全性に対する考え方を解説する。肥合康弘

成績評価の方法および基準

定期試験は実施しない。
課題について、解説の中でフィードバックを行う。
課題レポートの提出(100%)により評価を行う。
評価の基準は、ルーブリックにより審査し、60%以上を合格とする。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

【事前学修】講義予定になっている項目について、教科書および参考書にて予習し、専門用語の意味について学修してください。
【事後学修】配布論文を復習し、専門用語の意味等について理解すること。疑問点があれば講義内もしくは時間外であれば直接連絡(メール可)して質問し解決すること。
【必要時間】当該期間に30時間以上の予復習が必要です。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書教科書は使用しない。適宜、資料を配付。
参考書なし

その他履修上の注意事項

この科目とディプロマ・ポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。