演習Ⅱ
担当者石毛 宏教員紹介
単位・開講先必修  2単位 [経済学科]
科目ナンバリングSEM-302

授業の概要(ねらい)

 産業・企業研究とその結果のプレゼンを通じて、①産業・企業への理解を深めるとともに、②ビジネスの問題解決のための調査手法と論理的な分析スキル、③ビジネスで通用するプレゼンスキル、を身につけることを目指します。
秋学期には、ビジネスにおけるプレゼンの役割と要点を学び、各人が設定したテーマで業界または企業を調査・分析して、その結果を個人でプレゼンします。

授業の到達目標

(1)独力で産業・企業の問題設定ができる
(2)独力でプレゼンのストーリーと資料を作成できる
(3)独力で効果的なプレゼンができる

成績評価の方法および基準

 ①ゼミでの発言、討論、リーダーシップなどゼミ活動実績(50%)、②ゼミ全体への貢献実績(20%)、③努力と工夫の跡が見られるプレゼンテーション(30%)

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考文献『成長産業目利き講座 -伸びるビジネスが診えるようになる-』   石毛宏(著)きんざい
参考文献『教養としてのビジネス入門(第三版)』石毛宏(著)創成社
参考文献 『21世紀を豊かに生きるための資本主義学』石毛宏(著)金融財政事情研究会

準備学修の内容

(1)関連文献をよく読み、討議テーマに自らの意見とその理由を発表できるよう準備する
(2)調査・分析を通じて、何が壁となり、何が難しいのか、自分自身で体験して学ぶ

その他履修上の注意事項

 (1)「経営分析I,II」、「日本の産業I,II」を履修することが望ましい
 (2)体と頭を動かすこと、継続的に学習すること、のクセを身に付けること
 (3)単位を取ればよい、指示待ち・受身で対応、という思考から脱すること
 (4)主体的、積極的にゼミに参加し、楽しい思い出、語り合える友人を創ること

授業内容

授業内容
第1回 プレゼンの基本を学ぶ -プレゼンまでの手順と要点を修得する
第2回 ビジネス現場でのプレゼンを知る(1)-目的の明確化と準備の仕方
第3回 ビジネス現場でのプレゼンを知る(2)-論点の掘り下げ方と論理展開
第4回 ビジネス現場でのプレゼンを知る(3)-伝え方と説得力を修得する
第5回 企業をテーマにしたプレゼン -企業分析の実際を踏まえる
第6回 プレゼンと論文資料の基本を修得する(1)-データの使い方の演習
第7回 プレゼンと論文資料の基本を修得する(2)-表とグラフの活用の演習
第8回  プレゼンと論文資料の基本を修得する(3)-図解力をみがく演習
第9回 社会で活躍するための基本を学ぶ(1)-ビジネス活動の基本を学ぶ
第10回 社会で活躍するための基本を学ぶ(2)-プロのプレゼン練習を知る
第11回 ゼミ生によるプレゼンとクラス討議(1)
第12回 ゼミ生によるプレゼンとクラス討議(2)
第13回 ゼミ生によるプレゼンとクラス討議(3)
第14回 ゼミ生によるプレゼンとクラス討議(4)
第15回 まとめ 1年間のゼミ活動を振り返って