ドイツ文化論Ⅱ
担当者海老坂 高教員紹介
単位・開講先選択  2単位 [外国語学科 2016年度以前入学]
科目ナンバリングARS-110

授業の概要(ねらい)

ドイツ語圏の歴史を中世以降近代に至るまで概観する。政治史、社会史に加えて、言語史の観点からドイツ語の発達にも触れることにより、ドイツ文化の特徴を明らかにしたい。

授業の到達目標

「ドイツの社会と文化Ⅲ」で扱った時代以降のドイツ語圏の歴史について理解する。ドイツ語圏諸国の異なる歴史について理解する。

成績評価の方法および基準

LMSを利用したテスト

教科書・参考文献

種別書名著者・編者発行所
教科書
参考文献

準備学修の内容

講義の要点を整理しておく。

その他履修上の注意事項

質問は、LMSの掲示板を利用してください。告知事項は「お知らせ」にアップします。授業内容は予定通りにいかない場合があります。教科書は指定しません。参考書はLMSで適宜紹介します。授業内容は目安です。

授業内容

授業内容
第1回イントロダクション。
ハプスブルク帝国 ①
第2回ハプスブルク帝国 ②
第3回ハプスブルク帝国 ③
第4回ハプスブルク帝国 ④
第5回プロイセン ①
第6回プロイセン ②
第7回プロイセン ③
小テスト
第8回テスト
第9回宗教改革 ①
第10回宗教改革 ②
第11回宗教改革 ③
第12回ドイツの美術 ①
第13回ドイツの美術 ②
第14回ドイツの音楽 
第15回テスト