経済学演習Ⅲ
担当者髙井  正
単位・開講先必修  4単位 [経済学研究科 経済学専攻]
科目ナンバリング

授業の概要(ねらい)

 この講座は、論文指導を通じて、学位(修士(経済学))を取得するための修士論文を完成させることを目的とする。具体的には、履修者の報告・討論の中で指導を行い、これらによる「財政に関する問題の分析」を通じて修士論文を執筆し、その完成を目指す。

授業の到達目標

 ・院生が、実社会で必要となる資料の作成・発表ができる。
 ・院生が、修士レベルの先行研究の抽出・分析ができる。
 ・院生が、修士レベルの論文の執筆ができる。

成績評価の方法および基準

 報告・討論などの授業への貢献度(20%)、先行研究の抽出・分析(20%)、修士論文(60%)などを踏まえて総合的に評価する。
 なお、出席率が2/3未満の場合は、元々「成績評価の対象外」であるので「不合格」とする。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書 履修者の研究テーマに基づき、適宜、指示する。
参考文献

準備学修の内容

 ・報告担当時における先行研究の検索・分析、レジュメの作成
 ・報告担当外の場合の討論コメントの準備
 ・論文の作成

その他履修上の注意事項

 ・修士論文テーマが「財政学に関するもの」であること。
 ・大学の学部で「財政学」の単位を「取得済」であること。
 ・大学院の1年次に「地方財政論特講Ⅰ・Ⅱ」及び「経済学(財政学)演習Ⅰ・Ⅱ」を履修済であること。

授業内容

授業内容
第1回 履修ガイダンス
第2回 各自の問題意識の確認
第3回 各自の学修到達レベルの確認
第4回 各自の修士論文テーマの確認、申請
第5回 各自の研究計画書の確認
第6回 研究計画書に基づく結論(仮説)の確認
第7回 学術論文の執筆方式(剽窃の禁止、参考文献・先行研究の引用方法等)の指導
第8回 先行研究の検索・抽出
第9回 先行研究の分析結果の報告
第10回 先行研究の分析結果を踏まえた結論(仮説)の修正報告
第11回 研究計画書<修正版>の報告
第12回 序論1(本研究の問題意識)<案>の報告
第13回 序論2(分析視点・分析方法)<案>の報告
第14回 序論3(先行研究における本研究の位置づけ)<案>の報告
第15回 序論1~3<修正案>の提出、演習前半のまとめ
第16回 序論1~3<修正案>への指導
第17回 本論(構成案)の提出、指導
第18回 論文全体(序論・本論・結論)の「構成案」の提出、指導
第19回 本論1<案>の提出、指導
第20回 本論2<案>の提出、指導
第21回 本論3<案>の提出、指導
第22回 修士論文テーマ<修正版>の確認、申請
第23回 結論<案>の提出、指導
第24回 本論1<修正版>の提出、指導
第25回 本論2<修正版>の提出、指導
第26回 本論3<修正版>の提出、指導
第27回 修士論文全文(序論・本論・結論)<修正版>の提出、指導
第28回 修士論文全文(序論・本論・結論)<完成版>の提出、指導
第29回 修士論文(要旨)<完成版>の提出、指導
第30回 修士論文<完成版>及び修士論文(要旨)<完成版>への指導、1年間のまとめ