文化人類学Ⅰ
担当者佐藤 斉華教員紹介
単位・開講先選択  2単位 [資格科目]
科目ナンバリングCUA-101

授業の概要(ねらい)

 人間は、文化に育まれつつ社会に生き、また社会を変えつつ文化を創造していく生き物である。人のふるまい・思考・感性は、地球上の様々な場所で、歴史上の様々な時代に、きわめて多様なかたちにおいて現象してきた。それは人間の「自然」―それを解剖学的構造、生理的欲求、あるいは遺伝情報等の何であると考えるにせよ― によって既に決まっているものではない。私たちは人間を、その「自然」状態において見ることはないのである。文化人類学とは、社会・文化的存在である人間をその社会・文化的多様性において認識し、「自己」とは異なるかたちで社会・文化的に形成されてきた「他者」の姿を「自己」の鏡としつつ、自らの、あるいは人間の、さらなる可能性を探究する営みである。
 人類学のカバーする広汎な問題領域のなかで、この授業では特に「性(ジェンダー/セクシュアリティ)」にかかわる諸問題を切り口として、人間の多様性と可能性を探る。私たち一人一人にとってきわめて身近な(むしろ卑近ですらある)性をめぐる現象だからこそ、これを改めて検討することは、社会・文化のなかで形づくられている自らのありようを根底的に見つめなおす格好の機会ともなるはずである。履修生が授業での討議を通じて日々の経験と実践を振り返り、捉え返し、個人的ないし社会的な今後の展望を形成していくこと期待している。

授業の到達目標

 文化人類学的認識の基本的態度を修得する。「性(ジェンダー/セクシュアリティ)」の多様性、社会・文化的構築性について、基礎的知識を修得する。

成績評価の方法および基準

 毎回講義後に課するテストないし課題の提出(LMSを利用)によって評価する(なお万一LMSのシステム上の不都合によりテスト/課題ができなかった場合は、その翌週の授業の際に必ず申し出て、教員の指示をあおぐこと)。

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考文献『ジェンダーで学ぶ文化人類学』(2005年)田中 雅一・中谷 文美(編)世界思想社
参考文献『はじめてのジェンダー論』(2017年)加藤秀一有斐閣

準備学修の内容

 授業でとりあげるテーマと関連する参考書の箇所を、授業の前または後に読む。
 毎回授業後に講義の内容を振り返り、毎回授業後に課されるテスト/課題に取り組んで提出する。

その他履修上の注意事項

 基本的に講義形式の授業である。授業で提起される問題を自分自身への問いとして受けとめ、傾聴し、考察を深めてほしい。いうまでもなく、私語厳禁。

授業内容

授業内容
第1回文化人類学へのイントロダクション(1):文化人類学とは?
第2回文化人類学へのイントロダクション(2):文化人類学の歴史と現在
第3回性の文化人類学(1):何をなぜ問うのか?
第4回性の文化人類学(2):なぜ人類学がとりあげるのか?
第5回性は遺伝子で決まる?!(1):サル学の語るジェンダー再考
第6回性は遺伝子で決まる?!(2):進化心理学の語るジェンダー再考
第7回暮らしのなかの性(1):女になる、男になる①(ジェンダー化の過程への人類学的視座)
第8回暮らしのなかの性(2):女になる、男になる②(ジェンダー化の過程の文化・社会的多様性)
第9回暮らしのなかの性(3):働く①(「仕事」への人類学的視座)
第10回暮らしのなかの性(4):働く②(「仕事」の文化・社会的多様性とその歴史的展開)
第11回暮らしのなかの性(5):つがう①(「婚姻」への人類学的視座)
第12回暮らしのなかの性(6):つがう②(「婚姻」の文化・社会的多様性とその歴史的展開)
第13回暮らしのなかの性(7):プレイする①(人類学的視座から見る「スポーツ」)
第14回暮らしのなかの性(8):プレイする②(ジェンダー視点で「スポーツ」の近代を観察する)
第15回今期のまとめと展望