Web Syllabus(講義概要)

平成30年度

ひとつ前のページへ戻る 教授名で検索

科目ナンバリング:  
日本古文書学特殊演習 深谷 幸治
選択  2単位
【日本史・文化財学専攻】 18-1-1340-1602-018

1. 授業の概要(ねらい)

 この日本古文書学特殊演習という授業は、大学院博士後期課程の院生向けに開設されている古文書学学修及び古文書読み込みの演習である。よってすでに博士前期(修士)課程を修了し、修士号を取得した上で、さらに自らの研究を深化させたいと希望する者が参加する場となる。当然参加院生はごく少数となる。
 古文書学の高度な専門性・個別性を有する演習となるので、受講希望院生の専門分野や専攻テーマに則した史料・記録などを、活字版または墨字の原文で読み進めていく形になり、参加院生はまず文字・文章そのものの読み方、その内容の解読、また意味の説明や語句調査、研究進展との関連性などを毎回報告し、教員と共にその内容を議論していく。

2.
授業の到達目標

 この授業で精細な古文書解読を進め、その研究内容との関連性を明らかにすることで、博士課程の院生が最終的な目的とするところの博士論文作成に寄与することを目標とする。またそれを実際に授業の中で検討することより、博士論文の一部を構成する要素を直接作り上げていくことをも目指す。

3.
成績評価の方法および基準

 出席は成績評価の前提となる必要条件である(ただし博士論文や投稿論文の執筆期間については考慮する)。それを満たした上で、授業での報告内容や議論への参加状況などを勘案して、成績を評価する。

4.
教科書・参考書

 高度に専門性・個別性の高い授業内容となるので、テキストはこの場では指定できない。授業開始以後、受講院生と協議の上で使用する史料などを決定していく。必要があれば、教員がそれらをプリントとして用意し配布する。

5.
準備学修の内容

 博士課程院生に対して学修の方法などを指示する必要もないもの考えるが、当然ながら自らが扱う専門テーマの研究史の把握と整理、関係分野の研究者の書籍・論文また授業で扱う史料・記録などの精読と多読が重要。

6.
その他履修上の注意事項

 日本古文書学特殊演習という授業ではあるが、関係分野を専門としている院生の広い範囲での参加を期待する。
 なお以下の授業内容はあくまで予定であり、状況によっては変更されることもあるので承知しておいてもらいたい。

7.
各回の授業内容
【第1回】
 ガイダンス。受講院生の専門分野などを聞き取り、それに沿った形で選ぶべき史料・記録などを教員と共に検討する。
【第2回】
 以下順次院生の興味・専門に従って、選択した史料などの解読・解釈・内容検討などを院生の報告として行い、その後教員も共に議論する。
【第3回】
 院生の報告と議論、2回目。
【第4回】
 報告と議論、3回目。
【第5回】
 報告と議論、4回目。
【第6回】
 報告と議論、5回目。
【第7回】
 報告と議論、6回目。
【第8回】
 報告と議論、7回目。
【第9回】
 報告と議論、8回目。
【第10回】
 報告と議論、9回目。
【第11回】
 報告と議論、10回目。
【第12回】
 報告と議論、11回目。
【第13回】
 報告と議論、12回目。
【第14回】
 報告と議論、13回目。
【第15回】
 前期の総括的議論、まとめ。