看護倫理Nursing ethics
科目責任者下條三和教員紹介
担当者下條三和教員紹介, 新居富士美教員紹介, 小幡光子教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別1年・前期 (2単位・必修) [保健学研究科 看護学専攻 修士課程]
科目ナンバー9H502

授業の概要(ねらい)

看護倫理学の歴史的発展、基本概念や原則について学ぶ。また、看護実践の中で看護職が日常的に直面している倫理的問題及び葛藤について明確化し、各看護学分野の臨床看護の実践で遭遇する倫理的問題を含む事例について分析する。これらをとおして、諸問題及び医療現場における倫理的問題について理解し、看護職者としての対応を探求する。

授業の到達目標

【ディプロマポリシーとの関連:①②】
1. 倫理的問題を分析するための、基本的概念や原則について説明できる。
2. 倫理的諸問題を自然科学のみならず、法学・哲学を含む学際的な視点から検討し、討議できる。
3. 各看護学領域における倫理的諸課題について事例を分析し、どう対処すべきかを具体的に述べることができる。
4. 患者の人権を擁護し、看護職として自律し、倫理的判断や意思決定ができる。

授業内容

授業内容担当者
第1回{講義}倫理とは何か、倫理理論と倫理原則     下條三和
第2回{講義}生命倫理・医療倫理・看護倫理の歴史的変遷下條三和
第3回{講義}倫理と法                                                             
法における人権の考え方
下條三和
第4回{講義}看護師の法的責任と義務:責任能力と責任範囲、および倫理綱領下條三和
第5回{講義}看護倫理における重要概念①:                                                           
患者の自律、インフォームドコンセント、ケアリング
下條三和
第6回{講義}看護倫理における重要概念②:                                                          
アドボカシー、パターナリズム、葛藤・ジレンマ
下條三和
第7回{講義}倫理問題の解決 倫理分析の4分割法①                                                       
医学的適応・患者の意向・周囲の状況・QOL                                     
課題の提示:事例   
下條三和
第8回{討議}倫理問題の解決 倫理分析の4分割法②                                                      
最終結論と解決策
下條三和
第9回{討議}日常、臨床でおきている倫理的諸問題・問題提起小幡光子
第10回{討議}倫理的諸問題                                                          
意思決定能力をめぐる問題(高齢者・クリティカルケア・意識障害)
新居富士美
第11回{討議}倫理的諸問題の検討① 
患者の尊厳について
身体拘束をめぐる問題、restraint free care
新居富士美
第12回{討議}倫理的諸問題の検討②                                                        
エンドオフライフケア期・死をめぐる問題(例:人工透析・胃ろう) 
新居富士美
第13回{討議}倫理的諸問題の検討③                                                        
エンドオフライフケア期・死をめぐる問題(例:人工呼吸器・安楽死)   
新居富士美
第14回{講義}医療倫理における看護者の役割                                    
課題の提示:Ghost of Tuskegee    
新居富士美
第15回{討議}Ghost of Tuskegee  
研究倫理とナーシングアドボカシー  
新居富士美

成績評価の方法および基準

課題(30%)、討議への参加状況(70%)
課題はルーブリックにて評価する。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

事前学修:授業に示してある内容について学習をして講義に臨むこと。
事後学修:学修内容を理解できるようにまとめをすること。
当該期間に30時間以上の予復習が必要。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書使用しない。
参考書『看護実践の倫理 第3版』(2010)サラ T. フライ、メガン-ジェーン・ジョンストン 著、片田 範子・山本あい子 訳日本看護協会出版会
参考書『看護倫理実践事例46』(2014)清水哲郎 監修日総研
参考書なお、授業中に適宜指示する。

その他履修上の注意事項

討議時には必要に応じてレジュメを事前に準備すること。
この科目とディプロマポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。