Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:JPH-239  
地方史研究 I 深谷 幸治
選択  2単位
【史】 18-1-1340-1602-001

1. 授業の概要(ねらい)

 この地方史研究という授業は、さまざまな地方、あるいは地域として認識され区分される、それぞれの個性を持った一定の範囲の土地について、場所ごとに積み重ねられてきたその歴史・地理的特質・文化的差異などについて講義形式で説明していくものである。
 地方・地域とはいろいろな定義が考えられるが、この授業では担当教員が実際に現地に足を運び、たとえ一部であってもその現場の風土・生活・文化などを実見してきた場所を素材として取り上げ、授業時間毎に一つの地方・地域に関する説明を行っていく方式で進める。

2.
授業の到達目標

 地方・地域の歴史・地理・文化等の諸相につき、担当教員が分析し説明していくという方式の講義を通じて、受講学生諸君にはそれらで取り上げられた、あるいは自らが居住する地方・地域の特質を認識し、知識・知見として取り入れていくことを目標とする。またそれらを基礎として、学生諸君が専門的分野の演習への対応や卒業論文の構想などに際し、この授業で説明するような視点・手法・内容を手かがりとして生かしていくことができるようにすることも目指す。

3.
成績評価の方法および基準

 出席は成績評価の前提となる必要条件である。それを満たした上で、前期授業の最後の時間に実施する試験の解答内容を勘案して、成績を評価する。

4.
教科書・参考書

 テキストは使用しない。授業に必要な各地方・地域の情報を掲載したプリントを担当教員が作成し、毎時間それを学生に配布する。
 参考書としては、各都道府県ごとにその歴史を一冊本として刊行している、山川出版社の『県史シリーズ』47巻が適切である。

5.
準備学修の内容

 受講を希望する各学生は、自らの興味がある地方・地域に関する関係書籍を多読しておくことが望ましい。またこの授業では、内容理解の都合上、地理的な知識を持っていることが不可欠となるので、普段から地図を見る、旅行をして実地にその場所を知る、などといった形でそれを深めておくことが適切である。

6.
その他履修上の注意事項

 地方史・地域史に興味を持つ学生諸君にとっては有意義な授業と考えるので、そうした学生の積極的な参加を期待する。
 また以下の授業内容はあくまで予定であり、状況によっては変更されることがあるので、承知しておいてもらいたい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 講義の方針などについて説明する。基本的なことは上記の説明の通りなので、初回から講義を開始する。今年度の1回目は淡路島について。
【第2回】
 伊賀・甲賀について。なぜこの両地域が忍者の出身地とされるようになったか。
【第3回】
 伊豆半島。その地理的・歴史的特異性。
【第4回】
 伊勢。神の里となった地域。
【第5回】
 宇都宮。北関東の主要町場・都市として。
【第6回】
 大阪。秀吉以前、またそれ以後の大坂について。
【第7回】
 金沢。北陸の主要都市、宗教・文化都市としての性格。
【第8回】
 神戸。古代の大輪田泊から近代の貿易港へ。
【第9回】
 薩摩。日本本土の南端、その特殊性。
【第10回】
 庄内。出羽三山と鳥海山に挟まれた平地。
【第11回】
 関ケ原。歴史上3回にわたる関ケ原合戦の存在。この狭い一点が、なぜ歴史的変移の地となるのか。
【第12回】
 仙台。伊達政宗の理想とした都市。
【第13回】
 東海道。道路の歴史、移動と輸送の歴史。
【第14回】
 利根川。その関東平野における地形形成史、水運の歴史。
【第15回】
 前期のまとめと試験。