科目名分類学年卒業認定との関連
薬学実習10実習4年後期必修・3単位
担当者(※は責任者)
※丸山桂司(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 安野伸浩(病院薬学)教員紹介, 渡辺茂和(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 本間光一(病態分子生物学)教員紹介, 安原眞人(地域医療薬学)教員紹介, 根岸文子(基礎生物学)教員紹介, 河村剛至(病院薬学)教員紹介, 渡部多真紀(病院薬学)教員紹介, 田畑英嗣(創薬化学)教員紹介, 日下部吉男(薬物治療学)教員紹介, 高野真史(薬化学)教員紹介, 村上勲(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 村田拓哉(生体分子化学)教員紹介, 石橋賢一(病態生理学)教員紹介, 小俣大樹(薬物送達学)教員紹介, 永島一輝(臨床薬剤学)教員紹介, 川﨑茜(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 黒澤俊樹(薬物動態学)教員紹介, 寺山和利(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 中村英里(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 中村康宏(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 佐藤典子(薬学実習推進研究センター)教員紹介, 奥秋美香(薬学教育研究センター), 薬学部教員

授業の概要

 効果的な病院実習・薬局実習が行えるように、薬剤師職務に必要な基本的知識、技能、態度を修得します。本実習では、薬局および病院での実習のシミュレーションを中心に行います。本科目は、実務経験(薬剤師)のある教員が担当する授業が含まれます。

授業の到達目標

5年次における薬局・病院実務実習を効果的に行うために、薬剤師職務に必要な基本的な知識、技能および態度を修得する。

授業形式

薬剤師業務に関連する基本的事項の講義、ロールプレイなどを盛り込んだ演習、模擬薬局での調剤を実践する。

授業計画

項目内容担当コアカリ
番号
1患者・来局者対応(1)患者・来局者から適切な手順で必要な情報を聞き取ることができる。(知識・技能・態度)丸山桂司
中村康宏
根岸文子
F(2)④1,3,4
2情報提供(1)患者・来局者・医療従事者へ適切に医薬品情報を提供できる。医師に対し、適切に疑義照会できる。(知識・技能・態度)河村剛至
本間光一
川﨑茜
奥秋美香
F(2)④1,3,4,5,6,A(2)③4,B(1)①1
3調剤1(1)処方箋に従って、錠剤と水剤の計数・計量調剤ができる。(知識・技能・態度)村上勲
安原眞人
田畑英嗣
F(2)②3,F(2)③1,2,3
4調剤2(1)処方箋に従って、散剤と軟膏の計数・計量調剤ができる。(知識・技能・態度)中村英里
黒澤俊樹
寺山和利
F(2)②3,F(2)③1,2,3
5調剤鑑査(1)処方箋の監査と処方箋に基づき調剤された薬剤の鑑査ができる。(知識・技能・態度)日下部吉男
永島一輝
高野真史
F(2)②3,4,5,6、F(2)③8
6無菌操作の実践(1)無菌操作の原理を説明し、手洗い、ガウンテクニック、注射薬の混合など無菌操作を実施できる。(知識・技能・態度)渡辺茂和
渡部多真紀
石橋賢一
F(2)⑥4,5,F(2)③6,7
7患者・来局者対応(2) 患者・来局者から適切な手順で必要な情報を聞き取ることができる。(知識・技能・態度)丸山桂司
中村康宏
F(2)④1,3,4
8情報提供(2)患者・来局者・医療従事者へ適切に医薬品情報を提供できる。医師に対し、適切に疑義照会できる。(知識・技能・態度)河村剛至
川﨑茜
F(2)④1,3,4,5,6,A(2)③4,B(1)①1
9調剤1(2)処方箋に従って、錠剤と水剤の計数・計量調剤ができる。(知識・技能・態度)村上勲
安原眞人
F(2)②3,F(2)③1,2,3
10調剤2(2)処方箋に従って、散剤と軟膏の計数・計量調剤ができる。(知識・技能・態度)中村英里
寺山和利
F(2)②3,F(2)③1,2,3
11調剤鑑査(2)処方箋の監査と処方箋に基づき調剤された薬剤の鑑査ができる。(知識・技能・態度)日下部吉男
永島一輝
F(2)②3,4,5,6、F(2)③8
12無菌操作の実践(2) 無菌操作の原理を説明し、手洗い、ガウンテクニック、注射薬の混合など無菌操作を実施できる。(知識・技能・態度)渡辺茂和
渡部多真紀
田畑英嗣
F(2)⑥4,5,F(2)③6,7
13患者対応総合実習患者・来局者から適切な手順で必要な情報を聞き取ることができる。(技能・態度)丸山桂司
中村康宏
根岸文子
F(2)④1,3,4
14情報提供総合実習患者・来局者・医療従事者へ適切に医薬品情報を提供できる。医師に対し、適切に疑義照会できる。(技能・態度)河村剛至
川﨑茜
佐藤典子
F(2)④1,3,4,5,6,A(2)③4,B(1)①1
15調剤1総合実習処方箋に従って、錠剤と水剤の計数・計量調剤ができる。(技能・態度)村上勲
安原眞人
F(2)②3,F(2)③1,2,3
16調剤2総合実習処方箋に従って、散剤と軟膏の計数・計量調剤ができる。(技能・態度)中村英里
寺山和利
黒澤俊樹
F(2)②3,F(2)③1,2,3
17調剤薬鑑査総合処方箋の監査と処方箋に基づき調剤された薬剤の鑑査ができる。(技能・態度)日下部吉男
永島一輝
村田拓哉
F(2)②3,4,5,6,F(2)③8
18無菌操作総合実習手洗い、ガウンテクニック、注射薬の混合など無菌操作を実施できる。(技能・態度)渡辺茂和
安野伸浩
渡部多真紀
小俣大樹
F(2)⑥4,5,F(2)③6,7

成績評価の方法および基準

定期試験30% 医薬品リスト・調剤計算試験を行う。ただし、定期試験不合格の場合には単位を認定しない。
中間試験0%
小テスト0%
レポート0%
その他70% 実習態度・技能をルーブリック評価表により評価する。合格点に満たない場合は、再実習を行う。
原則、欠席・遅刻は認めない。

教材

種別書名著者・編者発行所
教科書薬学生のための実務実習事前学習テキスト土屋雅勇編ネオメディカル
教科書上巻 薬剤師業務の基本「知識・態度」第3版編集 上村直樹、平井みどり羊土社
教科書下巻 薬剤師業務の基本「技能」第3版編集 上村直樹、平井みどり羊土社
参考書治療薬マニュアル監修 髙久史麿、矢﨑義雄医学書院
その他「実務実習に行く前に(DVD)」 帝京大学薬学部
実習10 実習書

事前事後学修の内容およびそれに必要な時間

1予習を前提に実習を進めます。必ず実習書に目を通し予習しておくこと。
2この実習は3単位ですので、予習・復習等の準備学修に必要な最低限の時間数は45時間であり、1回の実習あたり2.5時間となります。
3事前学修:講義該当箇所の「実務実習に行く前に(DVD)」を観て、該当箇所の実習書を読み理解をしておくこと。
事後学修:授業中の疑問点をまとめ、教科書、プリント、実習書等を利用し、次回の授業までに解決しておくこと。

その他の注意事項

1この科目と学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)との関連について、カリキュラム・マップを参照して理解すること。
2この実習を通じて基本的な薬剤師業務を理解し、医療人として一定のレベルの技能、態度を身につけてから医療現場での実習に臨んでください。
3試験やレポート等に対し、解説等のフィードバックを行います。

主な関連科目

講義1年薬学への招待1、薬学への招待2
2年
3年調剤学、医薬品情報学
4年医薬品安全性学、地域医療論、薬事関係法規・制度
5年
演習1年ヒューマンコミュニケーション
2年医療コミュニケーション1
3年医療コミュニケーション2
4年医療コミュニケーション3、薬学統合演習1
5年医療コミュニケーション4
実習1年
2年
3年
4年薬学実習8
5年

メモ

やむを得ず遅刻、欠席する場合は、必ず担当者に事前連絡すること。