チーム医療Team medical care
科目責任者肥合康弘教員紹介
担当者肥合康弘教員紹介, 橋田昌弘教員紹介, 本田城二教員紹介, 川村愼二教員紹介, 徳森謙二教員紹介, 前畑京介教員紹介, 高木昭浩教員紹介, 牧永綾乃教員紹介, 亀澤秀美教員紹介, 信太圭一教員紹介, 中村舞教員紹介, 関川祐矢教員紹介
標準履修年次・単位数・必修選択別4年・通年 (1単位・必修) [診療放射線学科]
科目ナンバー0D401

授業の概要(ねらい)

 チーム医療とは、質・量ともに高いレベルを有した医療に関わる多職種が、それぞれの専門性を発揮することで、患者の治療やケアに協働して関わり、患者の満足度をより高めることを目的とした医療を指します。
 本科目は、①診療放射線技師の様々な分野を他職種に理解してもらえるように説明できるようになること。②他職種の様々な分野を理解すること。③将来の臨床場面を想定し、一人の対象者に対して診療放射線技師の立場から、他職種の業務内容や専門性を理解し、チーム医療に貢献できるようになることを目標とします。
 本科目は、実務経験のある教員による授業です。担当教員は、診療放射線技師として臨床経験があり、その実務経験による実例や現場での課題などを題材として議論等を行います。

授業の到達目標

【ディプロマ・ポリシーとの関連:③】
1.診療放射線技師の様々な分野の業務内容を説明することができる。
2.理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、救急救命士の様々な分野の業務内容を簡単に説明することができる。
3.本学他学科学生と保健、医療、福祉について情報交換ができる。

授業内容

授業内容担当者
第1回ガイダンス
1.この科目の具体的な進め方について説明します。
2.グループ分けを行います。
肥合康弘
第2回各グループにて担当した診療放射線技師の仕事についてまとめます。肥合康弘
第3回各グループにて診療放射線技師の仕事についてまとめ、プレゼンテーションの作成を行います。(1)前半肥合康弘
第4回各グループにて診療放射線技師の仕事についてまとめ、プレゼンテーションの作成を行います。(2)後半肥合康弘
第5回プレゼンテーションをまとめます。肥合康弘
第6回診療放射線学科内発表(1)グループ1/4肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第7回診療放射線学科内発表(2)グループ2/4肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第8回診療放射線学科内発表(3)グループ3/4肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第9回診療放射線学科内発表(4)グループ4/4肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第10回理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、救急救命士の業務内容について予習します。肥合康弘
第11回理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、救急救命士の業務内容について予習します。肥合康弘
第12回1.理学療法士の業務内容について学びます。(発表30分、質疑15分)
2.作業療法士の業務内容について学びます。(発表30分、質疑15分)
肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第13回1.診療放射線技師の業務内容について発表します。(発表30分、質疑15分)
2.看護師の業務内容について学びます。(発表30分、質疑15分)
肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第14回1.臨床工学技士の業務内容について学びます。(発表30分、質疑15分)
2.救急救命士の業務内容について学びます。(発表30分、質疑15分)
肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢
第15回保健・医療・福祉に関してそれぞれの立場でどのように関われるかディスカッションします。肥合康弘
本田城二
川村愼二
徳森謙二
橋田昌弘
前畑京介
高木昭浩
亀澤秀美
信太圭一
中村舞
牧永綾乃
関川祐矢

成績評価の方法および基準

1.診療放射線技師の業務内容についてグループでプレゼンテーションを作成します。その内容、発表に関してルーブリックにて判定します。(60%)
2.定期試験にて理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、救急救命士それぞれの業務内容、分野などに関して筆記試験を実施します。(40%)
3.最終成績は上記①②の合計です。

準備学修(予習・復習等)の具体的な内容およびそれに必要な時間

【事前学修】他学科の発表までに理学療法士、作業療法士、看護師、臨床工学技士、救急救命士の業務内容を調べてノートにまとめておき、基礎知識を付けたうえで授業に臨む。
【事後学修】グループ内で担当した内容に関して、しっかり解説ができるように理解が不十分な点を参考書で調べ、質問する等して、必ず次の授業までに解決しておく。
【必要時間】当該期間に15時間以上の予復習が必要。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書特に設定しません。
参考書なし

その他履修上の注意事項

・科目とディプロマ・ポリシーとの関連について、カリキュラム・マップを参考にして、理解すること。