在宅療養支援特論演習Seminar in Home Care Nursing
科目責任者開田ひとみ教員紹介
担当者開田ひとみ教員紹介, 田尻 登志子教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別2年・通年 (2単位・選択) [保健学研究科 看護学専攻 修士課程]
科目ナンバー9I604

授業の概要(ねらい)

 多様な課題をもつ在宅療養者・家族に対する援助の具体的方法について修得する。
自己のテーマを設定し、在宅における看護過程の特徴、在宅療養者・家族に対する援助の特徴、事例展開、在宅看護における倫理的課題(意思の尊重、在宅医療、虐待、情報)などについて、文献検討を行い、討議する。
また、履修生の研究課題に応じて必要であれば、訪問看護ステーション等でのフィールドワークを通して在宅療養者・家族の健康と生活を支える地域包括ケアシステムについて考察する。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:①②③】
1.在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築について説明できる。
2.在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての先行研究の論文を講読しを通して研究課題に繋げることができる。

授業内容

授業内容担当者
第1回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第2回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第3回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第4回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第5回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第6回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第7回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第8回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第9回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第10回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第11回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第12回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第13回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第14回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第15回地域包括ケアシステム・理論・健康問題・看護実践について文献検討を行う。 自己の研究課題に応じてフィールドワークを行う。
開田ひとみ
田尻 登志子
第16回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第17回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第18回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第19回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第20回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第21回在宅看護の現状を分析し、地域包括ケアシステムの構築に向けて理論・健康問題・看護実践について自己のテーマを導き出す。開田ひとみ
田尻 登志子
第22回在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての研究課題について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第23回在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての研究課題について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第24回在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての研究課題について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第25回在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての研究課題について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第26回在宅療養者が抱える療養上の課題に関しての研究課題について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第27回在宅療養者が抱える療養上の課題と地域包括ケアシステムから看護職の役割について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第28回在宅療養者が抱える療養上の課題と地域包括ケアシステムから看護職の役割について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第29回在宅療養者が抱える療養上の課題と地域包括ケアシステムから看護職の役割について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子
第30回在宅療養者が抱える療養上の課題と地域包括ケアシステムから看護職の役割について考察する。開田ひとみ
田尻 登志子

成績評価の方法および基準

演習課題(100%)

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

シラバスに示された項目の事前学修をし、演習時に学習資料を持参する。 当該時間に60時間以上の予習・復習が必要。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書随時提示
参考書随時提示

その他履修上の注意事項

授業へは主体的に参加すること。 この科目とディプロマポリシーとの関連をカリキュラム・マップを参照し、理解すること。 フィールドワークについて学修しておくこと。