経営分析Ⅰ
担当者石毛 宏教員紹介
単位・開講先選択  2単位 [経営学科]
科目ナンバリングMAN-325

授業の概要(ねらい)

 経営分析は、企業業績の実態、業績見込み、潜在するリスク、そして企業の強み・弱みなどを明らかにするための分析手法です。経営分析によって得られる情報は、企業にとっては、取引相手の実態把握、投資家(株主)との対話、自社の経営計画を始め、さまざまな経営場面で欠かせません。企業を的確に評価しなければならない投資家にとっても同じです。本講では、経営分析の基本的な理論と手法について学びます。
 経営分析Iでは、分析資料の収集、企業概要の把握、産業分析、経営戦略分析、財務分析など、経営分析の基礎的なフレームワークを、実際の分析に即して学びます。

授業の到達目標

(1)独力で分析資料を収集し、企業の概要と事業内容を的確に把握することができる
(2)企業の属する市場と業界の基礎的な分析ができる
(3)企業の経営戦略、財務内容の基礎的な分析ができる

成績評価の方法および基準

 授業中の小テストの合計点をもとに評価します(100%)。テストでは、授業内容をきちんと理解したか、例題や宿題を修得したか、を問います。出席率も参考にします。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書教科書はありませんが、授業毎にレジメを配布します。参考書はテーマ毎に授業中に紹介します。以下は、教科書に準ずる主な参考書の例です。
参考文献『成長産業目利き講座-伸びるビジネスが診えるようになる』     石毛 宏(著)きんざい
参考文献 『ビジュアル 経営分析の基本』(日経文庫)佐藤 裕一 (著) 日本経済新聞社

準備学修の内容

(1)関連科目(経営、会計など)の指示された事項を復習して授業に臨むこと
(2)配布されたレジメと参考書を読み返し、該当のクラス討議、例題を修得すること

その他履修上の注意事項

(1)簿記か会計学(財務会計)、経営学総論を履修している前提で授業が進みます。
(2)講義をよく聴くと共に、実際にケース(例題)を解いてみることが必要です。
(3)授業中のディスカッションでの積極的な参加(貢献)も期待しています。

授業内容

授業内容
第1回 経営分析の役割と手法を学ぶ (経営分析の入り口)
第2回 企業概要の把握とビジネスの理解
第3回 企業の特徴と市場環境の分析
第4回 競争力の分析 -ビジネスに勝ち抜く力を診る
第5回 定性分析の要点 -技術、ビジネスモデル、販売力、経営力などの把握
第6回 経営分析のための財務諸表の理解(1)財務諸表の基本構成とその把握
第7回 経営分析のための財務諸表の理解(2)財務諸表の読み解く要点
第8回 財務分析の基本 ―財務諸表をどう活用するのか +小テスト(1)
第9回 財務分析(収益性の分析1)―企業の稼ぐ力をどう把握するか
第10回 財務分析(収益性の分析2)―収益力指標の計算と評価
第11回 財務分析(成長性の分析)―企業の成長力をどう把握するか
第12回 財務分析(安全性の分析1)―倒産の危機をどう見抜くか
第13回 財務分析(安全性の分析2)―安全性指標の計算と評価
第14回 財務分析(総合演習1)前半
第15回 財務分析(総合演習2)後半 +小テスト(2)