経営分析Ⅱ
担当者石毛 宏教員紹介
単位・開講先選択  2単位 [経営学科]
科目ナンバリングMAN-326

授業の概要(ねらい)

 経営分析IIでは、経営分析Iで学んだ経営分析の基礎的なフレームワークを踏まえ、経営管理のための財務分析、キャッシュフロー分析、セグメント情報の活用、原価計算とコスト管理、損益分岐点分析、企業価値評価などを学んでいきます。これらの応用手法の基本を学ぶことを通じて、経営分析が実際の経営活動にどのように活かされるのか、理解していきます。
 企業の強み・弱み、その実力と課題を浮き彫りにし、企業の将来像を明らかにしようとする経営分析は、すべてのビジネスにとって基礎的な道具になります。

授業の到達目標

(1)企業のさまざまな経営問題に経営分析の手法を活用できる
(2)企業の将来像に過去と現状を踏まえた的確なコメントができる

成績評価の方法および基準

 授業中の小テストの合計点をもとに評価します(100%)。テストでは、授業内容をきちんと理解したか、例題や宿題を修得したか、を問います。出席率も参考にします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書授業毎にレジメを配布します。また、テーマ毎の参考書は授業中に紹介します。以下は主な参考書です。 
参考文献『経営分析入門』(ビジネスゼミナール)森田 松太郎(著)    日本経済新聞出版社
参考文献 『ビジュアル 経営分析の基本』(日経文庫)佐藤 裕一 (著)日本経済新聞出版社

準備学修の内容

(1)関連科目(経営、会計など)の指示された事項を復習して授業に臨むこと
(2)配布されたレジメと参考書を読み返し、該当のクラス討議、例題を修得すること

その他履修上の注意事項

 (1)簿記、会計学(財務会計)、経営学の他、管理会計やファイナンスの基礎を理解していることが望まれます。
 (2)講義をよく聴くと共に、実際にケース(例題)を解いてみることが必要です。
 (3)授業中のディスカッションでの積極的な参加(貢献)も期待しています。

授業内容

授業内容
第1回 財務分析から経営管理へ(1)経営管理手法を学ぶ
第2回 財務分析から経営管理へ(2)問題演習を主体に
第3回 キャッシュフロー分析とキャッシュフロー経営(1)分析の基礎を学ぶ
第4回 キャッシュフロー分析とキャッシュフロー経営(2)問題演習を主体に
第5回 経営分析のための連結財務諸表と連結経営の理解
第6回 セグメント情報と事業評価(1)情報の活用と分析手法
第7回 セグメント情報と事業評価(2)問題演習を主体に
第8回 原価計算からコスト管理へ(1)経営での原価計算 +小テスト(1)
第9回 原価計算からコスト管理へ(2)コスト管理の実際
第10回 損益分岐点分析とその活用(1)分析手法と経営への応用
第11回 損益分岐点分析とその活用(2)問題演習を主体に
第12回 企業価値の評価(1) 企業価値の理解とその推定手法
第13回 企業価値の評価(2)問題演習を主体に
第14回 経営分析の諸問題(1)企業のリスクと将来性
第15回 経営分析の諸問題(2)まとめ +小テスト(2)