Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:JPH-205  
日本史特殊講義3A- I 深谷 幸治
選択必修  2単位
【史】 18-1-1340-1602-009

1. 授業の概要(ねらい)

 この日本史特殊講義3A-Ⅰの授業は、担当教員の専攻する時代が中世後期から近世前期にかけての時期であるため、その時代の諸事を中心として、その前後の時期も含めたやや広い範囲の、さまざまな歴史的事象・人物・事物などにつき、時間ごとにテーマを決めて講義していくものである。
 受講希望学生の興味は多様であろうから、それらに対応できるよう、講義内容も多彩なものとしていきたい。また歴史的なもの以外にも、歴史学に密接に関連する周辺諸学である地理・民俗・宗教・古典文学などに関わる題材も扱っていく予定である。

2.
授業の到達目標

 受講希望学生の多様な興味に対応することにより、学生の学修意欲を向上させ、この講義分野に関する知識・知見を高めてもらうことを目標とする。またそれら知識を、学生自身が演習や卒業論文などの内容に生かしていくことができるようになることを目指す。

3.
成績評価の方法および基準

 出席は成績評価の前提となる必要条件である。それを満たした上で、前期授業の最後の時間に実施する試験の解答内容を勘案して、成績を評価する。

4.
教科書・参考書

 講義内容は上記の通り時間ごとに多様なものとなるので、特定のテキストは使用しない。必要な情報は担当教員が毎時間プリントを作成し、それを学生に配布することによって提供する。

5.
準備学修の内容

 受講を希望する学生は、多様な講義内容に対応できるよう、ある程度の基本的な中世史・近世史に関する知識を備えておくことが望ましい。さまざまな関連書籍を授業前にも後にも濫読してもらいたい。

6.
その他履修上の注意事項

 中世・近世の事象が主体ではあるが、それを専攻希望する学生だけではなく、いろいろな分野を専攻希望する学生の積極的な参加を期待する。
 なお以下の授業内容はあくまで予定であり、状況によって変更されることもあるので承知しておいてもらいたい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 この授業の方針や講義方法などについての説明。基本的には上記の通りなので、初回から講義を開始する。1回目のテーマは武士の棟梁の発生について。
【第2回】
 源氏について、その1。
【第3回】
 源氏について、その2。
【第4回】
 源氏について、その3。
【第5回】
 都市鎌倉について。
【第6回】
 花押とは何か。武士のサインに関して。
【第7回】
 中世の自然災害とその復興。
【第8回】
 狼について、その1。人間と動物の交流史の一環。
【第9回】
 狼について、その2。
【第10回】
 関東武士団について。
【第11回】
 穢れについて。
【第12回】
 中世の怪異。
【第13回】
 源平合戦について。
【第14回】
 祇園祭について。
【第15回】
 前期のまとめと試験。